teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


てんもく

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月13日(土)14時19分0秒
  てんもく 茶椀  
 

てんもく

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月13日(土)14時13分59秒
  茶碗  

天目茶碗1078年

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月13日(土)11時01分39秒
編集済
  そうより、とどけられる
 

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月13日(土)10時46分51秒
編集済
  ちゃわん
 

日本の稲作、と、倉庫と官衛になる、までの、経過に、とって、夜須の官衛に、いたる、天皇領地、には、夜須が、何と、いっても、日本随一

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月11日(木)08時40分27秒
編集済
  日本の稲作、と、倉庫と官衛になる、までの、経過に、とって、夜須の官衛に、いたる、天皇領地、には、夜須が、何と、いっても、日本随一である。

日本の稲作、と、倉庫は、筑紫に、はじまって、いて、夜須の地名と、ともに、じゅうよう、になっているとは、歴博も、ここまで、には、いたって、おらず、稲作の先駆が、何処か、さえ、つき止めては、いない、児島宮歴研会。

日本の稲作、と、倉庫と官衛になる、までの、経過に、とって、夜須抜きでは、語れない、児島宮歴研会。
高額の現天が、筑紫、竹枝とかいて、ちくし、と、ビン音。

筑紫とは、古代の、竹簡=木簡
考古学は、奈良に、重点を、おいて、いるが、間違いである。児島宮歴研会。

夜須なくしては、考古学は、成り立たない。
北部九州、先駆なくしては、夜須も、成立しない。

日本の稲作、と、倉庫は、古代の夜須に、中心を、なしている、これは、考古学でも、解明していない。
日本の原点のすべては、天皇にしても、夜須しか、神武天皇も、ここから、生まれている。
紀元前、五十年前に、磐余彦は、松延沼地、から、東征を、初めていた。

上林には、さかづきが、田一面に、散乱 http://kodainolekisikan.web.fc2.com/mokuji.html     しているのが、石井学芸員により、発掘されている。

「豊原国譲りから邪馬台国夜須へ」、ウエーブで、掲載してする。「梓書院」からも、二十年前発売している。
これが、考古学の基本、経過と、なるだろう。
日本の考古学は、、ここから、邪馬台国も、知る事が、できる。

ネットウエーブで、無料で、掲載、しているのを、いい事に、ウイクベキアでも、著作権も、無視、して、いる、ネットウエーブでは、児島宮歴史研究室を、知らないのに、掲載は、不可能であるのに、著作権も、無視、して、いる。










 

筑前筑後に、またがる、郡役所を、発見した。茶は、平安時代には、越州窯の、天目茶碗で、茶道が、始った

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月10日(水)14時31分35秒
編集済
  筑前奏言郡、筑後御原郡、郡役所に、柏木君?が、朝廷から任じられていた。著作権あり

郡制度が、始まり、宮廷に、治める、東郡役所と、西倉庫を、もつ、天皇御領地となっていた、これは、神武以前から、始ったていた。
それは、都の、始まりでもあった。福岡県三井郡大刀洗(たちあらい)町下高橋にある官衙跡と、共存する、朝廷の、始まりを、表す、ものであった。

郡は、兵を、まかなう、為の、当時の、越人(浙江省会稽)の、風習であった。
紀元前百十一、念、に、起こった。著作権あり二百万円、 許可料 無断掲載禁止

福岡県三井郡大刀洗(たちあらい)町下高橋にある官衙跡。

官衙は、朝廷により、行われていて、他に類はない。
神武東征の、跡、岡山に、みやけ、は、作られ、気ゅう手結、と、郡は、ケルト、と、同じ、華夏人の特徴であった。これに、共して、いた、工人も、御供、になっていた。ヤマト朝廷の仕組み、である。
軍には、農業に、携わる者、も、いた。

五世紀には、大宰府政庁や、筑紫館(宿)が、、作られて。隋の使者が、通っている。

夜須官衙跡は、太宰府線、を、結ぶ地点に、東、郡役所があり、西、には、倉庫が、並んで、いた事が、児島宮歴史研究室に、よって、解明された。
これらには、、工人の仕事場が、儲けられ、ヒルハタは、鉄器工房、惣利遺跡は、木工工房、鳥巣、磁器工房、等が、点在していた。

8世紀中頃になると、全て新しく建て直され十一世紀、三十年には、柏木、君が、任官されている。
この頃、の、筑前、筑後の郡役所には、中国の浙江省、から、成田氏によって、茶ゃ、天目茶碗が、鴻臚館や、筑前、筑後の郡役所から、発見されている。

日本では、記録が、今もないので、無断転載は、禁止、ウイクベキア、、でも、無断掲載が、見え、請求書を、送るので、その旨、ご了承ください。ネットでも、無断転載は、禁止、
大刀洗町大字下高橋・大字鵜木

読み方:カショウ(kashou)

平安時代の年号(1106~1108)。


長治の後、天仁の前。1106年から1107年までの期間を指す。この時代の天皇は堀河天皇、鳥羽天皇。
この年代に、柏木、と名付けた。
柏木とは、宮廷の、役職の名


嘉承(かじょう)2年80歳ぐらいで出家した。 .... 八十歳を超えた延久二年(一〇七〇)、第二子成尋阿闍梨が入宋請状を出し、このことが家集成立の因をなした。
https://crazystudy.info/nengo-review

斉衡(854-857年) 前田臣市成、

嘉承(かじょう)延久二年(一〇七〇)、第二子成尋阿闍梨が入宋請状を出し、このことが家集成立の因をなした。この後、日本に帰還した成尋は、夜須の柏木、で、再開した。天目茶碗は、この時、のもので、茶が、夜須、字、上林、で、越州窯の、天目茶碗で、茶道で、飲んだことが、伺える。

これで、茶は、平安時代には、越州窯の、天目茶碗で、茶道が、始った、事が、判る。無断掲載禁止




















 

藤原成季(読み)ふじわらの なりすえ 藤原成季は奏言官衙遺跡(三牟田在)に在任していた

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月 6日(土)19時41分3秒
編集済
  応徳3年(1086)文章(もんじょう)博士となり,筑前(ちくぜん)(福岡県)の国守などを歴任。「中右記部類紙背漢詩集」「朝野群載」などに詩や文章がある。嘉承(かじょう)2年80歳ぐらいで出家した。

父:藤原能通
母:藤原元尹の娘(藤原南家巨勢麻呂流出身)
妻:小野資通の娘 男子:藤原成季
男子:藤原季重
男子:藤原季兼(1044-1101)

妻:高階業敏の娘 男子:藤原季綱(?-?)

生母不明の子女 男子:藤原行綱
男子:興義
男子:実慶

養子女 男子:藤原業仲 - 実は高階業敏の子


子の成季、季綱らも父と同様に文章道によって名をなし、その子孫からも文章博士を輩出したため、実範は後世、南家の家学の祖として一門の尊崇を受けることとなった。また三男の季兼の子孫は熱田神宮の大宮司職を世襲する家柄となった。

人名 平安時代中期-後期の官吏,漢詩人。

「藤原成季」

實視朝臣男藤原成季五才

藤原成季は奏言官衙遺跡(三牟田在)に在任していた

成田成尋が、宋の越州窯磁器から、持ち帰った、柏木遺跡の、官衛役所付近から、出土。





凡例
藤原実範

時代
平安時代中期

生誕
不明

死没
不明

官位
従四位上、文章博士

主君
後一条天皇→後朱雀天皇→後冷泉天皇

氏族
藤原南家貞嗣流

父母
父:藤原能通、母:藤原元尹の娘


小野資通の娘、高階業敏の娘


成季、季重、季兼、季綱、行綱、興義


系譜
?父:藤原能通
?母:藤原元尹の娘(藤原南家巨勢麻呂流出身)
?妻:小野資通の娘 ?男子:藤原成季
?男子:藤原季重
?男子:藤原季兼(1044-1101)

?妻:高階業敏の娘 ?男子:藤原季綱(?-?)

?生母不明の子女 ?男子:藤原行綱
?男子:興義
?男子:実慶





 

成尋阿闍梨母集延久4 (1072) 年に入宋

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月 1日(月)20時01分30秒
編集済
  成尋阿闍梨母集じょうじんあじゃりのははのしゅう 平安時代中期の日記的私家集。『 成尋母日記』ともいう。2巻。 作者は成尋阿闍梨の母で,80歳をこえた延久4 (1072) 年に入宋した子との生別を悲しむ老母の心情が和歌に託されて記してある。

https://kotobank.jp/word/%E6%88%90%E5%B0%8B%E9%98%BF%E9%97%8D%E6%A2%A8%E6%AF%8D%E9%9B%86-79383

天台宗の僧成尋の母を作者とする自撰歌集。成尋は1072年(延久4)62歳で宿願の宋に渡ったが,故国に残された80余歳の老母は,別離の悲しみと成尋の身に思いを馳せる心情を切々として詠歌に託した。集は上・下巻に構成され,上巻は1067年(治暦3)10月から71年まで,成尋の京の門出の前後を中心にした71首(うち長歌1首),下巻は初頭部分を上巻と重複させて尽きせぬ感懐を述べ,71年1月30日から73年5月までの104首,合計175首をほぼ年代順に収める。
別れる前、成尋とともに暮らした岩倉(京都市左京区)から、1071年(延久3)正月成尋の兄弟で仁和寺(にんなじ)の律師(りっし)(一説では成尊(じょうそん))のもとに移り、翌年3月成尋の渡航、さらに翌々73年に至る期間の成尋の音信や作者の切々たる心象、それに往時の回想をも交えて、2、3回に次々まとめられた成尋阿闍梨母(じょうじんあじゃり の はは、永延2年(988年)? - 没年不詳)は、平安時代中期の女流歌人。源俊賢の娘とされるが、京都大雲寺の縁起によれば、堤大納言の娘とされる。陸奥守藤原実方の子貞叙に嫁し、僧成尋・成尊ら2子を生む。 夫とは1014年 - 1015年頃、早くして死別。

。成尋阿闍梨母(源俊賢女(としかたのむすめ))が、80余歳の高齢に達してから、わが子成尋が求道(ぐどう)のために渡宋(そう)したときの悲しみを、和歌と散文をもって書き綴(つづ)ったもの。別れる前、成尋とともに暮らした。

八十歳を超えた延久二年(一〇七〇)、第二子成尋阿闍梨が入宋請状を出し、このことが家集成立の因をなした。巻一は内容的には治暦三年(一〇六七)から延久三年三月まで、巻二は延久三年正月から同五年五月まで、七年間にわたる。

成尋は62歳で母が85歳で入宋しますが、成尋阿闍梨母集に「・・唐に、五台山といふ所に、文殊のおはしましける跡の、ゆかしく拝ままほしく侍るを、年ごろ宿曜に言ひたることの必ずかなふを、『六十一、慎むべし』と言ひたるを、若く侍りしより思ひしことは、のどかに行ひして、人騒がしからざらん所にあらんと思ひしを、今までかくて侍りつるを、年老いて、同じくは死なぬさきに思ふことせまほしきを、唐に、五台山といふ所に、文殊の御跡をだに拝みて、もし生きたらば帰り詣で来む。失せなば、必ず極楽を相見、拝み奉るべきことを思はむ」とのたまふに、「さはまことに思ひ立ち給ふことにこそ」と聞くに、ものも言はれず、あさましう胸ふさがりて、いらへもせられねば、帰り給ひぬ。」とあります。

土佐日記―蜻蛉日記―紫式部日記―更級日記―成尋阿闍梨母集―十六夜日記. だそうです。

律師も帰り給ひぬ。

水鏡といふにや。神武天皇の御代より、いとあらゝかにしるせり。その次には、大鏡、文徳のいにしへより、後一条の御門まで侍りしにや。又世継とか、四十帖の草子にぞ、延喜より堀川の先帝までは少し細やかなる。又なにがしの大臣の書き給へると聞き侍りし今鏡には、後一条より高倉院までありしなめり。誠や、いや世継は、隆信朝臣の、後鳥羽院の御位の御程までをしるしたりとぞ見え侍りし。その後の事なん、いとおぼつかなくなりにける。おぼえ給へらむ所々までもの給へ。今宵誰も御伽せん。かゝる人に会ひ奉れるも、しかるべき御契あらん物ぞ」など語らへば、「そのかみの事は、いみじうたど
?

?
しけれど、誠に事のつゞきを聞えざらんもおぼつかなかるべければ、たえ
?

?
に少しなん。ひが事ども多からんかし。そはさし直し給へ。いと傍いたきわざにも侍るべきかな。かの古き事どもには、なぞらへ給ふまじう〔ぞ〕なん」とて、

愚なる心や見えん増鏡古き姿に立ちは及ばで

とわなゝかし出でたるもにくからず、いと古代なり。「さらば、今の給はん事をも、また書きしるして、かの昔の面影にひとしからんとこそはおぼすめれ」といらへて、

今もまた昔を書けば増鏡ふりぬる代々の跡にかさねん


1 おどろのした

御門始まり給ひてより八十二代にあたりて、後鳥羽院と申すおはしましき。御諱は尊成、これは高倉院第四の御子、御母は七条院と申しき。修理大夫信隆のぬしのむすめ也。高倉院御位の御時、后の宮の御方に、兵衛督の君とて仕うまつられし程に、忍びて御覧じはなたずや有けん、治承四年七月十五日に生まれさせ給ふ。その年の春の比、建礼門院后宮と聞えし御腹の第一の御子、安徳天皇 三に成給ふに位を譲りて、御門はおり給ひにしかば、平家の一族のみいよ
?

?
時の花をかざし添へて、花やかなりし世なれば、掲焉にももてなされ給はず。又の年、養和元年正月十四日に、院さへかくれさせ給ひにしかば、いよ
?

?
位などの御望みあるべくもおはしまさざりしを、かの新帝平家の人々にひかされて、遙かなる西の海にさすらへ給ひにし後、後白河法皇、御孫の宮たちわたし聞えて見奉り給ふ時、三の宮を次第のまゝに〔と〕思されけるに、法皇をいといたう嫌ひ奉りて、泣き給ひければ、「あなむつかし」とて、ゐてはなち給ひて、「四の宮こゝにいませ」との給ふに、やがて御膝の上に抱かれ奉りて、いとむつましげなる御気色なれば、「これこそ誠の孫におはしけれ。故院の児おひにも、まみなどおぼえ給へり。いとらうたし」とて、寿永二年八月二十日、御年四にて位につかせ給ひけり。内侍所・神璽・宝剣は、譲位の時必ず渡る事なれど、先帝筑紫に率ておはしにければ、こたみ初て三種の神器なくて、めづらしき例に成ぬべし。後にぞ内侍所・しるしの御箱ばかり帰のぼりにけれど、宝剣は遂に、先帝の海に入り給ふ時、御身に添へて沈み給ひけるこそ、いと口惜しけれ。かくて此御門、元暦元年七月二十八日御即位、その程の事、常のまゝなるべし。平家の人々、未だ筑紫にたゞよひて、先帝と聞ゆるも御兄なれば、かしこに伝へ聞く人々の心地、上下さこそはありけめと思ひやられて、いとかたじけなし。同年の十月二十五日に御禊、十一月十八日〔に〕大嘗会なり。主基方の御屏風の歌、兼光の中納言といふ人、丹波国長田村とかやを、

神世よりけふのためとや八束穂に長田の稲のしなひそめけむ

御門いとおよすけて賢くおはしませば、法皇もいみじううつくしとおぼさる。文治二年十二月一日、御書始めせさせ給ふ。御年七なり。同じ六年、女御参り給ふ。月輪関白殿の御女なり。后立ありき。後には宜秋門院と聞え給ひし御事なり。この御腹に、春花門院と聞え給ひし姫君ばかりおはしましき。建久元年正月三日、御年十一にて御元服し給ふ。

同じき三年三月十三日に、法皇かくれさせ給ひにし後は、御門ひとへに世をしろしめ〔し〕て、四方の海波靜かに、吹く風も枝を鳴らさず、世治まり民安くして、あまねき御うつくしびの浪、秋津島の外まで流れ、しげき御恵み、筑波山のかげよりも深し。よろづの道々に明らけくおはしませば、国に才ある人多く、昔に恥ぢぬ御代にぞ有ける。中にも、敷島の道なん、すぐれさせ給ひける。御歌かず知らず人の口にある中にも、

奥山のおどろの下も踏みわけて道ある世ぞと人に知らせん

と侍るこそ、まつり事大事と思されける程しるく聞こえて、いといみじくやむ事なくは侍れ。

建久九年正月十一日、第一の御子土御門院 四になり給ふに、御位譲り申させ給ひて、おり〔ゐ〕給ふ。御年十九。位におはしますこと十五年なりき。今日明日、二十ばかりの御齢にて、いとまだしかるべき御事なれども、よろづ所せき御有様よりは、中々やすらかに、御幸など御心のまゝならんとにや。世をしろしめす事は今もかはらねば、いとめでたし。鳥羽殿・白河殿なども修理せさせ給ひて、常に渡り住まはせ給へど、猶又水無瀬といふ所に、えもいはずおもしろき院づくりして、しば
?

?
通ひおはしましつゝ、春秋の花紅葉につけても、御心ゆくかぎり世をひゞかして、遊びをのみぞし給ふ。所がらも、はる
?

?
と川にのぞめる眺望、いとおもしろくなむ。元久の比、詩に歌を合はせられしにも、とりわきてこそは、

見渡せば山もとかすむ水無瀬川夕は秋と何思ひけむ

https://ja.wikisource.org/wiki/%E5%A2%97%E9%8F%A1




 

夜須の官衛遺跡1065年の藤原成季筑前秋月祖

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月 1日(月)17時59分24秒
編集済
  父:藤原能通
母:藤原元尹の娘
妻:小野資通の娘 ?男子:藤原成季筑前秋月祖。三並祠に子孫の位牌有?男子:藤原季重
男子:藤原季兼(1044-1101)薩摩地頭、基兼也。
妻:高階業敏の娘 ?男子:藤原季綱(?-?)

子の成季、季綱らも父と同様に文章道によって名をなし、その子孫からも文章博士を輩出したため、実範は後世、南家の家学の祖として一門の尊崇を受けることとなった。また三男の季兼の子孫は熱田神宮の大宮司職を世襲する家柄となった。

https://blog.goo.ne.jp/kunorikunori/e/5a3414526192addc8d1ad144d6411657
成田盛綱  小野成綱の子(弟)。 尾張守護。 後に後鳥羽上皇に使える。
      佐々木姓盛綱の事也。

成田成尋  小野成任の子。 成綱の弟。

中条家長  小野成尋の子。 尾張国守護大名となる。
          評定衆の一人となり「御成敗式目」の制定にかかわる。
          埼玉県北埼玉郡中条(ちゅうじょう)を領した為中条と名乗る。
          南北朝時代のはじめまで小野(中条)氏が長らく守護職を世襲した。
      中条家長の娘。児島宮頼任親王の子、藤原関白家の東寺長者道乗室となる。
      頼任僧正の母

道乗僧正の室となり6人の子を産んで五流を継いだ
頼宴僧正が継がれ、児島範長室(紀家広女子)石清水八幡家の女子

頼仁親王(1201-1264)は、鎌倉時代初期の後鳥羽天皇の皇子で1219年に征夷大将軍候補になりましたが、承久の乱の後に父の後鳥羽上皇らが隠岐に流されると親王もこれに連座し、備前・児島へ流され同地において死去したとされています。

https://www.youtube.com/watch?v=P7cY6gVjCBA&feature=player_embedded#t=46

道乗僧正の室は上沢氏である。
上沢氏は、
上沢姓は、現・塩谷町上沢発祥

この道乗が上沢氏の娘を娶って六子を生み、
その第二子頼宴が和田備後守範長の娘を妻として生まれたのが児島高徳である。

宮家とは、皇室の○○宮ではなく、尊のあてな、をいう。

上沢家長『中原家長』となのった。家長が上沢、を、名乗ったのは?
中条氏は横山党成田氏の一族、藤原氏ともいわれます。
http://www2.ezbbs.net/cgi/reply?id=kojima&dd=22&re=635
中条 家長(なかじょう いえなが、長寛3年(1165年) - 嘉禎2年8月25日(1236年9月26 日))は、鎌倉時代の武将。義勝法橋 成尋(中条兼綱)の子。横山党小野氏の出身。従五 位下、出羽守。 八田知家の養子となり、道兼流藤原氏を名乗って苗字を中条と改名

夜須の官衛遺跡ミヤケ(倉庫)が、字、前田に在していた。
ミヤケ(土地区分)制とトモ・ベ(人的区分)は5,6世紀の統治組織。

郡 太守成季が、筑前筑後を、任されていた。 成尋が、中国より、戻り、夜須柏木前田に、立ち寄った、事が、越州窯の、磁器が、物語っていた。

筑紫国(つくしのくに)は、のちの令制国での筑前国と筑後国にあたり、現在の行政区分では、福岡県のうち東部(豊前国の一部だった部分)を除いた大部分にあたる地域に大化の改新・律令制成立以前の日本古代にあった国である。

7世紀末までに筑前国と筑後国とに分割された。両国とも筑州(ちくしゅう)と呼ばれる。また、筑前国と筑後国の両国をさす語としては、二筑(にちく)・両筑(りょうちく)も用いられる。

小野妹子の子孫たち 武蔵介として京から赴任してきた小野義孝が在名(ざいみょう)を横山とし、武蔵国に留まったところまでご紹介しま ... 成田成任 小野資隆の子。 埼玉県北埼玉郡成田を領した為成田と名乗る。 成田成綱 小野成任の子。 成尋とは兄弟。

母は女流歌人で「成尋阿闍梨母集」を残した源俊賢の娘(成尋阿闍梨母)。 地名の「 ... 横山資孝(資隆) 小野義孝の子。 1004年、朝廷より小野牧の別当に任ぜられる。

成綱の弟成尋はちゅうじょう中条義勝房法橋を称し、成綱の次男盛綱とともに武蔵国中条保(埼玉県熊谷市)に住し.

成尋阿闍梨母集|国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典

成尋(じょうじん)の母 成尋阿闍梨母集の作者 夜須にも、立よって、、越州窯の、磁器が、物語っていた。
大刀洗の筑後官衛遺跡にも、越州窯の、磁器が、発掘されていた。それは、柏木成季が、筑前筑後の太守に、派遣されていた事が記録されている。

文範は小野郷に別業の小野山荘を有しており、寛和元年(985)3月6日に藤原実資が訪れている(『小右記』寛和元年3月6日条)。 ..... 大雲寺古絵図(実相院蔵)」(島津草子『成尋阿闍梨母集・参天台五台山記の研究』〈大蔵出版、1959年12月〉口絵より転載) ...

一六伊勢物語(附解説)塗籠本五交 X 三交七成尋阿閣梨 ... 村田春郷家集小野古道集荷田在満家晋合(加茂眞淵到)懸居家晋賢奪題常座類(同評)村田春道別業集曾常座歌(同)筑波子家 ..

通称は小野僧都。奈良生まれ。延命麿の子、天台宗・成尋と同母弟ともいう。仁海について出家し、1039年、伝法灌頂を受ける。仁海に認められ、曼荼羅寺を付属される。2世になる。1065年、勅命を受け、神泉苑で請雨経法を修し霊験を現した。第71代・後三条 ...

日本の天台宗の僧侶である成尋が1072年、宋代(960~1279)の中国へ ... 容を紹介しながら、成尋が天台山・五台山を巡礼した際の足跡をたどってみたい。 1 成尋の .... 日比野文雄・小野勝年『五台山』(座右宝刊行会、1941年)。

僧成尋・成尊ら2子を生む。 ... 初め興福寺伝法院末明に師事し、その後小野曼荼羅寺(後の随心院)成尊僧都から金剛界・胎蔵界の両部の秘法を学んだ。

小野氏は武蔵. 七党に属する武士で、『諸家系図蟇』所収「党家系図(横山党)」記)に、. とあり、弟の成尋は治承四年八月の ...

小野僧都成尊は、小野曼荼羅寺の開基である小野僧正仁海(九五一~一〇四六)の潅頂付法の弟子で、小野流. の正であるが、 ... 尋阿闍梨母集』に. 滋 「にわしのりし(仁和寺の律師)」と見られる人物が成尊であると推定され、その両親は成尋と同じであり、父は ...

平安時代に入唐・入宋した円仁・恵雲・円珍・成尋な .... 子・. 行. 基. 菩. 薩・. 先. 師?最. 澄. ?. 等. が. 現われたことが知れる。小野勝年氏は、この夢の話が?入唐求法巡. 礼. 行. 記. ? に. み .... 次に宝誌との関連を有する天台宗の僧は、成尋である。

成尋法師母 (じょうじんほうしのはは) = 成尋阿闍梨母 017.笹子 (ささこ) ... 熊野 (ゆや) 022.厳島の有子 (いつくしまのありこ) ... 小野仕女千代 (おののつかいめちよ)

成尋の兄成綱には中条兵衛尉兼綱という末子がいた。この中条兼綱が小田嶋荘の地頭職を与えられたようである。続群書類従本『小野氏系図』 横山資孝の三子の成田成任については、北埼玉郡成田を領有して成田大夫を称したといわれて いる。

家長は武蔵七党の横山党小野氏の出身で、後に藤原氏の一族である八田四郎知家の養子に入り、中条の地に居を構えたとも考えられるとか。 ... 父・成尋は、1180年の源頼朝の旗揚げに参じ、石橋山の戦いに加わっている。






 

夜須の官衛遺跡の、跡を、児島宮歴史研究室が、遂に、発見か?

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 6月27日(木)11時49分52秒
編集済
  夜須の官衛遺跡の、跡を、児島宮歴史研究室が、遂に、発見か?
日本の古代の天皇に関する、官衛遺跡は、筑前国、筑後に、置かれていた。
これが、ヒントに、なっていた、日本の歴史が、どんどん、明らかに、されて、いる。
町にプロジェクトを、つるのを、申し入れたが、
今だに、協力の、電話も、しない。

先に、発表したのは、この理由では、間に合わないと、感じた、のは、道の駅の発足と、同じと、、感じたからである。

広範囲な、官営倉庫は、稲作と、深く関連していて、後の文徳天皇が、描き残した、古代の「郡」の始まりでもむ、あった。
それが、この、「奏言郡」に置かれ他、た、官営倉庫?の、いわれとなる、岡山の官営倉庫が?何故三宅(ミヤケ)と、呼ばれていたのか、解明は出来て、いない。
児島宮歴史研究室が、この、岡山の官営倉庫が?何故三宅(ミヤケ)と、呼ばれていたのか、が、研究と、同時に、解決している。
日本史には、解明されていなかった、古代の、文字が、夜須から出土したように、
解き明かされて、ゐる。

ミヤケとは、?天皇同語に、ある、天皇を意味していた。
つまり、天皇御領地と、文徳実録に、いるされている、通りと同じ意味。

ここに、夜須は、日本の起こりでも、あったと、この、夜須の官衛遺跡が語っている。
天皇之稲作は、倉庫から、はじまっていた。
其処に葉は、都、と、なっている、のが、表れている。
夜須は、日本の始まりでも、あった事が、出ている?
遺跡が、語る、紀元前十一年~前五十年が、夜須を、物語っている。

夜須は古代から、天皇と直結していた、事がこれで、わかった。倉庫と、役人が、常駐していた、施設?は、珍しい、発見となった。
日本では奈良が、天皇の始まりでは、無かった事が、稲作倉庫に、表れていた。
倉庫は、天皇の官営倉庫が?何故三宅(ミヤケ)だったのか、ここに解決。












 

古代より天皇御領地、夜須官営遺跡、と筑後古賀の上、官営遺跡の、柏木成季が、すごかった、茶の歴史が、遡った

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 6月14日(金)15時50分9秒
編集済
  ここ夜須は、前漢時 世宗武帝 に、紀元前百十一年に、始った、劉邦を、助け、無渚は、ビン越、を。起こし、子の丑王(ウガヤ)か、夜須を都としていた、
紀元前206年 - 紀元前195年頃ヨーロッパでは、ローマが、ケルト、のいなくなった、頃とされる。
ここに、ケルトが、帰還し、越は融合した事が、治城で、解明できた。。ビン越は、結成、されていた。
それから、九州に、移動した、ビン越は、丑王越王の基、国の礎となっていった。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2
外戚の王莽が8年に簒奪を行って新王朝を建国し、漢王朝はいったん滅びた。
この頃、大野城に、に、王莽の陰が、遺跡から、見られる。
この頃紀元25年 - 57年 、大夫が、世祖光武帝に、使役となり、印綬を、うけて、持ち帰っている。

時代は、移り変り、古都に、政庁を、起こし、大宰府と、名付けたのは、華夏の、礼に、よるところから、大宰を、派遣した。これを、大夫と呼ぶ、越の封建制度の習わしであった。

文字と夜須、
先秦(せんしん)とは、中国の歴史区分で、秦以前の時代を指す。先秦時代ともいう。遠古から秦によって統一された紀元前221年までであるが、春秋戦国時代を指すことが多い。 まだ、未開国だった、日本は、
夜須遺跡の中から、硯が、氏ゅ都度していた、事、からも、文字は、使われて、いる事が、夜須で確認されている。
斎衛二年の、文徳天皇、記録には、夜須とは、せず、奏言郡大領と、記録が見え、
前田の臣市成が、記録されていた。夜須の早期に、見られる、人物である。
古代の郡とされ、奏言郡大領は、天皇御領地と、なっていた。今も、
奏言郡(夜須、は、天皇御領地として、児島宮も、その中に、入っ手いた、が、明治二年になり、国に、とりこまれた。
筑前町(旧、夜須町は、古代から、天皇、御領地として、明治以前まで、続いて、いた事が、日の丸、国旗の、作成が、中津屋で、制作されたのが、国旗と、なった、理由と、なっいた。この地は、今でも、天皇、天皇御領地なのだが、筑前町になり、宮地も、国接収、、されたのは、今の国会も、天皇も、疑われる、原因と、なった。

柏木成季とは、武蔵の国の成田成任の子として、筑前筑後の、官衛施設に、任官していた。
その、夜須の官衛施設が、存在する事も、不可解に、なっていたが、磁器が、出土、していたが、その磁器とは、中国の越州から、もたらされて、いる事は、児島宮文教課は、知っていたが、官衛施設については、古本に、記されている、くらいで、近年まで、解明は、されていなかった。

今、教育委員会文化財課の、協力と、小郡にある県の九州歴史資料館学芸員の、協力を受けて、調査が、始まる、事に、至った。
夜須に官衛施設が、あた事は、知られていなかった、が、
小郡や久留米に国府の前身、筑後古賀の上、官衛施設が、https://www.city.kurume.fukuoka.jp/1060manabi/2050bunkazai/3020maibuncenter/2014-0611-1047-551.html


あった事が、繋がりと、なって、夜須筑前町の、上林遺跡と、柏木遺跡から、教育委員会文化財の調査、の時、児島宮歴史研究室は、立ち会って、いた時、中国越州窯の、磁器が、出土していた、事は、判っていたので、磁器のルートは、千二百年前頃の、遺跡、と、
判っていたので、
今回、調査、された、道路建設に、より、県の文化財課、赤司担当、の、上林遺跡から、出土していた、官衛施設の場所が、磁器の確認により、より鮮明に、解明するに、いたった。
夜須町文化財課の石井女史の、担当した、柏木遺跡から、出土した、
越州窯の時期を基に、画像一を、記す。
画像一は、越州窯の、壷で、これは、茶の最古の、起こりとなり、画像二は、磁器椀で、福岡の鴻臚館の越州時期と、一致、する。
これにより、夜須の、官衛施設の全容が、見えている。

久留米の、元、立洗い、古賀の上官衛施設と、ほぼ八世紀、同時期であり、久留米の官衛施設の調査の折、
太刀洗い教育委員会文化財課の、協力も、あって、越州窯の磁器は、容易なく、すすんだ。
これは、の後に、久留米に、民営化により恫喝となった、
後、久留米教育委員会文化財課の、協力も、あって、出土した、越州窯の磁器の撮影に、至っていた。
http://kodainolekisikan.web.fc2.com/klumevnkazai.html
ここに筑後官衛施設の解明が、進行していた。
調査によると、筑後官衛施設調査の説明によると、この遺跡には、特徴が、残っていて、筑紫大地震の、後が、筑後官衛施設にあると、説明あり、時期年代が、凡そ、判断できていた。
ここで、同時期の、夜須官衛施設の、状態が、見えてくる。児島宮歴史研究室より
同時期の、夜須官衛施設は、、太刀洗い教育委員会文化財課の調査と、ほぼ
同時期と、いう事が、見える。
小郡の、官衛施設は、岩田上遺跡からも、時期年代が遅い、事が、読みとれる。

夜須官営遺跡のすごさは、、官衛施設だけ、では、なかった、日本の歴史が、鮮明に、なったのである。
中国との、交易が、夜須に見られて、成田成任の、子が、成季で、秋月祖、と、なっていた事、が、夜須郷土史会で、発表されていて、この、成田成季が、筑前筑後の、官人であると、児島宮歴史研究室より、解明できる。もっと、すごいのが、越州といえば越国、児島宮歴史研究室であり、、繋がり、では、基本にしている。

越国は、お茶の産地で、ここから、日本のお茶は、関連している、徐福も、浙江省徐福村の出身で、八女と、関連すると、なっていたが、八女に関しては、児島宮歴史研究室は、何も学んで、おらず、鎌倉時代の、栄西上人が、茶を、もちこんだと、伝わっているが、夜須には、成田成任の、子、が、http://www2.harimaya.com/sengoku/html/narita_k.html
次子成尋の子に出羽守家長(義勝)は、児島宮、後鳥羽上皇の子頼任親王、の名で、その子が、東寺長者 道乗僧正の嫁となって、いた。
お茶の関連が、佐久間信盛の、子、信栄不干斎(ハビアン)と、ともに、茶道の千宗庵(利休)と、堺で、会合していて、茶との、関連は、ここから、始まっている、事が、わかる。
ここからも、茶器との、関連が、見えていて、遠祖の、出羽守家長(義勝)は、児島宮と、関係が、ある事が、判ろう。

茶と、茶器の、始まりは、朝倉郡、夜須官衛施設から、九州に、広まった、事が、見えている。
栄西は、夜須官衛施設よりも、後に、なっている、ので、茶器でも、判るように、茶の歴史は、夜須が、初現と、なるだろう。浄土寺は浄土寺(じょうどじ)は、兵庫県小野市浄谷町にある高野山真言宗の寺院。、栄西と、関係していて、住職とも、児島宮は、知り合っている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%84%E5%9C%9F%E5%AF%BA_(%E5%B0%8F%E9%87%8E%E5%B8%82)

高野山は、東寺長者 道乗僧正の、門跡でもあった。

ここで、日本最古の上林遺跡出土、天目茶碗の、撮影に、教育委員会文化財課の、協力に、児島宮歴史研究室は感謝申し上げる。画像三 越州窯天目茶碗日本最古


この記事は、禁書




http://

 

龍造寺隆信の子孫が、夜須に、続いている事が、判ったと、児島宮歴史研究室が、報告

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 6月 7日(金)15時36分36秒
編集済
  佐賀の竜造寺隆信の子孫が、夜須に、続いている事が、判ったと、児島宮歴史研究室が、報告した。戸上の一族も、砥上として、続いている事が、秋月種実と、系が、同じとしている。
筑紫広門も、系が、同じとしている。

家紋は、釼花菱と、抱きみようが、紋に、判れている。
大伴宗麟の、系と、高橋ジョウウンノ系に、判れている。
大伴宗麟の大分に、佐久間不干斎が、訪ねて居た時、バテレンの名に、名乗った、後が、みられる。島津に、竜造寺隆信が、滅びた、とあるが、着々と、うけついでいたのが、夜須に、転付していた、訳が、天叟寺所蔵の、https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E7%B4%B9%E9%81%8B にある、別名
孫七郎(通称)、三河入道、主膳兵衛、主膳入道(仮名) の善の一字に、引き継がれて、いたと、松澤善隆氏の、言葉に、児島宮歴史研究室が、解き明かした。

この一族は、隆の一字や、善の一字を、引き継いで、たと話す。
柳川の、松延系は、戸上の一族も、砥上として、続いている事が、秋月種実と、系が、同じとしている。
戸上三郎は、朝倉郡、夜須、戸上から、出た氏名であろう。

天文17年(1548年)、大友義鑑の重臣・吉弘鑑理の次男として豊前国筧城[3]に生まれる。義鑑の子・大友義鎮(のちの宗麟)と父・鑑理から1字ずつ賜り鎮理と名乗る。初陣は13歳で永禄4年(1561年)の第四次門司城の戦いと考えられている。永禄10年(1567年)、大友氏の家臣であった高橋鑑種が豊前国・筑前国・肥前国の国人と連携して謀反を起こした際、父・鑑理や兄・吉弘鎮信と共に出陣して武功を挙げた。

永禄12年(1569年)に大友義鎮(宗麟)の命により高橋氏の岩屋城と宝満城の2城を継ぎ、名を鎮種と改めた。以降は北九州の軍権を任されていた立花道雪と共に筑前国を支配することとなる。

北九州各地を転戦[編集]

その後、鎮種含む大友の筑前五城将(道雪、鎮種と鷲ヶ岳城主・大鶴鎮正、荒平城主・小田部紹叱、柑子岳城主・臼杵鎮続、木付鑑実)は筑前、筑後、肥前、豊前の諸勢力(秋月種実、筑紫広門、原田隆種、原田鑑尚、鳥飼氏勝、龍造寺隆信、宗像氏貞、麻生元重、問註所鑑景、城井鎮房、長野助盛、千手宗元)と戦を繰り返す[注釈 1]

天正6年(1578年)耳川の戦いで大友氏は薩摩国の島津氏に大敗を喫する。この大敗により兄・吉弘鎮信、義兄・斎藤鎮実、大友氏重臣の角隈石宗、佐伯惟教、田北鎮周など多数の有力武将が戦死。肥前国の龍造寺氏や筑後国の筑紫広門、筑前国の秋月種実らが大友領への侵攻を開始した。同年、鎮種は剃髮して紹運と号している。

天正9年(1581年)、男子のいない道雪の度重なる要請により、嫡男・統虎を道雪の娘・誾千代の婿養子とした。これにより高橋家は次男・高橋統増が継ぐこととなる。
天正14年(1586年)、島津氏が大友氏を滅ぼすべく岩屋城・宝満山城のある太宰府まで北上。紹運は防御の薄い岩屋城にておよそ763名と共に迎撃、島津軍の降伏勧告を拒絶し徹底抗戦した(岩屋城の戦い)。半月に及ぶ戦いの末、敵兵多数を道連れにし玉砕。岩屋城は陥落した。享年39。

激戦の様子について、
『筑前続風土記』には「終日終夜、鉄砲の音やむ時なく、士卒のおめき叫ぶ声、大地もひびくばかりなり。城中にはここを死場所と定めたれば、攻め口を一足も引退らず、命を限りに防ぎ戦ふ。殊に鉄砲の上手多かりければ、寄せ手楯に遁れ、竹把を付ける者共打ち殺さる事おびただし」
『北肥戦記』には「合戦数度に及びしかども、当城は究意の要害といい、城主は無双の大将といい、城中僅かの小勢にて五万の寄せ手に対し、更に優劣なかりけり」
『西藩野史』には「紹運雄略絶倫、兵をあげて撃ち出し、薩軍破ること数回、殺傷甚だ多し」

などと記されている。

高橋紹運の墓(右)と岩屋城の戦いの戦没者慰霊碑(左奥)[岩屋城二の丸跡] 参考文献
天正15年(1587年)、豊臣秀吉は薩摩国に入り島津氏を降伏させる。帰途、太宰府の観世音寺(後の山王の社)に立花統虎を呼び、父・高橋紹運の忠節義死を「この乱れた下克上乱世で、紹運ほどの忠勇の士が鎮西(九州)にいたとは思わなかった。紹運こそこの乱世に咲いた華(乱世の華)である」とその死を惜しんだと伝わっている。

改名
千寿丸(幼名)→ 吉弘鎮理 → 高橋鎮種、
紹運(号)
父母
父:吉弘鑑理、母:大友義鑑娘(貞善院義誉静音)



 

天神が、天皇と、対等していたのは、中国の紀元前百十一年前、に、漢時代、の武帝と、関係から、わかった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 6月 1日(土)19時22分50秒
編集済
  平山が、天神の対等で、祖は、夏王朝の、七代が、越国を開化し、天神七代と、あり、児島宮の、先祖に、あたる、事が、南北朝の、太平記の作者、児島法師が、児島宮と、対等している、事を、児島宮系譜帳に、記載していた。

この天神が、天皇と、対等していたのは、中国の紀元前百十一年前、に、漢時代、の武帝と、争いに、巻きこまれず、、忽然と、土地から、住民十万人と、共に、いなくなったと、標て、いた事、が、児島宮歴史研究室の調査で、夜須古代の、出土した、出土磁器の、対等で、確認、出来た事が、解明に、結びついた。

天皇は、神であり、天神と、対等してた、平山で、日本の歴史が、見えてきた。
天皇というのは、名だけ、ではなく、対等していなければ、てんのうでは、無かったと、児島宮歴史研究室は、ズレが、あれば、真実の、神では、無い事、が判った。
日本の天皇の、実態を、児島宮歴史研究室が、見つけた。

日本の、天皇とは、天神家だけしか、天皇とは、云わない。
万世一系とは、天神家だけしか、天皇とは、云わない。
これまでの、天皇観が、不可解だった、のが、全て、対等、相似に、よって、見出した。
筑紫野の山家の、山田みぐみ氏が、著者に、訪ねた、言葉が、平山に、関係していた。ので、訪ねたので、あろう。平山城がこの近辺に、あると、いうが、と、切りだした、のが、三年前、に、福建省の地鉄工事の、際に、ビン越の、無渚王の、治城が、出土、したのが、夜須の平山の、対等でも、あった。
結びついたのが、越王勾践とも対等している、平山、が、神武の古代と、対等、なくしては、無かったで、あろう。さらに、ヨーロッパのケルト人、との、対等が、より、神も、含め、強大となった。

明治以降の天皇と平山、は、なんら、対等していない。
意味があり、意味が、無ければ、無意味である。
今の天皇には、意味が、対等も、なっては、おらず、無意味であった。

偽てんのう、に、何故、離れないのか、それは、まわりに、原始、に、日本の、価値が、無意味であった。








 

平山が意味する、形にも、地名にも、神が宿っていた、標の事であると、児島宮歴史研究室が、発表

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 5月22日(水)13時17分35秒
編集済
  平山とは、何か、全国で苗字が多い、ひらやま、とは、日本のお城にも、平山城というのは、この平山が意味する、形にも、神が宿っていた、標の事であると、児島宮歴史研究室が、発表した。ここに、平山について、解説していきたい。
平山氏とは、何か、という事に、なる訳だがが゜、武蔵国、埼玉県の日野市に、ちなむ、日野は、日、に因む、云われは、武蔵国の歴史に秘めた、天をあおぐ、野原と、いう、信仰、から、武蔵の国には、古代かから、日奉り信仰(太陽を神とした)¨天照大神の、天神信仰の事であった。火まつりと、意味が、違うことと、であった。
このように、日奉り族の、知られ座る、まつりの事と、説明をする。
総合、相似、まとめて、めていえば、神信仰の、表われであった。日野市は、ここに、伝えていたと、いう事が、ここで判った。これは、近世では、ありません、古代の弥生時期、に、栄えて、いた事は、遺跡からも、見えているという、児島宮歴史研究室の解説である。
山城ではなく、神をあらわしていた、のが、全国にある、城、に、見せかけた、宮殿の形が、ひらやま、と、ここで、間違っては、いけない、太陽神、天神を、表す、呼び名が、略して、日奉り族と、伝わっていた、事になり、地名は、語っていたという事になる。
日奉り族(神)を、あらわしたのが、ひらやま、であった。
火まつりの原始と火に関した、解説には、ならなかった、は、違った、意味が、地名に、込められているのである。
日本古代から、伝わった、天神神が、平山と、なっていた、と、説明があった。たいら山、では、なかった。
武蔵七党とは? この観点から、すれば、答えは、出ている、藤原氏の、日奉り族拠点と、なっていたと、いう事を、表していた。活動の足場となる重要な拠点意こ、地点。(拠点を築く」
台とは、拠点意である。児島宮歴史研究室著作。

古代の拠点は、埼玉? に於かれていた。
武蔵七党を読み解くと、平安時代に、武蔵七党か゜結集していたと、いう事になり、ここから、京へ、進出して、いたのだろう。全国各地に、拠点を、於いていたという事になる。日奉り族は、京に、集まったとなる。
時期は桓武天皇の拠点を、於いていたという、遷都であった。
歴史の、真実が、ようやく、見えてきたのである。
日奉り族の、形容詞が、間違って、伝えられて、きたという事になる。つまり、天神族の事であった。
同じなのが、八尾市にも、出ている、意味の間違いが、起きて、いたのである。
越国?が金沢、日野市と、同じ、ような、間違い意味が、今まで、伝わってきていた。
金沢が、越州としてきたのが、間違っていた。中国の越国、人の、拠点では、なかったと、いえよう。
八尾とは? 福建省の屏山の、越人の拠点が、ビン越で、丑王(八尾王)の父無渚が、ひらやまに、建てた治城に、ケルト人が、結集していたのである。見えないモノが、見えている。


神の国とは、ひらやまの国であり、てんのうの国でもあり、相似しているのが、神とする宗教は、創価学会、統一教会、キリスト教、は、神が、関わっては、いない。
神の国は、日本のそれも、平山以外は、天皇でも、何でも、なかった。
他国には、神の、形が、七00前に、ヨーロッパ、世界にケルト神が、広まっていたが、前、二百年、に、ヨーロッパから、神と共に、消えたという。
今の日本にも、同じ、(相似)ような、神が、消えて、いて、他国政治、の宗教、民族に、汚染されていた。
神の国の、はずが、いつの間にか、民主主義、憲法、国会、が、行われ、国が、すべてが、在日、韓国、北朝鮮、人に、とり変えられている。日本、天神、平山の内政が、心の無い、選挙で選び、次々と、変えられている。











 

平山祖の宗頼の、日奉族武蔵七党に、関わる、考古学遺跡、の解明が、今、新たな橘、と、なった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 5月22日(水)06時09分36秒
編集済
  朝倉郡夜須の朝日の、日奉り族、この一族が、平山季重、家宗家の隠れていた、歴史の謎が、児島宮歴研会により。、解き明かされ、日本の歴史の、隠れていた、というより、解明されなかった、一面が、宗家末裔の児島宮に、来訪して、平山家系の話、をしていく、中に、ふと、心あたりが、日奉り族の、解明であった。
神の御引き合わせが、話して、いく中に、新たな一面が、隠れていた。
大変驚いた、日本の歴史の、藤原氏、の中心人物、の宇都宮氏、武蔵の国、(埼玉)の、解明されて、いなかった歴史、遺跡、解明に、光が、指した、、藤原、いや、それだけ、ではない、日奉り族と、され、火に、関わりと、されていたのが、平山祖の宗頼の、武蔵七党に、関わる、考古学遺跡、の解明が、今、新たな橘、と、なった。
歴史上の、藤原氏が、もう一面、浮かび上がったのである。

紀氏(秦氏)と、天皇の融合の、起こりに、といえば、古代の大分の宇佐神社と平安、鎌倉の、藤原坊門家、天皇の姻戚に、関わっていた、紀氏(秦氏)といえば? 神宮皇后(ひみこ)と武内宿祢(秦氏)が、九州の宇佐、大分地方と、中国隋の使者によって、記載されている、夜須は天神、華夏人の国とであると。
紀氏(秦氏)とは、中国歴史で、周の国の、時、斉国が、夏王朝の裔とあり、越国のもう一方の国で、秦により、滅ぼされて、秦に、組込まれて、、夏王朝裔と周国一国和氏(斉国)の、消えた、歴史と、繋がっていたのである。
この秘密が、宇佐神社(日奉り族発祥)ことが、周の国の、時の、斉国の事であった。
ここが、藤原氏発祥で、あった事が、わかった。藤原氏と鎌足と宇合(藤原祖)であった。
ここに、天智天皇の子が、宇合(藤原祖)で、あった。藤原氏の祖は、ここで、周の国の、時、斉国の事であった。相似していた、二つの、華夏対藤原、紀、八田権主、日奉族との、相似、関係が、明らかになった。
日奉族の秘密が、、火ではなく、太陽、神信仰、を語っていたのである。

藤原氏は、女方であり、平安天皇、には、妻は藤原氏となっていた。天皇が、古代の中国の越と斎国が、同じ、裔だったのである。
天神天皇と、日奉族、后は、ここで、融合していたのであった。
関白祖は藤原良美であるが、東寺長者道乗が、藤原とあるのが、根底が、双方、融合に、あったのである。

平山祖の宗頼の、日奉族武蔵七党に、関わる、考古学遺跡、の解明が、今、新たな橘、と、なった。
宗頼は、藤原氏であり、藤原関白宗園 と紀正隆の娘を、妃としている、そして、宗綱がうまれ、八郎盛宗が生まれた、が、八郎盛宗は藤原盛宗であり、別名、平山八郎直季の事でもあった、と、解明。平山八郎直季の子が、平山季重とある。これは、双方の名を、使っていた、事になっていた。










 

世界文化遺産が、夜須の古都を、はじまりを、ほおって(放つ)、いて、意味があるのか?

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 5月14日(火)09時47分44秒
編集済
  世界文化遺産が、夜須の古都を、はじまりを、ほおって(放つ)、いて、意味があるのか?
宮崎、鹿児島に、している、天皇降臨は、明治の改竄で、今では、次から、次へと、古墳が、発展のかわりに、破壊されている、それで、世界文化遺産とは、消失していく事、に、なるのだ。
その背景には、明治かいらい、政府の、陰謀が、隠れている。
政府は、皇室と、グルで、国会から、関係まで、皆、総括している。
そんな、中で、令和が、始まって、いても、無意味でしかない? 降臨地と、同一に、なるたけ。
このような、誤った、明治以降は、民営化でも、地名が、消えて行ったのを、あやまりと、思う人物は、いない。これと、同じ、なのが、無意味な、世界文化遺産である。

歴史と、は、真実なら、貴重であろうが、改竄されている、全ては、無意味でしかない。
時代と、年数の長さと、意味次第で、有効にも、なり、無意味にも、取り扱い次第では、なる。
世界文化遺産とは、何か? イラクでも、戦争で、にているのが、アンコールワット遺跡の、戦争で破壊されて、しまった。世界文化遺産も、価値は、もろくも、壊される。

ものの、大切さが、世界文化遺産には、守られて、いないのである。貴重か、よりは、危険になってしまう。
敦煌遺跡、も、こわされて、いる、

「イスラム国」が破壊した文化遺産 |https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20150316/439311/
守られて、いなかった、無意味な破壊の未 は、憲法と、同一である。
世界文化遺産は、まもられ、無かった世界文化遺産て、ある。

筑前町は、守られない、全て、まもられない、役場で、しかない。夜須こそ、守るべき、地名である。
現代は、すべてが、守るべき、ものが、無意味に、なっている。

夜須は、天孫降臨地なのに、守ら無い、役場は、無意味でしかない。

天孫降臨地に、固定資産税三万円、を、取って、いる、税務課は、守ら無いで、無意味で、しかない。
大切に、しなければ、ならないのに、不敬きわまりない、筑前町、役場に、意味がない。










 

ヒシクイ山越の墓が出土する副葬器物、建国する以来の呉越考古学の最も重大な発見

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 5月 7日(火)09時59分44秒
編集済
  “ヒシクイ山越の墓が出土する副葬器物は現在すでに発掘する
南京博物館考古学研究所所長張敏は示します。
丘は墩を受けて出土して器物の1100あまりの件を副葬する、玉の工芸品の40あまりの件は、遺物を副葬することは国最高級の貴族副葬品の風貌を越えることを展示した。
丘は墩の出土した40件の玉の工芸品中を受けて玉を埋める

これらの優美な絶倫の玉の工芸品は全て墓の主もの盛大の身元を明らかに現した。”

ヒシクイ山越の墓考古学までに、中国が最も早い成熟の磁は現在東漢時期から出します。今回ヒシクイ山越の墓出土したものは1000件の青磁器中に近くて、見つかったきわめて少量のハイグレードの磁は、性質は硬くて、胎の色は真白さを発して、うわぐすりの色はグリーンを浮かべてそのうえガラス状になって、厚さは平均していて、そのうえ胎エナメル結節はうまく一致して、六朝時期最高級の青磁と適切を重視する。

4件の瑠璃のうわぐすりは蛇精巧な球形陶器を結って、8本の蛇は丸状を結い上げて、1の蛇口の銜の別の1の蛇尾部は、白い3の彩相間に赤い、は青い。精巧な球形は初期接触の最高規格の国を越えて器物を副葬する

ヒシクイ山越の墓考古学までに、中国が最も早い成熟の磁は現在東漢時期から出します。
https://baike.baidu.com/item/%E9%B8%BF%E5%B1%B1%E8%B6%8A%E5%9B%BD%E8%B4%B5%E6%97%8F%E5%A2%93/8965983?fromtitle=%E6%97%A0%E9%94%A1%E9%B8%BF%E5%B1%B1%E8%B6%8A%E5%9B%BD%E8%B4%B5%E6%97%8F%E5%A2%93&fromid=10366861

日本の歴史が、これで、大きく変わる。ヒシクイ山越の墓考古学
中国江蘇省無錫市にある春秋戦国時代(紀元前770~同221年)の地方国家、越の貴族墓から、日本の弥生時代の銅鐸に形が似た青磁器の鐸がこのほど出土した。発掘調査を担当した南京博物院考古研究所の張敏所長が9日までに明らかにした。
稲作農耕を中心とする弥生文化のルーツ解明にも影響を与えそうで、発掘結果をめぐる今後の議論が注目される。

貴族墓は紀元前470年前後のものと推定され、青銅製の楽器を青磁器で模倣した副葬品が大量に出土した。このうち鐸は計4個。いずれも高さ20センチ程度で、つり下げるための鈕(ちゅう)が上部に付いているのが特徴。

2006/02/09 - 発掘調査を担当した南京博物院考古研究所の張敏所長が9日までに明らかにした。

日本の銅鐸は朝鮮半島から伝わったのはウソで、鐸は中国南部の越
中国江蘇省無錫市にある春秋戦国時代(紀元前770-同221年)の地方国家、越の貴族墓から、日本の弥生時代の銅鐸に形が似た青磁器の鐸がこのほど出土した。
今の天皇は、朝鮮つまり、韓国から来たと、韓国で、発言して、いたので、やはり、明治以降は、朝鮮民族、部落とあり、天皇即位とは、大嘘で、あった。天皇、でも、無いのが、今の即位と、上皇の、大嘘が、国民を、欺いている。日本人は、大嘘、の国家と、なっているという、児島宮。児島宮こそ、本物の、天皇に、亘る。意味が、ないと、知りながら、税金払う、国民は、そうとう、頭が、オカシイ。
朝倉警察は、知りながら、国民を、騙している。いや、日本全体が、相当、狂っている。


稲作農耕を中心とする弥生文化のルーツ解明にも影響を与えそうで、発掘結果をめぐる今後の議論が注目される。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q127624902
九州では、銅矛、銅戈の鋳型が発見され、銅鐸の鋳型の出土もありますが銅矛圏と呼ばれています。






 

警察に、神が、侮られては、しめし、が付かぬ

 投稿者:児島宮  投稿日:2019年 4月22日(月)09時10分41秒
編集済
  警察に、神が、侮られては、しめし、が付かぬ。
すべに、あなどられて、しめし、が付かぬ。
次の検索結果を表示しています: 神が、侮られては、示し、が付かぬ

最早取り返しがつかない、価値観を示しているのである。

神様がお造りになったものを滅ぼそうと決意された経緯、
不法が増す ― 世の終わりのしるし。
「大半の者」が影響を受けます。神と神の律法および隣人に対するそれらの人々の愛が冷えるのです。https://wol.jw.org/ja/wol/d/r7/lp-j/1983400

自分の限界を素直に認めて、謙遜に神様だけに頼りすがる者でありたい。
神は侮られるような方ではありません。http://park11.wakwak.com/~hbbc/cgi-bin/word/daybyday.cgi?mode=table&past=100




 

神を侮る、神を恐れない態度は、神に対する最大の罪です

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 4月18日(木)19時17分8秒
編集済
  神様の言葉に関して、思い違いをすることはできません
一度、見たら、知らない態度、は、後で、後悔しても、神を、避けたことに、なるでしょう。
神を侮( あなど )ることなかれ。
世の中に、表れた神、を、今、どう、思うか、何かよく無い事が、起きている、ような時、と、古書で、偶然ではない!不幸が続く時に隠れている。
人間としても尊敬できない ...
まじめにしてないと、信用されなく、なります。いちどある事は、二度、三度つづく、けっかは、信用されなくなる。
役職でも、忖度は、信用されなく、なります。続けると、人間が、だめ、になります、気を、付けましょう。

韓国、朝鮮は、世界でも、新余裕されない、国に、なっている。相手にした、トランプは、同じになった。
信用されない、人間には、相手に、しない、ならない。
すべてに、おいて、同じ。
どんな、職業でも、相手に、しない、ならない。
しかし、りっぱな、人の時は、反対。
古代のことわざです。

今夜須が、どんな、夜須、だったか、見えてきた、ようです。

世界でも、フランスのキリスト礼拝が、電気でと、あるのが、何か、表しているかの、ようです、日本でも。阿蘇火山が噴火。
台湾の地震発生。
天皇さ即位が、
消費税の? 嘘は、如し。









 

日の丸が、明かす、日本の旗と、孝明天皇に、届けられた、天神児島宮とは、天神だから、天皇也

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 4月13日(土)16時55分9秒
編集済
  日の丸が、明かす、真相の日本、が、明らかになった。
宮家とか、出身を、語っている、皇統は、捏造している、証しである。
後鳥羽院から、天皇は、天神系では、無くなっていた。

天皇は、万世一系にあり、これが、今の皇室とか、捏造された、系図では、関係ない。

天皇家は、天神と、して、成り立って、いたのが、北条、足利、藤原北家、坊門家、熱田系、の繋がりで、等々であり、以外は、全て捏造されたものである。
歴史は、繋がっている、それに、関連していたのが、児島高徳系であった。
児島高徳は、大徳寺と横に、祭祀のところを、築いていた。
児島高徳はセットで、西、東に、城を、気づいたのも、天神ならでは、のもの。
岡山に、林という、処に、奈良から、熊野神宮を、移したのも、天神祭祀の習いであった。
歴史は、語る。 後鳥羽院の墓が、あるのも、こうした祭祀が、天神として、行ったものであった。

明治以降の天皇が捏造としたのは、祭祀のあとがないから、無関係という事になる。
確かな、証明である。
天皇は祭祀が、無ければ、無関係でしかない。

天皇は、三種の神器という、のが、されていないのは、全て、神の祭祀では、なく、天皇でも、何でもない偽造である。

孝明天皇に、日の丸が、届けられた、のが、一般人、では、無意味になっている。孝明天皇で、あっても、、あれ、日の丸が、作成、出来なかったのは、相撲にも、関係がある。軍配は、二つの、力が、あって、成り立つもので、神の祭祀でもある。

これらとは偽造、明治以降の天皇には、祭祀の、実績が、ない、(偽造)偽の天皇という事。
神仏も、皇室は、占領して、しまい、だが祭祀は、何等しては、いない。
伊勢に於いても、皇室は、占領して、しまい、だが祭祀は、何等しては、いない。
これが、明治以降の、実態である。
まったく、無意味な、宮内庁、と皇室、偽天皇の、実態である。

日本が悪化して、いくのに、何等、祭祀も、していないのである。

国民は、すっかり、神を、尊(とおとん)では、いないようだ。

偽天皇を、していても、何も、結果は、出てこないだろう。





 

卑弥呼に成敗された、羽白熊鷲の墓が夜須に出てきていた

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 3月20日(水)11時51分10秒
編集済
  ヒミコ(神宮皇后)が夜須の原で、退治した、場所は、四三嶋の、墳墓という事を、児島宮歴史研究室が、解読した。羽白熊鷲は秋月の野鳥に住んで、いて、出土した土器跡が確認できる。三世紀の夜須が、まほろば、だった。

皇后が、「熊鷲を討ちて我が心安し」と言った事から安野という地名が、つけられた。東、小田は、同じ地にある。東小田小学校の、近辺に、墳墓が、あった事が判った。
羽白熊鷲は、安の農家の取り入れ時、襲っていた、山賊とも、云える、それは、神に対する、皇后に、刃向った、が、暴かれた。


羽白熊鷲は大国主の匈奴熊襲を引き継ぐ朝倉匈奴の頭領であった。とあるのは、作り話、し、大国主出雲は、神の国と言われるのを、間違いとしたのは、作者の、考えの事であろう。
おおなむち、神社は、神に刃向う、暴徒と、なれば、歴史感が、大きく変わる。https://ameblo.jp/hiborogi-blog/entry-12327355742.html
今の日本の、全てが、神に刃向う、暴徒と、なれば、歴史感が、大きく変わる。

神が日本にとり、何なのか、今の、時代が、歴史が、真実なのか、見えてきた。神は無意味では無く、悪魔は、無意味となっている。
今の時代が、大きく変わってくるであろう。

羽白熊鷲は、神に刃向う、暴徒と、なれば、歴史感が、大きく変わる。はっきり見えている。

善とは何か、悪とは何か、これで見えてこよう。

全国の神社仏閣とは、本当に、神とほとけ、なのか。疑われる、今の日本? 神に逆らって、どうなる?
今起き手いる、神に対する、暴徒は、相撲協会、はじめ、NHKテレビ局、つづける悪事、に神は、あきれている。

神の乗る、車が、警察、と実行者による、真横からの待ち伏せ、、突撃で、大きな損害をださせた、神に刃向う、悪魔は、どうなるのか。現代が、問われる時、が、きたようだ。

神功皇后が西下ざれ、新羅を討たんとされている当時、朝倉地方には、羽白熊鷲という強力な首長がいて、 朝廷の命にも従おうとしなかった。そこで筑紫の国に入られた神功皇后はまず、これを討たんと決意され、 策を立てて夜須町安野原におぴきよせられた。

http://amagiasakura.net/asakuranomonogatari/kumawashi_sosite

やはり神に刃向う、https://www.oonamuchi-jinja.or.jp/about/ と出雲の大国主。歴史観が、替わる。 神社とは、何なのか。神に刃向う、魔物は、神ではない。

人間を、お造りになった、神、に、やはり神に刃向うのは、天罰しか、無い。


相撲協会、はじめ、NHKテレビ局、つづける悪事、に神は、あきれている。

相撲協会は、天神本社の、神事に、刃向い、数々の悪事を積み重ねて、きた、江戸初期より、神事相撲は、相撲御免制度というのが、あり、神なくしては、開催出来なかった、例え熊本の吉田司家でも、神無しでは、出来なかった。 天皇将軍で、あっても、神事は、天神裔で、なければ、開けなかった。
それで、どうしていたか、が、明治まで、神事は天神しか、開催、行えなかったとある。
児島宮は、江戸時代より、佐久間不干斎の、天神、宮として、筑紫夜須に、置かれていた。
相撲には、下高場の幾竹家、が、天神、宮に、仕えて、いたまので、座主として、任務されていたとある。

座主とは、門跡に仕えていた、職の事。天神宮は、鎌倉期より、東寺長者道乗という、祖、が天皇、の斎事を取り持っていたという、歴第が、室町期にも、江戸期にも、斎事を、行う天神宮となっていた。

明治以降は、神に刃向っていた事が゜今に続いている。










 

夜須は、、天皇御領地で、あるのに、明治革命で、天皇御領地は、消され、伊勢は、残すのは、逆様である

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 3月 6日(水)20時34分54秒
編集済
  夜須と日本の古代は、同源であるが、筑前町は、違う文字である。
日本の歴史とは、異になる。
しては、すべてが、間違いの元になる。

答えに、ならない。

筑前町は、基にもどすべき。

始まり、あって、終わりがあるの如し。

日本の古代は、筑前町の、名は、ない。

夜須は日本と、共存している。

夜須は文徳天皇のおり、三牟田には、前田臣市成゜(菅原道真の元祖)が、大宰府政庁の官任として、三牟田官衛に、任務していたと、大宰府政庁に、札(木簡があり)、事実を、語っていた。゜九州歴史資料館保管」

斎衛二年、この地は、奏言郡しあり、夜須全体が、天皇御領地とある。
今では、前田五三五が、児島宮になっている。
篠隈は、もともと、天皇御領地になっいたので、四熊と、黒田長政が、官地していた、面積を残すばかりである。大木は国のはじまり、に、なっていた、ウガヤ王、平山の、守り場所だった。
篠隈は、天皇御領地で、あるのに、明治革命で、天皇御領地は、消され、伊勢は、残すのは、逆様である。
日の丸国旗は、ここから、孝明天皇へ、託された、起こりであった。
国旗を、染めさせた、児島宮儀平の室が、黒田長溥の女であった。
久留米の大善寺に、残っていた、系図は、今失われている。
この付近には、官衛があったという。この官人は、三牟田と筑後を、かねていたという。成田季成とあり、後に、秋月氏の祖と言われた。後の黒田長興は、児島宮元祖の、甚九郎長成の弟であった、黒田如水の繋がりが、ここに見える。長政公の児島宮との、始ったのも、岡山児島との関係が、あった事がわかる。

奏言郡とは、天皇に、奏上するという、意味が込められている。弥生のウガヤ朝廷が、あった、事が、古代に、万葉集にも、大伴家持、旅人の、記録が、語っている。
今の筑前町は、古代を消すために、民営化したものである。
夜須町は、弥生時期の朝廷が、存在していた。
神武天皇は、ここから、東征したのである。松延の上方に、遺跡あり、ここから、東征した、杯が、いしい女史の遺跡調査で、確認している。

明治以降、夜須は、古代を、消すのに、政府と天皇が、偽天皇で、あったために、記録は、消されている。

夜須は、、天皇御領地で、あるのに、明治革命で、天皇御領地は、消され、伊勢は、残すのは、逆様である。

古代の朝廷が、遺跡の存在であると、承認しておく。

何人たりとも、古代の朝廷は、正しく、取り扱わねば、天神に、逆らう事に、なるであろう。

日本の原点は、夜須の原点に、行きつく。
祝詞でも、正しく、伝わっている。
筑紫の日むかの立花の小戸の大木原は、篠隈で、地は、大切に、残さなければ、神に逆らう事になる。


天皇御領地を、消した、明治が、神に逆らっていた事が、今から、わかるであろう。
相撲協会の、神は、児島宮が、取り扱って、いたのに、今の国技は、神はない。
NHKとN丁丁が、インターネットにも、消しているのが、神に逆走が、読みとれる。
厚生労働省も全国の医院から、薬局に、変更させたのも、神に逆走が、読みとれる。
日本赤十字社は、偽天皇により、管理されていた。
日本は、ここに、偽天皇の即位は、神とは関係無い事を、告げる。というのは、素人が、明治から、見せかけの、てんのうに、見せかけていた、のだろう。



















 

大宰府神社大門の前に、建っていたという三十塔は七條院家の屋敷跡だった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 2月 9日(土)16時49分41秒
  大宰府神社大門の前に、建っていたという三十塔は七條院家の屋敷跡だった

大宰府は、児島宮とも、関係しており、七條院家の、屋敷跡で、三十塔が、大宰府神社大門の前に、建っていたという。七條院家は、後鳥羽上皇の、母方の事である。

大宰府神社といえば、天神総本社と、言われているが、間違った伝説が、何故おきたのか?
それは、間違いは、といえば、
天神様?所謂?
天神と、していたのが、(神の読みとり)の、間違いが、於きた原因であろう。今、「児島宮は、その間違いに」読みとる事ができたのは、神を偽るのは、神に逆らう事に、なるから、正しく神の尊さを、守って行かねば、ならないからという。道真公は、神ではなかった、という事が、夜須の記録に、文徳天皇が、記録に、述べられている。斎衛二年、こう記録、してある。
官衛大宰府政庁に、朝廷に、献納するため、
夜須郡、奏言郡大領は、天皇御陵地とあり、それが天皇の周り、の平安末まで、引き継がれていた、
「官衛大宰府政庁に、朝廷に、献納するため」に、届けられる為、前田臣市成という、前田住い官人(官衛倉庫)だったという事。
前田臣市成とは、道真公の、先祖である。
前田氏が何故菅原家に、姓が変わったのか?
という事だろう?
それは、養子に、菅原家に、行かれたとある。
それは記録が残っているから、真実である。
というのは、菅原家の本人が、述べている、から、
桃山時期の、前田種利という、児島宮のご先祖にあたられる、から、であった。
お許し願って、記録している訳である。
ここに、菅原家は、神? 天神、では、なかった事を、申しあげる。
それは、児島宮こそ、『天神門籍』に、なっている、からである。

、『天神門籍』とは、天神七代の後裔に、なっている。
初代は、夏王朝の、七代目を、越国の元祖であり、無予と、記録されている。
日本の元祖に、中られる方、紀元前の、初代となっている。
 

四熊は、その昔 天神祭祀が行われ、その地は天神御領地(天皇)となって、今に伝えている事が、判った

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 2月 5日(火)17時42分35秒
編集済
  今は天孫降臨地と、天神裔が、受け継いでいる  天神裔 血筋の末。子孫。

遠い辺境。「四裔」デジタル大辞泉

 デジタル大辞泉 - 天神の用語解説 - 1 《「てんしん」とも》天の神。あまつかみ。⇔

こはな【裔】子孫。後裔こうえい。血統。 「帝皇の-/日本書紀 允恭訓」


第一章 昊天神裔(3)

天孫降臨地と、天神裔が、受け継いでいる

天の安河にある五百筒の磐石(いわむら)となる
天の安河を隔てて、向かい相、ひて、すなわち、天の安河にある五百筒の磐石(いわむら)となる、は星の事をいうなれば、、天の安河は天上銀河の義なり、又、比神、丑王は天の安河を相向ひ、となるは、皇居、の辺(ほとり)を、流るる河の義ナリ、、

皇居は神の降臨原初地に、原初作られたとある。今その地は、五百筒の磐石となっている。



 

児島宮に、長政公が、訪れていたのも、そんな、関係があった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 1月13日(日)11時13分3秒
編集済
  児島宮のお話しを、いれてみだいと、思い、ここは黒田藩の統治した領地となっていました。
この篠隈村はその黒田如水公が、ハビアン氏に与えた土地でございました。ハビアンというのは、豊臣秀吉、から伽集になった方で、家康の時伽集となり、秀忠の時も伽集となり、家光の時も、伽集になられていた方でございます。そんなこと等少しも知らない、村人は、
神社や墓所さえも、部落の人は、祭主から、剥奪してしまいました。これで祭主の守ってきた、土地や神社や墓所さえも、関係外と、なりました。
これはオオナムチ神主が、祭主に、伝えた言葉でした。
ここで関係外と、なりました。
ですが、祭主は、それで、いいと、いう訳には、いかないのです。
そこで児島宮のお話しを、入れてみる事になった次第です。
夜須町役場は、篠隈、のハビアンの、ゆかり、だとは、知ってか、知らずか、いろいろ不合理な、事件を招いていました。ふれたくは、ないのですが、児島宮にたいする、あまりにも、無尽道な態度には、日本の天神末裔として、国民の為には、神までも、なめて、しまった、行為は、日本も終わりだと、なり兼ねません。

黒田如水公と長政の、甚九郎信栄(ルイスフロイス、よりハビアンの、名を賜り、長崎天草にも、伊達政宗公とも、親しく、色々な、役目を、成し遂げられた、お方で、ございます。

児島宮は、インターネットでも、国や諸々の、お話しを、させて、いただいて、おります。
報告も、二十何年、行って、おりますので、国の為、国民の為と、思って、頂ければ幸いに思います。
今日本は、非常に、危険な時期、それは女真族、が日本を、奪い取って、しまいました。このように、なっているとは、感じられない、と、存じますが、国の災いは、みんなの手で、守らなければ、ならないと、そこで話は、お伝えする、以外には、無いと、みんなで、戦おうと、存じている次第です。

ここで黒田除水公との、関係を、お話ししたいと、思います、
官兵衛様は岡山の 生まれで、、甚九郎の祖先にあたる方南北朝の児島高徳の里で、佐々木盛綱の一族としてお生まれになり、
今の岡山林、熊野神宮のちかくでした。そんな関係もあったのかも
この地は加地氏(佐々木盛綱子)が、後鳥羽上皇子、頼任親王が、承久の乱で、流された
のが、今の熊野神宮の場所にあたります。

その三代が、児島と、古くから存在、していて、児島高徳と、いいました。
父は頼宴僧正といい、尊氏をお救いになられた、方で、その息、義詮公、の妻、良子様とは、御親族に、当たられるお方でした。こんな事、が甚九郎ハビアン、と黒田如水公の関係に、なっていました。

黒田如水公の、三回忌、が福岡の天神町で行われて、いました、それは関係が深かったのでしょう。
ハビアンが、この時、バテレン教会で、説法したそうです。
長政の、猶子、は、ハビアンの次男、長興(東京浅草の浅草寺が、菩提寺)だそうです。

児島宮に、長政公が、訪れていたのも、そんな、関係があったそうです。

勝立寺 天神4丁目
 この寺はかつて黒田如水追悼聖堂のあった場所と推測
されています。如水は京都の伏見で1 6 0 4 年に亡くなり、
その遺言によって博多の教会に運ばれました。当時すで
に信仰を捨てていたと言われる黒田長政は、父の死を
きっかけに教会に好意を示し、追悼聖堂の建設を許可し
たと言います。翌年、聖堂は完成し1 6 0 6 年には献堂式
を兼ねた如水の3回忌が営まれましたが、1 6 1 3 年、禁教
令に先立ち解体されました。長崎県外海町に伝わり、現
在日本2 6 聖人記念館に所蔵されている「雪のサンタマ
リア」はこの聖堂の祭壇画の一部と考えられています。
 このお寺の縁起では1 6 0 3 年創建となっており、「石城
問答」と呼ばれる宗教問答で日蓮宗がキリスト教に勝
ち、黒田長政からキリスト教会の土地を賜り、勝って立
てた寺で勝立寺になったと表記しています。黒田家が政
策的に時の流れを1 0 年ほどはしょったことが考えられ
ます。(出典:イエズス会年報・筑前国続風土記)

http://fukuoka.catholic.jp/daimyo13siseki.html





 

今の日本は、国会から暮らしに至るまで、すべて書き変えた、何がまちがっているのか?

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 1月11日(金)11時43分41秒
編集済
  今の日本は、国会から暮らしに至るまで、すべて書き変えた、何がまちがっているのか?
自然は日本の名で、その訳は太陽をアマテラス大神として、きた、のは、自然は至空であり、世界の人間に、何へだてもなく、平等に光を、与えられた。世界に国をそして神を植えられたのは、紀元前五百年頃の、ケルト人、と伝わり、今その謎が、児島宮歴研会により、明らかにされた。

ケルトとは、よそもの、と仮称されている。
詳しくは、児島宮で検索されたい。



自然は至空であり、至点(してん、solstice)とは1年に2回、天球上において太陽の赤道面からの距離が最大となる瞬間、またはその時の太陽の位置を指す語である。日本語では2つの至点はそれぞれ夏至点(太陽の赤緯が最大となる点)・冬至点(太陽の赤緯が最小となる点)と呼ばれる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%B3%E7%82%B9

嘘が学問となっている、これが教育?  何がまちがっているのか?理由

本当の日本は、至空とは、善悪が至空と、同じであるのに、今はすべて間違っている。。
では善悪は、誰が決めたのか、それは天神が、?  天神とは、日本史では、日本は七代とだけ書いてある。
日本では天皇は神として、称えられている、それは天皇は神にあらせられ、と万葉集に、書かれているのは、本当の、当時の人が、朝廷では、そのように、なっていた事が見えてゐる。

この頃の天皇は、、至空にあった事が見えている。それは国を代表する人物であることは、間違いない。
だから、この時の天皇は至空に、住まわれて、いると云えよう。
だから、日本の天皇すべてが、至空の天皇では、無い、これは始めて明かすもので、それは、後にお話しする事にしたい。

天皇すべてが天皇では、無い、ではなんで天皇と書かれているのか? 天皇を、名乗るのは、神に対する反逆であり、明治以前まで十六葉菊紋が、天皇であっても、違う? ので、使う事は出来なかったのである。

今の、神を称えられている、全てが、今のすべて、を表すものとなっている。
これが本当の日本では、なかったと、いう事になる。間違いだらけの、日本は、ここに出ている。






ウガヤ尊とは丑王ことヤ八尾王とも、よぱれていた。それは紀元前百十一ねん前に海を船で十万人を引き連れて、北部九州に、着いて、其処に五十年間、都夜須として松延に五重塔を建て、始めて祭祀にいそしんだ。

住居は高床式で、農業がはじまっていた。それを根拠とするのが梨の木遺跡の住居の北、中央に竈があり甑(こしき)で蒸していた事がわかりました。夜須遺跡の広域から甑が出土しているところから、奈良よりも五十年程前だったことがわかり、教育委員会文化財の土器づくりを、朝鮮説をぬりかえるものとなりました。それは児島宮と平山にあり、天皇の名が平山としたところに、隠されていました。児島宮と平山はインターネットで児島宮歴研会で発表しておりますので、ご覧ください。

     梨の木遺跡







                                                             http://kodainolekisikan.web.fc2.com/








屏山平山治城ビン越無渚

ここで、日本で天皇としていたのは、古代中国の夏王朝の天神七代無予しか、天皇とは言わない事が判りました。天皇の名が、ひらやまとしたのは、屏山平山治城ビン越無渚、、天神七代無予にあった事が最近判りました。京都清水寺七味屋の前に、日本の年号紀元何千年というのが、ここにあったのですね。 国はここから始まったという訳です。

今の天皇は証明するものは、何一つ、無いのですから、神に反する行為は、日本人の恥となっています。
何もかも、間違って、いたのです。

天皇とは、古代中国の夏王朝の天神七代無予の子孫、似(ジ)で、なくては、ならないのでした。、
日本の古代史が、間違って、いた事で、混乱していたのですね。
日本でも天神七代の事が、さかんに、いわれて、いて、神世七代 - Wikipedia
神々の総称。伊勢神道の説で、地神ちじん五代(天照大神あまてらすおおみかみより鸕?草葺不合尊うがやふきあえずのみことに至る五代)に対していう。 これって、解読が間違っています。


大辞林 第三版の解説


てんじんしちだい【天神七代】







記紀神話で、国常立尊くにのとこたちのみことより伊弉諾尊いざなきのみこと・伊弉冉尊いざなみのみことに至る七代の時代、また、その神々の総称。伊勢神道の説で、地神ちじん五代(天照大神あまてらすおおみかみより鸕?草葺不合尊うがやふきあえずのみことに至る五代)に対していう。「古事記」では国之常立神くにのとこたちのかみ、豊雲野神とよくもののかみ、宇比地邇神ういじにのかみ・須比智邇神すいじにのかみ(この二神以下の対偶神は二神で一代)、角杙神つのぐいのかみ、活杙神いくぐいのかみ、意富斗能地神おおとのじのかみ・大斗乃弁神おおとのべのかみ、於母陀流神おもだるのかみ・阿夜訶志古泥神あやかしこねのかみ、伊邪那岐神いざなきのかみ・伊邪那美神いざなみのかみの七代、「日本書紀」では国常立尊、国狭槌尊くにのさつちのみこと、豊斟渟尊とよくむぬのみこと・埿土煮尊ういじにのみこと・沙土煮尊すいじにのみこと、大戸之道尊おおとのじのみこと・大苫辺尊おおとまべのみこと、面足尊おもだるのみこと・惶根尊かしこねのみこと、伊弉諾尊・伊弉冉尊の七代と相違がある。神世七代かむよななよ。

てんじん‐しちだい【天神七代】 とは天皇とは、古代中国の夏王朝の天神七代無予の子孫、似(ジ)で、なくては、ならないのでした。、https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A9%E7%A5%9E%E4%B8%83%E4%BB%A3-578313



日本神話で、天地開闢のとき生成した七柱の神。また、その時代。「古事記」では国之常立神(くにのとこたちのかみ)、豊雲野神、宇比地邇神(ういじにのかみ)・須比智邇神(すいじにのかみ)、角杙神(つのぐいのかみ)・活杙神(いくぐいのかみ)、意富斗能地神(おおとのじのかみ)・大斗乃弁神(おおとのべのかみ)、於母陀流神(おもだるのかみ)・阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)の七代。「日本書紀」では国常立尊(くにのとこたちのみこと)、国狭槌尊(くにのさつちのみこと)、豊斟渟尊(とよくむぬのみこと)、埿土煮尊(ういじにのみこと)・沙土煮尊(すいじにのみこと)、大戸之道尊(おおとのじのみこと)・大苫辺尊(おおとまべのみこと)、面足尊(おもだるのみこと)・惶根尊(かしこねのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の七代。神世七代(かみよななよ)。

※前田本水鏡(12C後)上「天神七代〈略〉二神むかしあめのうき橋のうへにして」

※義経記(室町中か)四「てんじん七代地神五だいは神の御代」 これは、間違った解読です。

日本のテンノウは、中国の天神に、あったのです、今は子孫は夜須にいる事も、明らかとなり、児島宮と平山はインターネットで児島宮歴研会で発表しておりますので、ご覧ください。

無駄な、皇室も宮内庁も、インチキで、日本人を、騙していた事が判りました。
とりなす、者は、日本の神から、そしりを、受けるのは、仕方ありません。
今、日本の神社は、神と偽って、いるのは、許され、ないでしょう。
きちんと、守ら無くては、行けない、そうです。
中国での他世界では、うの祭祀を、国を、あげて、行っているそうです。日本はすべて、間違いを、起こしていた事は、明らかでしょう。







 

発祥は中国の夏王朝に始まる神と呼ばれる家である。今までとは違うので、とはいえ、日本は礼で礼答えよう

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年12月 3日(月)15時43分10秒
編集済
  児島宮は天神、だった事がようやく判りました。発祥は中国の夏王朝に始まる神と呼ばれる家である。いままでとは違うので、とはいえ、日本の神の天皇も、宗家として、取り扱われるのは、日本の神総本家として、国民が、そつ、に扱う事にもなりかねない。以下神うるう人間になってほしい。

神と人間の関係について学ぼう

「騙り者の大悪人」
明治、大正、昭和、平成に至るまで、お前たちは国民を騙すばかりか、遂には憲法を立ち上げ法、を使い果てには、国家まで、いや日本人国民まで自分たちのいうがままに、した。

それは自分たちの思いがままに、熊本の催眠燮法と同じ事だ。

お前達は偽天皇と知りつつも、そのままにしてきている、あろうことかお前たちは来年には又も政府、揃って同じ事をやらかそうとしているのは国賊にある。ネットでもこれは誰も解る事であるが、国民は何も知らないか、まさか本当の事だとは思う者は誰一人いない。国を憂う者はいないのか?
祖の為に

あえて、その為に、本当の事を明らかに、しなければ、国の為人の為にはならんい。
それは無意味な時代になっている事を知らねばならない、その為に国民を。まだ誰も何にも気が付いてはいないと教える?
この悪政は、これまでの年間、明治、大正、昭和、平成に至るまで、お前たちは国民を騙すばかりか、改めなかったではないか。

それは人間として許すことはできない。

宮内庁これらは暴力団と違いはそれ程変わらない、

明治、大正、昭和、平成天皇は革命から、革命派から作られた、只の、てんのうを名乗る騙る支配者であり、只の悪人朝鮮人、天皇は日本の歴史では、天皇は、神武天皇後胤だけ、天皇として存在する。
この天皇家には最近それらを表す証拠が判っている。
宮内庁は明治に作られた、天皇には関係ない宮内庁である、その為に真実の天皇之事をまったく知っていないが宮内庁である

これは権力の為だけに創られ、騙り者の朝鮮人の明治政府の頭目明治天皇を、政府のこれまでの天皇、日本の統治に、続いているように隠すために虚構にしたのがも今の日本の型になって虚構している。

「昔と今の天皇は無関係な騙り者大悪人だった」
今の日本は昔と違い憲法国家に早変わりした、これが昔の天皇統治では違う、これが昔とまるっきり違う。
てんのうがなのに、なぜ存在している事になってるのだ? 天皇は万葉集には神に有らせられますと。
神はこのように、日本として、人間の生きて行く為にはとても大切な方だったという訳です。

「現代の世の中はすべて虚構に満ち満ちている」

現代から見ればそうでしかないように映る。
ですが正常から見ればすべてが間違っている。
それでは説明しなければならないその前に、間違いは現代である。
誰も突然の事であり、騙り者の天皇がいる、その騙り者を説明してきたが、このままでは天皇国家と継続していくのは日本の天皇が国家までが、虚構のままの国になり、全てが今の虚構のまま歩む事になる。
今まで歩んできた、全てが変わっていくのをこのままでは悪影響が出ており、国家の為にも影響が悪い。
日本の神社仏閣にも悪影響はかなり大きい、神の祭祀をおこなっていなのである。
国民は世間は、神による人間性が、創られて行くというのを全然知らない、今の神の事を全然理解していないで、神社仏閣さえも、大切な神の塔とさを教えてはおりません。
神と人間作りが神の教えとは誰も耳に残っているはず。日本はこれに支えられてきました。
天皇祖の為には、真実の天皇しかできないと、秦の始皇帝も統治するには、やまたいで招いて行うのを行ったと記しています。漢の武帝も泰山で神祭祀おこなったとあります。


現代人は理解出来ないかもわからないが今のか変り用では人間性も昔とは違うようになっています。
社会や生活が悪化しているのは、ご存じであろうか、自然のように見えるが世界のかわりようも、変り果てて居るようです。
経済学者は何故こうなっていくのを、目に見えていないょうです。現代はこの人間性を失ったかのよう。

それは日本の神だけに出来る人間性が欠乏している為という事。その神が今は騙り者にしか過ぎない。今の天皇と皇室、宮内庁神社庁はもう用は為にはならなかった終わったと思う。






神うるう人間に戻ろう
 

太姒,生卒年不?,有莘国(今?西郃阳??南)人,姒姓,周文王的正妃,周武王之母

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年11月14日(水)13時01分22秒
編集済
  夏禹之父?
大姒者,武王之母,
禹後有莘姒氏之女。仁而明道。文王嘉之,親迎於渭,造舟為梁。及入,大姒思媚大姜、大任,旦夕勤勞,以進婦道。大姒號曰文母,文王治外,文母治?。大姒生十男:長伯邑考

太姒,生卒年不?,有莘国(今?西郃阳??南)人,姒姓,周文王的正妃,周武王之母。

倭人の始まりと越国の始まりは無予 と倭人姒姓,周文王的正妃也

太姒(たいじ、生没年不詳)は、周の文王の妃。

有莘姒氏の娘として生まれた。文王は渭水に舟を並べて橋を作り、太姒を迎えた。太姒は太姜や太任を慕って、朝に夕に勤労し、婦道を推し進めた。太姒は号を文母といった[1]。太姒は文王とのあいだに10人の男子を産んだ。伯邑考・武王・管叔鮮・周公旦・蔡叔度・曹叔振鐸・成叔武・霍叔処・康叔封・冉季載の10人である

太姜、太任、太姒合称“三太”,后世以“太太”作已婚女性的尊称,代表?德直追三太。
?号始祖。而太姒被上?号?文定皇后,陵曰德陵。

※ 倭人の文化系譜を示している湖北省
湖北省から湖南省の三峡周辺及び両湖平原住居
BC473年)と越(BC600年頃~BC334年)を下流域に建国する。中流域には楚(?~BC223年)が建国される。

黒竜江省(こくりゅうこうしょう)


安徽省亳県(あんきしょう・はくけん)所在の曹操宗族墓群のの中の「元宝坑村一号墓」から、多量の字磚が出土し、その中の一枚に倭人という字を含む文章があり
荊州(湖北省襄樊市一帯)










 

倭人は日本人と、しているのは、間違っております、倭とは何か? 

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年10月19日(金)16時32分48秒
編集済
  児島宮教学部しか、日本は見えて、こない?
倭人や越裳を解明する事すら、出来手、いないのてす?
立証は、それだけでは、ありません、天皇についても、今も、全て間違っているのです。
立証が不可能なのは、今の中国すら、まったく同じ、でしょう。
ネットでは、日本との関係すら、出ていません?それは、まったく同じなのが、日本にしかない天皇であっても、立証が困難なのです。
相撲協会でも、まったく同じで、神事では、ないのです? 天皇とは無関係の天皇御臨席でも、立証が困難なのです。

今での考古学は、ほとんど、間違い?
理由は、今まで朝鮮半島に拘っていた、からと、云える。

倭人は日本人と、しているのは、間違っております、倭とは何か? 中国の殷が、殷族の中の一部、周国、に始まり、それは、華夏の天神七代の無予、の時にあたり、華夏の王女が、周国王に嫁いだ、のに、始まる。
この時の、大王の子が、周国の武王で、七国は、同系の和人(倭人)の始まりとなりました、児島宮教学部による。

周国二代、成王に、越裳と呼ばれた、「神の国の名」、が華夏の天神七代の無予、の時にあたります。

今の天皇は、天皇では、ありません、明治以降の天皇を指し、天皇は倭人、では、なかった、、ここに朝鮮は、周国の民族という事になります。

日本というのは、日の丸だと、象して、いますね、これを立証することが、出来ないのに、何故立証しているのだろう? 麻生太郎氏の嘉穂に、日の丸旗の生い立ちと、されているが、立証は考古学協会と、まったく、同じように、間違って、いるのです。

天皇が、国民が日本の天皇と、していても、本当の天皇では、無いのです、ここに、天皇と立証が困難なのです。間違いは、無駄だけです。


同じように、ネット上では、間違いの、
http://smokakhai.progoo.com/bbs/thread_1.html が見えて、参考になれば幸いです。

Jump to search




写真 文王

西周
King Wen of Zhou.jpg

王朝
西周

姓・諱
姫昌

諡号
文王

生年
紀元前1152年

没年
紀元前1056年


季歴


太任

后妃
下記参照


下記参照

文王(ぶんのう、ぶんおう、紀元前1152年 - 紀元前1056年)


文王の息子の武王は弟周公旦・太公望・召公奭らの助力を借りて暴虐が募ったとされる帝辛(紂王)を牧野の戦いで破り、周王朝を建てた。
 

天皇と日本が児島宮歴史研究室 によって、広域夜須から出土したケルトオガム文字が立証した

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 9月11日(火)07時00分48秒
編集済
  児島宮歴史研究室  によって、広域夜須から出土したケルトオガム文字が立証した、神の始まり。
児島宮の歴史は、天皇つまり天神と呼ばれた、古代中国の夏王朝の七代無予が、天神七代となっているのは、すでに、児島宮歴史研究室によって、二十年前に、インターネットウェーブを通じて発表されていた。
古代中国の夏王朝の七代無予が、天神七代を、受け継いでいたのは、越国の、越王が天神とされる神で、紀元前百十一年前、の福建省城村のビン越王丑王が漢の武帝に、こうじゅんの間に、移動を命じられるも、東夷の彼方へ、ビン越の住民十本人と共に、その地から、消えたと、記録している。

この後、漢の武帝は、朝鮮半島を、三韓として、統治したと、記録していて、あくまでも、朝鮮の名は、千年前の箕氏が、周の武王から、統治したのに、始まる。

今だに、知られない日本の古代は、五世紀以前は、解明?されては、おらず、児島宮歴史研究室に、頼るしか、無いであろう。
それには、ネット検索で、児島宮と記入すれば、古代が解けてくるので、お試しあれ。




 

文化財課はケルトオガム文字が夜須と小郡の遺跡が出土しているのに、五世紀後半の須恵器とは、あまりにも、お粗末だろう

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 8月20日(月)19時59分30秒
  ケルトオガム文字が夜須と小郡の遺跡が出土しているのに、五世紀後半の須恵器とは、あまりにも、お粗末だろう。
中国浙江省では、須恵器の事を灰色硬質土器と、しているのに、何故日本の考古学会は、五世紀後半から、須恵器工人が、朝鮮半島から、渡来し、大阪吹田陶村で、窯を開いたのが、始まりだとは、あまりにもトンチンカン、過ぎている。

須恵器に刻印されたオガムケルトは、この時期には存在していません。?
中国の隋の使者が、どうして、記録していないのだろうか? 違うから記録していない、これが正解。
問題は福岡県朝倉郡地方の、三輪や夜須、小郡に、かけて、紀元前~期限に百年頃の遺跡に関わる、古代地名には、今もそのなごりが、伝わっていて、四三嶋と小郡にかけて、妙見、七夕神社、天の川、という字が見えるのは、ケルト人、が天神を、儀礼として、行った、明かしである。
老松神社があり、ここに、大正12年の圃場整備(ほじょうせいび)の際に合祀された牽牛社があります。

天の川と同じく南北に流れる宝満川とその両岸にまつられた織姫と牽牛(彦星)は、天上の物語を地上に配した様になっている。https://ameblo.jp/may-199704/entry-12274307873.html


妙見こそ、宇宙の根源なのだから、神と天皇の国、を日本と呼んでいたという。

文化財課はケルトオガム文字が夜須と小郡の遺跡が出土しているのに、五世紀後半の須恵器とは、あまりにも、お粗末だろう、言いたくなかった、全国の文化財課の日本の歴史について、知識に欠けている始末で、このままでは、日本の歴史は、なかった事に、等しくなるでしょう。
 

ケルト文字の出土が、朝倉窯が圧倒的に、小郡含め字、ケルト文の出土が多いのが、朝倉窯の実態である

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 7月18日(水)12時20分0秒
編集済
  朝倉須恵器窯跡は、小隈窯跡と山隈窯跡で構成し、から伝わった須恵器説は、間違いで、年代は立証されていない。

5世紀に朝鮮半島説には誤りが見えていて、中国隋王の使者が夜須を訪れて、この地は、華夏人の土地と、記録しており、5世紀に朝鮮半島記録は、されていないので、間違いの確認を、児島宮歴史研究室が、奈良国立博物館の主事、吉沢氏との、聴き取りで、朝倉須恵器窯跡の方は、ずいぶん古い事を確認した。
同時に、ケルト文字の出土が、筑前町窯が圧倒的に、小郡含め、ケルト文字の出土が多いのが、朝倉窯の実態である。

夜須(筑前町)の遺跡には、゜ケルト様式が、墳墓にも、出ている。古墳は、紀元前早期にあたり、中にケルト模様の円形が、北部九州の紀元前早期にあたると、児島宮歴史研究室が発表。
吉野ケ里は、歴博の年代の誤差があり、北部九州の紀元前早期である。
ケルト失くして、語る事は出来ない。
須恵器とされている灰色硬質磁器の内面に、たたき模様は、ケルトの渦巻き、だったと、児島宮歴史研究室が発表。
北部九州の紀元前早期の灰色硬質磁器の内面に、たたき模様は、ケルトの渦巻き、だった。http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/7755/kigou.htm

神話や伝説に登場する生き物にケルティック・ドラゴンがいます。ドラゴンは力と多産のシンボルと見なされました。http://mystery-hunter.net/?p=1462 渦巻きは日本だけじゃ、なかった、ドイツのケルトにも神の伝説がある。

デタラメな弥生や須恵器は、使っては、ならない、記事。

古代ケルトと古代エジプトと古代日本の幾多もの文化的共通点
古墳は古代ケルトの「ドルメン」と同じく、巨大な岩によって作られています。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%88%E6%81%B5%E5%99%A8#/media/File:%E3%81%84%E3%81%9A%E3%81%BF%E3%81%AE%E5%9B%BD%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E9%A4%A8_%E9%A0%88%E6%81%B5%E5%99%A8_%E5%9D%8F-3.JPG

須恵器甕の叩き出し丸底技法と在来土器伝統http://www.ops.dti.ne.jp/~shr/wrk/1996c.html#2_1

写真一は、鳥巣窯の特徴で、未発表の高坏
 

筑前・小隈窯跡から4基目出土、工房跡も確認2014年02月14日、あれ、から四年が過ぎて、見直しが

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 7月 4日(水)10時00分32秒
編集済
  あれ、から四年が過ぎて、見直しが、されなければ、遺跡の進歩は、なくなってしまう。
今ではすっかり姿を、消してしまった、筑前・小隈窯跡。
貴重な遺構」と判断し、保存を決定。当初、3基の周辺約3000平方メートルとしていた保存区域を大幅に拡大した。が、今ではすっかり姿を、消してしまった、筑前・小隈窯跡。
福岡大の武末純一教授(考古学)は「窯跡と工房がセットで出土したケースとしては最古級ではないか。工人たちの生活様式などを含め、議論が広がっていくきっかけになる」と話している。https://www.yomiuri.co.jp/kyushu/culture/history/20140326-OYS1T50029.html

町民は、記憶も消え、語る者も、今ではいない。町の方針のはずが、日本歴史上最重要から、痕跡すら消えた。

トルコ石屑と共に二里頭遺跡と日本最古の墓葬が筑前町小隈の龍窯遺跡からもトルコ石の首飾りが出土した。 あわせて、金箔の耳輪も出土した。 トルコ石はラピスラズリ、水晶や瑪瑙,真珠等と並び,人類が最も古くから宝石として利用してきた ...
https://kojmasya.exblog.jp/19448865/
国史跡指定へ「朝倉須恵器窯跡」 [福岡県]2018年06月16日 06時00分
朝倉須恵器窯跡は、小隈窯跡と山隈窯跡で構成し、5世紀に朝鮮半島から伝わった須恵器の生産技術を示す遺構。いずれも丘陵地の斜面に造られた登り窯で「波状紋」を施した須恵器などの破片が出土している。小隈窯跡は窯跡7基と国内最古級の工房跡2基など、山隈窯跡は窯跡4基、工房跡1基が確認されている。

指定される史跡の面積は約1・3ヘクタール。県教委は「朝鮮半島との交流や須恵器の生産技術の変遷を考察する上で極めて重要な遺跡だ」としている。

=2018/06/16付 西日本新聞朝刊=

朝倉古窯跡群: 小隈窯跡・山隈窯跡・八並窯跡福岡県朝倉

朝倉古窯跡群: 小隈窯跡・山隈窯跡・八並窯跡福岡県朝倉郡筑前町下高場・山隈・三並所在の初期須恵器窯跡調?報告

「史跡等の指定等 - 文化庁」
2018/06/13 - 山隈窯跡. やまぐまかまあと. 【福岡県朝倉郡筑前町】. 小隈窯跡,山隈窯跡,八並. やつなみ. 窯跡から構成される初期須恵器窯である。我が国の ... し,全国的な須恵器の定型化の影響を受けつつも新たな窯や工房を構築しつつ,九州北部.

6 朝倉須恵器窯跡 あさくらすえきかまあと
小隈窯跡 こ ぐ ま か ま あ と
山隈窯跡 や ま ぐ ま か ま あ と
【福岡県朝倉郡筑前町】
小隈窯跡,山隈窯跡,八並 やつなみ
窯跡から構成される初期須恵器窯である。我が国の須恵器生
産開始期において一元的な生産供給元と想定されていた大阪府の陶邑 すえむら
窯跡群の操業開始期
に近い時期の,代表的須恵器窯として知られる。これまで,旧夜須町教育委員会,九州大学,筑前町教育委員会による発掘調査が行われてきた。小隈窯跡では,半地下式構造の窯跡7基,住居跡1基,工房跡2基,不明遺構1基,土坑2基等を検出した。山隈窯跡では4基の窯跡の存在が知られており,その周囲約800㎡の磁気探査・発掘調査によって,窯に伴う溝状遺構や灰原が確認され,窯跡の範囲が確定した。出土遺物より,古墳時代中期前葉から中葉(5世紀前半)にかけての加耶系初期須恵器生産から,中期後葉(5世紀後半)の陶邑系須恵器生産に移行する実態が明らかとなった。須恵器生産をいち早く開始 し,全国的な須恵器の定型化の影響を受けつつも新たな窯や工房を構築しつつ,九州北部の中核的須恵器窯としての役割を果たしたことが判明した。朝倉須恵器窯跡は,初期須恵器を供給する代表的須恵器窯の一つとして須恵器生産開始期の実態を示すとともに,その後,陶邑系須恵器生産を受容し定型化していく過程を一遺跡で知ることができる。朝鮮半
島との交流を含め,我が国における須恵器の受容と展開を考える上で極めて重要な遺跡である。


こんな人も、いる、惑わされないように、
初期須恵器の流入を勘案すれば、県内における須恵器の副葬あるいは葬送儀礼への使用と生産開始期が全体的に繰り上がる可能性がある、
 とも同報告書に記される。
  小田富士雄氏によると、
 「須恵器の源流となった瓦質土器(楽浪式漢式土器)の流入は対馬・壱岐・北部九州の弥生後期遺跡にみられ、やがて陶質土器の伝来にまで継承されている」とされる。
 九州における須恵器生産は、Ⅰ期(その開始は古墳中期と同じく、AD四〇〇年頃としている)から始まるが、それ以前の0期(弥生後期・古墳前期)では、瓦質土器(金海式軟陶等)・陶質土器(金海式硬陶・伽耶土器)が輸入されたとみている*23。
  弥生前期末~中期後半の遺跡とみられる吉武高木遺跡でも、多数の初期須恵器が出土したとされる(菱田哲郎氏*24)。
 夜須郡の小隈窯跡・山隈窯跡(ともに現朝倉郡筑前町)の調査で、高坏等の特徴を見る限り、陶邑の初期須恵器との隔たりはそれほど大きくないといわれる。
 北部九州では陶邑に先行して、より朝鮮陶質土器に似た須恵器が朝倉地域を始めいくつかの地域で生産されていた、と菱田氏は記している。
 

宣教師達からも、ハビアン氏の説教の巧みさに驚いている報告書

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 6月 7日(木)14時24分9秒
編集済
  黒田如水の3回忌法要で遺族・有力者・僧侶・キリスト教者らの参列を前に説教。
不干斎 巴鼻庵(ふかんさい はびあん)と号した。
ハビアンは日本思想史上の重要人物か?

不干斎ハビアン。
 その名はほとんど知られていない。
1606年キリシタン大名の黒田如水の3回忌追悼演説や京極マリアの娘マグダレナの追悼演説を行っている。
 そしてこの年ハビアンは林羅山と論争をしている。

朽木マグダレナは北近江の名族京極家の当主高吉と戦国大名浅井久政の娘マリアとの間に生まれた。マグダレナは朽木家18代当主宣綱の妻となり、二人の兄は高次が讃岐丸亀藩主、高知が丹後宮津藩主、また姉龍子は豊臣秀吉の側室として寵愛を受ける 。

朽木 宣綱(くつき のぶつな、天正10年(1582年) - 寛文2年5月1日(1662年6月16日))は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。朽木元綱の長男。友綱、稙綱の兄。官位は従五位下兵部少輔。号は立斎。妻は京極高吉の娘のマグダレナ(洗礼名)。

1606年、京都八瀬の館で死去した妻の死。夫・朽木宣綱(クツキノブツナ)は、仏式の葬儀を行おうとした。しかし母マリアは、キリシタンである娘が異教徒として葬られるのは許せないと譲らなかった。京都、完成したばかりの新教会で盛大な葬儀が行われた。大勢の人であふれかえったとイエズス会の記録は伝える。
 朽木マグダレナ。京極高吉と浅井久政の娘マリアの子。兄・京極高次は浅井三姉妹の初と結婚。姉・竜子は豊臣秀吉の側室・松の丸として知られる。キリシタンの両親とりわけ母マリアの強い影響を受け、彼女も受洗しマグダレナと呼ばれた。マグダレナは朽木家18代当主・宣綱の妻となる。
 近江源氏の流れをくむ朽木氏。承久の乱(1220)、佐々木定綱の4男信綱は宇治川の先陣の功により朽木荘を与えられる。孫の義綱の時、朽木姓を名乗った。http://biwap.shiga-saku.net/e1162840.html

「朽木 クツギ クチキ」 『姓氏家系大辞典』

大徳寺高東院に佐久間不干斎墓石前に、朽木氏の墓が前列に、ある。、KBC朝日テレビ、徹子の部屋の、黒柳徹子氏の墓が無断で、あるのは、高東院事、天皇、関白家を害する、ものである。
 

1606年キリシタン大名の黒田如水の3回忌追悼演説や京極マリアの娘マグダレナの追悼演説

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 5月 7日(月)11時14分36秒
編集済
  佐久間甚九郎ハビアンは、
浅井長政の妹)の三女マグダレナ. の. 追悼説教を行う。1606年キリシタン大名の黒田如水の3回忌追悼演説や京極マリアの娘マグダレナの追悼演説を行っている。
勝立寺 天神4丁目
 この寺はかつて黒田如水追悼聖堂のあった場所と推測されています。http://fukuoka.catholic.jp/daimyo13siseki.html

http://fukuokajyo.com/history/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB%EF%BC%93/

夜須町篠隈の児島宮に、黒田長政が訪れ、平山家の先祖のおまいりに、栗山大膳と家臣同伴で、通った道が、今は草剥けているが、使われていなく、あまりにも、郷土心が損雑極まりない。
平山家には、その時の、黒田家御用絵師作の、鳳凰図等が伝わって、いたという。

篠隈の宮地は、昔は公民館があったが、後に、宮地は、返還されずに、農業倉庫として、使われていて、少なくなった農家の使用目的、が問われる。
神に関わる、宮地を、生活の目的に、しているのは、してはいけない事、なのだが、町さえ、目的にしていては、すべて汚れてしまう。
 

マグダレーナの追悼説教もハビアン

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 4月25日(水)15時58分4秒
  京極マリアの娘で朽木宣綱の妻のマグダレーナの亡くなったときの追悼説教もハビアンが行っているという。宣教師達からも、ハビアン氏の説教の巧みさに驚いている報告書。

討ち死にした武将の未亡人「妙秀」の問いに「幽貞」が答える。
黒田勘兵衛(如水)の3回忌追悼説教や京極マリアの娘で朽木宣綱の妻のマグダレーナの亡くなったときの追悼説教もハビアンが行っているという。

また黒田如水の3回忌法要で遺族・有力者・僧侶・キリスト教者らの参列を前に説教。
不干斎 巴鼻庵(ふかんさい はびあん)と号した。

1608年(慶長13年)、外国人長上者への反発の末に修道女と駆け落ちして棄教し、1614年(慶長19年)には長崎でキリシタン迫害に協力するに至った。晩年の1620年(元和6年)にはキリスト教批判書『破提宇子』(は・だいうす:デウスを破却する意)を著した。

1621年(元和7年)、死去。

1565年(永禄8)- 加賀国または越中国にて誕生。幼くして京都、大徳寺あるいは建仁寺に入る。僧名は恵俊、恵春あるいは雲居。

1583年(天正11)- 北政所につかえていた母(ジョアンナ)とともに京都で受洗、高槻神学校セミナリオに入学。洗礼名ハビアン。
1586年(天正14)- イエズス会の修道士になり、臼杵修練院ノビシアドに移る。

1588年(天正16)- 千々松、有家高等神学校コレジオに移る

1590年(天正18)- 加津佐高等神学校コレジオに移る。第2回日本イエズス会総協議会に参加。追放令受けての方針検討。

1592年(文禄元)- 天草神学校コレジオで日本語教師。来日宣教師のテキストとして「平家物語要約版」の翻訳編纂。

1593年(文禄2)- 「イソップ(伊曽保)物語」翻訳。

1597年(慶長2)- 長崎トードス・オス・サントス教会に移る。仏教儒教神道の解説書、「BUPPO」の編集。

1603年(慶長8)- 近畿エリア布教の中心、京都下京教会に移り、仏教者とディベート。またイエズス会日本年報に論争する日本宗派に精通した修道士の記述があり、ハ ビアンと推測される。

1605年(慶長10)- 女子修道院用テキスト「妙貞問答」3巻を著す

1606年(慶長11)- 林羅山とディベート。また黒田如水の3回忌法要で遺族・有力者・僧侶・キリスト教者らの参列を前に説教。キリスト教団の行方を左右する重要 な式典とされた中で、フランチェスコ会の報告書に大成功の記述があり、僧侶らは激怒して行政に訴える、ような説教を行う。

1608年(慶長13)- 京都の女学校の学生とイエズス会を脱会、棄教。
1612年(慶長17)- 博多に現れる。長崎に移りキリスト教徒取り締まりで行政と協力。

1619年(元和5)- 対象を熟知したキリスト教取締の重要人物として江戸に呼ばれ、徳川秀忠と面会。

1620年(元和6)- キリスト教批判書「破提宇子」を出版し、長崎・京都で騒ぎとなる。日本イエズス会は即座に禁書とし「地獄のペスト」と評した。反論書の用意、ポルトガル語版(いずれも現存せず)を教団中枢に送付するなど対応を迫られた。出版には政府の要請があったという見方もある。
また. 同年. 黒田. 如水. (官兵衛. ・京. 極. ) マリア. (. 浅井長政の妹)の三女マグダレナ. の. 追悼説教を行う。1606年キリシタン大名の黒田如水の3回忌追悼演説や京極マリアの娘マグダレナの追悼演説を行っている。

1608年、ハビアンは44歳にして突然ひとりの修道女(ベアタス会)と駆け落ち、イエズス会を脱会して行方不明となる。


 

考古学文化財員は国立大学卒に、報告書に、あっては、弥生時期古墳時期に、間違いのままに、なっている事が、文化財報告書に、出

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 4月18日(水)19時53分36秒
編集済
  考古学文化財員は国立大学卒に、報告書に、あっては、弥生時期古墳時期に、間違いのままに、なっている事が、文化財報告書に、出ている事から、間違いの原因が、国立大学卒にある事が判った。
あまりにも貴賓に乎ほれ、有名大学卒、学芸員による報告書に、間違いのままに、なっている事が、文化財報告書に、出ている。
これでは日本初期から五世紀論文に、適格さが、欠けて、解明には、至っていなかった。

別府大学考古学課文化財の報告書は、夜須町四三嶋の城山遺跡発掘時の、工藤教授の報告書は、
日本の古代史の、手本と、なっている。と児島宮歴史研究室は語る。

まず驚いた事に、五世紀迄の解明が、あやふやに、今も、なっていた。
始め、なければ、後はなしの、たぐいなのか。
瞑想に走り、根源の無いままでは、考古学に、進歩には、ならないだろう。

吉野ケ里が邪馬台国と、した千葉の国立歴史博物館の、縄文、弥生、古墳年代は、今だに、不明確な、ままに、なっている。

児島宮歴史研究室は語る縄文、弥生、古墳年代は、いくら探しても、解明は、出来ないだろう。
元々、適格な、古代の基準が、不明確では、古代史解明に進歩は無い。

邪馬台国朝倉説や甘木平塚川添遺跡の邪馬台国説すら、不明確のままである。
全国の邪馬台国研究にも学者。老化により、何等、解明には、至っていない。

半面 児島宮歴史研究室では、五世紀までの年代と時期はすでに、解明し、世界の神やケルトすら、解明している。元千葉の歴博の教授・、炭素年代で、時期想定で、弥生時代は、さらに五百年遡るとマスコミが、騒いだのが、不明確の原因となっていた。
元千葉の歴博の教授、今村峰雄氏は、児島宮の問い合わせに、応答していただいた、ので、弥生期紀元前百十一、説も、参考に、取り上げて、いただいている、これは中庸と、なっている、かも知れない。
これに似たのが、テレビや新聞社マスコミが、教育委員会、文化財と連座しているのが、不明確の原因になっていた。新聞で云えば共同通信社元、でも考古学文化財員は国立大学卒に、報告書は専門家と、見なして、しているのが、ミスになっていた。 誤解の元は、国立大学卒にあったという。

日本の農は甑である、別府大学考古学課文化財、工藤教授の報告書


 

ルイス・フロイスと不干斎ハビアン像、を描いている、のも、佐久間信栄は永徳弟、狩野宗秀に、描いてもらって、いた

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 4月 7日(土)19時43分1秒
編集済
  長興寺 1583年(天正11年)6月佐久間信栄は永徳弟、狩野宗秀に、織田信長像を寄進している。
ルイス・フロイスと不干斎ハビアン像、を描いている、のも、佐久間信栄は永徳弟、狩野宗秀に、描いて、もらっていた。
それは狩野孝信に、妹が嫁いでいたからであろう。

永徳の弟で、信長や秀吉の画事をつとめた宗秀(1551~1601年)と推測される。西洋人宣教師の姿を描いた絵画作品としては最古級のもの。http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/meihin_new/404.html

都の南蛮寺図
安土桃山時代 16世紀後期 狩野宗秀筆    池長孟コレクション
 

桃山時代に、「魔除け」を使う人物こそ、佐久間父子意外には、いなかった、織田信長の本陣にゐる六芒星を附けた白裝束は何者

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 4月 6日(金)08時58分12秒
編集済
  六芒星とシュメール人
六芒星と児島高徳紋
晩年は出家し、志純義晴と号したという。正式な法名は志純義晴大徳位。
備前の人。備後三郎と称する。
南北朝時代に南朝方で活躍した備前の武士児島高徳であるという。その子孫が備前はもとより三河へも移住したことで、輪宝紋は佐久間氏と三宅氏の 代表的家紋して広まった。
佐久間は西広瀬城 三宅氏は東広瀬城

これは天皇にしか、使っては、ならない紋章で、それは神人、以外は、使えなかった。
伊勢神宮の灯篭の六芒星入りは、はずされた事により、神域ではなくなっていた、或は宮内庁の策略で、撤去したものか。
日本の伊勢が、普通の神社としたのは、参拝の意味がなくなったという事。
宮内庁が何故伊勢神宮の灯篭の六芒星入りを、古いからでは無く、国民に偽天皇、皇室、宮内庁、神社庁等が神とは関係していない事が、知れることを恐れたから、だろうか。
古墳の撤去が、行われているのも、同じ、古いからでは無く、国民に偽天皇、皇室、宮内庁、神社庁等が神とは関係していない事が、知れることを恐れたから、だろうか。

目にあまる事が、行われており、国民に偽天皇、皇室、宮内庁、神社庁等が神とは関係していない事が、知れることを恐れたから、だろうか。





 

長篠の戦いで、佐久間隊が三位一体を表す 、「魔除け」になるとされている

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 3月19日(月)18時01分0秒
編集済
  長篠の戦いで、佐久間隊が三位一体を表す 、「魔除け」になるとされている
織田信長の背後にちらつく影 長篠合戰に現れた織田信長の本陣にゐる六芒星を附けた白裝束の三人は一體何者なのか?

一つの神が三つの姿となって現れたもの

三相女神(さんそうめがみ)は、太古の昔から世界を創造した地母神の三相と呼ばれている概念。
白馬三郎 浙江省白馬


織田信長の背後にちらつく影 長篠合戰
天正3年5月21日(1575年6月29日)、、

火縄銃三段構えの戦略で、、織田・徳川連合軍が圧勝したことで 火縄銃三段構えの市川指導佐久間隊

有名な長篠の戦いの時のことを描いた屏風絵

武田騎馬隊を食い止め勝利したということで、大量の鉄砲と、鉄砲の三段撃ちが勝因とされてきた。
鉄砲の三段撃ちが六芒星を附けた白裝束にある。

六芒星とシュメール人
六芒星と児島高徳紋
晩年は出家し、志純義晴と号したという。正式な法名は志純義晴大徳位。
備前の人。備後三郎と称する。
南北朝時代に南朝方で活躍した備前の武士児島高徳であるという。その子孫が備前はもとより三河へも移住したことで、輪宝紋は佐久間氏と三宅氏の 代表的家紋して広まった。
佐久間は西広瀬城 三宅氏は東広瀬城





 

オガム文字と、ヨーロッパのオガム文字と福岡県朝倉郡夜須の灰色硬質土器に線刻が、三者揃っている事を、児島宮歴史研究室が発表

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 3月 7日(水)17時46分54秒
編集済
  浙江省のケルト人(越人)のオガム文字と、ヨーロッパのオガム文字と福岡県朝倉郡夜須の灰色硬質土器に線刻が、三例揃っている事を、児島宮歴史研究室が発表した。
ここに福岡県朝倉郡夜須の弥生期に華夏人が、移動して、きたことが、確認できました。
この福岡県朝倉郡夜須に、中国の髄国の使者、が来て確認している。

古代の華夏人が紀元前六世紀後半に、ヨーロッパに、進出していた事が明らかになりました。
ヨーロッパでは神話や音楽や鉄器鋳造を、指導した足跡が今に、それを伝えている。
ヨーロッパでケルト人の遺跡が、発掘されていたが、今ようやく、謎だった、三例揃っている事を、児島宮歴史研究室が発表した。
夜須は神武東征の地であり、紀元五十年前、に大阪陶邑や奈良田原に、たどり就いた事も、二千年ぶりに、解明が、出来た。 これは著作権となり、リンクは許可の上、していただきたい。
日本考古学協会や歴博も、児島宮歴史研究室の報告に、協力の求めに、賛同しなかった事は、残念であった。だが、大阪陶邑の文化財課の灰色硬質土器資料の提供が、解明に参考と、なった感謝事を、述べておく。

越では銅の生成技術に優れており、1965年に銅剣が湖北省江陵県望山1号墓より出土したが、その銅剣は表面に硫化銅の皮膜が覆っておりさびていない状態で出土し現在も保管されている。稲作は越人によるものである。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%8A

写真① オガム文字

写真② オガム文字


写真③ 越王勾践時期文字


 

越は、禹うが建てた夏かの子孫で、夏帝 少康しょうこうの庶子 無余むよが会稽に封じられ、紀元とす

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 2月 8日(木)20時44分9秒
編集済
  越は、禹うが建てた夏かの子孫で、夏帝 少康しょうこうの庶子 無余むよが会稽に封じられ、建国したのがはじまりという。

春秋戦国時代といえば、前七七〇年の周朝東遷にはじまり、秦の始皇帝によって中原が統一される前二二一年までの五百五十年間をいう。

大方の識者は、越王勾践をもって春秋最期の覇者とみる。

「覇者は、中原列国同盟や諸侯会盟の盟主である」ケルト開始

①ヨーロッパケルト開始


②オガム石碑

③雲気紋軒丸瓦☆西安出土

ケルト神話に常若の国という楽園の国があり、不老不死の国がある、これと常世の国と同じ意味。

ケルトイ
「ケルトイ」は「ケルト語を話す人々」という意味。

三女神があり、カラスにも変身したり、美しい美女にもなったり、魔法をかけたり、しています。クウフウリンとモリガン、の話、【ケルト神話】モリガン・バズヴ・ヴァハ、ケルトの残虐な3女神
https://www.youtube.com/watch?v=0WEyTgu8kS0
三柱神 『さんちゅうしん』では?

西ヨーロッパの歴史世界を構成する民族の一つ。ギリシア語でケルトイKeltoi,
大陸ケルト語は前6~前5世紀のころから知られているが,5世紀にはラテン語に吸収された。…
神々と英雄、妖精、魔法使い。神秘的かつ幻想的なイメージで語られることが多い「ケルト神話」は、古代ヨーロッパに広く居住していたケルト人の神話です。

ケルト人とは一体どこに居住していたか
ケルト人は、古代ヨーロッパの中部と西部、そして地中海の一部地方などに住んでいた人々の総称である。

「ケルト人」という名称は、前5世紀のギリシア人が、アルプス以北に住むバルバロイ=「異言語・異文化集団」を総称して「ケルトイ」と呼んだ言葉に由来する。
「ケルト人」という語が初めて文献に現れるのは、ギリシアのヘカタイオス(前548~475年頃)による地図で、そこでは、アルプスの向こう側、現在のスイスあたりにCeltae の文字が読み取れる。スイス博物館に異物が展示されている。

三位一体を表す『ケルティック・ノット』~ヨーロッパ・ケルト民族の神

長篠の戦いで、佐久間隊が三位一体を表す 、「魔除け」になるとされている。




 

埴輪や、祭祀の土器も、出土

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月23日(火)20時33分6秒
  朝倉夜須、大木遺跡、から出土の、白馬埴輪は、日本最古。
これらは、浙江省のケルト人(越人)の河辺祭祀が見える。
ヨーロッパのケルト人は、口頭でしか、しないので、記録は残っていない。
ケルト人はヨーロッパで、生活は、紀元前五百年前~二百年で、消えているという。
 

ヨーロッパと朝倉夜須のおがむ文字

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月23日(火)20時20分30秒
  「朝倉夜須のおがむ文字」灰色硬質土器
朝倉夜須の三並区のうそう窯(鳥巣窯)で焼かれた、灰色硬質土器に刻まれていた、オガム文字は、朝倉夜須の遺跡からも、出土している。

同時に、埴輪や、祭祀の土器も、出土している。





 

神の種は、中国浙江省に開花した、安吉曾是?国?越国都

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月18日(木)16時43分14秒
  種と種で回転する天王天皇の世界で受継がれるのが正統な天皇 : 日本人

神の種は、中国浙江省に開花した、安吉曾是?国?越国都城与中心   http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs

安吉 http://www.bunbo.com.cn/news/geography/2016/03bunbo15264.html
古都Anjiは、ShangおよびZhouの王朝およびJinおよびJinの王朝の間の浙江省の人類文明にとって重要な地域であり、長江下流のTaihu湖流域の経済的および文化的中心地でもあった。 安吉古都は、東西文化の回廊と朱と越の特別な場所に位置するだけでなく、秦と漢王朝の下層の重要な経済文化として、中国南部の春と秋と秦と漢代の非常に重要な都市です。

越(えつ、紀元前600年頃 - 紀元前334年)は、春秋時代に中国浙江省の辺りにあった国。首都は会稽(現在の浙江省紹興市)。後に漢民族形成の中核となった黄河流域の都市国家群の周辺民族とは別の、長江流域の百越に属する民族を主体に建設されたと言われる。
この民族はケルト人、といい、世かの王はこのケルト人による。稲作や銅の生成で栄えた。 『史記』をはじめとする諸書では、夏の少康の庶子を越に封じたことを越の君主の起源とする伝説を述べている。
《越国?奇》3 越王允常-
https://www.jianshu.com/p/a7d7a4145ff1
浙江省紹興地区に位置する会の稽山は祖先の大きい禹のために陵を守ります。
火炎除草の水は除草します”、“断髪して入れ墨をします”。 火炎除草の水除草具は明らかにその耕作方式を形容して、あのときはまだ先進的生産用具および生産された理念がなくて、耕作した方法は同じに先に放火して一面の荒地を開くことを煮て、その後種蒔きして、その後空き地を取るための雑草は再び水先案内して田に入ります。早期のものは国を越えてずっとこのような原始農耕方式上千年を維持して、その生産力は1の斑が見えます。断髪は入れ墨をして人々の生活状態で、断髪はすぐ髪の毛を短く切って、行商することは開始することに向けて、中原の人々はすぐもう長い髪の毛を残し上がって、再び髪の毛に各種が修飾して、象徴によって文明です。国民を越えてにもかかわらず始終生産されるため便利に短く髪の毛を切って、これは中原の人の目の中に明らかにきわめて荒が野蛮であることです。益々荒野蛮なものは、彼らはまだ体上とげ上に刺青していて、これはおそらく原始人民の1の種類が信仰した方式に似ることである。



 

安吉曾是?国?越国都城与中心

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月12日(金)18時04分30秒
  「台北紹介井戸の口径約 1 メートル、考古学的発掘ですが陶器リング、よくリング口径が 66-69 センチメートルも見つかりました.」 「私たちは漢王朝の井戸であることを判断します。

発掘した土器によると戦国時代の灰ピット時代「灰ピット」をです。 「全体の考古学的な区域は土利用や地下ピット、古代人を使用している可能性があります大きな灰ピットの数十を掘っており」。

http://www.antiquekeeper.ca/?p=31364

 

ルーンやオガム碑

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月 8日(月)18時53分14秒
編集済
  (石碑は、上下左右に回転させることが出来る模様。③

児島宮にはオガム文字があります、越人の神、標
大君は神にしませば水鳥のすだく水沼を都と成しつ



ルーン文字
ルーン文字(ルーンもじ)は、ゲルマン人がゲルマン諸語の表記に用いた古い文字体系であり、音素文字の一種である。成立時期は不明であるが、確認されている最初期のルーン銘文は2世紀あるいは3世紀頃のものである[1]https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B3%E6%96%87%E5%AD%97 ②

オガム文字」. shutterstock_457704331-1. その文字とは古代ケルト人が使っていたといわれる「オガム文字」。 古代ケルト人は、樹木を非常に大切にしており、司祭であるドルイドは、「樫の木の賢者」という意味を持っています。

「ゲルマン」(german)は、その名の通り、ジャーマン=ドイツのことをさしています。

ゲルマン人は、これもおおざっぱにいうと、ドイツ人の祖先ということになります。

大君は神にしませば水鳥のすだく水沼を都と成しつ
身狹村主青等、呉の献れる二つの鵝(が)を将(も)て、筑紫に至る。
大君は神にしませば水鳥のすだく水沼を皇都となしつ(作者不詳)

太氏古事記にも、水沼に、羽根を休めて居た鷹とあり、夜須松延の事なり。

 

オガム文字とは、紀元前六百年前のケルト人

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月 8日(月)18時15分12秒
編集済
  紀元前六百年前のケルト
ケルト人独自のオガム文字
神官であったドルイドたちは、教えを文字にすることは正しくないと考えた。そのため全てが口承で伝えられ、全てを暗記するために二十年かかった者もいた、と言われている。それ以外の記録のためには、ギリシア文字を借用していた。

碑文などの言記表記をする際に後にギリシア語やラテン語を参考にして、ケルト人独自のオガム文字が生まれた。これは4世紀から7世紀頃まで碑文等に表記をする際に使用された。
当初の宗教は自然崇拝の多神教であり、ドルイドと呼ばれる神官がそれを司っていた。 初期のドルイドは、祭祀のみでなく、政治や司法などにも関わっていた。 ドルイドの予言の儀式では人身供犠が行われていることを、多くの古典古代の著述家たちが記述している[1]。ドルイドの教義では現世と来世は連続的であるとされ、ケルト人は輪廻転生と霊魂の不滅を信じていた[2]。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%88%E4%BA%BA
ケルト人の分布の変化。

  紀元前6世紀頃の、ハルシュタット文明として栄えたケルト人のいた地域

  紀元前3世紀頃、ケルト人の最大分布

紀元前六百年前のケルトhttps://www.google.co.jp/search?q=%E7%B4%80%E5%85%83%E5%89%8D%E5%85%AD%E7%99%BE%E5%B9%B4%E5%89%8D%E3%81%AE%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%88&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwjGsLOL_sfYAhVGv5QKHYfxA4QQsAQILQ&biw=1460&bih=916

ケルト人〟というのは紀元前600年の往古にヨーロッパ中央部分すなわちフランス北東部のシャンパーニュ、ドイツ北部のザール、ライン川の支流モーゼル、中部ライン地方
紀元前から現代まで続く「ボードゲーム
紀元前3100年:ボードゲームは王族の娯楽へ紀元前5000年から発展を続けたボードゲームは、紀元前3100年以降の古代エジプト時代にファラオの間で人気の娯楽になった。

スコットランド国立博物館。
先史時代から現代までのスコットランドの歴史物や、世界
から集めた貴重な物々を展示しており、もちろんわたしの
お目当ては、垂涎もののピクティッシュ・ストーンや、
ストーン・ボール、ルーンやオガム碑。https://ameblo.jp/ceridwen/entry-12065499852.html

ケルトのシンボル『ケルト十字』


 

おがむ文字が口頭で、しか、解らない?ケルトは、どうして、越国なのか

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年12月 9日(土)12時29分58秒
編集済
  王国の始まりで、イギリス、イタリアは、世界に名を今に、伝えている。
ここで王とは何か、?
まだ、世界に知られていない、王とは?何なのか? ここからは、王について、学ぶ必要が、おがむ、文字と王国は、ほとんど、知られては、いない?
王とは、ケルト「古代中国の春秋時代に、ペルシャを経由してイギリスに、国ケルト人と、呼ばれた、民族誕生した、ここには「おがむ、文字」が越王勾践、のおがむ文字、が起こりとなった。みなこれらは、神話の神の事で、今の天皇の意味とは、意味が、違います。

ケルトは、どうして、越国なのか、で、越国の祖は天神七代の「無予」であり、後に殷により滅ぼされたので、ここでは夏王朝の七代と、しておこう。この夏王朝の七代の無予、の時、天神つまり神の事である。この無予、の末裔が越王勾践であったので、判りやすい。
ペルシャを経由していた事は、河姆渡遺跡で、出土した王の杖が、ペルシャを経由していた事が解る。

「おがむ文字」http://siryositu.web.fc2.com/ogamumoji.html

三雲・井原遺跡から出土した弥生時代の硯の破片1

河姆渡遺跡のペルシャ石杖 2

福岡県朝倉郡筑前町三並のうそう窯の椀のおがむ文字3

神話と越人、ケルト人に、伝わっていた。
その神話の内容は、同じ形式になっている。

佐久間不干斎ならでは?イソップ物語作者 天草にて。
 

弥生の遺跡犬竹遺跡祭祀

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年11月23日(木)10時35分46秒
編集済
  上高場女万所在13-516
出土品 合子

福岡県筑前町上高場大字犬竹の発掘調査報告書

小郡市の歴史は古く、縄文期以降の三沢遺跡、花立山古墳など数多くの遺跡、古墳などが散在. し、日本書記には、実館として「筑紫小郡」の名が記されています。

弥生の遺跡犬竹遺跡は、大宰府の歴史資料館が調査した。
この遺跡の特徴は、石棺に葬られている。
ミニチュア土器の時代観は、おがむ祭祀(ヨーロッパのケルト人、越王勾践の時期始まる)夜須では、おがむ文字、が出土し、(越人)ケルト人立証される。

画像の2、3は、、(越人)ケルトのおがむ文字、確認。

おがむとは、天神崇拝した、紀元前六百年前から、紀元前二百年前の、越が越王衰退していた時に相似、これより漢の劉邦を助けた、福建省?山の地鉄駅平山に、三年前に、出土した治城の、「ビン越王無渚」の時期。
に、ヨーロッパの、(越人)ケルトのおがむ、は衰退した。
世界観「宇宙観」がヨーロッパの、(越人)ケルトのおがむ、が広まった事が、、、(越人)ケルトのおがむ文字、確認。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AC%E3%83%A0%E6%96%87%E5%AD%97

児島宮に口頭で、伝わった、神話が、日本の伝記が、掲示版の、記事と一致している。
解明、解読は、何故出来たのか?が判る。その答えは『記紀』と同じ、児島宮に口頭で、伝わった。

口頭で語り継がれている神話を 文章化したのが古事記 口頭で語り継がれ、(越人)ケルト人立証される。
古事記が口頭伝承を文字にしたもの。
稗田阿礼が28歳 ... 太安万侶が序を付ける事を提案。

稗田 阿礼 (ひえだ の あれ)
『古事記』の序文によれば、天武天皇に舎人として仕えており、28歳のとき、記憶力の良さを見込まれて『帝紀』』『旧辞』の誤り伝えられることを憂えた天武天皇は,舎人の阿礼にこれらを「誦習」させた。そのとき阿礼は 28歳,きわめて聡明であった。のち元明天皇の命により,阿礼の誦習するところの『帝紀』『旧辞』を太安麻呂 (おおのやすまろ) が撰録して成ったのが『古事記』だとある。

古事記の編者。奈良時代の文官で、父は壬申の乱で功績のあった多品治(おおのほんち)とされる。1979年1月、奈良市此瀬町の茶畑で墓が見つかり、埋葬されていた墓誌から平城京左京四条四坊に住み、官位は従四位下勲五等、命日は7月6日とわかった。

奈良時代の官人。名は安麻呂とも書く。『古事記』の編纂者。『続日本紀』は養老7(723)年7月7日条に死去を記すが,昭和54(1979)年に奈良市田原町で出土した墓誌には「左京四条四坊従四位下勲五等太朝臣安万侶,癸亥の年七月六日を以て卒す。養老七年十二月十五日乙巳」とある。没日が1日ずれるのは暦の相違によるらしい。12月15日は埋葬月日。父は壬申の乱(672)に功績のあった多品治。『新撰姓氏録』などによれば,太(多)氏の祖は神武天皇の皇子神八井耳命という。

《古事記》編纂に関与した稗田阿礼(ひえだのあれ)はアメノウズメの裔とある。阿礼の素姓を考えるのに参考になる。

ここに天皇詔りたまわく、「朕聞く、諸家のもてる帝紀および本辭、既に正實に違ひ、多く虚僞を加ふと、今の時にあたり、その失を改めずは、いまだ幾年を経ずして、その旨、滅びなむとす。これすなわち邦家の經緯、王化の鴻基なり。故、これ帝紀を撰録し、旧辞を討覈して、偽りを削り、実を定實めて、後の葉に流へむと欲ふ」とのりたまひき。時に舍人、有り。姓は稗田、名は阿禮。年はこれ廿八。人と爲り聰明にして、。目に度れば、口に誦み、耳に拂るれば心に勒す。即ち阿禮に勅語して、帝皇の日繼及び、先代の旧辞を誦に習はしめたまひき。然れども運移り世異りて。未だその事を行ひたまはざりき。

秦氏は、多氏で、
多氏の発生は日本古代におそらく弥生時代に遡る。
弥生時代といえば、夜須の名が発生地で、越人は、この地を、会稽の安邑にちなみ、夜須と名付けた。
安万侶は、“田原本”界隈は、 古代の有力氏族・多氏や鏡作氏の拠点であった。
神武天皇につき従ったのは、出雲と岡山に、足跡を残し、、“田原本”界隈に定着した。

日本古代に活躍した氏族。多は太,大,意富,飫富,於保などとも記す。《古事記》《日本書紀》によれば,神武天皇皇子神八井耳命(かむやいみみのみこと)を祖とする。

『新撰姓氏録』によれば秦の始皇帝の末裔で、応神14年(283年)百済から日本に帰化した弓月君(融通王)が祖とされるが、その氏族伝承は9世紀後半に盛んになったもの。


新羅系渡来氏族。聖徳太子に仕えた秦河勝は新羅仏教系統を信奉していた。

 

レンタル掲示板
/13