teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


哲学とは何か、人間が迷う、迷っている、哲学の骨子

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年10月15日(木)16時29分6秒
  、「哲学とは何か」
世界の謎

哲学の骨子を支えるもの
現代の世の中は、全て間違ってている。
つまり自然主義?ではなくなっています?

児島宮教学部は常に基本中の基本にして、パソコンで、検索しています?

政治も、学問も、憲法も、十年前~、ネットで、発表しています。

人間が迷う、迷っているとは、昔は、うだつが上がらないと、いっています。

それでは、哲学、で
、自然主義゛で参りましょう、
古事記や書記で、おなじみの、哲学。

つまりり骨子です。

骨子とは、人間に骨のない、魔物、
おばけ、の現わし方、は、骨や何もないですね? これを、骨子が無い。

越王勾践は、越の踊りに、見えています。
これは自然主義、では、ありません、今の世の中と、同じなのです?

季節や、周期を説明していました。

http://www.phenomenology-japan.com/suginokou.htm


 
 

十月九日のテレビ報道ニュースで、行橋の弥生遺跡から、紀元前に百年前の硯が出土したと発表された

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年10月10日(土)20時15分38秒
  十月九日のテレビ報道ニュースで、北九州行橋の弥生遺跡から、慶応義塾大学の柳田康雄氏は、十月九日のテレビ報道ニュースで、北九州行橋の弥生遺跡から、紀元前二百年前の硯が 出土したとと発表された。
朝倉郡筑前町は、三例の、古代硯が、出土しており、邪馬台国の地である事が、立証された、のは確実な、根拠になったという事。
全国に、耶麻大国が、立証され他のは、喜ばしい事になる。

これで、世界中に、知れを渡る事ににも、なる。

紀元前二百年前とは?

漢の、劉邦が、越の無渚に、助けられ、帝王と、なる、以降に、城が、建設され、硯が、鏡と、同時に、ヨーロッパから、製造が、はじまった、時である。

考古学会が、進歩していなかった、という、結果である。
も、驚く
邪馬台国を、公家行列を、ヒントで、教えて、いたのが、一致したとき、は、研究者も、驚く事になるだろう。ヒントの答えは、一致が、歴史の、読み解きであります。

https://mainichi.jp/articles/20190219/k00/00m/040/244000c

ここで、邪馬台国の始まりは、夜須の、名前が、ヒントを、一致する?

武者行列とは、全てが、一致しないと、いう、訳。?

 

時代が、 ... 神社の方々へ、児島宮に玉垣で、つながりを、結束します

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 9月24日(木)17時50分25秒
編集済
  天神の姿が見えた、児島宮の前方に、お目見えした玉垣に、日本とは何か、神つまり、天神、天皇の姿を、国民に、世界のケル?、の神は、https://kouhoka.exblog.jp/i1/

神の形を、表す時が、やってきました。
時代が、 ... 神社の方々へ、児島宮に玉垣で、つながりを、結束します、申しで、次第です。

心は、神が最初に、与えられた、もので、運命であり、宿命となる。 こころの歪みを、直すのは、この世からは、天神しか、いない、 神社、寺、に参拝で、歪みを治す、本宮です。

相撲を取った場所がこれといって書いてない以上は、宮の近くで催されたと考える垂仁天皇(十)初めての相撲. 名前から考える 玉垣宮という 。

世界の神の姿をケル人は、知らせていた、玉垣です、。

奈良の神武天皇の宮の屋根に、神の姿を、現して、いられたのです。

この紋章は、岡山、吉備津の神官、賀陽氏によって、当時から使われて、いた事が 児島宮教学部によって公開されています。

令和という前に、神を間違えて、騒がれているのは、神、つまり、天神、真天皇に、対しても、侮辱の他、ならないでしょうか?
コロナはどうして、拡がったのか? 拡散しているのは、人間が、神、天神を、置き去りに、して、いるのでは、ないでしょうが。
 

民営化前、夜須町、今筑前町は、古代豊富な歴史の夜須であったが、全てを消すのが、政府の狙いだったのか?

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 9月22日(火)17時06分16秒
編集済
  民営化前、夜須町、今筑前町は、古代豊富な歴史の夜須であったが、全てを消すのが、政府の狙いだったのか?

政治の行き過ぎが、日本迄、消そうとしている。日本迄、消そうとしている。
行きが過ぎが、日本迄、消そうとしている。
民営化の間違いが、人民まで、いや国民まで、全てを、消している。
日本は、他国民の住んでいる、国では、なかったのが、他国も、民族の往来はあっても、国が消えれば、日本の意味がない、流浪民にするのが、政府の狙いだった、
それは大変危険な、国民にとり、政府など、危険な、国会と、なっている。

韓国北朝鮮が、日本人を、政府に、参加させるという、事は、世界広しと、いえども、国の大切さは、今の日本のようには、なっていない。

納税は、これら、他国人の、生活に、準備、していたのか?
政府は、他国人の、受入れを、用意する機関であったかの、よう。
コロナ騒動で、日本人の生活が、閉じられようと、している時、のんびり、していては、国の存亡が、憲法政府に、日本人が、危機に、落としこまれ、ている。






 

文化財課は整理不足で、消えては、何もかも、意味がなくなる、のは目に見て居る、

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 9月20日(日)10時57分7秒
編集済
  前、夜須町、遺跡は、役所の気力無しで、消え去ろうとしています。

文化財課は整理不足で、消えては、何もかも、意味がなくなる、のは目に見て居る、
遺跡か消えては、学問は、無意味になるでしょう。

児島宮が、長年調査を、皆さんに報告していましたが、考古学会の、指導により、人々は、ありもしない歴史に、翻弄され、児島宮が、長年調査を、皆さんに報告がどれだけ、信用されてきたかは、見えています。
ハビアン、不干斎も、児島宮の解明だけで、多くの方々に、実在を、利用されて、児島宮知らずして、掲載は出来ないが、掲載したいる方がたは、児島宮のページ
に、見られている事が見えてきます。

特にケルトは、、児島宮の報告なくしては、有り得ない事になります。

日本の歴史も、邪馬台国不明の今のありさまは、日本の歴史も解明されていない、事になります。

、、
 

夜須の遺跡は紀元前百十一年、浙江省案吉、から漢の武帝により移動してきたのに、始る

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 8月 2日(日)16時05分14秒
編集済
  夜須の遺跡は紀元前百十一年、浙江省案吉、から漢の武帝により移動してきたのに、始る
浙江省には、河姆渡遺跡が、発見されていた、ここが、越人の、三千ねんの歴史が、ある事が、立証される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%A7%86%E6%B8%A1%E6%96%87%E5%8C%96

姚市の河姆渡鎮の河姆渡遺跡から発見されたことから、河姆渡文化とよばれる。
児島宮歴史研究室く、児島宮歴史研究室だけしか、立証は困難である。

児島宮歴史研究室失なくしては、解説は、困難のまま、今に、至る。

それは、筑前町の歴史資料館を、見ないと、比べる事は、困難である。

次に、児島宮とセットで、無いと、解読は、不可能である。


 

みんなが終ろうとしている、神に逆らっているのが、解りませんか

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 7月27日(月)09時03分3秒
編集済
  のあとを継ぐものがあれば、たとえ百代さきでも分かる
夏礼のあとを継ぐものがあれば、たとい百代さきでも分かる

今の日本はすべて、神を建ててはおりません、神を上にたてるというを事がしていません。これによって、大きな損失がでています。
損失とは、家庭の崩壊、家族の崩壊、少子化高齢化、等々、みのまわりには、神の恩恵という、ものが、あって、人生が豊になっていなければ、ならないのが、誰も気が付きません。
コロナウイルスで、世界が、あっかしているのも、誰も気が付いていません、
これがなにを意味するか?

大切なものは世の中を子う製していたのは、国会ではない、
神が構成している、これはメソポタミアの情事詞の中に、書かれています。
みんなが終ろうとしている、神に逆らっているのが、解りませんか。
 

織田信長、先祖親真の父、龍造寺季時が、が参戦したことが「龍造寺家文書」にみえている

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 6月12日(金)07時42分45秒
編集済
  筑前筑後武藤資時は壱岐に向かった元軍を船で追い、壱岐の大瀬戸・小瀬戸・三年浦・幾島・松島等で戦ったが、このとき、龍造寺季時が参戦したことが「龍造寺家文書」にみえている。http://www2.harimaya.com/ryu/ryu_si01.html

織田信長の先祖が、平親真、と、名乗って、いる。
愛知の織田から、発祥した、織田氏は
7世紀後半の木簡では尾張国と尾治国の二つの表記が見られる[1]。平安時代に作られた『先代旧事本紀』天孫本紀の尾張氏の系譜にも「尾治」とある。大宝4年(704年)に国印が鋳造されたときに尾張と定められたと推定される。

尾張氏が本拠を置き、ヤマト王権の天皇家と婚姻関係で結びつき支配を確立した。景行天皇の時代には、三種の神器の一つ草薙剣(天叢雲剣)を祀る熱田神宮を創建した。

平安末期になると熱田大宮司であった藤原季範は源氏に接近し、娘の由良御前が源義朝に嫁いで源頼朝を産んでいる。また、季範の養女(孫娘)は足利義康(足利氏初代)に嫁いでおり、足利氏にも血脈を伝えている(足利氏8代目が室町幕府を開く足利尊氏である)。 治承5年(1181年)、「治承・寿永の乱」における「墨俣川の戦い」が尾張国と美濃国の国境にある墨俣川(現在の長良川)で行われた。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E5%BC%B5%E5%9B%BD

延喜式』民部式によると尾張は、海部郡・中嶋郡・葉栗郡・丹羽郡・春部郡(かすがべぐん)・山田郡・・知多郡の八郡であった。
斯波氏の守護代織田氏が実力を持つも、応仁の乱の発生で織田家は二つに分裂。東軍についた「大和守家(清洲織田氏)」と西軍についた「伊勢守家(岩倉織田氏)」が戦後の尾張支配を巡って抗争状態となる。斯波氏は両者を巧みに操縦していたがやがて実力を失う。また駿府の今川氏親が東尾張に侵攻した名残りで那古野城は今川家の保有となる。「大和守家」の家老一族が「弾正忠家」として枝分かれし織田信秀の代で躍進。信秀は那古野城を今川氏豊から奪い取るなど功績を挙げる。信秀の死後、家督相続を巡って大和守家から干渉があったものの、織田信長が家督を継ぐ。信長は斯波氏を後援し、大和守家と伊勢守家を排除。更に斯波氏が信長追放を企てると斯波氏も追放。伊勢長島を占拠していた一向宗を滅ぼして尾張統一を成し遂げた。また1560年(永禄3年)6月12日、信長討伐を目的として尾張に侵攻した今川義元を桶狭間の戦いにて破る。これ以後、尾張国はその全域を織田弾正忠家が二代に渡って支配する。

1582年(天正10年)、本能寺の変が発生し信長・信忠親子は揃って敗死。山崎の戦いで明智光秀を倒した羽柴秀吉と、織田家重臣の柴田勝家が世に言う清洲会議で対立。信長の後継者として信長の三男・神戸信孝を推す勝家と信忠の嫡子三法師を推す秀吉の対決は最終的に「織田家新当主に三法師、後見役に信孝」という形で落着した。しかし、まもなく清洲会議の決定を反故にした秀吉らは信長の次男・北畠信雄を主君として擁立。これに異を唱えた信孝と柴田勝家を賤ヶ岳の戦いで滅ぼした。

ところが安土に入城して信長の実質的後継者を宣言しようとした信雄は秀吉に退去させられたことで関係が悪化。隣国、三河国の徳川家康と同盟を結び、1584年(天正12年)、小牧・長久手の戦いを引き起こす。権力掌握のため多方面に軍を展開する秀吉はこの戦いに苦戦。池田恒興、森長可が戦死する事態に陥るが様々な計略で信雄を追い詰め単独講和に成功、大義名分を喪った家康も撤兵する。

豊臣政権下の尾張国は当初、織田信雄に統治された。信雄は長島城を本拠としていたが1586年1月18日(天正13年)の天正地震により長島城が倒壊したことで清洲城を大規模改修して本拠とする。その後、信雄は後北条氏滅亡後の関東への転封を拒んだため、1590年(天正18年)秀吉の逆鱗に触れて改易された。信雄改易により、尾張国は福島正則(24万石)ら豊臣家の武将により分割支配された。

越前町織田(おた)地区は、織田信長公をはじめとする「織田一族」発祥の地として有名であり、「織田」という名字は当町の地名に由来すると考えられる。

佐々木李綱竜造寺左衛門ー李家ー李益ー李時蒙古戦死ー熱田織田に、もらわれる。

https://www.tsurugi-jinja.jp/yuisho/%E3%81%94%E7%94%B1%E7%B7%92/

『越前の国剣神社の神官』、
越前織田荘の荘官として、また越前国二の宮劔神社の神官として大神に仕えてきた由緒ある家柄でした。 応永年間(1394~1427)、神官の子に常昌という立派な人物がいましたが、時の越前の守護斯波応永年間(1394~1427)、神官の子に常昌という立派な人物がいましたが、時の越前の守護斯波氏にその才能を見出され、家臣として取り立てられて、尾張の国に派遣されました。苗字は故郷の地名をとって織田を名乗るようになりました。

福井県丹生郡越前町織田153-1-8   越前町 「織田文化歴史館」

https://www.town.echizen.fukui.jp/otabunreki/index.html

織田氏は尾張で次第に勢力を伸ばし、守護代を勤めるまでになりました。信長公の時には尾張一円を掌握し、更に日本全国に雄飛するまでになりました。
信長公は戦国の乱世にあっても、劔神社を氏神として深く尊崇し、武運を祈ると共に、多くの神領を寄進し社殿を造立するなど、劔神社の保護と治安に尽くしています。

https://6245.teacup.com/kojimakousi/bbs/157

。草野氏の系図をみると、元冦のときに活躍した経永のところに松浦草野四郎とあって、肥前国唐津庄を領していると記されている。おそらく、元冦の勲功によって唐津庄を賜ったのであろう。
 草野氏は筑後草野氏を本家(惣領)として、旧縁の地でもある肥前に松浦草野氏が成立したのであろう。一本「菊池系図」によれば、草野氏は「子孫蔓衍し、嫡家は筑後に在り、庶家は松浦に拠る。井上氏、赤司氏、上妻氏は、草野氏の支族也」とみえている。

http://www2.harimaya.com/sengoku/html/kusano_h.html


神知らずに、神社を、正当化している、都道府県市町村は、デタラメに、なっている。

全国の神社は、ほとんどが、神とは、関係が、なかった、これは、誹謗である。
デタラメな、情報が、役所の県庁の広報課の、中から、流されていては、ただ、神を、誹謗である。
誹謗とは、あらぬぬ事、捏造して、世の中を、攪乱している。
公共市町村役場が、これでは、無意味となっている。
見損なった、小川氏、は、絶縁


肥前高木季綱の次男季家が文治二年、肥前国小津郡東郷内龍造寺の地頭職に補任され 、龍造寺の地名を名乗るようになった。
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/ryuzo_k.html

佐々木李綱竜造寺左衛門ー李家ー李益ー李時蒙古戦死ー熱田織田に、もらわれる。
 

佐久間孫五郎の父は児島満盛と母伊達政宗の妹佐久間孫五郎 母(近衛中将助安)

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 6月 5日(金)14時46分6秒
編集済
  初代伊達政宗の、妹は、藤原、佐原(葦名」満盛の、妻となり、佐久間孫五郎(近衛中将助安)を、生む。

蘆名詮盛公※兄弟 弟/満盛、妹(山形城主/最上満直の正室) ※正室 畠山氏※継室 伊達宗遠の娘(無量院殿壽庵植福大禅定尼)

満盛、妹(山形城主/最上満直の正室) ※正室 畠山氏※継室 伊達宗遠の娘(無量院殿壽庵植福大禅定尼)

蘆名詮盛公 従兄弟/満盛、妹(山形城主/最上満直の正室) ※正室 畠山氏※継室 伊達宗遠の娘(無量院殿壽庵植福大禅定尼)

会津に、藤原北家、三浦義連の後胤、芦名氏に、児島満盛が伊達政宗猶子佐久間と、みえたり. 佐久間盛通ー猶子(西、児島)信晴ー信盛系ー甚九郎信栄ー正成(児島宮祖)弟、助九郎長興. 佐久間盛通ー佐久間盛重系 ...

伊予の隅々:伊予市前近衛中将助安について
この人物の情報をご存知の方は
近衛中将とは何か?
藤原助安は左近衛中将です。  http://ja.wikipedia.org/wiki/近衛中将

伊予 鹿嶋城   所在地: 愛媛県伊予市中村台山
http://www.asahi-net.or.jp/~qb2t-nkns/iyokasima.htm


「法寿院殿保養元盛大居士尊儀」
「當鹿島山之城主前周頭・左近衛中将藤原盛保墓」https://angelcymeeke.web.fc2.com/iyo_yamasaki/a_2.html

原氏家系 -二條家 東寺長者道乗の子孫 高徳? 高光ー正綱ー正光ー満盛ー 佐久間孫五郎助安ー信晴ー信盛ー不干斎http://www.hanagatamikan.com/hollyhock/noble/fujiwara/nijo.html


(伊予市誌2005年版 第5章 民話と伝説 より以下抜粋)
 森山城は天神ヶ森城ともいい、大平の曽根の裏山にあって、森山伊賀守代々の居城であった。
 伊賀守は伊予の豪族河野氏の家臣であった。今から六百二十年ほど前は、南朝と北朝との争いが、ここ伊予の国でも激しかった。このころ、南朝方であった道後の湯築城主河野通朝は、北朝方の足利尊氏の武将細川顕之に激しく攻め込まれて、ついに城は落ち、通朝も戦死してしまった。そこで、伊賀守は、河野家の復活をはかって、他の河野一族とともに兵を挙げ、北条にある高縄山城に立てこもって、大いに気勢をあげたが、これもまた、細川軍に攻め落とされ、伊賀守は討ち死にし、森山城も細川軍の手に落ちてしまった。
 ところが、ちょうどこのとき、通朝の子、通直が南朝方の征西将軍懐良親王にお目にかかるために九州に行っていたので、この知らせを受けると、急ぎ帰って、たちまち細川軍を討ち退け、ふたたび伊予の国を取り返した。そして、生き残っていた伊賀守の子を森山城に帰らせ、その子孫をいつまでも長く森山城主森山伊賀守として居城するようにさせたのである。
 今もこの森山城があった山の麓には、森山氏一族の墓と森山氏の祖先が建てた供養塔と伝えられる石造層塔(愛媛県指定文化財)がある。墓は別に下唐川にもある。
 森山城のある森山と谷をへだてて西に、向かい合っている山が鹿島山で、ここには鹿島山城があり、これと並んで、その西の山々には、山崎城・森城などがあった。
 この鹿島山城の城主は、都から来たという藤原右近掾(うこんのじょう)道有(一説では、前近衛中将助安(さきのこのえのちゅうじょうすけやす)であった。http://hiro45314.blog.fc2.com/blog-entry-48.html?sp

ここで、天神というのは、今から三年前に、前近衛中将助安の先祖の越祖、無予が、天神七代と、「記紀」文中の、日本の、神の事を、天神と、いったのに、すべての天神の名が、付けられて、付いていた。

佐久間不干齊の、宇喜多城、を助けにいった、土地を、天神町になっていた。
天神稲荷神社は、佐久間不干齊が、従一位の神社と、天神を、敬服していた事が判る。









 

児島満盛は、伊達政宗の妹が、室で、芦名氏に、猶子となり、政宗とは義兄弟にあたる

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 5月23日(土)17時21分39秒
  佐久間孫五郎の父は児島満盛と母伊達政宗の妹佐久間孫五郎とは、文安三年(1446)、佐久間孫五郎助安を民部丞に推挙するという推挙状(すいこじょう)です。 熱田社の大宮司であった千秋持季(せんしゅう もちすえ)という人物でした。

異聞 政宗記(いぶん まさむねき)
芦名満盛の正室は政宗の妹であり合戦の出来次第では加勢も期待できる。
田村清包の娘が宗遠の妻であり政宗の母にあたる。http://cgi.bookstudio.com/novel/user/gart4869/6b2ejh/10.html

政宗は義満より二つ上で、氏満からは三つ年上であった。


(政宗)(九代)妹、 芦名満盛 ( あしな みつもり )妻
1400(応永7)24歳になった芦名満盛は、48歳の伊達政宗(会津に侵攻した政宗の九代前の祖)と鎌倉府に反逆を企てたのである。


北朝~室町時代の武将。伊達家9代当主。伊達政宗との区別のため大膳大夫(だいぜんだいぶ)政宗とも称される

長男の常陸冠者為宗は本領常陸国伊佐荘に戻り、伊佐氏を継いだが、
念西と常陸次郎為重(宗村)は戦功によって得た伊達郡にとどまり、伊達氏を称した。
朝宗の嫡子(朝村、有宗)が早世したので宗村が襲封したと書いてある。


南北朝時代の武将。兵部少輔、大膳大夫、五位下。入道円孝。
伊達氏第9代当主。伊達宗遠の嫡男。
室は善法寺通清の女(紀氏の女)。伊達氏中興ノ主とされている。
政宗室の善法寺通清女は足利義満の生母の妹。

南北朝時代の武将。兵部少輔、大膳大夫、五位下。入道円孝。
伊達氏第9代当主。伊達宗遠の嫡男。
室は善法寺通清の女(紀氏の女)。伊達氏中興ノ主とされている。
政宗室の善法寺通清女は足利義満の生母の妹。
奥州探題大崎氏衰退を理由に関東公方足利満兼が二人の弟を奥州の抑えとして下らせた。
1399年、足利満兼は、足利満貞を岩瀬郡稲村に、足利満直を安積郡篠川に下向させる際に
伊達、白川両氏に所領の一部を割譲するよう命じた
これを不服とした政宗は芦名満盛、大崎詮持らと連合して鎌倉に向けて進軍した。
白河まで攻め上ったものの鎌倉方の白川満朝に阻まれ出羽に逃亡している。
1402年、政宗は一族の長倉入道とともに篠川満貞への反旗を翻し、
鎌倉府が派遣した上杉禅秀(氏憲)の軍勢と激戦を展開し上杉軍に大打撃を与えている。
この二度の合戦は伊達政宗の乱と言われている。
この背景としてあったのは、室町幕府と鎌倉府の対立であり、幕府側が政宗の後ろ盾であった。
こう言う風に書くと戦ばかりしていた人に見えるが、平素には和歌を好む文化人でもあったと伝わる。
弟の孫三郎宗行は大條氏(大枝氏との説もあり)の始祖となっている。
妹は最上右京大夫直家の室。

(政宗)(九代)妹、 芦名満盛 ( あしな みつもり )妻
1400(応永7)24歳になった芦名満盛は、48歳の伊達政宗(会津に侵攻した政宗の九代前の祖)と鎌倉府に反逆を企てたのである。


北朝~室町時代の武将。伊達家9代当主。伊達政宗との区別のため大膳大夫(だいぜんだいぶ)政宗とも称される

長男の常陸冠者為宗は本領常陸国伊佐荘に戻り、伊佐氏を継いだが、
念西と常陸次郎為重(宗村)は戦功によって得た伊達郡にとどまり、伊達氏を称した。
朝宗の嫡子(朝村、有宗)が早世したので宗村が襲封したと書いてある。

三浦義連の後胤、芦名氏に、児島満盛が伊達政宗猶子佐久間と、みえたり. 佐久間盛通ー猶子(西、児島)信晴ー信盛系ー甚九郎信栄ー正成(児島宮祖)弟、助九郎長興.

児島満盛は、伊達政宗の妹が、室で、芦名氏に、猶子となり、政宗とは義兄弟にあたる。




 

児島宮を、さておき、令和は、女真人なるぞ、何ゆえか?

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 5月 8日(金)19時53分52秒
編集済
  児島宮が、神祭祀を、全て、司って、いた、 鎌倉時代、の「東寺」長者、道乗、は、児島二代めで、門跡祖、として、仁和寺、記録.

道乗

頼仁親王息。後鳥羽院孫。大僧正。東寺一長者。 建保3(1215)年生。文永10年12月11日(ユリウス暦:1274年1月20日)入滅。
https://geocity1.com/okugesan_com/monzeki.html#last

「天皇系図 」
https://geocity1.com/okugesan_com/monzeki.html

醍醐寺は、東寺と密接な関係を持つ真言寺院であり、膨大な史料群が残されている。

「醍醐寺過去帳」の分析 - 東京大学史料編纂所

www.hi.u-tokyo.ac.jp ? personal ? shinichi ? kako


醍醐寺は、東寺と密接な関係を持つ真言寺院であり、膨大な史料群が残されている。その中には、いわゆる「過去帳」およびそれに類する ... なお、承快は天台梶井門跡であるが、仏教史上の著名人物とは言い難い。寛済と同時代の人物であるため、何らかの交際 ...

(公家の歴史) 上条院家伝 (じょうじょういんかでん). 後鳥羽院皇子


藤原氏家系 -二條家  http://www.hanagatamikan.com/hollyhock/noble/fujiwara/nijo.html

大徳寺高東院 - 児島宮 - FC2  http://kankoyasu.web.fc2.com/daitokujikoutouin.html

児島宮中興祖 後鳥羽上皇と児島高徳絵馬 佐久間孫五郎助安 文安三年八月三日」龍興寺 左近衛中将 ... 門跡元祖は、東寺長者道乗が兼任していた。 高桐院説明 ... 大徳寺高東院は東寺長者道乗の裔で、佐久間孫五郎助安はじめ、佐久間不干斎の墓が、京都から置き去りにされていて、下が上に礼を、尽くさなければ、不自然不忠となる。

京都市北区紫野大徳寺に、不干斎ハビアンはここ「高東院」隠遁、住んでいた。

『う帝』は児島宮と日本の天皇だった - FC2  http://kodaisijiten.web.fc2.com/47.html
 

余語正勝とは佐久間甚九郎正勝

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 5月 1日(金)19時29分11秒
編集済
  余語正勝とは佐久間甚九郎正勝
佐久間正勝の用語解説 - 安土桃山・江戸前期の武将。信盛の子。初名は信栄。のち正勝、通称は甚九郎、号に松泉庵・宗岩・不干斎。

佐久間信盛氏の当主。通称は出羽介、右衛門尉。子に信栄

余語 正勝; 別名: 久三郎. 人物名: 横井 時延; 別名: ... 人物名: 佐久間 信栄; 別名: 甚九郎,駿河守,不干斎,宗岩,定栄,正勝.

画像は、甚九郎信栄ハビアンと、ルイスフロイス 絵師は狩野永徳の弟、狩野宗秀
永徳の子、狩野孝信に、佐久間甚九郎の妹が、嫁していた、探幽は、不干斎の茶器越窯の棗を、人でに、渡ったので、大金で、買い戻したという


宗秀は、余語正勝が、信長の像を、描かせて、寺を、建てて、一周忌の法要を、行ったとされている。
この寺は、信長が、攻めた時、焼失したので、元々、遠戚の中条代々の城内に、長興寺は、あったという。

信長が、攻めた時、焼失した長興寺は、中条家長の、娘を、東寺長者、道乗の妻に、なっており、じょうにん
、の子である、中条家長は、児島高徳の、父、頼宴僧正の母であった、から、だろう。


成尋(読み)じょうじん
[生]寛弘7(1010)
[没]元豊4(1081)
平安時代の天台宗の僧。7歳のときに出家し,洛北岩倉の大雲寺の文慶に師事した。延久4 (1072) 年に宋に渡り,太平興国伝法院に住した。神宗の勅により降雨の法を行なったところ霊験があったので善慧大師の号を許された。便船に託して経典 527巻を日本に贈った。日本に帰ることができず,開宝寺で死去。著書に『法華経註』『観心論註』『参天台五台山記』などがある。

成尋の子中条家長、の娘が、児島、東寺長者、道乗の妻に、なった。

児島系図に、高徳ーー高光─正綱─正光ー満盛、室は、伊達政宗の妹ー近衛中将助安(佐久間孫五郎)-信晴ー信盛ー 余語正勝とは佐久間甚九郎正勝










 

日本はどうして、始まったのか、知られていなかった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 4月28日(火)11時48分7秒
  日本はどうして、始まったのか、知られていなかった、日本人の生き方は、朝廷や公家の儀式・行事・官職などに関する知識、それに詳しい人がいた

「記紀」にも、口伝とある、生き方に、詳しい人がいた、これが国を、造りあげた、千八百年も、歴史が、続いていた。明治という、多民族に、それを、判る者は、まだ見えない。明治から、日本人の、重要な、国のあり方が、一変したのである。
国が、変わりゆく、姿は、見えなかった、戦争に、明治から、三世代、に、起きている、此処に、他民族に、国というのが、どうなっている、、事は、見えず、知らない、出来なかった。政府等、多民族には、出来なかったのである。多民族の、ヨーロッパ、は、ケルト人が、いなくなって、からは、国が、戦いの時代へと、なり、国はなくなり、職業だけが、残っていた。、そこには、中途半端な神、だけが、キリストに、変り、日本では、桃山時代に、日本へ、やって来た、ザビエルも、日本の、国の日本人の生き方に、詳しい、ハビアンに、神に、ついて、語る事は、出来なかったのである。
江戸、末期に、日本は反逆者と、来航していた、クリスチャン、等に、天皇と幕府は、崩壊、し、西洋の憲法が、人間の生き方と、なり、現代では、判る事も、出来なかった。
其処に、中国武漢で、発生した、ウイルス肺炎、はコウモリから発生、人間の生き方に、反する女真人、生活の伝染病であった。イタリヤの、ユダに、発生した、ペストも、生物から、ねずみに、よる菌と、似ている。
人間の生き方、に、世界の、現代の生き方に、警鐘を、鳴らして、いるのかも、わから無い。国のあり方にも、同じのよう。
 

神と、日本がおかしい? 知らなかった、日本の神は、いずこに、痕跡が、あるのか?

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 4月 9日(木)18時38分57秒
編集済
  各地の神社、には神とは、無縁だった。
神と、日本がおかしい? 知らなかった、日本の神は、いずこに、痕跡が、あるのか?
神は、メソポタミアが、発祥地で、ウル王が神殿に、祀られて、今の、児島宮に、受け継がれている、日本では、紀元前百十一年前二、中国、今の浙江省会稽安邑(やす邑)に、移ってきたのが、禹王(うおう)という。
稲作の始まりとも、いわれている。二十年前、河姆渡遺跡が、発見されたのも、児島宮が、出版した、合致あっての、調査が、会稽の安邑であった。

日本で神が、始まったのも、まだ、考古学会でも、掴んでは、いません?
神とは、何かさえ、今の日本では、解明は、されていません。

児島宮しか、神の系統は、解明、出来ていないのです。?
児島宮の事さえ、解明出来て、いないのに、神「天神」が、古代から、祀られているのも、不思議な事なのです?ここに、気が付いていません?
では、どうして、古代から、神世の日本と、伝わっていたのか?
それは、神というのは、?天皇(テンノウ」の歴史が、実在していた、だけで、天皇の先が、天照と、いわれて、いただけ、で、天皇の起こりさえ、考古学では、解明、出来ていないのです。

今も、天神七世と、伝わっている事も、児島宮が、末裔だからこそ、立証は、できるのです。
ここに神の、本質が、まだ、考古学会ては、解明、出来ていないのです。
ここは、児島宮歴史研究室に、よるしか、神と、てんのうは、不可能なのです。

中国でさえ、児島宮歴史研究室が、発表して、いなかったら、合致、する事は、出来なかった、でしょう。
ここに、出てきた、のは、合致という、「すごろく」貝合わせ、と、深い関連が、メソボタミアには、あるのです。
神世は、八千年も、続いて、いたのです。
ここで、神について、
神とは、メソボタミア時代にも、神の実在は、知られて、いなかったのです。

中国でも、いままで、神の、存在は、知られて、いなかった、のは、いうまでも、なかったのです。
児島宮しか、取り上げて、いません、ので、何故という、方が、沢山、おられると、思い? それは、末裔、だからこそ、立証は、できたの、です。
児島宮は、天神宗家八十七世、に、あたり、ウガヤ尊を、祖としています。

「記紀」に、記されて、いても、天皇は、神に、あらせます、とは、万葉集、に、詠まれて、いる事からも、神とは、天皇と、いわれていても、実在か、立証するには、困難でした。

ここは、児島宮しか
末裔では、無い事が、浮かび上がります。
そこで、児島宮と、てんのうに、ついて、立証されている、のが、明治以降の、皇室では、? 後鳥羽上皇を、取り上げることが、ないのも、てんのう、合致には、ならないで、神武天皇の墓に、令和でんのうは、不可解にも、祖先と、しているのは、合致には、ならないのです?
明治以降の、てんのうは、女真人、と、報告があり、だが、中国では、女真人は、李氏で、古代から、帝王でも、なかった、のです。
女真人は、中国の、?帝王を、奪いとって、女真人が、王を、名乗った、のは、李氏で、神とは、無関係だったのです。

女真人は、神に、逆らった、から、神でもなく、天皇でも、ありません。
明治以降の、天皇の、位牌が、京都の大覚寺の゜紫宸殿」に据えて、あるのを、見つけ、京都府庁の文教課に、末裔の、児島宮の、祭主は、撤去を、申し入れ、たが、まだ、撤去されては、いないよいです。
ここに、児島宮は、政府までも、おかしい、怪しいと、感じて、司法、警察も、神に、サカラウ、者は、人間では、ない事から、エタと、なし、撤退まで、二枚舌の、女真人は、神に、逆らった、から、神でもなく、天皇でも、ありません。と、なっています。
















 

神社が、日本の各地にあるが、神が中には、いなかった、のが、三年前に、神の形跡が、児島宮に、ある事が、判明したが、各神社、

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 3月22日(日)15時28分44秒
編集済
  神社が、日本の各地にあるが、神が中には、いなかった、のが、三年前に、神の形跡が、児島宮に、ある事が、判明したが、各地の神社、には神とは、無縁だった。
神と、日本がおかしい? 知らなかった、日本の神は、いずこに、痕跡が、あるのか?

日本とは? 神2よって、開かれているという、事は、今、があるのは、神の力、によって、暮らされている、? そうでも、ないという、者が、いるのは、承知している。
だが、此処に来て、他の、野生動物と、の知が異、が、あるように、神を、神とも、思わない、人間は、宗教に、起点を、以ているようで、神の、有り難さには、感謝している者は、少ない。

神を、感謝しないというのは、「神と、奉公」の関係が、なくなって、いるという事である。

御恩と奉公(ごおんとほうこう)とは、中世の日本において、主に武士の主従関係を構成した要素・概念。
二つで、なりたっていた、人間の、基本は、神の力により、にんげんが、御恩に、報いなければ、ならないが、いまのような、しゅうきょうがあるから、どれを、信じても、自分の、勝手、だと、思っている。

このようになると、今の社会は、神国では、無くなって、います。
ここに、来ると、神に、感謝しない、人間は、神に、逆らう、冷血動物、に、なっている。

翌々、考えて、見て、もらいたい、貴方がたが、今あるのは、父母や、祖先が、揃っているから、神の力なしでは、貴方は、存在、していなかった。
今、冷血動物、に、なっているとも、いっても、過言ではない。


日本の伝統が、御恩と奉公(ごおんとほうこう)を、果たして、は、いない。

筑前町は、神から、土地まで、取り上げ、税金を、取っている。あたりまえが、現実は、今世界の現象である、明治革命が、今の、社会現象と、なって、いる。
ここに、あっては、神に、感謝など、していないのである。

おおなムチとは、霊魂の事で、地の神の事であり、役場は、ここに投資していて、神である、児島宮からは、税金を、取っているのです。

この地は、古代から、神の、地、天皇御領地とあるのが、役場が、土地まで、自分の役場の、ものと、思っている。
神に、恩も受けては、いないとする、公的機関は、政府にしろ、神に対しては、コピーした、天孫降臨地、を、鹿児島、や、霧島に、降臨地と、神とは、関係が、ないのに、作っている、有様。
日本の、天皇も、明治に、神に、なった、女真人、天皇、だけを、優遇し、マスコミは、女真人、と、なっては、偽天皇を、連日、放送、して、北朝鮮や、韓国の、情報、だけを、取り上げていて、いるのと、同じなのは、日本では、神を、コピー して、満足、している事になる。

夜須の地名は、筑前町、これは、コピー で、神の名さえも、消している。

このように、なっていた、筑前町は、農業は、衰退し、ているばかりで、政府も、都道府県市町村役場も、何の、神に、御恩は、ないと、思って、いるのが、神に、逆らった、現代の、姿である。
すべての、暮らしは、神に、逆らっている、現象が、人間の、週末が、近いとなるであろう。
暮らしは、神による、御恩を、忘れて、いるから、少子化、高齢社会に、陥っているのだ。
家庭は、崩壊し、女真人は、冷血、だから、増加している、有様は、神が、許さないだろう。

世界も、神を、知らないから、コピーの神で、満足、しているから、世の中は、爬虫類が、好んで、飼われていて、冷血、爬虫類が、物語っている。










 

平山と関係のない、天皇は、やはり、天王では、なかった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 2月27日(木)22時00分36秒
  安城郡の舗装通りの古代都市村に位置するこの墓地は、地元の龍山越国貴族の墓群に属し、107番の墓です。 龍山墓群は、近くのアンジーの古代都市遺跡とともに、国家の重要文化財保護ユニットに属しています
墓は、陶器、磁器、玉、石、その他の埋葬品の346個を発掘しました。 本墓の北側にある器ピットは長さ23メートル、幅1メートル以上で、プリント陶器や原焼物がきれいに並べられている。

墓の底には、箱型の木製のひつぎと1つの木製のひつぎの遺跡があり、ターコイズを主原料とするジャドの王冠や衣装が大量に発掘されています。 春秋戦国時代の越墓のの典型的な特徴を持っています, 春と秋後期に属しています.

安吉県文化遺物局は大きな発見をしました。春と秋の時代と戦国時代の古代のsiteの場所がディプ通りの古城村で見つかりました。
龍山の春と秋と戦国時代の墓です。古城遺跡が古城村で発見された
当時の安吉の社会的、経済的、文化的発展のレベルを証明することができます。

同時に、Cheng Yongjunは、龍山の春と秋と戦国時代の古代の墓に属する
安吉県ディプ通りの古城村に位置し、地元の龍山ユエの高貴な墓グループに属し、107番の墓であり、本土の重要な国家文化遺物保護
主墓の北側にある食器用の穴は、長さ23メートル、幅1メートル以上で、きちんと配置された印刷された陶器とオリジナルの磁器です
“安吉古城”是浙江越人文化2500年前


中国春秋時代後期の越王・句践(Gou Jian、こうせん)の先祖が、見つかって、ペルシャ石の首飾りは、ケルトを、通じて、もたらされている、事が判明した。越王勾践は児島高徳も、知っていて、太平記に、記載している、事の、裏付けが、判明した。児島宮歴研会が記載しなければ、河姆渡遺跡も、神、も治城も平山に、因む、天皇名も、解明には、ほどとお、かった・
日本との繋がりは、児島宮、なくしては、立証は、出来ない。天神、宗家だから、解明された、のは、因縁が、歴史、に、繋がっていたからである。
ここに、日本の天皇は、平山に、繋がって、舒明、神武も、平山が、起こりと、なっていた。
平山と関係のない、天皇は、やはり、天王では、なかった、事が、解る。

 

日本には、桃山時代に、佐久間信盛、が世界の神を、示した、現代人も、知らない、神

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 2月 6日(木)09時08分48秒
編集済
  日本には、桃山時代に、佐久間信盛、が世界の神を、示した、現代人も、知らない、神。
西洋には、神はキリスト、とか、宗教と、言われる、が、いずれも、宣導師の代名詞で、あって、神は、どれにもあること。どれにもあてはまること。
今から七千年前に、天神が、世界に、どれにもあてはまる、神とは、天神七代の、越国を、祖とする、駒氏を、天神家と、呼ばれている。

ここ、夜須は、夜須野が原と、地名が、あったが、明治に、夜須となり、今は。、筑前町に、なっている。
夜須のおこりは、日本では、なく、浙江省の、会稽の中に、(安邑)が、夏王朝の、都と、呼ばれて居た事を、日本では、逸早く、福岡県朝倉郡(斉明天皇にゆかる)、夜須村の、児島宮研究室に、より、発表したが、筑前町は、公表は、していない。
ここに、筑前町には、化物https://6309.teacup.com/kobutu/bbs、鬼の巣屈が、役場、と、している。

夜須の起こりの事は、筑前町役場、が、児島宮を、無視している以上、夜須の起こりは、永久に、解明されない。筑前町役場、が、にぎり、つぶして、いる、以上、真実の、事実は、判らない。

筑前町役場の罪悪を、とり上げたら、児島宮、を、無視している以上、、町民には、知る事が、出来ない。
世界の神、日本の神が、児島宮に、集約されるが、今の全国の神社は、筑前町役場が、握りつぶし手、いる以上、知る事は、出来ない。


筑前町役場は、化物だった。古代より、祝詞にも、ある、ちくしの、日むか、の、ひかりの射す、先、が大木原と、いい、役場全体の、地が、日本の、天皇御領地、だった。
天孫降臨地も、役場が、固定資産税を、掛けて、いるのは、神を、町民に、知らせて、いない、から、化物と、神が、教えている。

写真は、長篠の戦いで、信長のまわりには、佐久間信盛の隊がみえる

裃は佐久間不干斎







 

狩野養長の先祖は、明智秀満、の室の子、その先は、児島高徳

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 1月30日(木)11時43分39秒
編集済
  狩野養長は児島 高徳の絵を沢山描いています
は、江戸後期の狩野派の画家。肥後生。狩野勝川に師事する。嘉永年間の人。

養長は肥後熊本に生まれ、19歳で狩野弘信の養子としなり、まもなく狩野家八代目となったのだそうです。以後幕末までは、狩野家と因縁の深い肥後細川藩のお抱え絵師として、頻繁に江戸と熊本とを往復していた様です。
落款は、養長、元象、信象、登雲堂、凌霄花齏、龍山樵夫、など多数使っていました。
狩野養長は嘉永年間の肥後生まれの画家。狩野勝川に師事。

養長は肥後熊本に生まれ、19歳で狩野弘信の養子としなり、まもなく狩野家八代目となったのだそうです。以後幕末までは、狩野家と因縁の深い肥後細川藩のお抱え絵師として、頻繁に江戸と熊本とを往復していた様です。
落款は、養長、元象、信象、登雲堂、凌霄花齏、龍山樵夫、など多数使っていましたが、藩主細川斉護さんの命で描いた物には落款を入れられなかったので、落款が在るのは他所からの依頼などで描いた物なのだそうです。 龍山樵夫 筆(= 狩野養長)

佐久間信盛女養秀院証明 その末裔は龍山樵夫 筆(= 狩野養長)https://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/388

熊本に根付いた肥後狩野派の画業を紹介します。江戸時代の大名文化形成に、たしかな一翼を担った狩野派の美を、ぜひ熊本でご覧ください。
作品名十二類絵詞(模本)_下巻  作家名三村晴山、信充、狩野養長、狩野晴川院養信  年代江戸時代_天保11年(1840)材質・形状紙本着色巻子寸法38.9×1079.3  所蔵先東京国立博物館 https://images.dnpartcom.jp/ia/workDetail?id=DM001069

光秀の次女(りつ」狩野家へ
狩野家の文書に明智光忠の妻として光秀の娘 律 と名前まで明らかに
玉子の姉 律 が明智光忠に嫁いで栄陽を生んだという記述

肥後狩野の祖となった狩野成信の家系は、子孫に伝わる『狩野家先祖附』によると、初代から三代は絵師ではなく、四代成信から絵師となった。成信は ... 細川家の命で、狩野養朴常信に学んだ。細川綱利 ... 狩野養長(1814-1875) 文化11年 ...https://yuagariart.com/uag/kumamoto05/
成信は正式に細川家に召し抱えられることはなかったが、たびたび絵の御用をつとめていた。五代弘信も細川家の仕官を望んだが叶わず、病気がちであったらしく隠絵師として没した。六代師信は細川家の命で狩野常信に学び、のちに狩野と改姓し、細川綱利に仕えた。この後、代々狩野姓を名乗るようになったと考えられる。

成信、弘信の二人は細川家に御用絵師として召し抱えられることはなかったが、師信からは矢野派を圧倒する活躍をみせ、師信の弟の幸信が七代目となると藩の画事は幸信に集中し、矢野派三代の茂安が幸信に入門を命じられるなど、矢野派は衰退し肥後狩野は全盛期を迎えた。その後は八代恩信、九代弘信と続いたが、十代養長で狩野派の画系は一応終わったとみられる。

狩野養長(1814-1875)
文化11年生まれ。肥後狩野家十代。幼名は藤太。凌霄華斎と号した。国学者・木原盾臣の実弟。弘信の養子となって狩野家を継ぎ、狩野晴川院養信に入門し、江戸城の普請にともなう障壁画の制作にも参加した。江戸末期の国学の盛行期に、江戸狩野派に伝わる正統的なやまと絵を学び、やまと絵風の作品も残した。明治8年、61歳で死去した。
このページは「東京国立博物館所蔵 木挽町狩野家関連 寺社宝物模本データベース」収録の資料に関連する制作者情報を個別に表示しています。先頭には最も一般的な名前、【名前一覧】にはその人物の別称を表示しています。先頭の名前から、本データベースに収録された関連作品をご覧いただけます。


狩野養長

?
【名前一覧】

?
狩野藤太

狩野藤太養長

藤太信象

藤養長

養長

信象

藤太養長

藤原養長

藤原信象

我が家の先祖狩野養長は児島 高徳の絵を沢山描いています


佐久間信盛の次女で、輝子の母 長女養秀院は狩野孝信に嫁ぐ。
養秀院(狩野孝信室)佐久間女嫁ぎ先

二条靖良の子に生まれ、信長の命により断絶していた鷹司家をつぎ再興、鷹司信房となる。

佐久間信盛の次女で、輝子の母 長女養秀院は狩野孝信に嫁ぐ。
養秀院(狩野孝信室)佐久間女嫁ぎ先

二条靖良の子に生まれ、信長の命により断絶していた鷹司家をつぎ再興、鷹司信房となる。

https://6309.teacup.com/kobutu/bbs/700


信栄(正勝)、某(兵衛介)、信実、女狩野孝信妻、女安見右近大夫妻、女福島正頼室、
女佐々清蔵妻

宇多源氏佐々木氏信栄( .... 勝里勝家子?庄左衛門茂左衛門仕織田信雄 東条忠吉. 娘は、 子に娘(織田貞置室)、娘(佐久間信勝室)、娘(安見元 勝室)。


成宗ー政次ー清蔵ー 鷹司信房妻輝子(岳星院)信房との間に鷹司信尚、鷹司孝子(徳川家光正室)など7人 。

佐久間信盛墓所, 京都紫野大徳寺高東院、奈良県十津川村武蔵. 主君, 織田信秀→信長. 氏族, 佐久間氏. 父母, 父:佐久間信晴. 兄弟, 、信辰、僧明嶽. 妻, 前田種利の娘. 子, 信栄、某(兵衛介)、信実 ? 安見右近大夫妻、福島正頼室。

養秀院殿狐寶を得給ふ事狩野孝信 元亀二(1571)年11月25日~元和四(1618)年8月 30日 佐久間信盛女子養秀院を娶る。
http://jyuluck-do.com/gaka_meikan/kano-osanaga.html

☆養秀院巻十 養秀院殿狐寶を得給ふ ... の
ながれと聞いております。 *我が家の先祖狩野養長は児島 高徳の絵を沢山描いています 。
http://www.geocities.jp/motoka_kano/japanese/family_tree.html

狩野と信盛が結ばれている、児島 高徳秘伝の、中国賢人は狩野派を代表する画題となった。
知らずして、狩野派無しといえよう。

今日本の歴史が途絶えているのは、ウイキペテイヤ歴史が改竄されているからであると、言えよう。

明治天皇は神武祖として、改竄しているとこんな具合である。
大覚寺紫震殿内に、明治天皇、大正天皇、昭和天皇の位牌がある?改竄しているとこんな具合である。

児島宮には、祖父文八宛に、狩野氏からのはがきもある。


養秀院巻十 養秀宗祐院殿狐寶を得給ふ事 「雪窓夜話抄巻下」 因伯叢書 上野忠親の雪窓夜話抄 鳥取県絵師狩野孝信に嫁いだ宗祐の娘がいた。宗祐(法名)とは 佐久間信盛
http://tottori.rojo.jp/monogatari/mindan.html

『稲葉民談記』
http://tottori.rojo.jp/monogatari/mindan.html

雪窓夜話抄巻下
   目  次
巻  九 養秀院殿狐寶を得給ふ事

十種神寶 togusa
天地が創造されるころ、草木がことばを話すことができたとき、天より降った
フツノオオカミ(普都大神)はアシハラノナカツクニを .... 高天原に神留り坐す 皇親神漏
岐神漏美の命以ちて 皇神等の鋳顕はし給ふ 十種の瑞宝を饒速日命に授け給ひ 天つ御祖神は言誨
高天原に神留り坐す 皇神等鋳顕給ふ

「狐寶を得給ふ」

狐宝を意味する。
宝刀は宝のありかを示すこと。
雪山飛狐のあらすじ: たくせんの中国世界

それはこの近くであること。 こう話しているうちに、いつしか、言葉も内容もごろつきに変わっていく。話の途中では何度も戦いなどがある。
中国人はみな概略は知っている、それで細かな説明はなくても意味が通じる。という

小説なら、雪山飛狐が先、飛狐外伝が後ですが、どちらを先にしても問題はありませんよ。
http://takusen.seesaa.net/article/106893813.html

「神寶」とは十種神宝

「狐」「宝づくし」得給ふ事

御夢の告有て大日経を得給ふ事
後嵯峨上皇、及び大宮院の御寵愛を得給ふこと

天娯楽を得給. ふべきと明らかに分別し給ふによつてなり。
漢土も大和も、 王公の国土を得給ふこと。

狩野孝信狩野永徳(信長、秀吉の絵師・法印)の次男。 たかのぶ=孝信 ... 孝信の長男です。 妻は信長の家臣佐々成政の姪娘(古画備考)は誤りであり佐久間信盛の娘佐久間信盛ー女子佐々氏妻 鷹司系へ 佐久間信盛ー女子狩野孝信妻


 

人間の神から預かった、御心の反逆には、罪という罪は、受けたモノ、すべ、て神に、御返上しなければ、ならない

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 1月27日(月)19時29分32秒
編集済
  人間の神から預かった、御心の反逆には、罪という罪は、受けたモノ、すべ、て神に、御返上しなければ、ならない、、まことの神が人間の罪に対してどのような対処法を用意されていたのかを知る必要があります。まず日本語で「罪」という言葉が持つ印象の定義、「基準を満たさない」、または「非難に価する行動を取る」善悪の概念は、ことを指すために使われます。神の期待を満たさなかったことだけではなく、それによって与えられる責任を強調します。神の期待を満たさなかったことだけではなく、それによって与えられる責任を強調します。神の言葉を無視した者がそのままの状態で神の前に立つのは相応しくないからです。その罪に対する責任が問われます。罪とは人に犯すよりも神に対して犯すものだと考えられていたからです。「天神宗家」
神への逆らいは、すべて、神へ、返上へと、変わる。

児島宮は、日本一の天神さまです、ここから日本全国に、神社が広がっています神様は天神七代の越国を、開化した、無予さまが、神として、世界に、ケルトが、知らしめした  日本発の神は、この児島宮に、鎮座され、丑王の子神武が、天皇と号しています
平山地名が、天皇の名が、日本の原点となっていた。



 

知っての、事か、天皇天神に、不忠、不幸不忠を、為した人間は、生きて死んでも、天地無窮の間、その罪から、逃れない

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 1月11日(土)19時48分36秒
  伊達氏の出自が藤原北家と知っての、事か。天皇天神に、不忠。
足利家、紀良子、天皇家への、不忠である。
石清水八幡宮検校善法寺通清の娘。良子に、姉妹に後円融天皇生母の
紀仲子と、伊達政宗 (大膳大夫)正室の輪王寺の遠戚、佐久間家に対する不忠。

紀仲子  (足利義満の母:紀良子とは姉妹)

石清水八幡宮 善法寺通清の娘は児島範長の妻の、父である。
天皇天神の胤、東寺長者道乗の子頼宴僧正の子孫、佐久間信栄の墓処に、黒柳徹子の墓が、
無断で、建てている。天神宗家に、対して、不忠。

順得天皇之やしゃご、だった、紀良子と、紀仲子
「面誉不忠」(めんよふちゅう)

ては不忠となる、天神地祇もさぞや憎まれ、世間の人々からは笑われて侮辱され、死んだ後まで
汚名を曝すことになるだろう〉

忠孝を尽した人間の場合と、不忠不孝の人間の場厶 0 とである。
まず基本的な主張として 1 天神より賜わった御魂は、死生存亡の隔てなく、
永遠である。
不幸不忠を、為した人間は、生きて死んでも、天地無窮の間、その罪から、逃れない。
http://zan35441.on.coocan.jp/sub22.html
 

和光市朝霞警察、本部は、相談係に、つながり、緊急事件には、対応せず、 児島宮祭主に、対して、とりあわなかった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2020年 1月 8日(水)17時16分29秒
編集済
  和光市朝霞警察、本部は、相談係に、つながり、緊急事件には、対応せず、 児島宮祭主に、対して、とりあわなかった 。
被害者は、電話で、訴えた和光市朝霞警察の、生活安全課は、何も、しないと伝えた、、被害者は、電話で、訴えた、何もしない警察と。
これで、いよいよ、天神宗家は、国会の、対応まで、信用しないで、であろう。
日本神社仏閣の、総本社の祭主は、児島宮に、あたるが、まだ、一般には、知られていない、だろうが、緊急の時、国民の方に、も、申しあげたき、事実、を、報告に、至りました。
今、日本の警察は、関東東京の警察、本部が、この、有様で、は、国会から、防衛庁本部、にも、和光市朝霞警察と、同じ、神、伝言に、も、何も、しない事、が、露見した。

和光市朝霞警察本部、に、天神宗家ゆかりの、、の和光市、在住が、被害者に、なって、狙われていた?何者か、は、警察が、動かないので、児島宮関係に、逆らう者の、事件と、見える。
このページの、視聴者以外は、事件の内容は、判断、できない、であろう。
埋もれていた、日本形成、の、天神宗家への、攻撃と、なった、面当(つらあて)ては、世界が、同時に、ゆらいで、いると、見える。

今から、数分前に、和光市朝霞警察本部、に、児島宮祭主は、電話。、連絡、児島宮関係、和光市在の被害者から、電話で、報告が、あり、和光市朝霞警察本部に、被害の報告を、行ったが、やはり、何もして、もらえないと、いい、ところが、相談係、男性は、被害者からの、報告は、こちらには、何にも、届いていないと、いい、そちら様は、和光市朝霞警察本部ですねに、はい、と、事件の内容を、伝え、では、和光市朝霞警察担当に、連絡を、とりますと。


令和天皇の正体が、現れるか?  いよいよ、来たか。
 

児島宮(児島屋敷)には、明治政府が、隠した? 重大な、日本史が、正確には、書かれて、いなかった?

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年12月25日(水)08時56分8秒
編集済
  黒田長政が児島宮の関係は、篠隈、大善街松の、名が、ある事で、知れるが、何処を、通って児島宮に、来ていたが、知られていなかった?児島宮の弟が、秋月の、初代助九郎長興で、あったので、朝倉の秋月街道というのが、あります、松延池を、二百メートル過ぎると、篠隈に、其処に、火の身視やぐら、が、あり、この前に、御前道、が、児島屋敷のへ向かう通りが、今も、苔けむし、ていますが、一メートル五十の幅の、児島屋敷直線通路を、駕篭で、来ていたという。大善街松の由来に、なっていたのは、栗山大膳や家来が松の木の下で、殿の帰りを、待っていたから、名が、残っていた、事で真実が、伺えよう。児島屋敷には、この時の、黒田藩御用絵師、尾形幽玄の、掛け軸が、福岡大の小林法子教授、に、作成され、中央公論社発行に、見る事が、できる。
児島宮(児島屋敷)と、黒田家とは、どのような、関係があったのか、夜須町の時も、役場は、公開も、しなかったのは、児島屋敷を、隠蔽し、知られたくない、何かの事情が、あった? 今も、児島屋敷が世間に、地元さえ、、知られていいない、のは、大きな秘密が、隠されていた。国家に及ぶ、児島宮秘密ある。(児島屋敷)天孫降臨地が、篠隈に、存在しているからで、ある。天孫とは、神様、天神の事を、いいます。
ここが、国さえも、隠す、秘密である。国家が、ひっくり返るほどの、秘密が、児島宮(児島屋敷)には、ある。
児島宮(児島屋敷)には、明治政府が、隠した? 重大な、日本史が、正確には、書かれて、いなかった?
廃藩置県は、何故行ったのか? ここに、秘密が、隠されていた事が、秘められている?
明らかにしても、二百年の月日は、日本史が、消えた時であった? 偽造の明治~現在までの、隠された、秘密が、児島宮(児島屋敷)である。

国家政府が、ひっくり返るほどの、秘密が、児島宮(児島屋敷)にはあった、隠されていた、日本の歴史が、明らかに

「夜須町の時も、役場は、公開も、しなかったのは、児島屋敷を、隠蔽し、知られたくない、何かの事情が、あった?」


公開も、しなかったのは、児島屋敷は、日本の神さまで、ある、又は天神さまとも、いう。
天神さまは、古、中国の夏王朝の、七代、無予が、越国(安吉、現在の浙江省)を、開いた、のは、ネットで、公開してきたので、その天神さまが、今の児島宮に裔が、座している。
児島宮は、元祖、後鳥羽上皇の子、頼任親王が、備後の児島に、承久の乱で、送られたので、児島宮とされた。
後鳥羽上皇に、まつわる、天皇と、いわれる、日本の、初代、ウガヤ(丑王」の四男が、神武天皇となる。ここが、児島宮、即ち、日本の天皇の明かし、になる。
後鳥羽上皇の子、と、裔は、仙台伊達九代、政宗の妹と、藤原満盛妻と、あり、桃山期伊達政宗の娘が、福岡県柳川、お花に、室となっていた、児島宮にも、お花の当主が、遠戚と、訪ねられ、この時は、お花の、祭りにも、出席している。ここで、仙台伊達九代と、児島宮の関り、を、お話ししましょう。仙台伊達九代の、室に、始まる、土御門家は、後鳥羽上皇の子、順徳天皇に、始る、家系で、児島宮の関り、遠戚にあたる。桃山期の佐久間不干斎と、伊達政宗公に、添えた書状が、残っている。これは、児島宮の関り、遠戚にあたる。岡山の宇喜多氏も、不干斎が、岡山に、入って、それが今の、甚九郎稲荷神社が、建てられた、由来が、児島高徳の裔に、なっている、事が判る。
これは、児島宮と、世界、全国の神様の、総本社に、なっている、事が、筑前町も、隠している、神を、隠蔽、している、秘密である。
これを、日本人が、知れれば、日本が、政府が、ひっくり、変えるだろう? 捏造で、包まれていた、明治以降~現代まで、国民は、知らなかった、日本の弧史である。
 

夜須野天孫降臨地は、神集いは、天神社と、繋がる事で、神社と、呼ぶ?

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年12月12日(木)15時53分18秒
編集済
  閩越國第9代帝王 騶丑 日本名  ウガヤと、玉依姫は、楚国の王女  古燕国に、後の新羅姐女

遺址

閩越王城遺址 ?  冶城 ?  城村
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%91_(%E7%B9%87%E7%8E%8B)

到搜索




閩越王無諸  冶城  https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B6%E5%9F%8E

閩越國第7代帝王
在位期間:?-前192年
前任:閩越王睦
繼任:閩越王獏

姓名
騶無諸

封號
閩越王

逝世
前192年

陵墓
王墓山

子女
騶郢、騶餘善

無諸,又作亡諸(閩東語:Ù-c??;閩南語:Bû-chu;閩北語:Ǔ-c??;?-前192年),全名騶無諸,第七世閩越王[1],為越王勾踐的後代[a],於戰國末期至西漢初期在位,使一度亡國的閩越再度中興茁壯,並成為漢朝立國之初第一位越人的異姓諸侯王。由於無諸是福建?史上第一位有文獻記載的君主統治者,並且是帶領閩越人登上?史舞台的卓越人物,因此被後世的閩民系頌揚並尊奉為開閩始祖[

閩越國第7代帝王  閩越王無諸  https://zh.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A0%E8%AF%B8 无?

閩越國第9代帝王  騶丑  日本名  ウガヤ
玉依姫は、楚国の王女  古燕国に、後の新羅姐女
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%91_(%E7%B9%87%E7%8E%8B)

漢朝改封丑為繇王、余善為東越王,閩越王之名從此廢除,但實際上為東越王所代替。 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%97%BD%E8%B6%8A%E7%8E%8B

城村  https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%8E%E6%9D%91

帝王

無諸 ?  郢 ?  丑 ?  餘善 ?  居股

福建省武夷山市,福州  https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%8E%E6%9D%91%E6%B1%89%E5%9F%8E%E9%81%97%E5%9D%80

城村?城?址

ttps://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%8E%E6%9D%91%E6%B1%89%E5%9F%8E%E9%81%97%E5%9D%80#/media/File:Wuyishan_Chengcun_Hancheng_Yizhi_2012.08.24_10-10-27.jpg

天帝の存在すら知らず、天子のみ拝することのできる一方、天帝を祀ることは天子にしか出来ない天子の天権でもあった。
ここで、日本の天子とは、明らかでは、なかった、
付け込んで、いるのは、明治以降の天皇を、仮想しているに、過ぎず、天王でも、なかった。
天皇を、名乗ったのは、ウガヤの子、磐余である。

ここに、ウガヤに、ついて、閩越王
の系譜だけ、が、アマの下のには、、座する、が、一人しか、なれず、これが、万世一系である。
ここに、天皇を、号するには、母系が、ウガヤの血を、引き継いで、いないと、天皇とは、言えないと、なっていた。
ここが、藤原家の、重用と、なって、女系が、、共に、揃わなくては、天の兎には、なれない。

今これが、守られず、他家から、天皇に、嫁いで、いても、子は、天の兎では、なかった。

宮家が、使われいているが、宮家は、頼任親王の、家しか、宮家とは、言わない? 兄弟は、仏門に、寄与しているのは、万世一系が、守られて、いるからである。として、存続している。
兄弟は、一族から、嫁して入る家が、妃に、選ばれるのが、皇家として、存続する。
兄弟が、妻を、皇家以外から、選ぶと、公家に、落ちる、これにより、今の宮家は、皇家では、無くなってしまう。
皇室とは、皇家には、属せず、皇家部下?に、とどまり、武士階級に、下がる。
これを、将軍といった。

これが、日本の、中国の、天皇天神てある。

万世一系とは、越王の、血を、守っていてこそ、天神となる。

全国各地の、神社仏閣、に、於いても、越王の、血を、守っていてこそ、天神社となる。
神集いは、天神社と、繋がる事で、神社と、呼ぶ?
神神神と、いえども、天神と、一緒に、ならなければ、ただの、家である。

夜須野天孫降臨地は、神集いは、天神社と、繋がる事で、神社と、呼ぶ?
 

人間は、間違い、ばかり、引き起こして、いるというその、間違いは、罪である、

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年12月 3日(火)14時37分52秒
編集済
  まつり尊は、どういう事か?それは、、宮廷によりき、のながれに、寄って、人間を、導く、ように、知らしめる、ので、無ければ、マツリ事は、行われて、ないだろう。
季は、大樹に、沿って、行われる。

この、マツリ事が、行われた事は、明治以降、おこなわれなかった。

今、は、大樹が、乱れ、地震が、起きて、いるのは、人間の、過ち、が、たいきを、ゆらかして、いる。
一日は、どのように、ながれているか、感が得てみれば、季の流れ、に、沿っているか、判ろう、だが、人間は、間違い、ばかり、引き起こして、いるという、
その、間違いは、罪である。

神を、知らない現代は、いろんな点が異いに、気が付かない。

地球上では、大気は、東方にあり、地球を、ひとまわ?、しているという

これに、人間の行為は、逆らい、人間が゛作り出した、憲法で、動いて、いる、天帝に、逆らうとは、この、人間の行為が、神に、そむいて、いる。

陛下とか、は、天帝では、ない、何ものかは、知っているのに、そっぽを、向けている始末。




 

今の、政府とは、原始式、行動であって、古代日本の、マツリ事とは、やまたいこく、の事也

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年11月19日(火)09時38分38秒
編集済
  1885年(明治18年)の ... の政府(regierung)とは行政府のみを指す。
国々においても同様で、日本の中の、天神、崇敬に、よる、もので、
国及び、日本の中に、ありて、行われるものである。

今、過ちの、政府は、傀儡に、よる、影響を、受けた、集団となっていて、ドラピタに、近い。

日本には、歴史という、ものが、あり、今、未知な、世界が、繰り広げられ手いる、に、過ぎない。

歴史が
、基本と、なっているから、マツリ事が、礼として、作動しているに、過ぎない。
現に、今の、せいふ? と、勘違いした、というのは、浅い、短い、百八十年に、過ぎない。
せいふというのは、間違っている.集団で、暮らして、いくのが、マツリ事だと、感違いしている。
間違っている、? 原型がない、のである。

これは、日本の原型と歯、(台)の国と、古代から、呼ばれていた。

今は、間違っていた、これは、やまとは、天空のことで、天を、神として、支えられ手いる、という、事から、神の祭り事を、原型にした、ものである。

今は、せいふが、できるのは、民の、投票で、決められると、なっているが、これは、只の、代表の、ような、野生動物の、代表に、続いて、餌場を、求めて行くのと、同じ事に、なる。

おかしな、今の政府は、政府と歯、言えない? 学者、教育、哲学、専門家は、何故、日本の、過ちに、気が、つかないのか? 誤りに、違いに、気が付かないのは、どういう、訳?

政府など、無意味な、ものは、廃棄シナケレバ、何も、見えない、原始に、なってている、事を、解る事は、出来ない。
天皇は、神なのか? 求める、希望します、と、したのは、民に、頼む(理)としている。
これは、天皇が、中心では、ないと、している事。
然し、神を、古代から、中心と。、してきたのに、違っている、事に、気が付かない。
下手な、役者が、政府を、覆っている、これは、日本の、正しい、無マツリ事、とは、いえない。
正しい、マツリ事とは、天神を、中心とした、真ん中に、添えた、まつり事が、おこなわないと、国、神の、住まふ、処では、ない。










 

児島宮はすごーい、聖地だった、記録は、夜須は、天皇御領地だったと、文徳実録に、記録されている

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年10月13日(日)06時45分24秒
編集済
  整地だからこそ、日本史にが、次から、つぎへと、新たに、ネットで、紹介できている。
天皇といえば、岡山、大阪、奈良に、宮廷 の、いわゆる、神殿が、神の座主、ところに、なっているが、夜須には、古代遺跡の数では、全国でも、最大の、足跡が、残っている。
しかし、この、(旧)夜須)に、あっては、なんら、記録は、ない、ありさま、これには、日本の根源も、見えておらず、邪馬台国に、あっても、創造上の、仮説に、過ぎないであろう。
みなさんは、聖地とは、どんな、事を、いうのか、解らないで、世界でも、ローマを、神の聖地と、思うで、あろうが、
これも、紀元前六百年まえ、には、聖地では、なかったので、あり、アジアの東方から、やって来た、ケルトイ、通称、ヨーロッパでは、ケルト人、が、神?と、伝えたと、記録が、今も、伝わる。
だが、この、聖地といわれる、神?が、だけ、しか、判っては、いません。

これを、解読したのが、児島宮文教課で、三年前、の年末に、神を、天神と、中国では、伝わって、いた事を、しって、いた、児島宮文教課は、ネット上、で、児島宮の神々が、元祖が、今の、浙江省、越国の王、時期は、紀元前、百十一、年前、の、丑王の、父、無渚、の、周国呉と、越国が、隣接していた、地の、越国の治城が、地鉄駅、平山駅から、試掘したら、発見に、いたったという。

この、越国の治城が、丑王こと、八尾王とも、称し、日本のウガヤ王の、平山御陵の地、夜須、と、一致、したという。
日本にも、南北朝時、児島高徳、児島宮の、先祖、が、作成していた、「太平記」の、記録の、第二十、に、ウガヤの、祖先の名、「越王勾践」が、丑王の、父、無渚、の、周国呉と、越国が、隣接していた、地、から、読みとれる。これが、一致、したので、世界の歴史も、よみとれた、。
この、裏付けが、夜須の、遺跡に、鳥巣窯、という、灰色硬質時期(須恵器)が、日本の歴史を、あらわして、いたのが、
ケルト人、の、数字と、一致した、治秋戦国時代、紀元前五百年前、の、古代文字と、一致、していたのである。
奈良や大阪堺の、博物館や、文化財長、に、古代文字の、確認には、なったが、それ以上には、訳は、確認には、いたらなかった。

児島宮歴史研究室だけが、知る、天神宗家、で、次から次へと、解読していった、のが、実情。

ここからは、聖地に、ついて、
聖地は、神、天神、に、行きつき、ヨーロッパに神を、、広めた、中国春秋戦国時代の、越王勾践の、軍が、ヨーロッパに、無論、シルクロードを、通っての、足跡、鉄の馬車で、やってきたと、ヨーロッパでは、記録されている。
この越は、航海にも、たけており、航海で、わたったのかも、知れない。

神の聖地は、ローマでは、なかった、のである。
では、神の、聖地は、紀元前百十一年前、までは、現在の浙江省、屏山武夷、が、神殿の、あった場所で、あったが、越は、航海にも、たけており、航海で、わたった、と、いうのが、これら夜須の、一致である。

神の聖地は、紀元前百十一年前、夜須に、渡って、いた、それが、今の、砥上~曾根田玉虫、の、下町遺跡、と、天智天皇時期、柏木官衛が、屯倉で、筑前、筑後が、官衛と、されるが、まだ、文化財考古学会は、確認は、出来ていない。 然し、松延、篠隈は、神殿の、在処を、秘めて、いて、松狭谷に、在していたという、宮殿は、平山城と、あり、松延、篠隈に、松狭谷は、伝説として、語っている。
平山城、筑紫城と、記録が、あり筑紫山家、(故人)山田徳、氏が、語っていた。
これは、三輪の、八幡宮が、松狭谷と、近藤氏が、本に、記して、いられるが、、いるが、
松狭谷と、近藤氏は、間違えて、いて、松狭を、文字の意味が、誤り、この松狭とは、? 砥上から、松延まで、赤松が、大正まで群生、生えて、いた、そうで、あり、松延の古老が、語っていた。








 

筑前町、下町遺跡は、日本最古の、弥生の鏡が、出土した事で、知られるが、平安後期の、柏木遺跡と、上林遺跡から、九歴資料館

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年10月11日(金)17時10分56秒
編集済
  筑前町、下町遺跡は、日本最古の、弥生の鏡が、出土した事で、知られるが、平安後期の、柏木遺跡と、上林遺跡から、九歴資料館 ... 夜須では、遺跡から、三点の、硯が、確認されていて、象のぬのえ、等が、発見、されていて、越州との、関連が、複合している。が、平安後期の、柏木遺跡と、上林遺跡から、九歴資料館 ... 夜須では、遺跡から、三点の、硯が、確認されていて、象のぬのえ、等が、発見、されていて、越州との、関連が、複合している。

成田成尋が、藤原成季の、上林遺跡、柏木官衛遺跡が、文章で、確認、これと、遺跡から、出土していた、越州磁器で、時代が、算定される。 末裔しか、解明出来 .... 熱田社-鎌倉後期から南北朝期を中心に-」は、尾張国熱田社領が、鎌倉時代後期以降に持明院統 . 「三つの吉備津宮を ... 時期は、一定して、おり、平安時代、1070 ~ 1073年の頃、官衙内で、茶が、飲まれていた、事゛児島宮歴史研究室で、解明した。
筑前町(旧夜須)「三牟田柏木 奏言官衙遺跡」の重要性、とは天皇御領地(禁裏)、は大宰府政庁、北野、良積官営遺跡と古賀上、久留米国営遺跡 ... 筑紫館(鴻臚館)は、平安時代、中国では南宋時代に、宮廷が、交易していた事を、語るのが?https://6309.teacup.com/kobutu/bbs/643

弥生時代中期初頭から後期(紀元前1世紀~後2世紀)→ ... 夜須に、官営遺跡が、あった、事が、この越州窯、天目茶碗の出土で、上林遺跡の、様子が、判り、平安時代に、もたらせられ、て、いる事が解明. 柏木遺跡 ... 成田成尋が、藤原成季の、上林遺跡、柏木、ミヤケに、亡くなった、後に、供に託して、、配った、越州窯磁器が、多数出土している。http://tikuzenmatihoom.web.fc2.com/

日本では、夜須柏木、上林遺跡から、児島宮歴研会、により、越州窯の天目茶碗や、茶壺の、状態から、福建省武夷の、茶が、夜須の郡衛に、もたら .... 児島宮から、日本のすべてが、判る、児島宮は、日本の神の総本家で、平安末の、後鳥羽院の後裔といわれ、その子頼任親王が、岡山の児島に、流 ...... 紀元前465年)春秋時代後期の越の 王。https://kouhoka.exblog.jp/

同じ文字が福岡県朝倉郡夜須の紀元前五十年前の広域遺跡には、ケルト文字の須恵器(灰色硬質土器)出土があります。 夜須では中国の隋 ..... 平安時代の夜須郷柏木では、法橋成尋次男成李、筑前筑後任官時、浙江省磁器が出土、平安末の様子が見えた。 ..... 大宮司職は代々尾張国造の子孫である尾張氏が務めていたが、平安時代後期に尾張員職の外孫で藤原南家の藤原季範にその職が譲られた。http://www2.ezbbs.net/cgi/bbs?id=yasumati&dd=22&p=1

文字が福岡県朝倉郡夜須の紀元前五十年前の広域遺跡には、ケルト文字の須恵器(灰色硬質土器)出土があります。 夜須では中国の隋 ..... 平安時代の夜須郷柏木では、法橋成尋次男成李、筑前筑後任官時、浙江省磁器が出土、平安末の様子が見えた。 ..... 大宮司職は代々尾張国造の子孫である尾張氏が務めていたが、平安時代後期に尾張員職の外孫で藤原南家の藤原季範にその職が譲られた。http://www2.ezbbs.net/cgi/bbs?id=yasumati&dd=22&p=1
 

このように、完全な、越州天目茶碗平安後期、千百六十年に、越州 から、柏木遺跡に、伝来していた、これは日本最古の夜須だった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年10月11日(金)16時47分46秒
編集済
  平安後期、千百六十年に、越州に、渡っていた、藤原上任の、住んでいた窯の、越州天目茶碗で、あるので、珍しく、このように、完全な、越州天目茶碗

室町三代、足利義満の館から、この越州天目茶碗かけらが、大宰府歴史博物館の、室町展で、展示されていたので、とても、貴重な、越州天目茶碗が、母の紀良子家に、伝来していたのは、夜須の児島宮の、古代と、深いつながりが、あった、事が、わかった。

これほど、貴重な、越州天目茶碗は、天神宗家の、児島宮が、先人も、深い繋がりが、感じ取れる。
京都の大覚寺に、幼少から、育てられていた、児島高徳は、後光源上皇から、大覚大僧正の名を、日蓮上人と、ともに、名を、与えられていた。

 

上林遺跡柏木遺跡の越州天目茶碗が、基盤整備補助事業で、大宰府線の道路工事で、九歴資料館に、よって、調査

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年10月11日(金)16時42分4秒
  平安後期官衛遺跡柏木


上林遺跡柏木遺跡の越州天目茶碗が、基盤整備補助事業で、大宰府線の道路工事で、九歴資料館に、よって、調査され、筑前、官衛遺跡、柏木から、平安後期、千百六十年に、越州に、渡っていた、藤原上任の、住んでいた窯の、越州天目茶碗で、あるので、珍しく、このように、完全な、越州天目茶碗は、七個、出土しているのは。、茶の歴史を遡る事になったと、児島宮文教課は、語る。
 

筑前、官衛遺跡、柏木や、下町遺跡は、資料には、天皇御領地と、記載されているが、研究者が、いない

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年10月11日(金)16時00分4秒
編集済
  平安後期、千百六十年に、越州に、渡っていた、藤原上任の、住んでいた窯の、越州天目茶碗で、ある。
 

筑前、官衛遺跡、柏木や、下町遺跡は、資料には、天皇御領地と、記載されているが、研究者が、いない為、町民は、知られて、いな

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年10月11日(金)15時53分57秒
編集済
  この文章は児島神の力により、未開の内容となっているこの文章は、児島宮歴研会著作製作によるものです。掲載情報の著作権は提供元等に帰属し、記事の無断転用を禁じます。 著作者の許可無く無断転載を禁じております。



平安後期官衛遺跡柏木


上林遺跡柏木遺跡の越州天目茶碗が、基盤整備補助事業で、大宰府線の道路工事で、九歴資料館に、よって、調査され、筑前、官衛遺跡、柏木から、平安後期、千百六十年に、越州に、渡っていた、藤原上任の、住んでいた窯の、越州天目茶碗で、あるので、珍しく、このように、完全な、越州天目茶碗は、七個、出土しているのは。、茶の歴史を遡る事になったと、児島宮文教課は、語る。

まだ、筑前、官衛遺跡、柏木や、下町遺跡は、資料には、天皇御領地と、記載されているが、研究者が、いない為、町民は、知られて、いなかった。
 

古典の中に「右大臣」や「大納言」といった役職がでてきます、『源氏物語』に登場する架空の人物の通称。「柏木衛門督」とも呼ぶ。

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年10月 5日(土)07時17分41秒
編集済
  『源氏物語』に登場する架空の人物の通称。「柏木衛門督」とも呼ぶ。
紫式部(むらさきしきぶ、生没年不詳)は、平安時代中期の女性作家、歌人。正確な誕生年は特定できないが、近年の研究では、970年(天禄元年)から978年(天元元年)の間に生まれ、1019年(寛仁三年)までは存命したとされる。 「源氏物語」の作者とされ、 ...源氏物語 ? ?清少納言 ? ?紫式部 ? ?藤原宣孝
紫式部は藤原宣孝に嫁ぎ、一女(大弐三位)を産んだ。1001年(長保3年)に結婚後3年程で夫が死去する。
一条天皇の中宮であり藤原道長の娘でもある中宮彰子(藤原彰子)に仕えている間に「源氏物語」を完成させた。


この中で、人物が、かかれている、のが、柏木という、役職
 これは、官職のこと、
天皇から特別に勅許を受けた人(まあ、会っても構わないと許された人)が80人ほどいたそうです。

貴族はどうでしょう。

貴族と呼ばれる人は、位階で言うと5位(正五位上、正五位下、従五位上、従五位下)以上の人のことを貴族と呼ばれたそうです。

だいたい、検討が、つくかと、おもい、三牟田より、玉虫に、かけて、平安中期に、、かけて、柏木官衛遺跡が、あった、事が、と、児島宮歴研は、突き当て、調査時、に、赴いて、この場所から、越州窯の磁器を、収集している。今は、この地に、教育委員会による、遺跡の、案内板が、経っていて、下町遺跡(紀元前、百十一年前~)、柏木遺跡(平安中期)と、解読した。
古典の中に「右大臣」や「大納言」といった役職がでてきます。

役職には、各役職に「正」と「従」というランキングがついています。正一位と従一位では、同じ一位の位でも正一位の方が上ということになります。
この少納言までの役職にいる人達を「 殿上人(てんじょうびと)」と呼びます。彼らは、天皇の屋敷に上がることを許された特別な階級の人たちでした。
平安時代のはじめのころの武官。

貴族としての役職の位が高いほどモテています。
平安時代に「儀礼」の整備などで仕事が激増、臨時の役職を増やしたりするなどして対応してきました。
紫式部の娘・大弐三位(だいにのさんみ)は母と同じく藤原摂関家の繋がりで藤原彰子に仕えました。

右衛門督という役職に就いていますが、ここでは柏木、という呼び名で統一しておきましょう。
結局女三の宮は光源氏の妻になってしまい、残念に思っていました。それでもあきらめきれず、女三の宮の乳母子で、男女関係にあった小侍従という女房から女三の宮の様子を聞いたりして慰めにしていました(この小侍従との関係は男女関係ではありますが、身分の違いもあり、結婚を前提としない軽い関係だと考えてください)。http://wakabagenji.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/37-23dc.html
六條院に蛍兵部卿宮や柏木、夕霧などの公達が集まる日がありました。夕霧と柏木は階段に腰を下ろしてこの様子を眺めていました。
当時、夫や親兄弟以外には姿を見せてはいけないとされた高貴な女性。

今宮神社と玉の輿    柴野大徳寺、高東院、のとなり。http://wakabagenji.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-33fe.html
こちらが、児島宮と、重複、する、やすらい、祭、の、おおもと、夜須の名。天皇に関連。京都・紫野にある今宮神社は1000年以上の歴史を持つ由緒ある神社。

柏木遺跡は、だいたい、検討が、ついたかと、思い、ます、人物の名が、地名に、なっていた。

柏木」は王朝和歌における衛門府、衛門督の雅称である。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9B%E9%96%80%E5%BA%9C
柏木(かしわぎ)の呼び名は、自身の死が描かれる第36帖「柏木」の巻名にちなみますが、その巻名は、柏木の当時の官が「右衛門督」であったことによります(「衛門府」の異名が「柏木」です)。

教養が、ないと、昔も、今も、でしょう。
筑前町役所、は、これら、柏木官衛遺跡を、教養が、低いので、高めないと。願う






 

宮ノ上・坂井田遺跡は、

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年10月 2日(水)11時01分7秒
編集済
  宮ノ上・坂井田遺跡は、弥生時代初期、紀元前五十年前までの 山家川(やまえがわ)左岸の低い段丘上にあたる場所。
近辺から、すずりが、出土しており、弥生初期、文字が、使われていた、事が、伺えよう。これは、漢の武帝時、武夷山から、この地の、住民が、十万人いなくなったと、記してある紀述による。

この遺跡の、時期は、環濠に、埋められていた、土器は、長崎壱岐島の、環濠と、同時期である、事が伺えよう。夜須のjAトマト直産物に、さきがけて調査したおり、壱岐島の、環濠と、同時期である。柏木宮ノ本遺跡も、阪井田遺跡も大溝に捨てられた土器でした。
福岡県朝倉郡筑前町朝日(ふくおかけんあさくらぐんちくぜんまちあさひ)
やくしじすずり







http://

 

筑前町、下町遺跡は、日本最古の、弥生の鏡が、出土した事で、知られる

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年10月 1日(火)19時07分50秒
編集済
  筑前町、下町遺跡は、日本最古の、弥生の鏡が、出土した事で、知られるが、平安後期の、柏木遺跡と、上林遺跡から、九歴資料館による、調査時、夜須の文化財も、どう時期、調査により、筑前筑後の、官衛遺跡の、柏木宮とある。

下町遺跡は、日本最古で、出土した、この下町遺跡の時期は、紀元前百十一年から、遺跡が夜須全体に、及んで、出土品が、膨大で、それらを、物語っている。平安時代へと、受け継がれて、いたのは、奈良よりも、長期に、平安時代末まで、農業は、豊かであった事が、柏木官衛遺跡の、最近の発見で、確認している。
この地は、文徳天皇実録にも、奏言郡と、記載されて、古代より、天皇御領地と、記載している。

文徳天皇実録では、前田臣市成(菅原道真の、祖)で、奈良の、猿投窯の、土師氏が、この地へ、神武と、祭祀が、重なり、日本の歩みが、見えている。
朝鮮半島渡来説は、学者に、よる、立証にも、ならない、偽造の歴史で、意味が、ない。先駆者とされていた、学者説は実在は、していない。

五世紀後半、猿投げ窯、土師氏渡来説は、実在は、していない。空想で、しかなかった。
須恵器で、騒がれていた、朝鮮半島渡来説は、福岡県、北部九州に、越州から、筑紫へ、渡来していた。
それらが、越州から、十万人が、武夷山から、ビン越とともに、いなくなったと、漢の武帝が、記録させている、のに、同じ、灰色硬質磁器(属柄の別名)磁器が、出土して、同語となっている。

これらが、天皇を、裏付けしていて、明治以降の、近代天皇とは、複合もならず、無関係となっている。

天皇は、史上、夜須と、複合した、痕跡が、最古と、言われる、夜須地方と、中世でも、中国の越州と、複合している、事を、見出すことが、できる。
大宰府と、夜須の、接点は、大伴旅人、家持でも、知られている。これが、中心は、夜須となっている。
大宰府と、春日は、記録も、一致してはいない、、いない。

夜須では、遺跡から、三点の、硯が、確認されていて、象のぬのえ、等が、発見、されていて、越州との、関連が、複合している。

最も、重要なのは、三牟田の、下町、遺跡と、平安中期の、宮廷の、柏木遺跡との、複合は、越州と、複合しているのは、他の地方の、遺跡には、立証するものが、見えていない。














 

援助に、劉邦が、無渚の国の王に、した事が、ビン越治城を、王の国と、認めている

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 9月27日(金)20時34分25秒
編集済
  今は、浙江省、二千年前は、越州と、いっていた、漢祖の劉邦がを、援助したのが、越州の無渚で、あまり知られていなかった、この、越州の無渚が、援助していなかったら、楚項羽に、敗れていたかも、知れない。
この援助に、劉邦が、無渚の国の王に、した事が、ビン越治城を、王の国と、認めている。

この頃の、年号の書かれた、越州窯の、壷を、確認した、越州窯のこの壷に、文字が、書かれていた、出処さきは、日本で、近畿に伝わって、いたのだろう。仮に、中国であれば、日本に、渡ってる、事は、まず、できない、だろう。
この、越州壷は、近畿の地中に、埋まっていたの、だろう。
それは修復されて、いるから、大きさからも、最近の発掘かも、知れない。
保存していたとは、見えない? 時代の二千二百年も、たっており、保存していたとは、思えない。
この、越州壷には、文字が、ならでも、使われていた、事が、越州壷の年号で、証明に、あたる。

越州大壷は、奈良で、出土したのだろう、猿投窯の、須恵器の大壷も、確認しており、初期である事も、形から、認識している。この二点の大壷には、越州窯の特徴が、出ていて、時代の二千年前の、特徴が、出ている。










 

「□ 〔筑前ヵ〕 □兵士卅一」「筑後兵士廿三」は「定役五十四」の内訳と判断

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 9月 4日(水)21時50分30秒
編集済
  大宰府政庁周辺官衙跡Ⅴ ―不丁地区 遺物編2-

本報告書は,昭和46年度から九州歴史資料館が進めてきた大宰府史跡の発掘調査の中で,大宰府政庁の周辺に 広がる官衙地区のうち,不丁地区の出土遺物に関する正式報告書の第2分冊目である。


〈平成25年度報告書作成関係者〉 九州歴史資料館 資料写し
https://www.google.com/search?hl=ja&source=hp&ei=fLZvXfqKMMy9hwPNyZqwBg&q=%E5%A4%9C%E9%A0%88%E3%81%AE%E5%AE%98%E8%A1%9B%E6%96%BD%E8%A8%AD&oq=&gs_l=psy-ab.1.0.35i39l10.0.0..3514...0.0..0.222.222.2-1......0......gws-wiz.....10.EBkAnd80cj4#spf=1567602306219

「□ 〔筑前ヵ〕 □兵士卅一」「筑後兵士廿三」は「定役五十四」の内訳と判断される。
これらは、筑前、奏言郡衛、官衛と、も、いえる。
はっきりと「天平六年四月廿一日」の年月日が判読できる。





夜須観光社 - FC2


kobijiyutu.web.fc2.com






これは、児島宮に、托された、かの、ようだった、お茶の発祥は、福建省武夷で、夜須官衛遺跡、の、上林遺跡が、これから、目を、 ... 国府や駅とともに地方における官衙施設で、郡家(ぐうけ・ぐんげ・こおげ・こおりのみやけ)とも表記され、考古学では郡衙、史料 ...

筑前町八並遺跡は大字三並字八並に所在し、6棟の大型掘立柱建物跡があり、夜須郡衙関連施設と考えられて. いる。夜須町教育

2019/2/2 2018発表 2017発表 2016内容 .... 国府や駅とともに地方における官衙施設で、郡家(ぐうけ・ぐんげ・こおげ・こおりのみやけ)とも表記され、考古学では郡衙、史料上(歴史学)では郡家と表記される傾向がある。
柏木官衛遺跡の、越州窯の、磁器  水指 平安中期の天目茶碗

越州窯の天目茶碗と、藤原成季と藤原成尋上人の、越州、今の浙江省の製作時期一致が、確認した。
足利義満と、この、越州窯の磁器、天目茶碗が、伝わっていたのは、母の里、紀良子の、先祖が、後鳥羽上皇で、あった、それと、越州窯の天目茶碗との、関係は、記録がなく、後白河上皇の頃か、藤原成尋上人の、繋がりが?は、記録がないので、藤原成尋上人か、或は、岩清水八幡家に、伝わっていたので、あろう、宇佐神宮との、関係も、岩清水八幡家からも、天目茶碗が、伝わっていたの、だろう。
中国に、渡ったのは、藤原成尋上人と、鎌倉時代には、重源上人、栄西上人と、越州の、関係は、臨済宋の、関係が、あるのかも、知れない。
足利義満創建という、相国寺から、天目茶碗の破片が、出土したと、解説されていた。これは、夜須上林遺跡出土の、この、天目茶碗が、語りかけていた。https://6729.teacup.com/siyujin/bbs
 

福州の窯跡、の茶壺も、柏木から、出土していた

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 8月 4日(日)16時44分5秒
編集済
  柏木官衛跡から、福州窯、の茶椀や、茶壺は、茶の歴史を、はるかに、さかのぼっている
日本考古学協会は、でおくれ、で何も、判っていない。
ハビアン、佐久間甚九郎不干斎ならでは、茶は判明していなかったであろう。
信盛、不干斎も、によって、茶が、始ったのが、先人たちに、よる、ものが、判明した。
重源、栄西も、夜須に、訪れていたのは、やはり本当か、答えが、出た。

夜須は、藤原北家、と、関係画、深く、熱田神宮とも、児島宮の、先陣の、関係が、表に、出てきた、事からも、豊後の大友宗麟とフカンサイの関係も、あってからの、歴史だった。

佐賀、の龍造寺、末裔が、今も、住んでいた、事からも、深い関係が、あった、事がわかろう。
高取焼は、不干斎と、関係が深い黒田、如水との、関係が、高取焼を、形成したのであろう。

内が磯窯は福州様式が、窯に、見られ、黒田、如水が、作らせたと、読みとれる。
白旗窯の頃は、遠州流か、形成しているのも、今日の、高取焼に、繋がっていて、八山氏が健在の頃、児島宮祭主が、内ヶ磯窯が、茶椀の福州様式と、伝えて、製作された、事を、思いだす。この時にいただいた、杯や、花入れは、内ヶ磯、様式、で、制作された、事が、ある。

西側は厨屋、北側は正倉(みやけ)

筑後国府跡とは
郡衙施設は郡司が政務にあたる正殿・脇殿のほか、田租・正税出挙稲を保管する正倉、宿泊用の建築などから構成される。

筑紫、筑後国府は古代から中世前期までの国府の移転・存続が考古学的に実証された
筑後国府の発掘調査ではこれまでにも、7世紀中頃から後半にかけての遺構が数多く確認され、国府の成立以前に官衙的性格の施設の存在が推定されてきた。
 筑後国府は古代から中世前期までの国府の移転・存続が考古学的に実証された希有の例であると共に、国庁と国司館地区との対になる様相が解明され、しかも国司制度上の大きな変化が進行する時期の国司館跡の実例を示した点でも極めて貴重な例である。よって、史跡に指定しその保存を図るものである。
今回追加指定をしようとするのは、Ⅰ期国庁よりもさかのぼる時期の建物である。筑後国府の発掘調査ではこれまでにも、7世紀中頃から後半にかけての遺構が数多く確認され、国府の成立以前に官衙的性格の施設の存在が推定されてきた。

下高橋官衙遺跡の用語解説 - 福岡県三井郡大刀洗(たちあらい)町下高橋にある官衙跡。筑後平野の北部、宝満川の東側の南西へ眺望が開く場所に所在する奈良時代(8世紀)の郡衙跡。

国司の所在する国府から間接支配程度の統制が行われ、郡司は旧国造などの在地有力豪族であることが多い。





 

福州の窯跡から唐もの、茶入れが見つかった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 8月 4日(日)16時12分26秒
編集済
  唐物茶入を知ることとは茶道の成り立ちを知ることであり茶道の心に迫ることだと思います。唐物茶入は井戸茶碗と同じく見立て物でも謎の多い焼き物であります。何の用途でどこで作られていたのかも判然としないのです。近年浙江省の福州の窯跡から唐物茶入を作っていた跡が見つかったそうなのでここで茶入が作られた可能性はありそうです。また新安沖沈没船に積まれていた唐物茶入に香辛料が詰められていたことが分かっています。唐物茶入は本来茶を入れる壺であったのではなく香辛料を入れる用途で使われていたかもしれません。

同じく夜須から、福州の窯跡の天目茶碗が、柏木官衛倉庫跡から、児島宮文教課が、確認した。
柏木官衛倉庫跡は、三牟田から、玉虫に、かけて、分布した事がわかり、下高橋漢衛遺跡とともに、天皇の御領地で、あった事が、児島宮文教課が、確認した。
柏木一体から、福州の窯の平安中期が、確認でき手いる。
考古学会よりも、いち早く、福州との、つなカリを、児島宮文教課が、確認した。
茶の歴史は、児島宮の先人、藤原北家の、関係なくしては、無かった、といえる。
これは日本の天皇を、語るには、児島宮文教課なくし、ては、解明は出来ないであろう。


 

平安中期の夜須砥上と三牟田の官衛の様子が、見えてきた

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月24日(水)14時38分1秒
  平安中期の夜須砥上と三牟田の官衛の様子が、見えてきた、その。、位置は、大宰府線バイパス沿いの三牟田柏木から、字玉虫の柏木字前田に、文化財の看板、あり、ここが、西方に、なっていた事が、判った。  

てんもく

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月13日(土)14時19分0秒
  てんもく 茶椀  

てんもく

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月13日(土)14時13分59秒
  茶碗  

天目茶碗1078年

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月13日(土)11時01分39秒
編集済
  そうより、とどけられる
 

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月13日(土)10時46分51秒
編集済
  ちゃわん
 

日本の稲作、と、倉庫と官衛になる、までの、経過に、とって、夜須の官衛に、いたる、天皇領地、には、夜須が、何と、いっても、日本随一

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月11日(木)08時40分27秒
編集済
  日本の稲作、と、倉庫と官衛になる、までの、経過に、とって、夜須の官衛に、いたる、天皇領地、には、夜須が、何と、いっても、日本随一である。

日本の稲作、と、倉庫は、筑紫に、はじまって、いて、夜須の地名と、ともに、じゅうよう、になっているとは、歴博も、ここまで、には、いたって、おらず、稲作の先駆が、何処か、さえ、つき止めては、いない、児島宮歴研会。

日本の稲作、と、倉庫と官衛になる、までの、経過に、とって、夜須抜きでは、語れない、児島宮歴研会。
高額の現天が、筑紫、竹枝とかいて、ちくし、と、ビン音。

筑紫とは、古代の、竹簡=木簡
考古学は、奈良に、重点を、おいて、いるが、間違いである。児島宮歴研会。

夜須なくしては、考古学は、成り立たない。
北部九州、先駆なくしては、夜須も、成立しない。

日本の稲作、と、倉庫は、古代の夜須に、中心を、なしている、これは、考古学でも、解明していない。
日本の原点のすべては、天皇にしても、夜須しか、神武天皇も、ここから、生まれている。
紀元前、五十年前に、磐余彦は、松延沼地、から、東征を、初めていた。

上林には、さかづきが、田一面に、散乱 http://kodainolekisikan.web.fc2.com/mokuji.html     しているのが、石井学芸員により、発掘されている。

「豊原国譲りから邪馬台国夜須へ」、ウエーブで、掲載してする。「梓書院」からも、二十年前発売している。
これが、考古学の基本、経過と、なるだろう。
日本の考古学は、、ここから、邪馬台国も、知る事が、できる。

ネットウエーブで、無料で、掲載、しているのを、いい事に、ウイクベキアでも、著作権も、無視、して、いる、ネットウエーブでは、児島宮歴史研究室を、知らないのに、掲載は、不可能であるのに、著作権も、無視、して、いる。










 

筑前筑後に、またがる、郡役所を、発見した。茶は、平安時代には、越州窯の、天目茶碗で、茶道が、始った

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月10日(水)14時31分35秒
編集済
  筑前奏言郡、筑後御原郡、郡役所に、柏木君?が、朝廷から任じられていた。著作権あり

郡制度が、始まり、宮廷に、治める、東郡役所と、西倉庫を、もつ、天皇御領地となっていた、これは、神武以前から、始ったていた。
それは、都の、始まりでもあった。福岡県三井郡大刀洗(たちあらい)町下高橋にある官衙跡と、共存する、朝廷の、始まりを、表す、ものであった。

郡は、兵を、まかなう、為の、当時の、越人(浙江省会稽)の、風習であった。
紀元前百十一、念、に、起こった。著作権あり二百万円、 許可料 無断掲載禁止

福岡県三井郡大刀洗(たちあらい)町下高橋にある官衙跡。

官衙は、朝廷により、行われていて、他に類はない。
神武東征の、跡、岡山に、みやけ、は、作られ、気ゅう手結、と、郡は、ケルト、と、同じ、華夏人の特徴であった。これに、共して、いた、工人も、御供、になっていた。ヤマト朝廷の仕組み、である。
軍には、農業に、携わる者、も、いた。

五世紀には、大宰府政庁や、筑紫館(宿)が、、作られて。隋の使者が、通っている。

夜須官衙跡は、太宰府線、を、結ぶ地点に、東、郡役所があり、西、には、倉庫が、並んで、いた事が、児島宮歴史研究室に、よって、解明された。
これらには、、工人の仕事場が、儲けられ、ヒルハタは、鉄器工房、惣利遺跡は、木工工房、鳥巣、磁器工房、等が、点在していた。

8世紀中頃になると、全て新しく建て直され十一世紀、三十年には、柏木、君が、任官されている。
この頃、の、筑前、筑後の郡役所には、中国の浙江省、から、成田氏によって、茶ゃ、天目茶碗が、鴻臚館や、筑前、筑後の郡役所から、発見されている。

日本では、記録が、今もないので、無断転載は、禁止、ウイクベキア、、でも、無断掲載が、見え、請求書を、送るので、その旨、ご了承ください。ネットでも、無断転載は、禁止、
大刀洗町大字下高橋・大字鵜木

読み方:カショウ(kashou)

平安時代の年号(1106~1108)。


長治の後、天仁の前。1106年から1107年までの期間を指す。この時代の天皇は堀河天皇、鳥羽天皇。
この年代に、柏木、と名付けた。
柏木とは、宮廷の、役職の名


嘉承(かじょう)2年80歳ぐらいで出家した。 .... 八十歳を超えた延久二年(一〇七〇)、第二子成尋阿闍梨が入宋請状を出し、このことが家集成立の因をなした。
https://crazystudy.info/nengo-review

斉衡(854-857年) 前田臣市成、

嘉承(かじょう)延久二年(一〇七〇)、第二子成尋阿闍梨が入宋請状を出し、このことが家集成立の因をなした。この後、日本に帰還した成尋は、夜須の柏木、で、再開した。天目茶碗は、この時、のもので、茶が、夜須、字、上林、で、越州窯の、天目茶碗で、茶道で、飲んだことが、伺える。

これで、茶は、平安時代には、越州窯の、天目茶碗で、茶道が、始った、事が、判る。無断掲載禁止




















 

藤原成季(読み)ふじわらの なりすえ 藤原成季は奏言官衙遺跡(三牟田在)に在任していた

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月 6日(土)19時41分3秒
編集済
  応徳3年(1086)文章(もんじょう)博士となり,筑前(ちくぜん)(福岡県)の国守などを歴任。「中右記部類紙背漢詩集」「朝野群載」などに詩や文章がある。嘉承(かじょう)2年80歳ぐらいで出家した。

父:藤原能通
母:藤原元尹の娘(藤原南家巨勢麻呂流出身)
妻:小野資通の娘 男子:藤原成季
男子:藤原季重
男子:藤原季兼(1044-1101)

妻:高階業敏の娘 男子:藤原季綱(?-?)

生母不明の子女 男子:藤原行綱
男子:興義
男子:実慶

養子女 男子:藤原業仲 - 実は高階業敏の子


子の成季、季綱らも父と同様に文章道によって名をなし、その子孫からも文章博士を輩出したため、実範は後世、南家の家学の祖として一門の尊崇を受けることとなった。また三男の季兼の子孫は熱田神宮の大宮司職を世襲する家柄となった。

人名 平安時代中期-後期の官吏,漢詩人。

「藤原成季」

實視朝臣男藤原成季五才

藤原成季は奏言官衙遺跡(三牟田在)に在任していた

成田成尋が、宋の越州窯磁器から、持ち帰った、柏木遺跡の、官衛役所付近から、出土。





凡例
藤原実範

時代
平安時代中期

生誕
不明

死没
不明

官位
従四位上、文章博士

主君
後一条天皇→後朱雀天皇→後冷泉天皇

氏族
藤原南家貞嗣流

父母
父:藤原能通、母:藤原元尹の娘


小野資通の娘、高階業敏の娘


成季、季重、季兼、季綱、行綱、興義


系譜
?父:藤原能通
?母:藤原元尹の娘(藤原南家巨勢麻呂流出身)
?妻:小野資通の娘 ?男子:藤原成季
?男子:藤原季重
?男子:藤原季兼(1044-1101)

?妻:高階業敏の娘 ?男子:藤原季綱(?-?)

?生母不明の子女 ?男子:藤原行綱
?男子:興義
?男子:実慶





 

成尋阿闍梨母集延久4 (1072) 年に入宋

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月 1日(月)20時01分30秒
編集済
  成尋阿闍梨母集じょうじんあじゃりのははのしゅう 平安時代中期の日記的私家集。『 成尋母日記』ともいう。2巻。 作者は成尋阿闍梨の母で,80歳をこえた延久4 (1072) 年に入宋した子との生別を悲しむ老母の心情が和歌に託されて記してある。

https://kotobank.jp/word/%E6%88%90%E5%B0%8B%E9%98%BF%E9%97%8D%E6%A2%A8%E6%AF%8D%E9%9B%86-79383

天台宗の僧成尋の母を作者とする自撰歌集。成尋は1072年(延久4)62歳で宿願の宋に渡ったが,故国に残された80余歳の老母は,別離の悲しみと成尋の身に思いを馳せる心情を切々として詠歌に託した。集は上・下巻に構成され,上巻は1067年(治暦3)10月から71年まで,成尋の京の門出の前後を中心にした71首(うち長歌1首),下巻は初頭部分を上巻と重複させて尽きせぬ感懐を述べ,71年1月30日から73年5月までの104首,合計175首をほぼ年代順に収める。
別れる前、成尋とともに暮らした岩倉(京都市左京区)から、1071年(延久3)正月成尋の兄弟で仁和寺(にんなじ)の律師(りっし)(一説では成尊(じょうそん))のもとに移り、翌年3月成尋の渡航、さらに翌々73年に至る期間の成尋の音信や作者の切々たる心象、それに往時の回想をも交えて、2、3回に次々まとめられた成尋阿闍梨母(じょうじんあじゃり の はは、永延2年(988年)? - 没年不詳)は、平安時代中期の女流歌人。源俊賢の娘とされるが、京都大雲寺の縁起によれば、堤大納言の娘とされる。陸奥守藤原実方の子貞叙に嫁し、僧成尋・成尊ら2子を生む。 夫とは1014年 - 1015年頃、早くして死別。

。成尋阿闍梨母(源俊賢女(としかたのむすめ))が、80余歳の高齢に達してから、わが子成尋が求道(ぐどう)のために渡宋(そう)したときの悲しみを、和歌と散文をもって書き綴(つづ)ったもの。別れる前、成尋とともに暮らした。

八十歳を超えた延久二年(一〇七〇)、第二子成尋阿闍梨が入宋請状を出し、このことが家集成立の因をなした。巻一は内容的には治暦三年(一〇六七)から延久三年三月まで、巻二は延久三年正月から同五年五月まで、七年間にわたる。

成尋は62歳で母が85歳で入宋しますが、成尋阿闍梨母集に「・・唐に、五台山といふ所に、文殊のおはしましける跡の、ゆかしく拝ままほしく侍るを、年ごろ宿曜に言ひたることの必ずかなふを、『六十一、慎むべし』と言ひたるを、若く侍りしより思ひしことは、のどかに行ひして、人騒がしからざらん所にあらんと思ひしを、今までかくて侍りつるを、年老いて、同じくは死なぬさきに思ふことせまほしきを、唐に、五台山といふ所に、文殊の御跡をだに拝みて、もし生きたらば帰り詣で来む。失せなば、必ず極楽を相見、拝み奉るべきことを思はむ」とのたまふに、「さはまことに思ひ立ち給ふことにこそ」と聞くに、ものも言はれず、あさましう胸ふさがりて、いらへもせられねば、帰り給ひぬ。」とあります。

土佐日記―蜻蛉日記―紫式部日記―更級日記―成尋阿闍梨母集―十六夜日記. だそうです。

律師も帰り給ひぬ。

水鏡といふにや。神武天皇の御代より、いとあらゝかにしるせり。その次には、大鏡、文徳のいにしへより、後一条の御門まで侍りしにや。又世継とか、四十帖の草子にぞ、延喜より堀川の先帝までは少し細やかなる。又なにがしの大臣の書き給へると聞き侍りし今鏡には、後一条より高倉院までありしなめり。誠や、いや世継は、隆信朝臣の、後鳥羽院の御位の御程までをしるしたりとぞ見え侍りし。その後の事なん、いとおぼつかなくなりにける。おぼえ給へらむ所々までもの給へ。今宵誰も御伽せん。かゝる人に会ひ奉れるも、しかるべき御契あらん物ぞ」など語らへば、「そのかみの事は、いみじうたど
?

?
しけれど、誠に事のつゞきを聞えざらんもおぼつかなかるべければ、たえ
?

?
に少しなん。ひが事ども多からんかし。そはさし直し給へ。いと傍いたきわざにも侍るべきかな。かの古き事どもには、なぞらへ給ふまじう〔ぞ〕なん」とて、

愚なる心や見えん増鏡古き姿に立ちは及ばで

とわなゝかし出でたるもにくからず、いと古代なり。「さらば、今の給はん事をも、また書きしるして、かの昔の面影にひとしからんとこそはおぼすめれ」といらへて、

今もまた昔を書けば増鏡ふりぬる代々の跡にかさねん


1 おどろのした

御門始まり給ひてより八十二代にあたりて、後鳥羽院と申すおはしましき。御諱は尊成、これは高倉院第四の御子、御母は七条院と申しき。修理大夫信隆のぬしのむすめ也。高倉院御位の御時、后の宮の御方に、兵衛督の君とて仕うまつられし程に、忍びて御覧じはなたずや有けん、治承四年七月十五日に生まれさせ給ふ。その年の春の比、建礼門院后宮と聞えし御腹の第一の御子、安徳天皇 三に成給ふに位を譲りて、御門はおり給ひにしかば、平家の一族のみいよ
?

?
時の花をかざし添へて、花やかなりし世なれば、掲焉にももてなされ給はず。又の年、養和元年正月十四日に、院さへかくれさせ給ひにしかば、いよ
?

?
位などの御望みあるべくもおはしまさざりしを、かの新帝平家の人々にひかされて、遙かなる西の海にさすらへ給ひにし後、後白河法皇、御孫の宮たちわたし聞えて見奉り給ふ時、三の宮を次第のまゝに〔と〕思されけるに、法皇をいといたう嫌ひ奉りて、泣き給ひければ、「あなむつかし」とて、ゐてはなち給ひて、「四の宮こゝにいませ」との給ふに、やがて御膝の上に抱かれ奉りて、いとむつましげなる御気色なれば、「これこそ誠の孫におはしけれ。故院の児おひにも、まみなどおぼえ給へり。いとらうたし」とて、寿永二年八月二十日、御年四にて位につかせ給ひけり。内侍所・神璽・宝剣は、譲位の時必ず渡る事なれど、先帝筑紫に率ておはしにければ、こたみ初て三種の神器なくて、めづらしき例に成ぬべし。後にぞ内侍所・しるしの御箱ばかり帰のぼりにけれど、宝剣は遂に、先帝の海に入り給ふ時、御身に添へて沈み給ひけるこそ、いと口惜しけれ。かくて此御門、元暦元年七月二十八日御即位、その程の事、常のまゝなるべし。平家の人々、未だ筑紫にたゞよひて、先帝と聞ゆるも御兄なれば、かしこに伝へ聞く人々の心地、上下さこそはありけめと思ひやられて、いとかたじけなし。同年の十月二十五日に御禊、十一月十八日〔に〕大嘗会なり。主基方の御屏風の歌、兼光の中納言といふ人、丹波国長田村とかやを、

神世よりけふのためとや八束穂に長田の稲のしなひそめけむ

御門いとおよすけて賢くおはしませば、法皇もいみじううつくしとおぼさる。文治二年十二月一日、御書始めせさせ給ふ。御年七なり。同じ六年、女御参り給ふ。月輪関白殿の御女なり。后立ありき。後には宜秋門院と聞え給ひし御事なり。この御腹に、春花門院と聞え給ひし姫君ばかりおはしましき。建久元年正月三日、御年十一にて御元服し給ふ。

同じき三年三月十三日に、法皇かくれさせ給ひにし後は、御門ひとへに世をしろしめ〔し〕て、四方の海波靜かに、吹く風も枝を鳴らさず、世治まり民安くして、あまねき御うつくしびの浪、秋津島の外まで流れ、しげき御恵み、筑波山のかげよりも深し。よろづの道々に明らけくおはしませば、国に才ある人多く、昔に恥ぢぬ御代にぞ有ける。中にも、敷島の道なん、すぐれさせ給ひける。御歌かず知らず人の口にある中にも、

奥山のおどろの下も踏みわけて道ある世ぞと人に知らせん

と侍るこそ、まつり事大事と思されける程しるく聞こえて、いといみじくやむ事なくは侍れ。

建久九年正月十一日、第一の御子土御門院 四になり給ふに、御位譲り申させ給ひて、おり〔ゐ〕給ふ。御年十九。位におはしますこと十五年なりき。今日明日、二十ばかりの御齢にて、いとまだしかるべき御事なれども、よろづ所せき御有様よりは、中々やすらかに、御幸など御心のまゝならんとにや。世をしろしめす事は今もかはらねば、いとめでたし。鳥羽殿・白河殿なども修理せさせ給ひて、常に渡り住まはせ給へど、猶又水無瀬といふ所に、えもいはずおもしろき院づくりして、しば
?

?
通ひおはしましつゝ、春秋の花紅葉につけても、御心ゆくかぎり世をひゞかして、遊びをのみぞし給ふ。所がらも、はる
?

?
と川にのぞめる眺望、いとおもしろくなむ。元久の比、詩に歌を合はせられしにも、とりわきてこそは、

見渡せば山もとかすむ水無瀬川夕は秋と何思ひけむ

https://ja.wikisource.org/wiki/%E5%A2%97%E9%8F%A1




 

夜須の官衛遺跡1065年の藤原成季筑前秋月祖

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 7月 1日(月)17時59分24秒
編集済
  父:藤原能通
母:藤原元尹の娘
妻:小野資通の娘 ?男子:藤原成季筑前秋月祖。三並祠に子孫の位牌有?男子:藤原季重
男子:藤原季兼(1044-1101)薩摩地頭、基兼也。
妻:高階業敏の娘 ?男子:藤原季綱(?-?)

子の成季、季綱らも父と同様に文章道によって名をなし、その子孫からも文章博士を輩出したため、実範は後世、南家の家学の祖として一門の尊崇を受けることとなった。また三男の季兼の子孫は熱田神宮の大宮司職を世襲する家柄となった。

https://blog.goo.ne.jp/kunorikunori/e/5a3414526192addc8d1ad144d6411657
成田盛綱  小野成綱の子(弟)。 尾張守護。 後に後鳥羽上皇に使える。
      佐々木姓盛綱の事也。

成田成尋  小野成任の子。 成綱の弟。

中条家長  小野成尋の子。 尾張国守護大名となる。
          評定衆の一人となり「御成敗式目」の制定にかかわる。
          埼玉県北埼玉郡中条(ちゅうじょう)を領した為中条と名乗る。
          南北朝時代のはじめまで小野(中条)氏が長らく守護職を世襲した。
      中条家長の娘。児島宮頼任親王の子、藤原関白家の東寺長者道乗室となる。
      頼任僧正の母

道乗僧正の室となり6人の子を産んで五流を継いだ
頼宴僧正が継がれ、児島範長室(紀家広女子)石清水八幡家の女子

頼仁親王(1201-1264)は、鎌倉時代初期の後鳥羽天皇の皇子で1219年に征夷大将軍候補になりましたが、承久の乱の後に父の後鳥羽上皇らが隠岐に流されると親王もこれに連座し、備前・児島へ流され同地において死去したとされています。

https://www.youtube.com/watch?v=P7cY6gVjCBA&feature=player_embedded#t=46

道乗僧正の室は上沢氏である。
上沢氏は、
上沢姓は、現・塩谷町上沢発祥

この道乗が上沢氏の娘を娶って六子を生み、
その第二子頼宴が和田備後守範長の娘を妻として生まれたのが児島高徳である。

宮家とは、皇室の○○宮ではなく、尊のあてな、をいう。

上沢家長『中原家長』となのった。家長が上沢、を、名乗ったのは?
中条氏は横山党成田氏の一族、藤原氏ともいわれます。
http://www2.ezbbs.net/cgi/reply?id=kojima&dd=22&re=635
中条 家長(なかじょう いえなが、長寛3年(1165年) - 嘉禎2年8月25日(1236年9月26 日))は、鎌倉時代の武将。義勝法橋 成尋(中条兼綱)の子。横山党小野氏の出身。従五 位下、出羽守。 八田知家の養子となり、道兼流藤原氏を名乗って苗字を中条と改名

夜須の官衛遺跡ミヤケ(倉庫)が、字、前田に在していた。
ミヤケ(土地区分)制とトモ・ベ(人的区分)は5,6世紀の統治組織。

郡 太守成季が、筑前筑後を、任されていた。 成尋が、中国より、戻り、夜須柏木前田に、立ち寄った、事が、越州窯の、磁器が、物語っていた。

筑紫国(つくしのくに)は、のちの令制国での筑前国と筑後国にあたり、現在の行政区分では、福岡県のうち東部(豊前国の一部だった部分)を除いた大部分にあたる地域に大化の改新・律令制成立以前の日本古代にあった国である。

7世紀末までに筑前国と筑後国とに分割された。両国とも筑州(ちくしゅう)と呼ばれる。また、筑前国と筑後国の両国をさす語としては、二筑(にちく)・両筑(りょうちく)も用いられる。

小野妹子の子孫たち 武蔵介として京から赴任してきた小野義孝が在名(ざいみょう)を横山とし、武蔵国に留まったところまでご紹介しま ... 成田成任 小野資隆の子。 埼玉県北埼玉郡成田を領した為成田と名乗る。 成田成綱 小野成任の子。 成尋とは兄弟。

母は女流歌人で「成尋阿闍梨母集」を残した源俊賢の娘(成尋阿闍梨母)。 地名の「 ... 横山資孝(資隆) 小野義孝の子。 1004年、朝廷より小野牧の別当に任ぜられる。

成綱の弟成尋はちゅうじょう中条義勝房法橋を称し、成綱の次男盛綱とともに武蔵国中条保(埼玉県熊谷市)に住し.

成尋阿闍梨母集|国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典

成尋(じょうじん)の母 成尋阿闍梨母集の作者 夜須にも、立よって、、越州窯の、磁器が、物語っていた。
大刀洗の筑後官衛遺跡にも、越州窯の、磁器が、発掘されていた。それは、柏木成季が、筑前筑後の太守に、派遣されていた事が記録されている。

文範は小野郷に別業の小野山荘を有しており、寛和元年(985)3月6日に藤原実資が訪れている(『小右記』寛和元年3月6日条)。 ..... 大雲寺古絵図(実相院蔵)」(島津草子『成尋阿闍梨母集・参天台五台山記の研究』〈大蔵出版、1959年12月〉口絵より転載) ...

一六伊勢物語(附解説)塗籠本五交 X 三交七成尋阿閣梨 ... 村田春郷家集小野古道集荷田在満家晋合(加茂眞淵到)懸居家晋賢奪題常座類(同評)村田春道別業集曾常座歌(同)筑波子家 ..

通称は小野僧都。奈良生まれ。延命麿の子、天台宗・成尋と同母弟ともいう。仁海について出家し、1039年、伝法灌頂を受ける。仁海に認められ、曼荼羅寺を付属される。2世になる。1065年、勅命を受け、神泉苑で請雨経法を修し霊験を現した。第71代・後三条 ...

日本の天台宗の僧侶である成尋が1072年、宋代(960~1279)の中国へ ... 容を紹介しながら、成尋が天台山・五台山を巡礼した際の足跡をたどってみたい。 1 成尋の .... 日比野文雄・小野勝年『五台山』(座右宝刊行会、1941年)。

僧成尋・成尊ら2子を生む。 ... 初め興福寺伝法院末明に師事し、その後小野曼荼羅寺(後の随心院)成尊僧都から金剛界・胎蔵界の両部の秘法を学んだ。

小野氏は武蔵. 七党に属する武士で、『諸家系図蟇』所収「党家系図(横山党)」記)に、. とあり、弟の成尋は治承四年八月の ...

小野僧都成尊は、小野曼荼羅寺の開基である小野僧正仁海(九五一~一〇四六)の潅頂付法の弟子で、小野流. の正であるが、 ... 尋阿闍梨母集』に. 滋 「にわしのりし(仁和寺の律師)」と見られる人物が成尊であると推定され、その両親は成尋と同じであり、父は ...

平安時代に入唐・入宋した円仁・恵雲・円珍・成尋な .... 子・. 行. 基. 菩. 薩・. 先. 師?最. 澄. ?. 等. が. 現われたことが知れる。小野勝年氏は、この夢の話が?入唐求法巡. 礼. 行. 記. ? に. み .... 次に宝誌との関連を有する天台宗の僧は、成尋である。

成尋法師母 (じょうじんほうしのはは) = 成尋阿闍梨母 017.笹子 (ささこ) ... 熊野 (ゆや) 022.厳島の有子 (いつくしまのありこ) ... 小野仕女千代 (おののつかいめちよ)

成尋の兄成綱には中条兵衛尉兼綱という末子がいた。この中条兼綱が小田嶋荘の地頭職を与えられたようである。続群書類従本『小野氏系図』 横山資孝の三子の成田成任については、北埼玉郡成田を領有して成田大夫を称したといわれて いる。

家長は武蔵七党の横山党小野氏の出身で、後に藤原氏の一族である八田四郎知家の養子に入り、中条の地に居を構えたとも考えられるとか。 ... 父・成尋は、1180年の源頼朝の旗揚げに参じ、石橋山の戦いに加わっている。






 

夜須の官衛遺跡の、跡を、児島宮歴史研究室が、遂に、発見か?

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 6月27日(木)11時49分52秒
編集済
  夜須の官衛遺跡の、跡を、児島宮歴史研究室が、遂に、発見か?
日本の古代の天皇に関する、官衛遺跡は、筑前国、筑後に、置かれていた。
これが、ヒントに、なっていた、日本の歴史が、どんどん、明らかに、されて、いる。
町にプロジェクトを、つるのを、申し入れたが、
今だに、協力の、電話も、しない。

先に、発表したのは、この理由では、間に合わないと、感じた、のは、道の駅の発足と、同じと、、感じたからである。

広範囲な、官営倉庫は、稲作と、深く関連していて、後の文徳天皇が、描き残した、古代の「郡」の始まりでもむ、あった。
それが、この、「奏言郡」に置かれ他、た、官営倉庫?の、いわれとなる、岡山の官営倉庫が?何故三宅(ミヤケ)と、呼ばれていたのか、解明は出来て、いない。
児島宮歴史研究室が、この、岡山の官営倉庫が?何故三宅(ミヤケ)と、呼ばれていたのか、が、研究と、同時に、解決している。
日本史には、解明されていなかった、古代の、文字が、夜須から出土したように、
解き明かされて、ゐる。

ミヤケとは、?天皇同語に、ある、天皇を意味していた。
つまり、天皇御領地と、文徳実録に、いるされている、通りと同じ意味。

ここに、夜須は、日本の起こりでも、あったと、この、夜須の官衛遺跡が語っている。
天皇之稲作は、倉庫から、はじまっていた。
其処に葉は、都、と、なっている、のが、表れている。
夜須は、日本の始まりでも、あった事が、出ている?
遺跡が、語る、紀元前十一年~前五十年が、夜須を、物語っている。

夜須は古代から、天皇と直結していた、事がこれで、わかった。倉庫と、役人が、常駐していた、施設?は、珍しい、発見となった。
日本では奈良が、天皇の始まりでは、無かった事が、稲作倉庫に、表れていた。
倉庫は、天皇の官営倉庫が?何故三宅(ミヤケ)だったのか、ここに解決。












 

古代より天皇御領地、夜須官営遺跡、と筑後古賀の上、官営遺跡の、柏木成季が、すごかった、茶の歴史が、遡った

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 6月14日(金)15時50分9秒
編集済
  ここ夜須は、前漢時 世宗武帝 に、紀元前百十一年に、始った、劉邦を、助け、無渚は、ビン越、を。起こし、子の丑王(ウガヤ)か、夜須を都としていた、
紀元前206年 - 紀元前195年頃ヨーロッパでは、ローマが、ケルト、のいなくなった、頃とされる。
ここに、ケルトが、帰還し、越は融合した事が、治城で、解明できた。。ビン越は、結成、されていた。
それから、九州に、移動した、ビン越は、丑王越王の基、国の礎となっていった。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2
外戚の王莽が8年に簒奪を行って新王朝を建国し、漢王朝はいったん滅びた。
この頃、大野城に、に、王莽の陰が、遺跡から、見られる。
この頃紀元25年 - 57年 、大夫が、世祖光武帝に、使役となり、印綬を、うけて、持ち帰っている。

時代は、移り変り、古都に、政庁を、起こし、大宰府と、名付けたのは、華夏の、礼に、よるところから、大宰を、派遣した。これを、大夫と呼ぶ、越の封建制度の習わしであった。

文字と夜須、
先秦(せんしん)とは、中国の歴史区分で、秦以前の時代を指す。先秦時代ともいう。遠古から秦によって統一された紀元前221年までであるが、春秋戦国時代を指すことが多い。 まだ、未開国だった、日本は、
夜須遺跡の中から、硯が、氏ゅ都度していた、事、からも、文字は、使われて、いる事が、夜須で確認されている。
斎衛二年の、文徳天皇、記録には、夜須とは、せず、奏言郡大領と、記録が見え、
前田の臣市成が、記録されていた。夜須の早期に、見られる、人物である。
古代の郡とされ、奏言郡大領は、天皇御領地と、なっていた。今も、
奏言郡(夜須、は、天皇御領地として、児島宮も、その中に、入っ手いた、が、明治二年になり、国に、とりこまれた。
筑前町(旧、夜須町は、古代から、天皇、御領地として、明治以前まで、続いて、いた事が、日の丸、国旗の、作成が、中津屋で、制作されたのが、国旗と、なった、理由と、なっいた。この地は、今でも、天皇、天皇御領地なのだが、筑前町になり、宮地も、国接収、、されたのは、今の国会も、天皇も、疑われる、原因と、なった。

柏木成季とは、武蔵の国の成田成任の子として、筑前筑後の、官衛施設に、任官していた。
その、夜須の官衛施設が、存在する事も、不可解に、なっていたが、磁器が、出土、していたが、その磁器とは、中国の越州から、もたらされて、いる事は、児島宮文教課は、知っていたが、官衛施設については、古本に、記されている、くらいで、近年まで、解明は、されていなかった。

今、教育委員会文化財課の、協力と、小郡にある県の九州歴史資料館学芸員の、協力を受けて、調査が、始まる、事に、至った。
夜須に官衛施設が、あた事は、知られていなかった、が、
小郡や久留米に国府の前身、筑後古賀の上、官衛施設が、https://www.city.kurume.fukuoka.jp/1060manabi/2050bunkazai/3020maibuncenter/2014-0611-1047-551.html


あった事が、繋がりと、なって、夜須筑前町の、上林遺跡と、柏木遺跡から、教育委員会文化財の調査、の時、児島宮歴史研究室は、立ち会って、いた時、中国越州窯の、磁器が、出土していた、事は、判っていたので、磁器のルートは、千二百年前頃の、遺跡、と、
判っていたので、
今回、調査、された、道路建設に、より、県の文化財課、赤司担当、の、上林遺跡から、出土していた、官衛施設の場所が、磁器の確認により、より鮮明に、解明するに、いたった。
夜須町文化財課の石井女史の、担当した、柏木遺跡から、出土した、
越州窯の時期を基に、画像一を、記す。
画像一は、越州窯の、壷で、これは、茶の最古の、起こりとなり、画像二は、磁器椀で、福岡の鴻臚館の越州時期と、一致、する。
これにより、夜須の、官衛施設の全容が、見えている。

久留米の、元、立洗い、古賀の上官衛施設と、ほぼ八世紀、同時期であり、久留米の官衛施設の調査の折、
太刀洗い教育委員会文化財課の、協力も、あって、越州窯の磁器は、容易なく、すすんだ。
これは、の後に、久留米に、民営化により恫喝となった、
後、久留米教育委員会文化財課の、協力も、あって、出土した、越州窯の磁器の撮影に、至っていた。
http://kodainolekisikan.web.fc2.com/klumevnkazai.html
ここに筑後官衛施設の解明が、進行していた。
調査によると、筑後官衛施設調査の説明によると、この遺跡には、特徴が、残っていて、筑紫大地震の、後が、筑後官衛施設にあると、説明あり、時期年代が、凡そ、判断できていた。
ここで、同時期の、夜須官衛施設の、状態が、見えてくる。児島宮歴史研究室より
同時期の、夜須官衛施設は、、太刀洗い教育委員会文化財課の調査と、ほぼ
同時期と、いう事が、見える。
小郡の、官衛施設は、岩田上遺跡からも、時期年代が遅い、事が、読みとれる。

夜須官営遺跡のすごさは、、官衛施設だけ、では、なかった、日本の歴史が、鮮明に、なったのである。
中国との、交易が、夜須に見られて、成田成任の、子が、成季で、秋月祖、と、なっていた事、が、夜須郷土史会で、発表されていて、この、成田成季が、筑前筑後の、官人であると、児島宮歴史研究室より、解明できる。もっと、すごいのが、越州といえば越国、児島宮歴史研究室であり、、繋がり、では、基本にしている。

越国は、お茶の産地で、ここから、日本のお茶は、関連している、徐福も、浙江省徐福村の出身で、八女と、関連すると、なっていたが、八女に関しては、児島宮歴史研究室は、何も学んで、おらず、鎌倉時代の、栄西上人が、茶を、もちこんだと、伝わっているが、夜須には、成田成任の、子、が、http://www2.harimaya.com/sengoku/html/narita_k.html
次子成尋の子に出羽守家長(義勝)は、児島宮、後鳥羽上皇の子頼任親王、の名で、その子が、東寺長者 道乗僧正の嫁となって、いた。
お茶の関連が、佐久間信盛の、子、信栄不干斎(ハビアン)と、ともに、茶道の千宗庵(利休)と、堺で、会合していて、茶との、関連は、ここから、始まっている、事が、わかる。
ここからも、茶器との、関連が、見えていて、遠祖の、出羽守家長(義勝)は、児島宮と、関係が、ある事が、判ろう。

茶と、茶器の、始まりは、朝倉郡、夜須官衛施設から、九州に、広まった、事が、見えている。
栄西は、夜須官衛施設よりも、後に、なっている、ので、茶器でも、判るように、茶の歴史は、夜須が、初現と、なるだろう。浄土寺は浄土寺(じょうどじ)は、兵庫県小野市浄谷町にある高野山真言宗の寺院。、栄西と、関係していて、住職とも、児島宮は、知り合っている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%84%E5%9C%9F%E5%AF%BA_(%E5%B0%8F%E9%87%8E%E5%B8%82)

高野山は、東寺長者 道乗僧正の、門跡でもあった。

ここで、日本最古の上林遺跡出土、天目茶碗の、撮影に、教育委員会文化財課の、協力に、児島宮歴史研究室は感謝申し上げる。画像三 越州窯天目茶碗日本最古


この記事は、禁書




http://

 

レンタル掲示板
/13