teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


忘れないうちに

 投稿者:久原清美  投稿日:2018年 9月14日(金)17時33分7秒
返信・引用
  今月の満月は9月25日です。  
 

素晴らしかったですね

 投稿者:久原清美  投稿日:2018年 9月14日(金)17時31分18秒
返信・引用
  ビュールレコレクション展は九州国立博物館でも開催されました。九国では興福寺の阿修羅像以来の集客だったらしいです。ここでは「かわいいイレーヌ(イレーヌ・カーン・ダンヴール嬢)」も撮影できました。本当に可愛かったですね。ビュールレコレクションは個人の美術館なので、盗難に合うことがことが多いため、スイスの国立美術館に移管することになったそうです。その合間に巡回しているようで、秀作ぞろいでした。東京でも公開されるそうです。  

久留米発信の文化

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2018年 9月13日(木)22時01分29秒
返信・引用
  昨日、小雨のあいにくの天気でしたが、閉幕近い美術展を観に、名古屋市美術館を訪れました。

印象派作品を中心とした「ビュールレ・コレクション」

目玉作品の、「美少女像(ルノアール作)」は圧巻。
最終ブースの「睡蓮の池(モネ作)」は、想像以上に巨大な作品で、ここでは唯一、撮影可能。
これだけの名画を常設できれば有り難いが、そこは無理というもの(笑)

葉室麟氏原作の映画「散り椿」公開まで、あと2週間[9/28(金)]
予告編で観る俳優陣も楽しみです。

今、公開中の話題のアニメ映画の監督が、同期の方の御子息と聞き、敬意を表しています。
人の心を映像化するには、原作者と共に、繊細な視点を持つ監督あるいは演出家の力量が必要ゆえ。

シャインズ公演を楽しまれた清美さんや皆さん、豊かで有意義な時間を過ごされたことでしょう♪

久留米からの文化発信に、何かしらの土壌があるのではと、まだ名古屋文化を知り尽くしていない東海人は、羨ましく思う次第です。

秋の便りが聞こえてきましたが、豪雨、地震被害が相次ぎ、心配でなりません。
関西圏の停電は、一部エリアで未だ回復しておらず、広大な北海道の発電供給システムの再構築が急がれます。
 

二年ぶりにシャインズ

 投稿者:久原清美  投稿日:2018年 9月 9日(日)20時57分39秒
返信・引用
  筑紫野市の団塊バンドフェスタにシャインズ登場。PPMとボブディラン。懐かしく、楽しみました。久しぶりなので、少し緊張したシャインズでした。  

北海道大地震

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2018年 9月 6日(木)16時36分52秒
返信・引用 編集済
  台風21号による、関西エリアの皆さんの被害が心配される中、今日未明の北海道地震に驚きました。
同期で、北海道在住の方は存じ上げないのですが、ご友人、お身内がお住まいのケースがあるかと存じます。
広範なインフラ被害が報道され、心配でなりません。一日も早い復旧を祈っています。

清美さん、久留米市美術館のイベント情報、ありがとうございます。
旧石橋美術館時代に初めて観た、青木繁作「海の幸」の迫力は、今も記憶にありますね。

名古屋の金山総合駅すぐの「ボストン美術館」は、利便性が高い場所なのに、10月8日、20年の歴史を経て閉館します。
文化施設の運営は、容易ではないようです。

一昨日は台風一過で、近くの公園から青空を仰ぐことが出来ました。

関西、北海道在住の皆さんが、一日も早く平穏な暮らしに復されますように。
 

久留米市美術館へ

 投稿者:久原清美  投稿日:2018年 9月 1日(土)21時00分3秒
返信・引用
  今日は雨の中出かけました。現在ブリヂストン美術館コレクション展「名画が奏でる8つのフーガ」が開催されています。石橋美術館時代に何度も親しんだ作品と初めて見る作品もたくさんあって、ゆっくり鑑賞しました。ザオ・ウーキーの作品が4点あって、色彩の美しさや動きの楽しさを堪能しました。アンリ・マティスも画室の裸婦他4点。赤の使い方が素晴らしかったです。  

ラピュタの雲

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2018年 8月27日(月)16時51分57秒
返信・引用
  紹介された積乱雲は、稀に見る巨大さで、関東一円から注目されたようですね。
ここまで大きな雲は見たことがありません。

アリジゴクも実に興味深い。
私も小学生時代の夏、友人たちと近所のお寺でかくれんぼをしていて、御堂の床下(結構高さあり)に潜った際、涼しい空気感と、いくつかのアリジゴクを目にしたのを思い出しました。

日が落ちるのが早くなりましたね。
昨夜は、池上彰氏の特番を観てから、満月を拝しました。
旧暦の八朔(はっさく)は、恥ずかしながら初めて知りました。

一昨日、栄のミニシネマで上映中の「フジコ・ヘミングの時間」を鑑賞。
感動の余韻を抱えながら、外に出たら、「日本ど真ん中祭り」の真っ最中。
1999年、当時の大学生有志が起ち上げ、今は一大イベント。
若者たちの溌剌とした姿は、高校球児に負けない。

祭りといえば、Youtubeで観た「JR九州“櫻燕隊”」の見事な演舞に感動。
現役鉄道職員が中心と聞き、二度驚きました。
一度、ライブで観てみたい。


月の出を見るためヒトは立ったとか  取手 崩彦(7/12 万能川柳(毎日新聞)より)


情報提供頂く、清美さん、正木君に感謝。

また暑さが戻っています。
どうか皆さん、お互いに体調管理に気をつけましょう♪
 

八朔

 投稿者:正木春彦  投稿日:2018年 8月27日(月)01時18分1秒
返信・引用 編集済
  お盆を明けてからの帰省でしたが、台風19号と20号の進路を気遣いながら、24日に島根から戻ってきました。
1週間の(ペット)ホテル住まいですっかり甘えん坊になったワンちゃんと久しぶりの散歩に出て、竹藪脇の砂地の路肩に、たくさんの動物の足跡、と思いきや全部アリジゴクのようでした。意識的に見たのは小学校1年生の時、学校近くの無人のお御堂境内で見かけたときだからほぼ60年前か。

お盆前は7時過ぎてもまだ明るかったのに、7時はもう日が落ちてしまいました。上空だけ明るい馬頭星雲のような入道雲の中で、10秒に1回ほどの頻度で稲妻が光っていました。携帯で撮ろうとしたけどなかなか・・・

今は満月が中天で輝いています。いつの間にか、虫の声が賑やかになっていました。

今夏気になったこと、流山では7月から、夕方にはツクツクボウシとヒグラシが鳴いていた。佐賀ではいつもワシワシで目が覚めていたのに、今年は近くでほとんどクマゼミもアブラゼミも、そしてお盆を過ぎているのにツクツクボウシの声も聞かなかった。Silent Summer? 暑すぎたから・・・ではないと思うけど。そして、蚊にほとんど悩まされなかった、ヤブ蚊もボウフラの涌く水溜まりがなかったのか。そして、北部九州では明らかにセイバンモロコシがススキの生態を奪いつつあります。関東(江戸川流域)では10年ほど前までに遷移が終わっていましたが、その頃九州ではまだ道沿いにはススキが主体で、主要国道沿いのところどころにセイバンモロコシを見かける程度でしたが、今年は長崎道沿いはほとんどがセイバンモロコシに席巻されていました。
 

今日は

 投稿者:久原清美  投稿日:2018年 8月24日(金)20時42分15秒
返信・引用
  台風一過とは言え、風の強い一日でした。最高気温は少し下がって32℃ぐらい。数日来の暑さから解放されて、久しぶりに庭仕事に精出しました。いつの間にか萩の花が咲きだしてました。季節は確実に移っています。後少しの間頑張りましょう。今月の満月は8月26日です。  

名古屋は雨脚が強くなってきました

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2018年 8月23日(木)18時29分31秒
返信・引用 編集済
  台風20号、四国上陸の予報で、進路にあたる住民の皆さんが心配です。
名古屋は午前中、すでに、にわか雨と晴れが交互に訪れる不安定な天気でした。
久留米、筑紫野方面も影響があるかと思います。どうか、気をつけてください。

昨日、車の定期点検をディーラーに依頼し、1時間の待ち時間の間、近くの喫茶店で一服。
ミニシロノワールなるものを初めて注文しました。美味かったです♪
台風と関係ない話題ですみません。
 

暑い

 投稿者:久原清美  投稿日:2018年 8月22日(水)19時43分41秒
返信・引用
  お盆後、かなり涼しくなっていたのに、昨日、今日の暑さ。台風の影響のフェーン現象だそうです。37℃超え。外は熱風が吹ていました。台風20号が近づいています。関西や東海地方の皆さんに被害がないことを祈ります。  

ペルシウス流星群

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2018年 8月19日(日)23時13分28秒
返信・引用 編集済
  例年にない酷暑は、ここ数日、ようやく収まったようで、日中の外出も多少楽になりました。
いやはや、耐え難い暑さでしたね。

盆に帰省した鳥取で、楽しみにしていたのがペルシウス座流星群。
街灯が少なく、天候が許せば見えると期待したものの、これが意外に難しい。
近くの畦道に出て、しばらく夜空を仰ぎましたが、目が慣れるまで15分以上要するらしい。
近くの道路を通過する車のヘッドライトでも、結構、観測を中断されます。

しかし、照明が多い都市部に較べれば、普段、目にしない満天の星が瞬いているのが見えました。
肝心の流星も、視野の端の方で、一瞬、通過したレベルで、祈りを捧げる間もありませんでしたが(笑)、よい体験でした。
むしろ、小学生の時に帰省した折り、明確な流れ星を見た記憶があって、当時は、今より更に夜空が綺麗だったのでしょう。

鳥取駅前の地下道に、2つの広告パネルが目を引きました。
1つは、鳥取砂丘に在る「砂の美術館」のイベント“北欧編”をテーマにした砂像群。
もう一つは、9月8日(土)に放送されるNHK「ブラタモリ~鳥取~」
専門家が舌を巻くタモリの地質学的知識とともに、街の風景が少しは放送されるかと。
お時間があれば、ぜひご覧ください。

正木君、関東の稲刈り時期は本当に早いですね。
鳥取地方の田はまだ青く、稲刈りは秋のようです。

皆さん、今週も頑張りましょう♪
 

鳥追いカイト鷹(ポール竿付)

 投稿者:正木春彦  投稿日:2018年 8月12日(日)19時36分10秒
返信・引用
  8月5日の写真はこのようにいうものだそうで,3000円ほどでネット販売されていました。
そしてそこの田んぼ、今日は既に刈り取りが終わって鳥追いカイト鷹も撤去されていました。
もう千葉の東葛地方では稲刈りが始まります。
 

オダネル氏の思い

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2018年 8月 9日(木)00時02分15秒
返信・引用 編集済
  仰る通り、対象は「焼き場に立つ少年」の写真です。ローマ法王も引用されたことは、記憶に新しいですね。
高山市の坂田壽美子さんは、御年93歳の、(記事写真を拝見すると)凛とした方です。

オダネル氏は幾度も来日し、あの少年の行方を探しましたが果たせず、8月9日、85歳で亡くなりました。
その記録番組を録画したDVDを同期の友から頂き、この時期、必ず視聴しています。
幼い少年が、支えられるべき肉親を失い、しかし、懸命に現実と向き合う姿は、耐え難いものがあります。

名古屋市内に「ピースあいち」という、名古屋大空襲の記録を基にした民間施設があり、今、原爆体験者の話を基に、油絵を描く広島市の高校生たちが描いた絵画が展示されています。
戦争時のドラマは、俳優が若くなってリアリティーが弱く感じるのは同感ですが、有志の高校生たちが、こうした試みに挑んでいることは、戦争を許してはならないという歴史の継承に、一縷の望みがありますね。
というか、大いに見習うべきと思いました。
ちなみに、同館運営の中心的役割を果たされている方は、母校OBの方です。

記事にも紹介された、栄の繁華街での、反戦を抽象画で表現する画家の展示も、今日、観てきました。
こちらは、明日までの展示なので、お近くの方はぜひ。

台風の影響が出始めています。正木君はじめ、関東在住の皆さん、どうか安全で過ごされますように。
 

焼き場に立つ少年?

 投稿者:正木春彦  投稿日:2018年 8月 8日(水)00時57分4秒
返信・引用
  きっと、ジョー・オダネルの、「トランクの中の日本」の写真でしょうね。
若い写真家が最初に佐世保に降り立って、高台から俯瞰した写真から始まっていたと思います。
限りなくそれに近い時空に生を受けた私たちでした。
戦時中を描いたドラマが最近は、どこか間の抜けたはしゃいだ空気で描かれる違和感を感じることが多く
脚本家も演出家も俳優もみな下の世代であることに思い至り、
戦争を知らない自分たちにもつなぐ責任があるのを感じます。
 

東海は

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2018年 8月 7日(火)22時51分17秒
返信・引用 編集済
  この猛暑で、日中、外出を控え、トドのごとく室内でゴロゴロ。
田園風景の移ろいを見ていません(泣)
昨夜遅く、やっと雨が降り、今日の日中は、暑さが少し和らぎました。
明日から、また猛暑は戻りますが。

久留米、筑紫野も暑いでしょう。

台風12号に続き、変則進路の13号が関東以北に影響を与えそうです。
関東在住の皆さん、どうか、気をつけてください。

今日は立秋。今夏ほど、秋が待ち遠しいと思った年はないですね。

先日、新聞で紹介された短歌“高山市ほか主催 短歌コンクール「八月の歌」優秀賞(一般の部)作品”に感銘を受けました。
岐阜県高山市在住の坂田壽美子さんの作品です。


少年は幼弟(おさなおとと)の亡き骸(がら)を裸足で背負い火葬場(やきば)に立てり


広島に続いて、長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典の日が、もうすぐです。

鎮魂とともに、改めて戦争を二度と起こしてはならない思いを新たにしたいと思います。
 

こちらは

 投稿者:久原清美  投稿日:2018年 8月 7日(火)22時05分21秒
返信・引用
  40センチぐらいで、まだ青々としています。ちなみに大豆は10センチぐらい。今年は暑いせいか、うちの菜園も育ちが悪く、おくらなど70センチぐらいの高さでパラパラ実を付けています。  

もう色づき始めました

 投稿者:正木春彦  投稿日:2018年 8月 5日(日)22時43分6秒
返信・引用
  もう、関東の稲田は色づき始めています。面白いものを見ました。かかしみたいな役目を負った鷹の形の凧、カイトです。クルクルうまく飛び回っていた。
ついでに、またもや夕焼け空。ところで夕方散歩すると、ヒグラシとツクツクボウシがよく鳴いている。ツクツクボウシはお盆過ぎという印象があったが、今年は早くて7月から鳴き始めていました。
 

福岡でも

 投稿者:久原清美  投稿日:2018年 8月 1日(水)12時00分32秒
返信・引用
  火星がはっり見えました。皆既月食続き、火星の大接近。ワクワクしました。  

自然の営み

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2018年 8月 1日(水)01時49分17秒
返信・引用 編集済
  昨夜9時過ぎ、屋外に出て、南東の夜空を仰いだら、唯一、赤く輝く火星あり。
月はいずこと探せば、東方の、やや離れた低い位置に、火星を立てるがごとく、遠慮がちに輝いていました。
皆既月食が重なった満月は、東海では残念ながら曇天で、拝することは出来ませんでした。

異例の進路をとる台風12号は、未だ消滅せず。
しかし、関東、久留米の皆さんに被害が無かったことは幸いでした。
西日本豪雨被災地の復旧渦中なのに、心配されます。

四葉のクローバーを見つけると、その日一日、ハッピーな気持ちになりますね。
子どもの頃、カタバミの葉と区別できず、ぬか喜びしたこともしばしば。
一度、近くの公園で探してみようと思います(日中は避けますが)。

先日の新聞に、清美さんのご主人が詠われた俳句が入選されていました。

蟻の列死を分解し運び去る   (7/29付朝日俳壇)

小さな蟻の群が、自分よりはるかに大きな昆虫の亡骸を器用に分解して、巣に運び入れる様を詠まれたと解釈。
推挙した選者の一人から“「死を分解し」の抽象化が箴言のように力強い”と評価されています。

正木君、清美さんのご主人、お二人の鋭い観察眼に驚かされます。

昨日、東海仲間の竹下君から、葉室麟氏原作の映画「散り椿」が、9月28日封切の情報をもらいました。
氏の、時代背景を見据えた繊細な文芸作品は、これからも我々を楽しませてくれそうです。

先週、名古屋駅に出た折り、隣接のビル吹抜けに、有松絞が、近代的に美しく展示されていました。

まだまだ、暑さが続きます。諸兄諸姉、お互いに体調管理に留意しましょう。
 

台風一過

 投稿者:正木春彦  投稿日:2018年 7月31日(火)00時51分29秒
返信・引用 編集済
  福岡では皆既月食が楽しめたとのこと、よかったですね。すぐその左に大きな火星があったはず。
関東は日曜日は蒸しましたが、月曜日は少ししのぎやすくなり、大暑の戻るまで束の間の一息でした。
写真は利根運河越しに久しぶりの美しい夕空。
この先の、理科大キャンパスワキの草むらで、二つ葉のクローバーを見つけました。
葉がきれいに対生していたので一枚が千切れた三つ葉ではないと思います。
10日ほど前、五つ葉のクローバーも見つけました。その場所はなんと旧上九一色村、サティアンあとの富士ヶ嶺公園。
周りには四つ葉も散見されました。ただし、化学プラントのあったサティアン跡ではないので、場所柄は偶然でしょう。

半分訂正:二つ葉はよく見ると若い頃1枚が取れた痕かもしれない小さな点が葉の付け根に見えるので、本当の二つ葉ではないかもしれません。が、五つ葉をアップします。同じ株から五つ葉2本と小さな四つ葉が出ている。
 

月食

 投稿者:久原清美  投稿日:2018年 7月29日(日)13時10分38秒
返信・引用 編集済
  きれいに見えました。3時半から4時半までお縁で蚊にさされながらの観測でした。今年は高温なので蚊が少ないなあと思ってましたが、夜明けは蚊の攻勢が凄かったです。雲もなくスッキリとした満月も拝みました。

昨晩はじょっかーずの納涼飲み会兼、牛嶋君の快気祝いでした。牛島君、元気になって良かったね。今日は台風が来ています。被害がないことを祈ります。

 

夜明けの月食

 投稿者:正木春彦  投稿日:2018年 7月23日(月)12時47分23秒
返信・引用
  清美さんはお祇園に行かれたのですね、無粋ながら暑かったでしょう。
28日土曜日の満月のピークは夜明け頃だそうですね。今回の満月は公転の楕円軌道の遠地点に相当して最も小さい月だとか、その月に地球の影が3時半頃からかかり始め、4時20分頃から皆既月食となってそのまま夜が明けるようです。晴れていれば九州の方が少しだけ長く見られるはずですね。
 

今度の満月

 投稿者:久原清美  投稿日:2018年 7月22日(日)09時59分55秒
返信・引用
  7月28日です。京都、祇園祭の鉾に「月鉾」というのがありました。鉾の一番上に三日月が飾られていて、鉾の金具もとても豪華。周りは多分ペルシャ絨毯やインド絨毯で飾られていました。今回見た鉾や山の中で一番気に入りました。ちなみに二番は船鉾、三番は長刀鉾。  

本当に

 投稿者:久原清美  投稿日:2018年 7月18日(水)22時35分43秒
返信・引用
  そうです。
15日から今日18日まで京都に行ってました。ちょうど祇園祭りの真っ最中。昨日は市役所近くの桟敷で山鉾巡行を見ました。伝統を伝えていくことは、本当に大変な事だと実感しました。それにしても暑かった。
 

尋常でない暑さ

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2018年 7月18日(水)21時44分8秒
返信・引用
  ここしばらく、例年にない酷暑が続いています。

今日、岐阜県では40℃を越え、名古屋市に隣接する豊田市内の小学校では、1年生の児童が熱中症で亡くなりました。
野外活動とはいえ、出発の午前10時は既に暑く、片道1kmも歩かせてはなりません。
夏休みを目前に、胸が痛みます。

一昨日の日中、所用でやむなく外出したら、アスファルト路面からの照り返しが激しく、サイレンを鳴らす救急車に、何度も出会いました。

諸兄諸姉、どうか、無理をされませんように。
 

改めて 豪雨お見舞い申し上げます。

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2018年 7月11日(水)18時05分9秒
返信・引用 編集済
  12府県に被害が及び、犠牲となられた方が175人にも上る、大変な災害となりました。
未だ、行方不明の方、インフラの崩壊で、この暑さの中、復旧は相当な時間を要する事態です。
気象庁が警告を発している中、政府初動の遅れに大きな疑問がありますが、住民に近いのは地方自治体ゆえ、そこに今後の復旧を委ねるしかないかもしれません。

今日の名古屋の最高気温は34.7℃。
蝉しぐれは、まだ聞けないものの、屋外に出るのは苦痛なほどの気温です。

昨夜、東海支部総会出席者への礼状と、支援頂いている欠席者への報告を、ようやく投函。
大所帯の他支部に較べれば、数日で終えられる量ですが、不慣れと日常の雑用が入るたび中断。
申し訳ないことでした。

久留米と関東では、地震もあり、大変だったと思います。
南海トラフは、静かな分、エネルギーを溜め込んでいる不安あり。

清美さん、正木君の、克明な記憶に驚いています。
東海支部総会前夜に集まり、語り合った同期の友たちも、やはり詳細な記憶に基づく話題で盛り上がりました。
人生の基軸に、高校時代は大きいと、羨ましく拝聴、拝読した次第。


現在進行形の豪雨被害、どうか、熱中症と疲労に留意され、一日も早い復旧を祈ります。
 

Re: すごい雨です

 投稿者:正木春彦  投稿日:2018年 7月 7日(土)01時27分47秒
返信・引用 編集済
  > No.5374[元記事へ]

ニュースに親しい町名がいっぱい出てきて、しかもみな警報で、そんなに危ないところがあったなんて驚いていました。が、昨年の朝倉だって大変なことで、それがまだ復旧できていないところへきてまたすごい量の雨! 人的な被害だけでも少ないことを祈ります。
田植えして間もない幼苗が長く冠水すると、稲の被害だけも大きいでしょうね。

昨晩、こんなに日本中で大雨続きだったらどこかで何かが起こるのではないか、と心配していましたが、他府県でも被害が出ていますね。以前、嵐山に集まった、あの辺りで5年前に水害がありましたが、その時に避難勧告に応じた住民は1%だったと聞き、意識の違いに驚きました。

関東も降っていますが、夕刻小雨の中を散歩に出たら、江戸川はまだ平常水位で、上流は意外に大雨ではないらしい。

とんだ七夕になりそうです。
 

すごい雨です

 投稿者:久原清美  投稿日:2018年 7月 6日(金)22時10分13秒
返信・引用
  西鉄大牟田線、JR鹿児島本線、高速バス。すべて運休。福岡市は帰宅難民であふれています。タクシーは捕まらないし、ホテルもネットカフェや漫画喫茶も満杯らしいです。西鉄大牟田線ののり面が崩落したということです。明日も運休する?
前代未聞の状況が続いています。
 

途中まで

 投稿者:久原清美  投稿日:2018年 7月 3日(火)08時18分43秒
返信・引用
  体育館裏の長屋の部室でした。多分一年生の間ぐらい。新聞部と隣り合わせです。しきりに穴が開いていて、お互いの様子をのぞき見出来ました。反対側の窓の外には空き地があり、バレーボールのネットが張ってありました。なんか不思議な部室で異次元の世界にいたような気がします。取り壊しになり、図書館の中に移動しました。  

レンタル掲示板
/75