teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


卑弥呼に成敗された、羽白熊鷲の墓が夜須に出てきていた

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 3月20日(水)11時51分10秒
編集済
  ヒミコ(神宮皇后)が夜須の原で、退治した、場所は、四三嶋の、墳墓という事を、児島宮歴史研究室が、解読した。羽白熊鷲は秋月の野鳥に住んで、いて、出土した土器跡が確認できる。三世紀の夜須が、まほろば、だった。

皇后が、「熊鷲を討ちて我が心安し」と言った事から安野という地名が、つけられた。東、小田は、同じ地にある。東小田小学校の、近辺に、墳墓が、あった事が判った。
羽白熊鷲は、安の農家の取り入れ時、襲っていた、山賊とも、云える、それは、神に対する、皇后に、刃向った、が、暴かれた。


羽白熊鷲は大国主の匈奴熊襲を引き継ぐ朝倉匈奴の頭領であった。とあるのは、作り話、し、大国主出雲は、神の国と言われるのを、間違いとしたのは、作者の、考えの事であろう。
おおなむち、神社は、神に刃向う、暴徒と、なれば、歴史感が、大きく変わる。https://ameblo.jp/hiborogi-blog/entry-12327355742.html
今の日本の、全てが、神に刃向う、暴徒と、なれば、歴史感が、大きく変わる。

神が日本にとり、何なのか、今の、時代が、歴史が、真実なのか、見えてきた。神は無意味では無く、悪魔は、無意味となっている。
今の時代が、大きく変わってくるであろう。

羽白熊鷲は、神に刃向う、暴徒と、なれば、歴史感が、大きく変わる。はっきり見えている。

善とは何か、悪とは何か、これで見えてこよう。

全国の神社仏閣とは、本当に、神とほとけ、なのか。疑われる、今の日本? 神に逆らって、どうなる?
今起き手いる、神に対する、暴徒は、相撲協会、はじめ、NHKテレビ局、つづける悪事、に神は、あきれている。

神の乗る、車が、警察、と実行者による、真横からの待ち伏せ、、突撃で、大きな損害をださせた、神に刃向う、悪魔は、どうなるのか。現代が、問われる時、が、きたようだ。

神功皇后が西下ざれ、新羅を討たんとされている当時、朝倉地方には、羽白熊鷲という強力な首長がいて、 朝廷の命にも従おうとしなかった。そこで筑紫の国に入られた神功皇后はまず、これを討たんと決意され、 策を立てて夜須町安野原におぴきよせられた。

http://amagiasakura.net/asakuranomonogatari/kumawashi_sosite

やはり神に刃向う、https://www.oonamuchi-jinja.or.jp/about/ と出雲の大国主。歴史観が、替わる。 神社とは、何なのか。神に刃向う、魔物は、神ではない。

人間を、お造りになった、神、に、やはり神に刃向うのは、天罰しか、無い。


相撲協会、はじめ、NHKテレビ局、つづける悪事、に神は、あきれている。

相撲協会は、天神本社の、神事に、刃向い、数々の悪事を積み重ねて、きた、江戸初期より、神事相撲は、相撲御免制度というのが、あり、神なくしては、開催出来なかった、例え熊本の吉田司家でも、神無しでは、出来なかった。 天皇将軍で、あっても、神事は、天神裔で、なければ、開けなかった。
それで、どうしていたか、が、明治まで、神事は天神しか、開催、行えなかったとある。
児島宮は、江戸時代より、佐久間不干斎の、天神、宮として、筑紫夜須に、置かれていた。
相撲には、下高場の幾竹家、が、天神、宮に、仕えて、いたまので、座主として、任務されていたとある。

座主とは、門跡に仕えていた、職の事。天神宮は、鎌倉期より、東寺長者道乗という、祖、が天皇、の斎事を取り持っていたという、歴第が、室町期にも、江戸期にも、斎事を、行う天神宮となっていた。

明治以降は、神に刃向っていた事が゜今に続いている。










 
 

夜須は、、天皇御領地で、あるのに、明治革命で、天皇御領地は、消され、伊勢は、残すのは、逆様である

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 3月 6日(水)20時34分54秒
編集済
  夜須と日本の古代は、同源であるが、筑前町は、違う文字である。
日本の歴史とは、異になる。
しては、すべてが、間違いの元になる。

答えに、ならない。

筑前町は、基にもどすべき。

始まり、あって、終わりがあるの如し。

日本の古代は、筑前町の、名は、ない。

夜須は日本と、共存している。

夜須は文徳天皇のおり、三牟田には、前田臣市成゜(菅原道真の元祖)が、大宰府政庁の官任として、三牟田官衛に、任務していたと、大宰府政庁に、札(木簡があり)、事実を、語っていた。゜九州歴史資料館保管」

斎衛二年、この地は、奏言郡しあり、夜須全体が、天皇御領地とある。
今では、前田五三五が、児島宮になっている。
篠隈は、もともと、天皇御領地になっいたので、四熊と、黒田長政が、官地していた、面積を残すばかりである。大木は国のはじまり、に、なっていた、ウガヤ王、平山の、守り場所だった。
篠隈は、天皇御領地で、あるのに、明治革命で、天皇御領地は、消され、伊勢は、残すのは、逆様である。
日の丸国旗は、ここから、孝明天皇へ、託された、起こりであった。
国旗を、染めさせた、児島宮儀平の室が、黒田長溥の女であった。
久留米の大善寺に、残っていた、系図は、今失われている。
この付近には、官衛があったという。この官人は、三牟田と筑後を、かねていたという。成田季成とあり、後に、秋月氏の祖と言われた。後の黒田長興は、児島宮元祖の、甚九郎長成の弟であった、黒田如水の繋がりが、ここに見える。長政公の児島宮との、始ったのも、岡山児島との関係が、あった事がわかる。

奏言郡とは、天皇に、奏上するという、意味が込められている。弥生のウガヤ朝廷が、あった、事が、古代に、万葉集にも、大伴家持、旅人の、記録が、語っている。
今の筑前町は、古代を消すために、民営化したものである。
夜須町は、弥生時期の朝廷が、存在していた。
神武天皇は、ここから、東征したのである。松延の上方に、遺跡あり、ここから、東征した、杯が、いしい女史の遺跡調査で、確認している。

明治以降、夜須は、古代を、消すのに、政府と天皇が、偽天皇で、あったために、記録は、消されている。

夜須は、、天皇御領地で、あるのに、明治革命で、天皇御領地は、消され、伊勢は、残すのは、逆様である。

古代の朝廷が、遺跡の存在であると、承認しておく。

何人たりとも、古代の朝廷は、正しく、取り扱わねば、天神に、逆らう事に、なるであろう。

日本の原点は、夜須の原点に、行きつく。
祝詞でも、正しく、伝わっている。
筑紫の日むかの立花の小戸の大木原は、篠隈で、地は、大切に、残さなければ、神に逆らう事になる。


天皇御領地を、消した、明治が、神に逆らっていた事が、今から、わかるであろう。
相撲協会の、神は、児島宮が、取り扱って、いたのに、今の国技は、神はない。
NHKとN丁丁が、インターネットにも、消しているのが、神に逆走が、読みとれる。
厚生労働省も全国の医院から、薬局に、変更させたのも、神に逆走が、読みとれる。
日本赤十字社は、偽天皇により、管理されていた。
日本は、ここに、偽天皇の即位は、神とは関係無い事を、告げる。というのは、素人が、明治から、見せかけの、てんのうに、見せかけていた、のだろう。



















 

大宰府神社大門の前に、建っていたという三十塔は七條院家の屋敷跡だった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 2月 9日(土)16時49分41秒
  大宰府神社大門の前に、建っていたという三十塔は七條院家の屋敷跡だった

大宰府は、児島宮とも、関係しており、七條院家の、屋敷跡で、三十塔が、大宰府神社大門の前に、建っていたという。七條院家は、後鳥羽上皇の、母方の事である。

大宰府神社といえば、天神総本社と、言われているが、間違った伝説が、何故おきたのか?
それは、間違いは、といえば、
天神様?所謂?
天神と、していたのが、(神の読みとり)の、間違いが、於きた原因であろう。今、「児島宮は、その間違いに」読みとる事ができたのは、神を偽るのは、神に逆らう事に、なるから、正しく神の尊さを、守って行かねば、ならないからという。道真公は、神ではなかった、という事が、夜須の記録に、文徳天皇が、記録に、述べられている。斎衛二年、こう記録、してある。
官衛大宰府政庁に、朝廷に、献納するため、
夜須郡、奏言郡大領は、天皇御陵地とあり、それが天皇の周り、の平安末まで、引き継がれていた、
「官衛大宰府政庁に、朝廷に、献納するため」に、届けられる為、前田臣市成という、前田住い官人(官衛倉庫)だったという事。
前田臣市成とは、道真公の、先祖である。
前田氏が何故菅原家に、姓が変わったのか?
という事だろう?
それは、養子に、菅原家に、行かれたとある。
それは記録が残っているから、真実である。
というのは、菅原家の本人が、述べている、から、
桃山時期の、前田種利という、児島宮のご先祖にあたられる、から、であった。
お許し願って、記録している訳である。
ここに、菅原家は、神? 天神、では、なかった事を、申しあげる。
それは、児島宮こそ、『天神門籍』に、なっている、からである。

、『天神門籍』とは、天神七代の後裔に、なっている。
初代は、夏王朝の、七代目を、越国の元祖であり、無予と、記録されている。
日本の元祖に、中られる方、紀元前の、初代となっている。
 

四熊は、その昔 天神祭祀が行われ、その地は天神御領地(天皇)となって、今に伝えている事が、判った

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 2月 5日(火)17時42分35秒
編集済
  今は天孫降臨地と、天神裔が、受け継いでいる  天神裔 血筋の末。子孫。

遠い辺境。「四裔」デジタル大辞泉

 デジタル大辞泉 - 天神の用語解説 - 1 《「てんしん」とも》天の神。あまつかみ。⇔

こはな【裔】子孫。後裔こうえい。血統。 「帝皇の-/日本書紀 允恭訓」


第一章 昊天神裔(3)

天孫降臨地と、天神裔が、受け継いでいる

天の安河にある五百筒の磐石(いわむら)となる
天の安河を隔てて、向かい相、ひて、すなわち、天の安河にある五百筒の磐石(いわむら)となる、は星の事をいうなれば、、天の安河は天上銀河の義なり、又、比神、丑王は天の安河を相向ひ、となるは、皇居、の辺(ほとり)を、流るる河の義ナリ、、

皇居は神の降臨原初地に、原初作られたとある。今その地は、五百筒の磐石となっている。



 

児島宮に、長政公が、訪れていたのも、そんな、関係があった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 1月13日(日)11時13分3秒
編集済
  児島宮のお話しを、いれてみだいと、思い、ここは黒田藩の統治した領地となっていました。
この篠隈村はその黒田如水公が、ハビアン氏に与えた土地でございました。ハビアンというのは、豊臣秀吉、から伽集になった方で、家康の時伽集となり、秀忠の時も伽集となり、家光の時も、伽集になられていた方でございます。そんなこと等少しも知らない、村人は、
神社や墓所さえも、部落の人は、祭主から、剥奪してしまいました。これで祭主の守ってきた、土地や神社や墓所さえも、関係外と、なりました。
これはオオナムチ神主が、祭主に、伝えた言葉でした。
ここで関係外と、なりました。
ですが、祭主は、それで、いいと、いう訳には、いかないのです。
そこで児島宮のお話しを、入れてみる事になった次第です。
夜須町役場は、篠隈、のハビアンの、ゆかり、だとは、知ってか、知らずか、いろいろ不合理な、事件を招いていました。ふれたくは、ないのですが、児島宮にたいする、あまりにも、無尽道な態度には、日本の天神末裔として、国民の為には、神までも、なめて、しまった、行為は、日本も終わりだと、なり兼ねません。

黒田如水公と長政の、甚九郎信栄(ルイスフロイス、よりハビアンの、名を賜り、長崎天草にも、伊達政宗公とも、親しく、色々な、役目を、成し遂げられた、お方で、ございます。

児島宮は、インターネットでも、国や諸々の、お話しを、させて、いただいて、おります。
報告も、二十何年、行って、おりますので、国の為、国民の為と、思って、頂ければ幸いに思います。
今日本は、非常に、危険な時期、それは女真族、が日本を、奪い取って、しまいました。このように、なっているとは、感じられない、と、存じますが、国の災いは、みんなの手で、守らなければ、ならないと、そこで話は、お伝えする、以外には、無いと、みんなで、戦おうと、存じている次第です。

ここで黒田除水公との、関係を、お話ししたいと、思います、
官兵衛様は岡山の 生まれで、、甚九郎の祖先にあたる方南北朝の児島高徳の里で、佐々木盛綱の一族としてお生まれになり、
今の岡山林、熊野神宮のちかくでした。そんな関係もあったのかも
この地は加地氏(佐々木盛綱子)が、後鳥羽上皇子、頼任親王が、承久の乱で、流された
のが、今の熊野神宮の場所にあたります。

その三代が、児島と、古くから存在、していて、児島高徳と、いいました。
父は頼宴僧正といい、尊氏をお救いになられた、方で、その息、義詮公、の妻、良子様とは、御親族に、当たられるお方でした。こんな事、が甚九郎ハビアン、と黒田如水公の関係に、なっていました。

黒田如水公の、三回忌、が福岡の天神町で行われて、いました、それは関係が深かったのでしょう。
ハビアンが、この時、バテレン教会で、説法したそうです。
長政の、猶子、は、ハビアンの次男、長興(東京浅草の浅草寺が、菩提寺)だそうです。

児島宮に、長政公が、訪れていたのも、そんな、関係があったそうです。

勝立寺 天神4丁目
 この寺はかつて黒田如水追悼聖堂のあった場所と推測
されています。如水は京都の伏見で1 6 0 4 年に亡くなり、
その遺言によって博多の教会に運ばれました。当時すで
に信仰を捨てていたと言われる黒田長政は、父の死を
きっかけに教会に好意を示し、追悼聖堂の建設を許可し
たと言います。翌年、聖堂は完成し1 6 0 6 年には献堂式
を兼ねた如水の3回忌が営まれましたが、1 6 1 3 年、禁教
令に先立ち解体されました。長崎県外海町に伝わり、現
在日本2 6 聖人記念館に所蔵されている「雪のサンタマ
リア」はこの聖堂の祭壇画の一部と考えられています。
 このお寺の縁起では1 6 0 3 年創建となっており、「石城
問答」と呼ばれる宗教問答で日蓮宗がキリスト教に勝
ち、黒田長政からキリスト教会の土地を賜り、勝って立
てた寺で勝立寺になったと表記しています。黒田家が政
策的に時の流れを1 0 年ほどはしょったことが考えられ
ます。(出典:イエズス会年報・筑前国続風土記)

http://fukuoka.catholic.jp/daimyo13siseki.html





 

今の日本は、国会から暮らしに至るまで、すべて書き変えた、何がまちがっているのか?

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2019年 1月11日(金)11時43分41秒
編集済
  今の日本は、国会から暮らしに至るまで、すべて書き変えた、何がまちがっているのか?
自然は日本の名で、その訳は太陽をアマテラス大神として、きた、のは、自然は至空であり、世界の人間に、何へだてもなく、平等に光を、与えられた。世界に国をそして神を植えられたのは、紀元前五百年頃の、ケルト人、と伝わり、今その謎が、児島宮歴研会により、明らかにされた。

ケルトとは、よそもの、と仮称されている。
詳しくは、児島宮で検索されたい。



自然は至空であり、至点(してん、solstice)とは1年に2回、天球上において太陽の赤道面からの距離が最大となる瞬間、またはその時の太陽の位置を指す語である。日本語では2つの至点はそれぞれ夏至点(太陽の赤緯が最大となる点)・冬至点(太陽の赤緯が最小となる点)と呼ばれる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%B3%E7%82%B9

嘘が学問となっている、これが教育?  何がまちがっているのか?理由

本当の日本は、至空とは、善悪が至空と、同じであるのに、今はすべて間違っている。。
では善悪は、誰が決めたのか、それは天神が、?  天神とは、日本史では、日本は七代とだけ書いてある。
日本では天皇は神として、称えられている、それは天皇は神にあらせられ、と万葉集に、書かれているのは、本当の、当時の人が、朝廷では、そのように、なっていた事が見えてゐる。

この頃の天皇は、、至空にあった事が見えている。それは国を代表する人物であることは、間違いない。
だから、この時の天皇は至空に、住まわれて、いると云えよう。
だから、日本の天皇すべてが、至空の天皇では、無い、これは始めて明かすもので、それは、後にお話しする事にしたい。

天皇すべてが天皇では、無い、ではなんで天皇と書かれているのか? 天皇を、名乗るのは、神に対する反逆であり、明治以前まで十六葉菊紋が、天皇であっても、違う? ので、使う事は出来なかったのである。

今の、神を称えられている、全てが、今のすべて、を表すものとなっている。
これが本当の日本では、なかったと、いう事になる。間違いだらけの、日本は、ここに出ている。






ウガヤ尊とは丑王ことヤ八尾王とも、よぱれていた。それは紀元前百十一ねん前に海を船で十万人を引き連れて、北部九州に、着いて、其処に五十年間、都夜須として松延に五重塔を建て、始めて祭祀にいそしんだ。

住居は高床式で、農業がはじまっていた。それを根拠とするのが梨の木遺跡の住居の北、中央に竈があり甑(こしき)で蒸していた事がわかりました。夜須遺跡の広域から甑が出土しているところから、奈良よりも五十年程前だったことがわかり、教育委員会文化財の土器づくりを、朝鮮説をぬりかえるものとなりました。それは児島宮と平山にあり、天皇の名が平山としたところに、隠されていました。児島宮と平山はインターネットで児島宮歴研会で発表しておりますので、ご覧ください。

     梨の木遺跡







                                                             http://kodainolekisikan.web.fc2.com/








屏山平山治城ビン越無渚

ここで、日本で天皇としていたのは、古代中国の夏王朝の天神七代無予しか、天皇とは言わない事が判りました。天皇の名が、ひらやまとしたのは、屏山平山治城ビン越無渚、、天神七代無予にあった事が最近判りました。京都清水寺七味屋の前に、日本の年号紀元何千年というのが、ここにあったのですね。 国はここから始まったという訳です。

今の天皇は証明するものは、何一つ、無いのですから、神に反する行為は、日本人の恥となっています。
何もかも、間違って、いたのです。

天皇とは、古代中国の夏王朝の天神七代無予の子孫、似(ジ)で、なくては、ならないのでした。、
日本の古代史が、間違って、いた事で、混乱していたのですね。
日本でも天神七代の事が、さかんに、いわれて、いて、神世七代 - Wikipedia
神々の総称。伊勢神道の説で、地神ちじん五代(天照大神あまてらすおおみかみより鸕?草葺不合尊うがやふきあえずのみことに至る五代)に対していう。 これって、解読が間違っています。


大辞林 第三版の解説


てんじんしちだい【天神七代】







記紀神話で、国常立尊くにのとこたちのみことより伊弉諾尊いざなきのみこと・伊弉冉尊いざなみのみことに至る七代の時代、また、その神々の総称。伊勢神道の説で、地神ちじん五代(天照大神あまてらすおおみかみより鸕?草葺不合尊うがやふきあえずのみことに至る五代)に対していう。「古事記」では国之常立神くにのとこたちのかみ、豊雲野神とよくもののかみ、宇比地邇神ういじにのかみ・須比智邇神すいじにのかみ(この二神以下の対偶神は二神で一代)、角杙神つのぐいのかみ、活杙神いくぐいのかみ、意富斗能地神おおとのじのかみ・大斗乃弁神おおとのべのかみ、於母陀流神おもだるのかみ・阿夜訶志古泥神あやかしこねのかみ、伊邪那岐神いざなきのかみ・伊邪那美神いざなみのかみの七代、「日本書紀」では国常立尊、国狭槌尊くにのさつちのみこと、豊斟渟尊とよくむぬのみこと・埿土煮尊ういじにのみこと・沙土煮尊すいじにのみこと、大戸之道尊おおとのじのみこと・大苫辺尊おおとまべのみこと、面足尊おもだるのみこと・惶根尊かしこねのみこと、伊弉諾尊・伊弉冉尊の七代と相違がある。神世七代かむよななよ。

てんじん‐しちだい【天神七代】 とは天皇とは、古代中国の夏王朝の天神七代無予の子孫、似(ジ)で、なくては、ならないのでした。、https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A9%E7%A5%9E%E4%B8%83%E4%BB%A3-578313



日本神話で、天地開闢のとき生成した七柱の神。また、その時代。「古事記」では国之常立神(くにのとこたちのかみ)、豊雲野神、宇比地邇神(ういじにのかみ)・須比智邇神(すいじにのかみ)、角杙神(つのぐいのかみ)・活杙神(いくぐいのかみ)、意富斗能地神(おおとのじのかみ)・大斗乃弁神(おおとのべのかみ)、於母陀流神(おもだるのかみ)・阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)の七代。「日本書紀」では国常立尊(くにのとこたちのみこと)、国狭槌尊(くにのさつちのみこと)、豊斟渟尊(とよくむぬのみこと)、埿土煮尊(ういじにのみこと)・沙土煮尊(すいじにのみこと)、大戸之道尊(おおとのじのみこと)・大苫辺尊(おおとまべのみこと)、面足尊(おもだるのみこと)・惶根尊(かしこねのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の七代。神世七代(かみよななよ)。

※前田本水鏡(12C後)上「天神七代〈略〉二神むかしあめのうき橋のうへにして」

※義経記(室町中か)四「てんじん七代地神五だいは神の御代」 これは、間違った解読です。

日本のテンノウは、中国の天神に、あったのです、今は子孫は夜須にいる事も、明らかとなり、児島宮と平山はインターネットで児島宮歴研会で発表しておりますので、ご覧ください。

無駄な、皇室も宮内庁も、インチキで、日本人を、騙していた事が判りました。
とりなす、者は、日本の神から、そしりを、受けるのは、仕方ありません。
今、日本の神社は、神と偽って、いるのは、許され、ないでしょう。
きちんと、守ら無くては、行けない、そうです。
中国での他世界では、うの祭祀を、国を、あげて、行っているそうです。日本はすべて、間違いを、起こしていた事は、明らかでしょう。







 

発祥は中国の夏王朝に始まる神と呼ばれる家である。今までとは違うので、とはいえ、日本は礼で礼答えよう

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年12月 3日(月)15時43分10秒
編集済
  児島宮は天神、だった事がようやく判りました。発祥は中国の夏王朝に始まる神と呼ばれる家である。いままでとは違うので、とはいえ、日本の神の天皇も、宗家として、取り扱われるのは、日本の神総本家として、国民が、そつ、に扱う事にもなりかねない。以下神うるう人間になってほしい。

神と人間の関係について学ぼう

「騙り者の大悪人」
明治、大正、昭和、平成に至るまで、お前たちは国民を騙すばかりか、遂には憲法を立ち上げ法、を使い果てには、国家まで、いや日本人国民まで自分たちのいうがままに、した。

それは自分たちの思いがままに、熊本の催眠燮法と同じ事だ。

お前達は偽天皇と知りつつも、そのままにしてきている、あろうことかお前たちは来年には又も政府、揃って同じ事をやらかそうとしているのは国賊にある。ネットでもこれは誰も解る事であるが、国民は何も知らないか、まさか本当の事だとは思う者は誰一人いない。国を憂う者はいないのか?
祖の為に

あえて、その為に、本当の事を明らかに、しなければ、国の為人の為にはならんい。
それは無意味な時代になっている事を知らねばならない、その為に国民を。まだ誰も何にも気が付いてはいないと教える?
この悪政は、これまでの年間、明治、大正、昭和、平成に至るまで、お前たちは国民を騙すばかりか、改めなかったではないか。

それは人間として許すことはできない。

宮内庁これらは暴力団と違いはそれ程変わらない、

明治、大正、昭和、平成天皇は革命から、革命派から作られた、只の、てんのうを名乗る騙る支配者であり、只の悪人朝鮮人、天皇は日本の歴史では、天皇は、神武天皇後胤だけ、天皇として存在する。
この天皇家には最近それらを表す証拠が判っている。
宮内庁は明治に作られた、天皇には関係ない宮内庁である、その為に真実の天皇之事をまったく知っていないが宮内庁である

これは権力の為だけに創られ、騙り者の朝鮮人の明治政府の頭目明治天皇を、政府のこれまでの天皇、日本の統治に、続いているように隠すために虚構にしたのがも今の日本の型になって虚構している。

「昔と今の天皇は無関係な騙り者大悪人だった」
今の日本は昔と違い憲法国家に早変わりした、これが昔の天皇統治では違う、これが昔とまるっきり違う。
てんのうがなのに、なぜ存在している事になってるのだ? 天皇は万葉集には神に有らせられますと。
神はこのように、日本として、人間の生きて行く為にはとても大切な方だったという訳です。

「現代の世の中はすべて虚構に満ち満ちている」

現代から見ればそうでしかないように映る。
ですが正常から見ればすべてが間違っている。
それでは説明しなければならないその前に、間違いは現代である。
誰も突然の事であり、騙り者の天皇がいる、その騙り者を説明してきたが、このままでは天皇国家と継続していくのは日本の天皇が国家までが、虚構のままの国になり、全てが今の虚構のまま歩む事になる。
今まで歩んできた、全てが変わっていくのをこのままでは悪影響が出ており、国家の為にも影響が悪い。
日本の神社仏閣にも悪影響はかなり大きい、神の祭祀をおこなっていなのである。
国民は世間は、神による人間性が、創られて行くというのを全然知らない、今の神の事を全然理解していないで、神社仏閣さえも、大切な神の塔とさを教えてはおりません。
神と人間作りが神の教えとは誰も耳に残っているはず。日本はこれに支えられてきました。
天皇祖の為には、真実の天皇しかできないと、秦の始皇帝も統治するには、やまたいで招いて行うのを行ったと記しています。漢の武帝も泰山で神祭祀おこなったとあります。


現代人は理解出来ないかもわからないが今のか変り用では人間性も昔とは違うようになっています。
社会や生活が悪化しているのは、ご存じであろうか、自然のように見えるが世界のかわりようも、変り果てて居るようです。
経済学者は何故こうなっていくのを、目に見えていないょうです。現代はこの人間性を失ったかのよう。

それは日本の神だけに出来る人間性が欠乏している為という事。その神が今は騙り者にしか過ぎない。今の天皇と皇室、宮内庁神社庁はもう用は為にはならなかった終わったと思う。






神うるう人間に戻ろう
 

太姒,生卒年不?,有莘国(今?西郃阳??南)人,姒姓,周文王的正妃,周武王之母

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年11月14日(水)13時01分22秒
編集済
  夏禹之父?
大姒者,武王之母,
禹後有莘姒氏之女。仁而明道。文王嘉之,親迎於渭,造舟為梁。及入,大姒思媚大姜、大任,旦夕勤勞,以進婦道。大姒號曰文母,文王治外,文母治?。大姒生十男:長伯邑考

太姒,生卒年不?,有莘国(今?西郃阳??南)人,姒姓,周文王的正妃,周武王之母。

倭人の始まりと越国の始まりは無予 と倭人姒姓,周文王的正妃也

太姒(たいじ、生没年不詳)は、周の文王の妃。

有莘姒氏の娘として生まれた。文王は渭水に舟を並べて橋を作り、太姒を迎えた。太姒は太姜や太任を慕って、朝に夕に勤労し、婦道を推し進めた。太姒は号を文母といった[1]。太姒は文王とのあいだに10人の男子を産んだ。伯邑考・武王・管叔鮮・周公旦・蔡叔度・曹叔振鐸・成叔武・霍叔処・康叔封・冉季載の10人である

太姜、太任、太姒合称“三太”,后世以“太太”作已婚女性的尊称,代表?德直追三太。
?号始祖。而太姒被上?号?文定皇后,陵曰德陵。

※ 倭人の文化系譜を示している湖北省
湖北省から湖南省の三峡周辺及び両湖平原住居
BC473年)と越(BC600年頃~BC334年)を下流域に建国する。中流域には楚(?~BC223年)が建国される。

黒竜江省(こくりゅうこうしょう)


安徽省亳県(あんきしょう・はくけん)所在の曹操宗族墓群のの中の「元宝坑村一号墓」から、多量の字磚が出土し、その中の一枚に倭人という字を含む文章があり
荊州(湖北省襄樊市一帯)










 

倭人は日本人と、しているのは、間違っております、倭とは何か? 

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年10月19日(金)16時32分48秒
編集済
  児島宮教学部しか、日本は見えて、こない?
倭人や越裳を解明する事すら、出来手、いないのてす?
立証は、それだけでは、ありません、天皇についても、今も、全て間違っているのです。
立証が不可能なのは、今の中国すら、まったく同じ、でしょう。
ネットでは、日本との関係すら、出ていません?それは、まったく同じなのが、日本にしかない天皇であっても、立証が困難なのです。
相撲協会でも、まったく同じで、神事では、ないのです? 天皇とは無関係の天皇御臨席でも、立証が困難なのです。

今での考古学は、ほとんど、間違い?
理由は、今まで朝鮮半島に拘っていた、からと、云える。

倭人は日本人と、しているのは、間違っております、倭とは何か? 中国の殷が、殷族の中の一部、周国、に始まり、それは、華夏の天神七代の無予、の時にあたり、華夏の王女が、周国王に嫁いだ、のに、始まる。
この時の、大王の子が、周国の武王で、七国は、同系の和人(倭人)の始まりとなりました、児島宮教学部による。

周国二代、成王に、越裳と呼ばれた、「神の国の名」、が華夏の天神七代の無予、の時にあたります。

今の天皇は、天皇では、ありません、明治以降の天皇を指し、天皇は倭人、では、なかった、、ここに朝鮮は、周国の民族という事になります。

日本というのは、日の丸だと、象して、いますね、これを立証することが、出来ないのに、何故立証しているのだろう? 麻生太郎氏の嘉穂に、日の丸旗の生い立ちと、されているが、立証は考古学協会と、まったく、同じように、間違って、いるのです。

天皇が、国民が日本の天皇と、していても、本当の天皇では、無いのです、ここに、天皇と立証が困難なのです。間違いは、無駄だけです。


同じように、ネット上では、間違いの、
http://smokakhai.progoo.com/bbs/thread_1.html が見えて、参考になれば幸いです。

Jump to search




写真 文王

西周
King Wen of Zhou.jpg

王朝
西周

姓・諱
姫昌

諡号
文王

生年
紀元前1152年

没年
紀元前1056年


季歴


太任

后妃
下記参照


下記参照

文王(ぶんのう、ぶんおう、紀元前1152年 - 紀元前1056年)


文王の息子の武王は弟周公旦・太公望・召公奭らの助力を借りて暴虐が募ったとされる帝辛(紂王)を牧野の戦いで破り、周王朝を建てた。
 

天皇と日本が児島宮歴史研究室 によって、広域夜須から出土したケルトオガム文字が立証した

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 9月11日(火)07時00分48秒
編集済
  児島宮歴史研究室  によって、広域夜須から出土したケルトオガム文字が立証した、神の始まり。
児島宮の歴史は、天皇つまり天神と呼ばれた、古代中国の夏王朝の七代無予が、天神七代となっているのは、すでに、児島宮歴史研究室によって、二十年前に、インターネットウェーブを通じて発表されていた。
古代中国の夏王朝の七代無予が、天神七代を、受け継いでいたのは、越国の、越王が天神とされる神で、紀元前百十一年前、の福建省城村のビン越王丑王が漢の武帝に、こうじゅんの間に、移動を命じられるも、東夷の彼方へ、ビン越の住民十本人と共に、その地から、消えたと、記録している。

この後、漢の武帝は、朝鮮半島を、三韓として、統治したと、記録していて、あくまでも、朝鮮の名は、千年前の箕氏が、周の武王から、統治したのに、始まる。

今だに、知られない日本の古代は、五世紀以前は、解明?されては、おらず、児島宮歴史研究室に、頼るしか、無いであろう。
それには、ネット検索で、児島宮と記入すれば、古代が解けてくるので、お試しあれ。




 

文化財課はケルトオガム文字が夜須と小郡の遺跡が出土しているのに、五世紀後半の須恵器とは、あまりにも、お粗末だろう

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 8月20日(月)19時59分30秒
  ケルトオガム文字が夜須と小郡の遺跡が出土しているのに、五世紀後半の須恵器とは、あまりにも、お粗末だろう。
中国浙江省では、須恵器の事を灰色硬質土器と、しているのに、何故日本の考古学会は、五世紀後半から、須恵器工人が、朝鮮半島から、渡来し、大阪吹田陶村で、窯を開いたのが、始まりだとは、あまりにもトンチンカン、過ぎている。

須恵器に刻印されたオガムケルトは、この時期には存在していません。?
中国の隋の使者が、どうして、記録していないのだろうか? 違うから記録していない、これが正解。
問題は福岡県朝倉郡地方の、三輪や夜須、小郡に、かけて、紀元前~期限に百年頃の遺跡に関わる、古代地名には、今もそのなごりが、伝わっていて、四三嶋と小郡にかけて、妙見、七夕神社、天の川、という字が見えるのは、ケルト人、が天神を、儀礼として、行った、明かしである。
老松神社があり、ここに、大正12年の圃場整備(ほじょうせいび)の際に合祀された牽牛社があります。

天の川と同じく南北に流れる宝満川とその両岸にまつられた織姫と牽牛(彦星)は、天上の物語を地上に配した様になっている。https://ameblo.jp/may-199704/entry-12274307873.html


妙見こそ、宇宙の根源なのだから、神と天皇の国、を日本と呼んでいたという。

文化財課はケルトオガム文字が夜須と小郡の遺跡が出土しているのに、五世紀後半の須恵器とは、あまりにも、お粗末だろう、言いたくなかった、全国の文化財課の日本の歴史について、知識に欠けている始末で、このままでは、日本の歴史は、なかった事に、等しくなるでしょう。
 

ケルト文字の出土が、朝倉窯が圧倒的に、小郡含め字、ケルト文の出土が多いのが、朝倉窯の実態である

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 7月18日(水)12時20分0秒
編集済
  朝倉須恵器窯跡は、小隈窯跡と山隈窯跡で構成し、から伝わった須恵器説は、間違いで、年代は立証されていない。

5世紀に朝鮮半島説には誤りが見えていて、中国隋王の使者が夜須を訪れて、この地は、華夏人の土地と、記録しており、5世紀に朝鮮半島記録は、されていないので、間違いの確認を、児島宮歴史研究室が、奈良国立博物館の主事、吉沢氏との、聴き取りで、朝倉須恵器窯跡の方は、ずいぶん古い事を確認した。
同時に、ケルト文字の出土が、筑前町窯が圧倒的に、小郡含め、ケルト文字の出土が多いのが、朝倉窯の実態である。

夜須(筑前町)の遺跡には、゜ケルト様式が、墳墓にも、出ている。古墳は、紀元前早期にあたり、中にケルト模様の円形が、北部九州の紀元前早期にあたると、児島宮歴史研究室が発表。
吉野ケ里は、歴博の年代の誤差があり、北部九州の紀元前早期である。
ケルト失くして、語る事は出来ない。
須恵器とされている灰色硬質磁器の内面に、たたき模様は、ケルトの渦巻き、だったと、児島宮歴史研究室が発表。
北部九州の紀元前早期の灰色硬質磁器の内面に、たたき模様は、ケルトの渦巻き、だった。http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/7755/kigou.htm

神話や伝説に登場する生き物にケルティック・ドラゴンがいます。ドラゴンは力と多産のシンボルと見なされました。http://mystery-hunter.net/?p=1462 渦巻きは日本だけじゃ、なかった、ドイツのケルトにも神の伝説がある。

デタラメな弥生や須恵器は、使っては、ならない、記事。

古代ケルトと古代エジプトと古代日本の幾多もの文化的共通点
古墳は古代ケルトの「ドルメン」と同じく、巨大な岩によって作られています。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%88%E6%81%B5%E5%99%A8#/media/File:%E3%81%84%E3%81%9A%E3%81%BF%E3%81%AE%E5%9B%BD%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E9%A4%A8_%E9%A0%88%E6%81%B5%E5%99%A8_%E5%9D%8F-3.JPG

須恵器甕の叩き出し丸底技法と在来土器伝統http://www.ops.dti.ne.jp/~shr/wrk/1996c.html#2_1

写真一は、鳥巣窯の特徴で、未発表の高坏
 

筑前・小隈窯跡から4基目出土、工房跡も確認2014年02月14日、あれ、から四年が過ぎて、見直しが

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 7月 4日(水)10時00分32秒
編集済
  あれ、から四年が過ぎて、見直しが、されなければ、遺跡の進歩は、なくなってしまう。
今ではすっかり姿を、消してしまった、筑前・小隈窯跡。
貴重な遺構」と判断し、保存を決定。当初、3基の周辺約3000平方メートルとしていた保存区域を大幅に拡大した。が、今ではすっかり姿を、消してしまった、筑前・小隈窯跡。
福岡大の武末純一教授(考古学)は「窯跡と工房がセットで出土したケースとしては最古級ではないか。工人たちの生活様式などを含め、議論が広がっていくきっかけになる」と話している。https://www.yomiuri.co.jp/kyushu/culture/history/20140326-OYS1T50029.html

町民は、記憶も消え、語る者も、今ではいない。町の方針のはずが、日本歴史上最重要から、痕跡すら消えた。

トルコ石屑と共に二里頭遺跡と日本最古の墓葬が筑前町小隈の龍窯遺跡からもトルコ石の首飾りが出土した。 あわせて、金箔の耳輪も出土した。 トルコ石はラピスラズリ、水晶や瑪瑙,真珠等と並び,人類が最も古くから宝石として利用してきた ...
https://kojmasya.exblog.jp/19448865/
国史跡指定へ「朝倉須恵器窯跡」 [福岡県]2018年06月16日 06時00分
朝倉須恵器窯跡は、小隈窯跡と山隈窯跡で構成し、5世紀に朝鮮半島から伝わった須恵器の生産技術を示す遺構。いずれも丘陵地の斜面に造られた登り窯で「波状紋」を施した須恵器などの破片が出土している。小隈窯跡は窯跡7基と国内最古級の工房跡2基など、山隈窯跡は窯跡4基、工房跡1基が確認されている。

指定される史跡の面積は約1・3ヘクタール。県教委は「朝鮮半島との交流や須恵器の生産技術の変遷を考察する上で極めて重要な遺跡だ」としている。

=2018/06/16付 西日本新聞朝刊=

朝倉古窯跡群: 小隈窯跡・山隈窯跡・八並窯跡福岡県朝倉

朝倉古窯跡群: 小隈窯跡・山隈窯跡・八並窯跡福岡県朝倉郡筑前町下高場・山隈・三並所在の初期須恵器窯跡調?報告

「史跡等の指定等 - 文化庁」
2018/06/13 - 山隈窯跡. やまぐまかまあと. 【福岡県朝倉郡筑前町】. 小隈窯跡,山隈窯跡,八並. やつなみ. 窯跡から構成される初期須恵器窯である。我が国の ... し,全国的な須恵器の定型化の影響を受けつつも新たな窯や工房を構築しつつ,九州北部.

6 朝倉須恵器窯跡 あさくらすえきかまあと
小隈窯跡 こ ぐ ま か ま あ と
山隈窯跡 や ま ぐ ま か ま あ と
【福岡県朝倉郡筑前町】
小隈窯跡,山隈窯跡,八並 やつなみ
窯跡から構成される初期須恵器窯である。我が国の須恵器生
産開始期において一元的な生産供給元と想定されていた大阪府の陶邑 すえむら
窯跡群の操業開始期
に近い時期の,代表的須恵器窯として知られる。これまで,旧夜須町教育委員会,九州大学,筑前町教育委員会による発掘調査が行われてきた。小隈窯跡では,半地下式構造の窯跡7基,住居跡1基,工房跡2基,不明遺構1基,土坑2基等を検出した。山隈窯跡では4基の窯跡の存在が知られており,その周囲約800㎡の磁気探査・発掘調査によって,窯に伴う溝状遺構や灰原が確認され,窯跡の範囲が確定した。出土遺物より,古墳時代中期前葉から中葉(5世紀前半)にかけての加耶系初期須恵器生産から,中期後葉(5世紀後半)の陶邑系須恵器生産に移行する実態が明らかとなった。須恵器生産をいち早く開始 し,全国的な須恵器の定型化の影響を受けつつも新たな窯や工房を構築しつつ,九州北部の中核的須恵器窯としての役割を果たしたことが判明した。朝倉須恵器窯跡は,初期須恵器を供給する代表的須恵器窯の一つとして須恵器生産開始期の実態を示すとともに,その後,陶邑系須恵器生産を受容し定型化していく過程を一遺跡で知ることができる。朝鮮半
島との交流を含め,我が国における須恵器の受容と展開を考える上で極めて重要な遺跡である。


こんな人も、いる、惑わされないように、
初期須恵器の流入を勘案すれば、県内における須恵器の副葬あるいは葬送儀礼への使用と生産開始期が全体的に繰り上がる可能性がある、
 とも同報告書に記される。
  小田富士雄氏によると、
 「須恵器の源流となった瓦質土器(楽浪式漢式土器)の流入は対馬・壱岐・北部九州の弥生後期遺跡にみられ、やがて陶質土器の伝来にまで継承されている」とされる。
 九州における須恵器生産は、Ⅰ期(その開始は古墳中期と同じく、AD四〇〇年頃としている)から始まるが、それ以前の0期(弥生後期・古墳前期)では、瓦質土器(金海式軟陶等)・陶質土器(金海式硬陶・伽耶土器)が輸入されたとみている*23。
  弥生前期末~中期後半の遺跡とみられる吉武高木遺跡でも、多数の初期須恵器が出土したとされる(菱田哲郎氏*24)。
 夜須郡の小隈窯跡・山隈窯跡(ともに現朝倉郡筑前町)の調査で、高坏等の特徴を見る限り、陶邑の初期須恵器との隔たりはそれほど大きくないといわれる。
 北部九州では陶邑に先行して、より朝鮮陶質土器に似た須恵器が朝倉地域を始めいくつかの地域で生産されていた、と菱田氏は記している。
 

宣教師達からも、ハビアン氏の説教の巧みさに驚いている報告書

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 6月 7日(木)14時24分9秒
編集済
  黒田如水の3回忌法要で遺族・有力者・僧侶・キリスト教者らの参列を前に説教。
不干斎 巴鼻庵(ふかんさい はびあん)と号した。
ハビアンは日本思想史上の重要人物か?

不干斎ハビアン。
 その名はほとんど知られていない。
1606年キリシタン大名の黒田如水の3回忌追悼演説や京極マリアの娘マグダレナの追悼演説を行っている。
 そしてこの年ハビアンは林羅山と論争をしている。

朽木マグダレナは北近江の名族京極家の当主高吉と戦国大名浅井久政の娘マリアとの間に生まれた。マグダレナは朽木家18代当主宣綱の妻となり、二人の兄は高次が讃岐丸亀藩主、高知が丹後宮津藩主、また姉龍子は豊臣秀吉の側室として寵愛を受ける 。

朽木 宣綱(くつき のぶつな、天正10年(1582年) - 寛文2年5月1日(1662年6月16日))は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。朽木元綱の長男。友綱、稙綱の兄。官位は従五位下兵部少輔。号は立斎。妻は京極高吉の娘のマグダレナ(洗礼名)。

1606年、京都八瀬の館で死去した妻の死。夫・朽木宣綱(クツキノブツナ)は、仏式の葬儀を行おうとした。しかし母マリアは、キリシタンである娘が異教徒として葬られるのは許せないと譲らなかった。京都、完成したばかりの新教会で盛大な葬儀が行われた。大勢の人であふれかえったとイエズス会の記録は伝える。
 朽木マグダレナ。京極高吉と浅井久政の娘マリアの子。兄・京極高次は浅井三姉妹の初と結婚。姉・竜子は豊臣秀吉の側室・松の丸として知られる。キリシタンの両親とりわけ母マリアの強い影響を受け、彼女も受洗しマグダレナと呼ばれた。マグダレナは朽木家18代当主・宣綱の妻となる。
 近江源氏の流れをくむ朽木氏。承久の乱(1220)、佐々木定綱の4男信綱は宇治川の先陣の功により朽木荘を与えられる。孫の義綱の時、朽木姓を名乗った。http://biwap.shiga-saku.net/e1162840.html

「朽木 クツギ クチキ」 『姓氏家系大辞典』

大徳寺高東院に佐久間不干斎墓石前に、朽木氏の墓が前列に、ある。、KBC朝日テレビ、徹子の部屋の、黒柳徹子氏の墓が無断で、あるのは、高東院事、天皇、関白家を害する、ものである。
 

1606年キリシタン大名の黒田如水の3回忌追悼演説や京極マリアの娘マグダレナの追悼演説

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 5月 7日(月)11時14分36秒
編集済
  佐久間甚九郎ハビアンは、
浅井長政の妹)の三女マグダレナ. の. 追悼説教を行う。1606年キリシタン大名の黒田如水の3回忌追悼演説や京極マリアの娘マグダレナの追悼演説を行っている。
勝立寺 天神4丁目
 この寺はかつて黒田如水追悼聖堂のあった場所と推測されています。http://fukuoka.catholic.jp/daimyo13siseki.html

http://fukuokajyo.com/history/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB%EF%BC%93/

夜須町篠隈の児島宮に、黒田長政が訪れ、平山家の先祖のおまいりに、栗山大膳と家臣同伴で、通った道が、今は草剥けているが、使われていなく、あまりにも、郷土心が損雑極まりない。
平山家には、その時の、黒田家御用絵師作の、鳳凰図等が伝わって、いたという。

篠隈の宮地は、昔は公民館があったが、後に、宮地は、返還されずに、農業倉庫として、使われていて、少なくなった農家の使用目的、が問われる。
神に関わる、宮地を、生活の目的に、しているのは、してはいけない事、なのだが、町さえ、目的にしていては、すべて汚れてしまう。
 

マグダレーナの追悼説教もハビアン

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 4月25日(水)15時58分4秒
  京極マリアの娘で朽木宣綱の妻のマグダレーナの亡くなったときの追悼説教もハビアンが行っているという。宣教師達からも、ハビアン氏の説教の巧みさに驚いている報告書。

討ち死にした武将の未亡人「妙秀」の問いに「幽貞」が答える。
黒田勘兵衛(如水)の3回忌追悼説教や京極マリアの娘で朽木宣綱の妻のマグダレーナの亡くなったときの追悼説教もハビアンが行っているという。

また黒田如水の3回忌法要で遺族・有力者・僧侶・キリスト教者らの参列を前に説教。
不干斎 巴鼻庵(ふかんさい はびあん)と号した。

1608年(慶長13年)、外国人長上者への反発の末に修道女と駆け落ちして棄教し、1614年(慶長19年)には長崎でキリシタン迫害に協力するに至った。晩年の1620年(元和6年)にはキリスト教批判書『破提宇子』(は・だいうす:デウスを破却する意)を著した。

1621年(元和7年)、死去。

1565年(永禄8)- 加賀国または越中国にて誕生。幼くして京都、大徳寺あるいは建仁寺に入る。僧名は恵俊、恵春あるいは雲居。

1583年(天正11)- 北政所につかえていた母(ジョアンナ)とともに京都で受洗、高槻神学校セミナリオに入学。洗礼名ハビアン。
1586年(天正14)- イエズス会の修道士になり、臼杵修練院ノビシアドに移る。

1588年(天正16)- 千々松、有家高等神学校コレジオに移る

1590年(天正18)- 加津佐高等神学校コレジオに移る。第2回日本イエズス会総協議会に参加。追放令受けての方針検討。

1592年(文禄元)- 天草神学校コレジオで日本語教師。来日宣教師のテキストとして「平家物語要約版」の翻訳編纂。

1593年(文禄2)- 「イソップ(伊曽保)物語」翻訳。

1597年(慶長2)- 長崎トードス・オス・サントス教会に移る。仏教儒教神道の解説書、「BUPPO」の編集。

1603年(慶長8)- 近畿エリア布教の中心、京都下京教会に移り、仏教者とディベート。またイエズス会日本年報に論争する日本宗派に精通した修道士の記述があり、ハ ビアンと推測される。

1605年(慶長10)- 女子修道院用テキスト「妙貞問答」3巻を著す

1606年(慶長11)- 林羅山とディベート。また黒田如水の3回忌法要で遺族・有力者・僧侶・キリスト教者らの参列を前に説教。キリスト教団の行方を左右する重要 な式典とされた中で、フランチェスコ会の報告書に大成功の記述があり、僧侶らは激怒して行政に訴える、ような説教を行う。

1608年(慶長13)- 京都の女学校の学生とイエズス会を脱会、棄教。
1612年(慶長17)- 博多に現れる。長崎に移りキリスト教徒取り締まりで行政と協力。

1619年(元和5)- 対象を熟知したキリスト教取締の重要人物として江戸に呼ばれ、徳川秀忠と面会。

1620年(元和6)- キリスト教批判書「破提宇子」を出版し、長崎・京都で騒ぎとなる。日本イエズス会は即座に禁書とし「地獄のペスト」と評した。反論書の用意、ポルトガル語版(いずれも現存せず)を教団中枢に送付するなど対応を迫られた。出版には政府の要請があったという見方もある。
また. 同年. 黒田. 如水. (官兵衛. ・京. 極. ) マリア. (. 浅井長政の妹)の三女マグダレナ. の. 追悼説教を行う。1606年キリシタン大名の黒田如水の3回忌追悼演説や京極マリアの娘マグダレナの追悼演説を行っている。

1608年、ハビアンは44歳にして突然ひとりの修道女(ベアタス会)と駆け落ち、イエズス会を脱会して行方不明となる。


 

考古学文化財員は国立大学卒に、報告書に、あっては、弥生時期古墳時期に、間違いのままに、なっている事が、文化財報告書に、出

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 4月18日(水)19時53分36秒
編集済
  考古学文化財員は国立大学卒に、報告書に、あっては、弥生時期古墳時期に、間違いのままに、なっている事が、文化財報告書に、出ている事から、間違いの原因が、国立大学卒にある事が判った。
あまりにも貴賓に乎ほれ、有名大学卒、学芸員による報告書に、間違いのままに、なっている事が、文化財報告書に、出ている。
これでは日本初期から五世紀論文に、適格さが、欠けて、解明には、至っていなかった。

別府大学考古学課文化財の報告書は、夜須町四三嶋の城山遺跡発掘時の、工藤教授の報告書は、
日本の古代史の、手本と、なっている。と児島宮歴史研究室は語る。

まず驚いた事に、五世紀迄の解明が、あやふやに、今も、なっていた。
始め、なければ、後はなしの、たぐいなのか。
瞑想に走り、根源の無いままでは、考古学に、進歩には、ならないだろう。

吉野ケ里が邪馬台国と、した千葉の国立歴史博物館の、縄文、弥生、古墳年代は、今だに、不明確な、ままに、なっている。

児島宮歴史研究室は語る縄文、弥生、古墳年代は、いくら探しても、解明は、出来ないだろう。
元々、適格な、古代の基準が、不明確では、古代史解明に進歩は無い。

邪馬台国朝倉説や甘木平塚川添遺跡の邪馬台国説すら、不明確のままである。
全国の邪馬台国研究にも学者。老化により、何等、解明には、至っていない。

半面 児島宮歴史研究室では、五世紀までの年代と時期はすでに、解明し、世界の神やケルトすら、解明している。元千葉の歴博の教授・、炭素年代で、時期想定で、弥生時代は、さらに五百年遡るとマスコミが、騒いだのが、不明確の原因となっていた。
元千葉の歴博の教授、今村峰雄氏は、児島宮の問い合わせに、応答していただいた、ので、弥生期紀元前百十一、説も、参考に、取り上げて、いただいている、これは中庸と、なっている、かも知れない。
これに似たのが、テレビや新聞社マスコミが、教育委員会、文化財と連座しているのが、不明確の原因になっていた。新聞で云えば共同通信社元、でも考古学文化財員は国立大学卒に、報告書は専門家と、見なして、しているのが、ミスになっていた。 誤解の元は、国立大学卒にあったという。

日本の農は甑である、別府大学考古学課文化財、工藤教授の報告書


 

ルイス・フロイスと不干斎ハビアン像、を描いている、のも、佐久間信栄は永徳弟、狩野宗秀に、描いてもらって、いた

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 4月 7日(土)19時43分1秒
編集済
  長興寺 1583年(天正11年)6月佐久間信栄は永徳弟、狩野宗秀に、織田信長像を寄進している。
ルイス・フロイスと不干斎ハビアン像、を描いている、のも、佐久間信栄は永徳弟、狩野宗秀に、描いて、もらっていた。
それは狩野孝信に、妹が嫁いでいたからであろう。

永徳の弟で、信長や秀吉の画事をつとめた宗秀(1551~1601年)と推測される。西洋人宣教師の姿を描いた絵画作品としては最古級のもの。http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/meihin_new/404.html

都の南蛮寺図
安土桃山時代 16世紀後期 狩野宗秀筆    池長孟コレクション
 

桃山時代に、「魔除け」を使う人物こそ、佐久間父子意外には、いなかった、織田信長の本陣にゐる六芒星を附けた白裝束は何者

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 4月 6日(金)08時58分12秒
編集済
  六芒星とシュメール人
六芒星と児島高徳紋
晩年は出家し、志純義晴と号したという。正式な法名は志純義晴大徳位。
備前の人。備後三郎と称する。
南北朝時代に南朝方で活躍した備前の武士児島高徳であるという。その子孫が備前はもとより三河へも移住したことで、輪宝紋は佐久間氏と三宅氏の 代表的家紋して広まった。
佐久間は西広瀬城 三宅氏は東広瀬城

これは天皇にしか、使っては、ならない紋章で、それは神人、以外は、使えなかった。
伊勢神宮の灯篭の六芒星入りは、はずされた事により、神域ではなくなっていた、或は宮内庁の策略で、撤去したものか。
日本の伊勢が、普通の神社としたのは、参拝の意味がなくなったという事。
宮内庁が何故伊勢神宮の灯篭の六芒星入りを、古いからでは無く、国民に偽天皇、皇室、宮内庁、神社庁等が神とは関係していない事が、知れることを恐れたから、だろうか。
古墳の撤去が、行われているのも、同じ、古いからでは無く、国民に偽天皇、皇室、宮内庁、神社庁等が神とは関係していない事が、知れることを恐れたから、だろうか。

目にあまる事が、行われており、国民に偽天皇、皇室、宮内庁、神社庁等が神とは関係していない事が、知れることを恐れたから、だろうか。





 

長篠の戦いで、佐久間隊が三位一体を表す 、「魔除け」になるとされている

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 3月19日(月)18時01分0秒
編集済
  長篠の戦いで、佐久間隊が三位一体を表す 、「魔除け」になるとされている
織田信長の背後にちらつく影 長篠合戰に現れた織田信長の本陣にゐる六芒星を附けた白裝束の三人は一體何者なのか?

一つの神が三つの姿となって現れたもの

三相女神(さんそうめがみ)は、太古の昔から世界を創造した地母神の三相と呼ばれている概念。
白馬三郎 浙江省白馬


織田信長の背後にちらつく影 長篠合戰
天正3年5月21日(1575年6月29日)、、

火縄銃三段構えの戦略で、、織田・徳川連合軍が圧勝したことで 火縄銃三段構えの市川指導佐久間隊

有名な長篠の戦いの時のことを描いた屏風絵

武田騎馬隊を食い止め勝利したということで、大量の鉄砲と、鉄砲の三段撃ちが勝因とされてきた。
鉄砲の三段撃ちが六芒星を附けた白裝束にある。

六芒星とシュメール人
六芒星と児島高徳紋
晩年は出家し、志純義晴と号したという。正式な法名は志純義晴大徳位。
備前の人。備後三郎と称する。
南北朝時代に南朝方で活躍した備前の武士児島高徳であるという。その子孫が備前はもとより三河へも移住したことで、輪宝紋は佐久間氏と三宅氏の 代表的家紋して広まった。
佐久間は西広瀬城 三宅氏は東広瀬城





 

オガム文字と、ヨーロッパのオガム文字と福岡県朝倉郡夜須の灰色硬質土器に線刻が、三者揃っている事を、児島宮歴史研究室が発表

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 3月 7日(水)17時46分54秒
編集済
  浙江省のケルト人(越人)のオガム文字と、ヨーロッパのオガム文字と福岡県朝倉郡夜須の灰色硬質土器に線刻が、三例揃っている事を、児島宮歴史研究室が発表した。
ここに福岡県朝倉郡夜須の弥生期に華夏人が、移動して、きたことが、確認できました。
この福岡県朝倉郡夜須に、中国の髄国の使者、が来て確認している。

古代の華夏人が紀元前六世紀後半に、ヨーロッパに、進出していた事が明らかになりました。
ヨーロッパでは神話や音楽や鉄器鋳造を、指導した足跡が今に、それを伝えている。
ヨーロッパでケルト人の遺跡が、発掘されていたが、今ようやく、謎だった、三例揃っている事を、児島宮歴史研究室が発表した。
夜須は神武東征の地であり、紀元五十年前、に大阪陶邑や奈良田原に、たどり就いた事も、二千年ぶりに、解明が、出来た。 これは著作権となり、リンクは許可の上、していただきたい。
日本考古学協会や歴博も、児島宮歴史研究室の報告に、協力の求めに、賛同しなかった事は、残念であった。だが、大阪陶邑の文化財課の灰色硬質土器資料の提供が、解明に参考と、なった感謝事を、述べておく。

越では銅の生成技術に優れており、1965年に銅剣が湖北省江陵県望山1号墓より出土したが、その銅剣は表面に硫化銅の皮膜が覆っておりさびていない状態で出土し現在も保管されている。稲作は越人によるものである。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%8A

写真① オガム文字

写真② オガム文字


写真③ 越王勾践時期文字


 

越は、禹うが建てた夏かの子孫で、夏帝 少康しょうこうの庶子 無余むよが会稽に封じられ、紀元とす

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 2月 8日(木)20時44分9秒
編集済
  越は、禹うが建てた夏かの子孫で、夏帝 少康しょうこうの庶子 無余むよが会稽に封じられ、建国したのがはじまりという。

春秋戦国時代といえば、前七七〇年の周朝東遷にはじまり、秦の始皇帝によって中原が統一される前二二一年までの五百五十年間をいう。

大方の識者は、越王勾践をもって春秋最期の覇者とみる。

「覇者は、中原列国同盟や諸侯会盟の盟主である」ケルト開始

①ヨーロッパケルト開始


②オガム石碑

③雲気紋軒丸瓦☆西安出土

ケルト神話に常若の国という楽園の国があり、不老不死の国がある、これと常世の国と同じ意味。

ケルトイ
「ケルトイ」は「ケルト語を話す人々」という意味。

三女神があり、カラスにも変身したり、美しい美女にもなったり、魔法をかけたり、しています。クウフウリンとモリガン、の話、【ケルト神話】モリガン・バズヴ・ヴァハ、ケルトの残虐な3女神
https://www.youtube.com/watch?v=0WEyTgu8kS0
三柱神 『さんちゅうしん』では?

西ヨーロッパの歴史世界を構成する民族の一つ。ギリシア語でケルトイKeltoi,
大陸ケルト語は前6~前5世紀のころから知られているが,5世紀にはラテン語に吸収された。…
神々と英雄、妖精、魔法使い。神秘的かつ幻想的なイメージで語られることが多い「ケルト神話」は、古代ヨーロッパに広く居住していたケルト人の神話です。

ケルト人とは一体どこに居住していたか
ケルト人は、古代ヨーロッパの中部と西部、そして地中海の一部地方などに住んでいた人々の総称である。

「ケルト人」という名称は、前5世紀のギリシア人が、アルプス以北に住むバルバロイ=「異言語・異文化集団」を総称して「ケルトイ」と呼んだ言葉に由来する。
「ケルト人」という語が初めて文献に現れるのは、ギリシアのヘカタイオス(前548~475年頃)による地図で、そこでは、アルプスの向こう側、現在のスイスあたりにCeltae の文字が読み取れる。スイス博物館に異物が展示されている。

三位一体を表す『ケルティック・ノット』~ヨーロッパ・ケルト民族の神

長篠の戦いで、佐久間隊が三位一体を表す 、「魔除け」になるとされている。




 

埴輪や、祭祀の土器も、出土

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月23日(火)20時33分6秒
  朝倉夜須、大木遺跡、から出土の、白馬埴輪は、日本最古。
これらは、浙江省のケルト人(越人)の河辺祭祀が見える。
ヨーロッパのケルト人は、口頭でしか、しないので、記録は残っていない。
ケルト人はヨーロッパで、生活は、紀元前五百年前~二百年で、消えているという。
 

ヨーロッパと朝倉夜須のおがむ文字

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月23日(火)20時20分30秒
  「朝倉夜須のおがむ文字」灰色硬質土器
朝倉夜須の三並区のうそう窯(鳥巣窯)で焼かれた、灰色硬質土器に刻まれていた、オガム文字は、朝倉夜須の遺跡からも、出土している。

同時に、埴輪や、祭祀の土器も、出土している。





 

神の種は、中国浙江省に開花した、安吉曾是?国?越国都

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月18日(木)16時43分14秒
  種と種で回転する天王天皇の世界で受継がれるのが正統な天皇 : 日本人

神の種は、中国浙江省に開花した、安吉曾是?国?越国都城与中心   http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs

安吉 http://www.bunbo.com.cn/news/geography/2016/03bunbo15264.html
古都Anjiは、ShangおよびZhouの王朝およびJinおよびJinの王朝の間の浙江省の人類文明にとって重要な地域であり、長江下流のTaihu湖流域の経済的および文化的中心地でもあった。 安吉古都は、東西文化の回廊と朱と越の特別な場所に位置するだけでなく、秦と漢王朝の下層の重要な経済文化として、中国南部の春と秋と秦と漢代の非常に重要な都市です。

越(えつ、紀元前600年頃 - 紀元前334年)は、春秋時代に中国浙江省の辺りにあった国。首都は会稽(現在の浙江省紹興市)。後に漢民族形成の中核となった黄河流域の都市国家群の周辺民族とは別の、長江流域の百越に属する民族を主体に建設されたと言われる。
この民族はケルト人、といい、世かの王はこのケルト人による。稲作や銅の生成で栄えた。 『史記』をはじめとする諸書では、夏の少康の庶子を越に封じたことを越の君主の起源とする伝説を述べている。
《越国?奇》3 越王允常-
https://www.jianshu.com/p/a7d7a4145ff1
浙江省紹興地区に位置する会の稽山は祖先の大きい禹のために陵を守ります。
火炎除草の水は除草します”、“断髪して入れ墨をします”。 火炎除草の水除草具は明らかにその耕作方式を形容して、あのときはまだ先進的生産用具および生産された理念がなくて、耕作した方法は同じに先に放火して一面の荒地を開くことを煮て、その後種蒔きして、その後空き地を取るための雑草は再び水先案内して田に入ります。早期のものは国を越えてずっとこのような原始農耕方式上千年を維持して、その生産力は1の斑が見えます。断髪は入れ墨をして人々の生活状態で、断髪はすぐ髪の毛を短く切って、行商することは開始することに向けて、中原の人々はすぐもう長い髪の毛を残し上がって、再び髪の毛に各種が修飾して、象徴によって文明です。国民を越えてにもかかわらず始終生産されるため便利に短く髪の毛を切って、これは中原の人の目の中に明らかにきわめて荒が野蛮であることです。益々荒野蛮なものは、彼らはまだ体上とげ上に刺青していて、これはおそらく原始人民の1の種類が信仰した方式に似ることである。



 

安吉曾是?国?越国都城与中心

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月12日(金)18時04分30秒
  「台北紹介井戸の口径約 1 メートル、考古学的発掘ですが陶器リング、よくリング口径が 66-69 センチメートルも見つかりました.」 「私たちは漢王朝の井戸であることを判断します。

発掘した土器によると戦国時代の灰ピット時代「灰ピット」をです。 「全体の考古学的な区域は土利用や地下ピット、古代人を使用している可能性があります大きな灰ピットの数十を掘っており」。

http://www.antiquekeeper.ca/?p=31364

 

ルーンやオガム碑

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月 8日(月)18時53分14秒
編集済
  (石碑は、上下左右に回転させることが出来る模様。③

児島宮にはオガム文字があります、越人の神、標
大君は神にしませば水鳥のすだく水沼を都と成しつ



ルーン文字
ルーン文字(ルーンもじ)は、ゲルマン人がゲルマン諸語の表記に用いた古い文字体系であり、音素文字の一種である。成立時期は不明であるが、確認されている最初期のルーン銘文は2世紀あるいは3世紀頃のものである[1]https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B3%E6%96%87%E5%AD%97 ②

オガム文字」. shutterstock_457704331-1. その文字とは古代ケルト人が使っていたといわれる「オガム文字」。 古代ケルト人は、樹木を非常に大切にしており、司祭であるドルイドは、「樫の木の賢者」という意味を持っています。

「ゲルマン」(german)は、その名の通り、ジャーマン=ドイツのことをさしています。

ゲルマン人は、これもおおざっぱにいうと、ドイツ人の祖先ということになります。

大君は神にしませば水鳥のすだく水沼を都と成しつ
身狹村主青等、呉の献れる二つの鵝(が)を将(も)て、筑紫に至る。
大君は神にしませば水鳥のすだく水沼を皇都となしつ(作者不詳)

太氏古事記にも、水沼に、羽根を休めて居た鷹とあり、夜須松延の事なり。

 

オガム文字とは、紀元前六百年前のケルト人

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月 8日(月)18時15分12秒
編集済
  紀元前六百年前のケルト
ケルト人独自のオガム文字
神官であったドルイドたちは、教えを文字にすることは正しくないと考えた。そのため全てが口承で伝えられ、全てを暗記するために二十年かかった者もいた、と言われている。それ以外の記録のためには、ギリシア文字を借用していた。

碑文などの言記表記をする際に後にギリシア語やラテン語を参考にして、ケルト人独自のオガム文字が生まれた。これは4世紀から7世紀頃まで碑文等に表記をする際に使用された。
当初の宗教は自然崇拝の多神教であり、ドルイドと呼ばれる神官がそれを司っていた。 初期のドルイドは、祭祀のみでなく、政治や司法などにも関わっていた。 ドルイドの予言の儀式では人身供犠が行われていることを、多くの古典古代の著述家たちが記述している[1]。ドルイドの教義では現世と来世は連続的であるとされ、ケルト人は輪廻転生と霊魂の不滅を信じていた[2]。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%88%E4%BA%BA
ケルト人の分布の変化。

  紀元前6世紀頃の、ハルシュタット文明として栄えたケルト人のいた地域

  紀元前3世紀頃、ケルト人の最大分布

紀元前六百年前のケルトhttps://www.google.co.jp/search?q=%E7%B4%80%E5%85%83%E5%89%8D%E5%85%AD%E7%99%BE%E5%B9%B4%E5%89%8D%E3%81%AE%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%88&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwjGsLOL_sfYAhVGv5QKHYfxA4QQsAQILQ&biw=1460&bih=916

ケルト人〟というのは紀元前600年の往古にヨーロッパ中央部分すなわちフランス北東部のシャンパーニュ、ドイツ北部のザール、ライン川の支流モーゼル、中部ライン地方
紀元前から現代まで続く「ボードゲーム
紀元前3100年:ボードゲームは王族の娯楽へ紀元前5000年から発展を続けたボードゲームは、紀元前3100年以降の古代エジプト時代にファラオの間で人気の娯楽になった。

スコットランド国立博物館。
先史時代から現代までのスコットランドの歴史物や、世界
から集めた貴重な物々を展示しており、もちろんわたしの
お目当ては、垂涎もののピクティッシュ・ストーンや、
ストーン・ボール、ルーンやオガム碑。https://ameblo.jp/ceridwen/entry-12065499852.html

ケルトのシンボル『ケルト十字』


 

おがむ文字が口頭で、しか、解らない?ケルトは、どうして、越国なのか

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年12月 9日(土)12時29分58秒
編集済
  王国の始まりで、イギリス、イタリアは、世界に名を今に、伝えている。
ここで王とは何か、?
まだ、世界に知られていない、王とは?何なのか? ここからは、王について、学ぶ必要が、おがむ、文字と王国は、ほとんど、知られては、いない?
王とは、ケルト「古代中国の春秋時代に、ペルシャを経由してイギリスに、国ケルト人と、呼ばれた、民族誕生した、ここには「おがむ、文字」が越王勾践、のおがむ文字、が起こりとなった。みなこれらは、神話の神の事で、今の天皇の意味とは、意味が、違います。

ケルトは、どうして、越国なのか、で、越国の祖は天神七代の「無予」であり、後に殷により滅ぼされたので、ここでは夏王朝の七代と、しておこう。この夏王朝の七代の無予、の時、天神つまり神の事である。この無予、の末裔が越王勾践であったので、判りやすい。
ペルシャを経由していた事は、河姆渡遺跡で、出土した王の杖が、ペルシャを経由していた事が解る。

「おがむ文字」http://siryositu.web.fc2.com/ogamumoji.html

三雲・井原遺跡から出土した弥生時代の硯の破片1

河姆渡遺跡のペルシャ石杖 2

福岡県朝倉郡筑前町三並のうそう窯の椀のおがむ文字3

神話と越人、ケルト人に、伝わっていた。
その神話の内容は、同じ形式になっている。

佐久間不干斎ならでは?イソップ物語作者 天草にて。
 

弥生の遺跡犬竹遺跡祭祀

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年11月23日(木)10時35分46秒
編集済
  上高場女万所在13-516
出土品 合子

福岡県筑前町上高場大字犬竹の発掘調査報告書

小郡市の歴史は古く、縄文期以降の三沢遺跡、花立山古墳など数多くの遺跡、古墳などが散在. し、日本書記には、実館として「筑紫小郡」の名が記されています。

弥生の遺跡犬竹遺跡は、大宰府の歴史資料館が調査した。
この遺跡の特徴は、石棺に葬られている。
ミニチュア土器の時代観は、おがむ祭祀(ヨーロッパのケルト人、越王勾践の時期始まる)夜須では、おがむ文字、が出土し、(越人)ケルト人立証される。

画像の2、3は、、(越人)ケルトのおがむ文字、確認。

おがむとは、天神崇拝した、紀元前六百年前から、紀元前二百年前の、越が越王衰退していた時に相似、これより漢の劉邦を助けた、福建省?山の地鉄駅平山に、三年前に、出土した治城の、「ビン越王無渚」の時期。
に、ヨーロッパの、(越人)ケルトのおがむ、は衰退した。
世界観「宇宙観」がヨーロッパの、(越人)ケルトのおがむ、が広まった事が、、、(越人)ケルトのおがむ文字、確認。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AC%E3%83%A0%E6%96%87%E5%AD%97

児島宮に口頭で、伝わった、神話が、日本の伝記が、掲示版の、記事と一致している。
解明、解読は、何故出来たのか?が判る。その答えは『記紀』と同じ、児島宮に口頭で、伝わった。

口頭で語り継がれている神話を 文章化したのが古事記 口頭で語り継がれ、(越人)ケルト人立証される。
古事記が口頭伝承を文字にしたもの。
稗田阿礼が28歳 ... 太安万侶が序を付ける事を提案。

稗田 阿礼 (ひえだ の あれ)
『古事記』の序文によれば、天武天皇に舎人として仕えており、28歳のとき、記憶力の良さを見込まれて『帝紀』』『旧辞』の誤り伝えられることを憂えた天武天皇は,舎人の阿礼にこれらを「誦習」させた。そのとき阿礼は 28歳,きわめて聡明であった。のち元明天皇の命により,阿礼の誦習するところの『帝紀』『旧辞』を太安麻呂 (おおのやすまろ) が撰録して成ったのが『古事記』だとある。

古事記の編者。奈良時代の文官で、父は壬申の乱で功績のあった多品治(おおのほんち)とされる。1979年1月、奈良市此瀬町の茶畑で墓が見つかり、埋葬されていた墓誌から平城京左京四条四坊に住み、官位は従四位下勲五等、命日は7月6日とわかった。

奈良時代の官人。名は安麻呂とも書く。『古事記』の編纂者。『続日本紀』は養老7(723)年7月7日条に死去を記すが,昭和54(1979)年に奈良市田原町で出土した墓誌には「左京四条四坊従四位下勲五等太朝臣安万侶,癸亥の年七月六日を以て卒す。養老七年十二月十五日乙巳」とある。没日が1日ずれるのは暦の相違によるらしい。12月15日は埋葬月日。父は壬申の乱(672)に功績のあった多品治。『新撰姓氏録』などによれば,太(多)氏の祖は神武天皇の皇子神八井耳命という。

《古事記》編纂に関与した稗田阿礼(ひえだのあれ)はアメノウズメの裔とある。阿礼の素姓を考えるのに参考になる。

ここに天皇詔りたまわく、「朕聞く、諸家のもてる帝紀および本辭、既に正實に違ひ、多く虚僞を加ふと、今の時にあたり、その失を改めずは、いまだ幾年を経ずして、その旨、滅びなむとす。これすなわち邦家の經緯、王化の鴻基なり。故、これ帝紀を撰録し、旧辞を討覈して、偽りを削り、実を定實めて、後の葉に流へむと欲ふ」とのりたまひき。時に舍人、有り。姓は稗田、名は阿禮。年はこれ廿八。人と爲り聰明にして、。目に度れば、口に誦み、耳に拂るれば心に勒す。即ち阿禮に勅語して、帝皇の日繼及び、先代の旧辞を誦に習はしめたまひき。然れども運移り世異りて。未だその事を行ひたまはざりき。

秦氏は、多氏で、
多氏の発生は日本古代におそらく弥生時代に遡る。
弥生時代といえば、夜須の名が発生地で、越人は、この地を、会稽の安邑にちなみ、夜須と名付けた。
安万侶は、“田原本”界隈は、 古代の有力氏族・多氏や鏡作氏の拠点であった。
神武天皇につき従ったのは、出雲と岡山に、足跡を残し、、“田原本”界隈に定着した。

日本古代に活躍した氏族。多は太,大,意富,飫富,於保などとも記す。《古事記》《日本書紀》によれば,神武天皇皇子神八井耳命(かむやいみみのみこと)を祖とする。

『新撰姓氏録』によれば秦の始皇帝の末裔で、応神14年(283年)百済から日本に帰化した弓月君(融通王)が祖とされるが、その氏族伝承は9世紀後半に盛んになったもの。


新羅系渡来氏族。聖徳太子に仕えた秦河勝は新羅仏教系統を信奉していた。

 

白馬三郎埴輪が夜須下高場田久保からも出土していた

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年11月 8日(水)17時34分6秒
編集済
  白馬三郎とは神の名であり、馬の乗り埴輪としても、弥生時代の川辺祭器として用いられている事を解明した。
白馬三郎とは白馬山から名付けて、ビン越王の前202年、無渚が、白馬三郎として、語り継がれている。

白馬で知られる、白馬寺は三角神獣鏡が作られた、場所の事なり。
三角神獣鏡も又神として、ビン越で用いられていた。
白馬三郎(ウガヤフキアエズ)も、川辺祭器として、使われていた事が、夜須中学校遺跡からも、出土していた、馬の乗り埴輪は、夜須下高場田久保からも出土していた。

弥生に文字が、使われていないと、しているのは頭の切り替えが、無くては、真の歴史は、出てこないでしょう。
現に日本初期は、中国、漢の武帝無くしては、語る事は出来ません? ここに邪馬台が、秘められて、いるからです。
文字が無いというのは、頭の切り替え無くしては、出来ないでしょう。

ここに写真の夜須の梶原遺跡出土の時代感である円面硯、の模様を見て? 即座に七世紀と、しているのは、大きな間違いなのです。筑前町文化財課で平成二十九年十一月、八日撮影の硯

只今、照会中 二之宮地内の新幹線線路南側を流れる久保川は、昭和37年、東海道新幹線建設工事の関連工事として線路南側に新たに排水路を掘削した、おり、遺物が出土し、御殿・二之宮地域に弥生時代から奈良・平安時代にかけての大規模な遺跡があることが判明しました。

今回紹介する資料は、浜松市在住の個人の収集家の方が、その当時、御殿・二之宮地内で採集した円面硯 もの https://www.city.iwata.shizuoka.jp/midokoro/bunkazai/tayori/0904.php



朝倉の古代は、紀元前五十年で、終わっていたのです、再度名が出るのは、敏達天皇の五世紀頃に中国の隋の使者が夜須を訪れて、いた頃、万葉時代が知れている。大伴旅人の歌に夜須の野が知れる。

これらの三点が(埴輪、三角縁鏡、硯根象形文字、硯)そろって、出土する夜須の遺跡は、いずれも紀元前百十一年前~五十年前である、岡山を除いて、時代のずれが、五世紀後半から、とは、開きがあるのです。

 

補助整備で、夜須の三地区から、紀元前111~50の川辺祭器埴輪が出土していた事が、児島宮歴史研究室調査で、判り、日本初

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年11月 1日(水)15時07分20秒
編集済
  補助整備で、夜須の三地区から、紀元前111~50の川辺祭器埴輪が出土していた事が、児島宮歴史研究室調査で、判り、
騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪が確認された。

騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪出土は、夜須中学校に在学していた著者、作業時の植木植栽の穴掘り時、出土埴輪である。
騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪出土地点夜須中学校丘から、曾根田川迄の距離は10メートル離れていて、計測に、下高場田久保と上高場犬竹の、堺を流れる長音寺川も、距離は10メートル離れていて、計測される。
この川は二千百十一年の




騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪出土は、夜須中学校丘から、東小田上丘、ナフコ地点に、集結していて、曾根田川の川辺祭祀(華夏人)が見えた。

騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪出土は、夜須中学校、校長、清武氏による、証言を基に、筑前町下高場田久保の、騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪出土、川辺祭祀(華夏人)が補助整備事業で、多数出土していたが、今は失われている。
又、下高場田久保と上高場犬竹丘の、堺を流れる長音寺川、周辺、からも、騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪出土、川辺祭祀(華夏人)の姿が、検出されている。(清武治実氏証言による)
治実氏によると、この地点は赤土であるが、騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪出土地は砂地であった事が、双方の一致が、川辺祭祀(華夏人)と結論出来た。
これらの、騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪は赤土が用いられていて、夜須小隈窯で、焼かれた事が判る。
筑前町下高場田屋で出土していた、布江と同時期である。


この研究は、 児島宮歴史研究室により、川辺祭祀(華夏人)の姿が、検出されている。







 

夜須の児島宮とは

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年10月 9日(月)17時57分23秒
編集済
  神様は夜須に、はじまる、つまり降臨地の事です。
宮崎鹿児島が天孫降臨地というのは、間違いなのです、ここでは天孫とは?どういう事かでしょう。
天皇とは、もしかり、解説は、間違いだらけのままです。

邪馬台国ですら、間違っています、
それらには原型が、説明されていないからです、原型とは?
日本ではありません?だとしたら?
ここにすべてが当てはまっては、いませんね。
朝倉が邪馬台国としておられるが、邪馬台国といえば卑弥呼とたいてい、されていますね、ここがそもそもの、間違いです。

ここからは、今までと違った観点から、見て見よう?
邪馬台国といえば卑弥呼は無関係です? 「やまたいこくは、卑弥呼ではなかった」と「児島宮」から、福岡の梓書院から、発行していますので、これらを読むと、いろんな面から考察しています。
それほど邪馬台国は、むずかしいので、ほとんどが間違っているのでしょう?
ここでは、まず、夜須の児島宮とは、の観点から、解説へと進みます。

夜須の児島宮とは、日本の天満宮?とは菅原道真公とは、意味が違い、
日本の天満宮は、大宰府だけでは、無かったのです。
よく間違いが、この辺に出ているようです。
寛延二年の遷座では神社の石碑の中央に、平山大明神と刻まれています、左手の石碑には南無天満大天神とあり、この右横の石碑には坂野明神と刻まれています、ここに、神の原型が、揃っていました。

君が代の歌の中で、君とは神の事でして、世は、さざれ石のとは、この石碑の事をいいます。
それから、さざれ石の巌となりて、ここで巌とは、たちはだかる、という意味です。
それから、こけの生すまあでー、とは、こけの生えるまあで、とある。
でそれはこの石碑に刻まれている文字に、日本の神の原型が、描かれているのです。
グウグルで、旧夜須町、改正後は筑前町、の神社が有り、天満宮と児島宮は同一で、近代遷座されたのが、祭主の系譜の児島宮が聳えています。

ここからは児島宮の神々とは、平山天皇の名、平山大明神と刻まれています。
又、篠隈天満宮には、鳥居に、寄付された方々の、名前が刻まれています。
篠隈天満宮の狛犬が、有り、岡部刑部(秋月藩士)が奉納されていたと刻まれていましたが、盗難にあい、この狛犬の写真の撮影者が、伝えていますが、天皇社の奉納であり、盗んだ者は大それた事と、なってしまったている、ようてす。
狛犬、岡部刑部(小田原北条家臣)奉納 タロウ ジロウ

降臨地が夜須というのは?平山天皇の名、平山大明神(越王丑、ウガヤ)と刻まれています。
この夜須にこそ、越王丑の系統に、繋がっていて、中国の越王勾践、その先は、夏王朝、と、記載されている。この夏王朝の都が会稽の(安邑)に因んで、始まっていました。
日本はこの因んで、出来ている事も解ります。
因んでいるのは?天神と日本でして、
天神とは、夏王朝天神七代の越国の初代でして、名を無予とあります。ウガヤの先祖越王が日本の紀元前の年代にも、なっている、天神との因みしか、天神天皇とは、なる事は、無かったのです。
ここで万葉集にも、神とのちなみが、ある事が判ります、天皇は神にしませば、が、因んでいるのは?天神と日本という。

明治以降の天皇や宮内庁は、神とは天神とも、天皇とは、無関係ですので、間違いのないように。
特に伊勢神宮や出雲神宮とは、神や天皇とは無関係になっています?
日本の神の本社は因がなければ、すべてが間違いです。

ここからは、天満宮と児島宮の因について、系統から、解説していこう。
天満宮とは、宇宙神の因の事でして、
天神とか神としているのは、夏王朝天神七代の越国の初代でして、名を無予に行きつきます。
万葉集にも、神との、ちなみが、日本のすべてに因んでいる事がこれで判りましたね。

ではでして、
天神とか神としているのは、夏王朝天神七代の越国の初代でして、名を無予との因と、最後のビン越王とは、すべて、日本とは、ちなんでいた、事が判ります。何故という方には、これで、判ると思います。

児島宮の絵馬に見る因とは、児島宮のちなみ、は、後白河上皇、の孫の後鳥羽上皇と妻の坊門局の子が、頼任親王(児島宮)に、ちなんで、名付けられました。
篠隈天満宮の絵馬が、(児島宮)に、ちなんで、名付けられました。
中心の絵馬に、天満宮、天神の、因を示す、後鳥羽上皇、承久の城南宮の、児島盛綱参行図が有り、その左には、児島高徳桜に、越王勾践ず、があり、いずれも因となっているようです。

日本の、すべての神社の神は、これら因が、なければ、正しい神社とは、言えないのです。
京都伏見稲荷も、妖狐の因が、あり、神としての、ちなみが、伺えます。

児島高徳姻の近衛中将助安が佐久間孫五郎とも有り、因は間違いありません?佐久間孫五郎姻、や伊達政宗公の因みの正当さが、佐久間不干斎と伊達政宗の文が伺えられます。







 

夜須に礼をつくすという意味、明治以前においては 博多の松囃子が 朝倉夜須村に残る 宮家に参詣していたとする 伝承もあ.る

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 9月 1日(金)19時07分58秒
編集済
  語尾に 「やす」という言葉を使いますがが 宮廷言葉からきたもので
「やす」は 「夜須」が語源だとの事
寂蓮
藤原時代の歌人、中務少輔、僧俊海の子、幼にして才名あり、叔父俊成養つて子とし中務少輔に任ぜられた、俊成の子定家生るゝに及んで避けて僧となり、名を寂蓮と改めた、丹青の技に秀で和歌を善くし世に称せらる、当時僧顕昭また和歌の道で自負する処があり、寂蓮とも交深かつた、顕昭は学識該博であつたが才思乏しく寂蓮は学識は顕昭に及ばなかつたが、和歌は顕昭の上にあつた、顕昭の曰く、和歌は芸に於て至難なものではない、寂蓮の如き学ぼずして猶ほ能くすと、寂蓮の曰く、天下にむつかしいもの和歌の外にはない、顕昭の博学に於てすら猶ほ能くし難いと、顕昭答へることが出来なかつた、建仁二年七月二十日歿す。  (大日本史)http://www.arc.ritsumei.ac.jp/opengadaiwiki/index.php/%E5%AF%82%E8%93%AE

世にこれを夜須礼やすらいという」とあります。 現在の練り行列は、先立・鉾・督殿(リーダー)・小鬼(少年二人)・大鬼(赤毛と黒毛のシャグマをかぶった各二人)・花傘・音頭取り・囃子方の総勢数十人が時代衣装をまとって練り、要所で踊り歌います。歌に「花や咲きたる、やすらえ、花やー」と囃子言葉が入り、やすらい祭の根底には田遊び・田楽がとどめられています。

中世の日本人は「やすらい花」(「安らい」、「夜須礼」とも書かれる)と称する祝い踊りに興じたが、これは現代でも多くの神社で祭礼としてつづいている。

「夜営」やえい
やすらい〔やすらひ〕【安=楽/夜須礼】の意味
やすらい祭にうたわれる歌。また、その囃子詞?(はやしことば)?。

沖縄の歌もやえいで歌われている。
夜営やえい栄えるという意味 うた 七五調 十九の春ラッパ節 歌合い 与論小唄 鹿児島・沖縄特集 - メロデーが変わるYouTube
https://www.youtube.com/watch?v=JzLW4Hah0NE#t=1318.7729607

やすらい‐はな〔やすらひ‐〕【安=楽花】の意味 華夏族によって、夜須は始まっていた。

夜須礼とは - 歴史民俗用語
夜須礼とは?歴史民俗用語。 「 やすらい祭り 」に同じ。 >>『三省堂 大辞林』の表記・記号についての解説を見る.

やすらい祭(やすらいまつり)は、京都市北区で行われる祭の一つである。特に、今宮神社で行われる大祭として知られる。 目次. [非表示]. 1 概要; 2 祭事の流れ; 3 脚注; 4 関連項目; 5 外部リンク. 概要[編集]. 「夜須礼(やすらい)」「鎮花祭」「やすらい花」とも

夜須礼 #鎮花祭 #やすらい花 #花傘 #無病息災 #上賀茂 #京都三大奇祭 #京都

『夜須に礼をつくす』という意味
明治以前においては 博多の松囃子が

朝倉夜須村に残る 宮家に参詣していたとする 伝承もある.
博多松囃子 に よく似ています
やすらい を 「夜須礼」と書くそうです
『夜須に礼をつくす』という意味なのでしょうか
http://hisamitsu.exblog.jp/25115105/

明治以前においては 博多の松囃子が
朝倉夜須村に残る 宮家に参詣していたとする 伝承もあるのです
( 文献として 残っているかどうか 調査中 )
明治以前においては 博多の松囃子が

朝倉夜須村に残る 宮家とは、天皇家の事で、その証拠が、隣りの柴野大徳寺、高東院(近代改名、高桐院)に、南北朝時代の、児島高徳末裔が眠る、意味という、高い東ので、太陽(天皇)で、高東院と、徳川家光の寛永系譜帳の佐久間氏系譜に載せているのが、高桐院ではなく、高東院とされています。
この佐久間不干斎の子孫某、甚九郎正成、と孫九郎と寛永系譜帳に、載せています。

高東院とは天皇宮家であり大徳寺の塔頭高東院(中心)と、昔は、そうなっていたそうです。


児島宮歴史研究室 はい、昭和の始め、福岡県朝倉郡夜須村篠隈の、天孫降臨地、に、博多どんたく隊、おなご衆が、隊の出発点になって、いました。
しゃもじを、踊りながら、鳴らして、いたのを、めずらしいので、その訳は、今まで、判りませんでしたが、ようやく、京都今宮神社のやすらいと、隣りの柴野大徳寺、高東院(近代改名、高桐院)が何故存在、していたのか、その謎が、京都の北に 《今宮神社》ページの説明で、一致したのが、福岡県朝倉郡夜須村(筑前町)篠隈の天孫降臨地、と相対していたので、古代の歴史が、関連している事が、これで判りました。

夏礼=夜須礼
夏礼とは
「礼」とは何

中国では古来から(音楽は夏王朝時代)

夏礼を継承して設礼を作った。

孔子はこう答えられました、
「絵を描くとき最後に胡粉(こふん)で仕上げをする様なものだ。」
「礼とは人間の仕上げの様なものですか?」と問うと、孔子は、
「これは私でも気づかなかった。これからはお前と詩経について語り合う事が出来そうだ。」
と答えられました。http://6302.teacup.com/kodaigiten/bbs/420

夏礼??夏王朝的大法-中国古代法制 - 古?文翻?
夏の儀式は、内容と形の両方から、神を中心にしています。 神の夏の奴隷君主は非常に畏敬の念であり、しばしば大事な儀式を開催し、それが国家であろうと個人的な生活であろうと、ウィザードによって神に「相談する」必要がある。 すべてが天国の名のとおりです。 王位は「運命」として知られる日までに与えられ、「議論する日」と呼ばれる軍事征服は、「日の罰則」として知られる犯罪を処罰する。 夏は典型的な神権法時代です。 https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-CN&u=http://yw.eywedu.com/wenhua/HTML/4702.html&prev=search


「やす」は 「夜須」が語源だとの事

大切な、やすらい、資料を、ありがとうございました。
これで福岡県も、古代の歴史が、よみがえる、でしょう。
不明の邪馬台国がようやく、日の出となったようです。

 

朝倉郡夜須木製工房、惣利遺跡から出土した、ビン越枕

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 8月18日(金)08時52分10秒
編集済
  出土した、ビン越枕

http://www.zwbk.org/MyLemmaShow.aspx?zh=zh-tw&lid=215107

閩越(びんえつ)は、現在の中国福建省に存在した

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%B3%E8%B6%8A

閩越王無諸が城村(現在の福建省武夷山市興田鎮)に築いた王城はこの地域最大の都市となった。
閩越王城遺址博物館坐落在武夷山市興田鎮城村。武夷山閩越王城遺址是中國長江以南保存http://www.hkcd.com/content_p/2013-12/04/content_1658.html
城村,漢城王址,五夫村(南平行3 武夷山市)
https://www.zixundingzhi.com/hanzhao/72129675e713dc03.html

書名 武夷山城村漢城遺址発掘報告 1980-1996
http://chugoku-shoten.com/mokuji/cmokuji/28624/28624.html

朝倉郡夜須木製工房、紀元前111~50年前に行われていた、惣利遺跡の木製加工は、ここから始っていた。
それは、農耕具の数の多さは、夜須の他には、見えない。
日本の文化は夜須から、始まったといえる。

朝倉郡夜須、知らずして、日本の始まりは見えてこない。
 

光武帝から漢の奴国王に下名されたという

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 8月12日(土)20時32分27秒
編集済
  夜須華夏の、九州の奴国から光武帝に、貢献に使いの大夫と、名乗ったとある。
そこで光武帝から漢の奴国王に下名されたという、それは天皇二代の時か。

江戸時代天明年間(天明4年2月23日(1784年4月12日)とする説がある)、水田の耕作中に甚兵衛という地元の百姓が偶然発見したとされる。発見者は秀治・喜平という百姓で、甚兵衛はそのことを那珂郡奉行に提出した人物という説もある。一巨石の下に三石周囲して匣(はこ)の形をした中に存したという。すなわち金印は単に土に埋もれていたのではなく、巨石の下に隠されていた。発見された金印は、郡奉行を介して福岡藩へと渡り、儒学者亀井南冥は『後漢書』に記述のある金印とはこれのことであると同定したという。

なお、糸島市の細石神社には、「漢委奴國王」の金印が宝物として伝わっていたが江戸時代に外部に流出したとの伝承(口伝)がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E5%A7%94%E5%A5%B4%E5%9B%BD%E7%8E%8B%E5%8D%B0

奴国(なこく、なのくに)とは、1世紀から3世紀前半にかけて、『後漢書』「東夷伝」や「魏志倭人伝」にあらわれる倭人の国である。大和時代の儺県(なのあがた)、現在の福岡市付近に存在したと推定される。 概要[編集]. 倭国が後漢と外交交渉をもったのは、以下の史料が示すように倭奴国王が後漢の光武帝に朝貢したのが始まりである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B4%E5%9B%BD

建武中元二年(57年)、倭奴国は貢物を奉じて朝賀した。使人は自ら大夫と称した。倭国の極南界なり。光武は印綬を賜った。また、安帝の永初元年(107年)に倭国王は帥升らに奴隷百六十人を献上させ、朝見を請い願った(後漢書東夷伝による)
 

平成二十九年

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 8月 9日(水)14時31分22秒
   古元尊(こがんそん)墓地 納骨堂、からのお知らせ

コガンソンは黒田長政公により、佐久間甚九郎正成(不干斎長男)が天皇祖ウガヤ、ふきあえず、末裔に習い、平山と改め、この地へ移って来ました。
これにより、夜須村の四区の隅を、頂き、四熊と、なりました。篠隈由来

平山代々の墓地として、こがんそんの名は、天皇形跡として、
(児島、佐久間、平山、皇孫)初代佐久間甚九郎正成が、古元尊(こがんそん)と、名付けた。

篠隈世帯数 名主平山、小作人,十八家の、四熊の宮地、墓地は、コガンソン、

平山家墓地の他、夜須の里公園前墓地、各家墓地が各所に点在していました。
現納骨堂は、(児島、佐久間、平山、皇孫)の墓所の墓石を、納骨堂下に埋葬し、平山十代、甚九郎文八、により、篠隈中から、納骨堂建立の加入者を、募集、
、昭和三十四年、、篠隈納骨堂建立に至り、五十八年経過に至りました、が、数十年を経過し、五十件から、三十件に、減り、篠隈の古住人は、移動し、平山代々の墓地として、こがんそんの名の、天皇形跡を、守る意味からも、八月吉日を、もって、新たな加入者は廃止しますので、御心おき下さい。

平成二十九年八月、六日

          墓地守人代表、平山十二代 平山甚九郎
 

税田酒蔵、泉屋の、古本帳が、夜須篠隈某姒の祖祖父に、託されていた事により、立証となった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 7月13日(木)19時17分25秒
編集済
  日の丸は夜須篠隈某姒の祖祖父が創案同夜須中津屋の田代紺屋で染め上げ、出来ていた事が判明した

  日の丸旗は夜須篠隈某姒の祖祖父が創案同夜須中津屋の田代紺屋で染め上げられ、出来ていた、税田酒蔵、泉屋の、古本帳が、夜須篠隈某姒の祖祖父に、託されていた事により、立証となった。

これまで、祖祖父と税田酒蔵、泉屋の、関係は、税田酒蔵、泉屋の、古本帳があるだけで、いずれも、お付き合い、で、しかなかった。
税田氏のお話しでは、和本は税田酒蔵内に、寺子屋が、あったので、この和本は算術本である事が判った。

泉屋の今は、建物だけが当時を、しのばせているが、元、税田酒蔵の、知人の誘いで、元、酒蔵の後、コーヒ喫茶を営んで、おられる、ご主人と、会話に話がはずんでいる、間、元の二階に、案内されていて、真ん前の空き地、の話になり、税田氏は、この地は、田代紺屋か、昔にあって、、
田代紺屋「こうやさん」の名で、地元では知られていたという、お話しで、その屋号から、こうやが判明した。
その時、はっと、記憶の中に、日の丸国旗を染めたという、紺屋が、山家には、いくら探しても、古くからの住民は、なしのつぶて、であったので、
現実は、祖父の蔵の中から、出てきていた、元税田酒蔵泉屋の、墨書きを、思い出した。
ここに、元、税田酒蔵泉屋の不明だった、田代紺屋の接点、存在が、つながった。

夜須篠隈某姒の祖について、述べる、慶長二年、に、京柴野より、今の松延に移った、佐久間不干斎の男の次男は、助九郎長興といい、黒田長政公の養子となり、秋月藩の祖となっていた。
家臣の多くは武田家臣や小田原北条の臣下、や赤松家臣の、宮本無二齊(武蔵の父)などの名がある。
そして家老は、田代家老に、なり、岩佐又兵衛の妹二人が、田代家老に、預けられている。

夜須篠隈某姒に関わる、鎧に、ちりばめられていた、模様が、物語っていた。
つながり無くしては、日の丸は、孝明天皇の基には届かない、で、あろう。
孝明天皇は夜須篠隈某姒の繋がりがあり、孝明天皇は鷹司関白家養子に、居られた御方で、夜須篠隈某姒の祖、児島宮頼任親王の息が、東寺長者道乗で高野山も、大僧正を兼ねて、おられました。

東寺長者道乗は藤原関白良実の息に、ゐられていた。
これにより、夜須篠隈某姒の日の丸が田代紺屋で染められ、届けられたと、なっていた。

又日の丸の由来は、孝明天皇が日章旗に、されたのであるが、嘘の由来も出回っている。
現在の国旗は、明治3年(1870年)明治政府が太政官布告で『国旗日の丸』と制定したのが現在の日の丸とか、捏造が出ている。筑前茜染保存会〒820-0711 飯塚市山口242-1
飯塚市筑穂庁舎   筑前茜染保存会〒820-0711 飯塚市山口242-1. TEL 0948-72-0080

近年日の丸が太陽として、日本の神八尾の代名詞として、発言しているのは、児島宮考古学研究室 の外は誰もいないのに、幕末に日の丸が太陽として、日本の神として、いるのは、一人もいない。

これが出来ていたのは、児島宮於いて、他には、おりません。
日の丸が太陽として、日本の神としているのは、筑紫夜須の、姒児島宮だけである。

写真 酒蔵の後、コーヒ喫茶の屋根裏の棟札 提供税田氏

写真  算術の本 寺子屋用 税田泉屋 平山児島宮

税田酒蔵、泉屋には、三条実美・東久世通禧・三条西季知・壬生基修・四条隆謌の五卿がが、訪れていたという。税田氏のお話し

官位を剥奪され、都を追われた尊皇攘夷派公家の三条実美は、時に二七歳、権中納言従三位でした。
西郷隆盛、坂本龍馬、高杉晋作、伊藤博文ら勤皇派の志士たちが去来して、謀議を重ねる。
龍馬、この時、二九歳です。
五卿の大宰府滞在は、おおよそ三ヶ年でした。

慶応元年(1865年)http://ryomado.in.coocan.jp/Nakashin/NSchrono/nashi_chrono01-02.html

四日 泉屋にて内田仲之助らに会う
六日 多田壮蔵の訪問をうけ泉屋にて面談
九日 泉屋にて諸藩の人々と面談、別れにさいし筑薩肥後酒を酌む

多田壮蔵筑紫衛らと面談 六日 馬を内田仲之助に貸し徒歩にて帰る 同日 多田壮蔵の訪問をうけ泉屋にて面談 七日 多田壮蔵池田某らより御馳走をうける 同日 三条実美に拝謁し、多田壮蔵と博多へむかう 八日 馬術場を拝見し、剣術修行に励んだ。


 

フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けたもの

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 6月17日(土)15時04分59秒
編集済
  清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)とあり、清水寺と佐久間不寒(不干斎)との関係が見えていた。
清水寺にあったフクロウを彫った宝筐印塔の塔身は、千利休の手に渡って新たに水穴が掘られ、不審庵の手水鉢とされたことが明確になり ... フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けたものである。

佐久間不寒(不干斎)は、フクロウの手水鉢を知っていた、家光から任されていた清水寺修理。

寛永6年(1629)、9月10日の大火災によって建物のほとんどが全焼したものの、徳川家光の寄進によって、わずか数年のうちに再建された清水寺。

寛永期の再建に修理を重ねてきたもので、すでに400年近い長い時間、

佐久間不寒(不干斎)は茶に、列した少庵は見知りであった。
このフクロウの手水鉢と相関している、中国古代の世界観・政治思想の一。人間の行為や政事(人事)と自然現象(天事)との間には密接な関係があるとする説。あらゆる事象に天と人との相関関係を説き、特に漢代において支配的な政治思想として機能した。

自然現象 (天) との間に対応関係があり,人間の行為の善悪が自然界の異変 (吉祥や災異) を呼起す,という思想。フクロウの手水鉢 http://8244.teacup.com/fusyu/bbs
一定の形式がある
日本人の伝統精神を語るとき、日本人の形式(様式)と共通する。
日本人は「気づくだけ」でもっと幸せになる
語源を知るフクロウの手水鉢
形・性質などが写したようによく似ていること。

http://6245.teacup.com/kojimakousi/bbs  フクロウの手水鉢を知る事ができる。
日本の先祖はここから、受け継いでいた。
発生起源を異にするが,同じ機能をもつために似た形態をもつようになった場合の相互の関係。http://6245.teacup.com/kojimakousi/bbs

「開山堂」(田村堂)

堂内には坂上田村麻呂とその妻の像が祀られています。
児島宮にも坂野明神が祀られています。相似

フクロウの手水鉢は佐久間不寒(不干斎)相関を表していた事。
そういえば、岡山の熊野神宮も、天皇と相関を表していた。
いろいろ解明された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E9%87%8E%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E5%80%89%E6%95%B7%E5%B8%82%E6%9E%97)




 

華夏人のフクロウ、古代メソポタミアの「目の女神」女神の組み合わせ九

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 5月30日(火)12時26分1秒
編集済
  華夏人のフクロウ、古代メソポタミアの「目の女神」女神に捧げられた鳥であった。

フクロウは海の三女神と言われた。夜須古事記 宗像 宇佐にみれる。
太女神は概念的には三相一体
三相一体(女神だけから成る場合、男神だけの場合、両者の混合の場合を問わず)の原型であった。三つの面を持つ太女神を崇拝した
女神は、子ども-花嫁-寡婦として崇拝された。
三相一体の女神は天、地、冥界をそれぞれ処女、母、老婆(またはヘルHel、または冥界の女王)として支配した。
女性の三相一体は結婚と関連がある。九州の九

三相にして一体なりという概念を生みだした。古代メソポタミアの「目」

農耕民族は、ウバイド人と呼ばれ、その後、千年以上もそこに住み着き、泥でレンガをつくって街や神殿をつくり、その後のメソポタミア文明の基礎をつくることになった民族。


千少庵(せんのしょうあん、せんしょうあん、天文15年(1546年) - 慶長19年9月7日(1614年10月10日))は茶人。千利休の養子にして女婿。千宗旦の父。
母宗恩が利休の後妻に入ったため、利休の養子となった。義兄の道安とは同い年にあたる。先天的に片足に障害を持っており、相続関係の資料から千家内での立場が弱かった事実も確認されている。妻は利休の娘お亀(おちょうとも)で、二人の間には嗣子宗旦が生まれている。

清水寺にあったフクロウを彫った宝筐印塔の塔身は、千利休の手に渡って新たに水穴が掘られ、不審庵の手水鉢とされたことが明確になり ... フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けたものである。
佐久間信盛は、織田信長に30年余を仕え、宿老と呼ばれました。http://www.vill.totsukawa.lg.jp/www/contents/1109231086703/

ここにフクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)とあり、清水寺と佐久間不寒(不干斎)との関係が見えていた。
児島宮には坂野明神があり〈坂野上田村麻呂と清水寺との関係)が見える。桓武天皇

坂上田村麻呂の娘の春子は、桓武天皇の妃として葛井親王を産み、その血筋は清和源氏とその分流へ受け継がれていった。
平安時代、811年、5月23日、坂上田村麻呂は粟田の別業(東山区粟田口)で亡くなる。5月27日、第52代・嵯峨天皇は、栗栖野山城国宇治郡栗栖野村(馬背坂)に3町の地を与え墓地とした ... 娘・春子は桓武天皇の後宮に入り、葛井親王を産んだ。
その血筋は清和源氏とその分流へ受け継がれていった。
そのため源頼光や牛若丸の祖先の一人となる。

佐久間不干斎も源頼光血筋、柴田勝政の後、勝重の 妻の娘であった。児島宮の女妻血筋である。

柴田勝重生没年:1579-1632父:越前勝山城主 柴田勝政三左衛門、権六郎1600 関ヶ原の戦い妻:(父:日根野吉時)妻:(父:織田左衛門佐長政)1612-1682 勝興妻:(父:信濃長沼藩初代藩主 佐久間勝之)会田行重三浦信勝(義父:三浦正勝)

女:瀧澤氏-1671 勝平1623-1693 勝昌娘(佐久間甚九郎某妻)娘(奥山治右衛門重次妻)娘(飯高七兵衛貞勝妻)



柴田勝重正室:( ... 女:瀧澤氏: -1671 勝平: 1623-1693 勝昌: 娘(佐久間甚九郎某妻): 娘(奥山治右衛門重次妻): 娘(飯高七兵衛貞勝妻).


通称は甚九郎、国司を自称し、剃髪後は不干斎と号した。は、千利休の手に渡って新たに水穴が掘られ、不審庵の手水鉢とされたことが明確になり ... フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けたものである。

佐久間不干斎は織田信長の臣。信盛の子。 浪人の後高野山いて、後に秀吉に大坂城でつかえ ました。

天王寺には佐久間父子・・・・・・・』〈甫庵信長記〉 不干斎。元織田信長家臣で信盛の子。通称甚九郎、諱は信栄とも。天正六年には信長のために茶会を催す

千家名物, 上田宗五所持, 不干斎, 共筒茶杓, 了音了意極.



 
 

「フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けたものである

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 5月28日(日)18時06分7秒
編集済
  「フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けた、とここに、
佐久間不干斎と清水寺の関係が、ある事が判る記実が見える。

清水寺の伝承とは、知られていない日本の一場面が、清水寺のフクロウの手水鉢に見えている。佐久間不寒(不干斎)には八千年の歴史が秘められて、いる。それがフクロウで、又天王を、表している。
フクロウは鷹のように猛禽動物とされている。

猛禽動物は神の守護とも伝わっている。夜の番人でも、あるという。
佐久間不寒(不干斎)には天皇が潜んでいた。
佐久間父子にも、共に鳳凰が、潜んでいた。

昔、神様に使える動物は『神使』(しんし)と呼ばれ、神様の気持ちを代行していたといわれています。
フクロウは夜の秘密を語ってくれる鳥であった
フクロウは、古代メソポタミアの「目の女神」のギリシア版である女神アテーナーに捧げられた鳥だと言った

フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けたものである。

多聞院日記』三〕 9月25日 佐久間信盛(「夢斎定盛」)・佐久間信栄(「不干斎定栄」)、紀伊国高野山金剛峰寺小坂坊に対して

佐久間 信栄(さくま のぶひで)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。佐久間信盛の長男。剃髪後は不干斎と号した。諱は正勝(まさかつ)とも伝えられるが、信頼できる史料は信栄としている。

坂上田村麻呂を檀那(施主となる信者)として建立された清水寺の由来。

寛永6年(1629)、9月10日の大火災によって建物のほとんどが全焼したものの、徳川家光の寄進によって、わずか数年のうちに再建された清水寺。
再建年. 1632年(寛永9年/江戸時代初頭)

清水寺の境内にて今現在見ることのできるお堂など、1629年(寛永6年)に再建された建屋ということとなります。






 

佐久間不干斎からの伝聞

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 5月 3日(水)20時51分10秒
編集済
  佐久間不干斎は織田信長の臣。信盛の子。母は道真末裔本家の前田種利女。

今井宗久を招いて正勝(不干斎)が茶会を催している
佐久間不干斎からの伝聞

「名物一つあれば茶の湯はできる」

茶道は今とは、違う?
茶の古典とは「みいだす」、こと。
めきき、一つあれば茶の湯はできる。

書画骨董も同じ。
秘蔵申すと咄有之。
「扨々見事」
吉も悪も能存候間
名ヲ人生と付ケシナリ。人生七十古来マレナリト云。

茶道は故一器一回を宗とす。
お香も、故一器一回を宗とす。
松屋久重編の「茶道四祖伝書」では佐久間不干斎からの伝聞として「織部は初めは茶の湯が大嫌いであったが、中川清秀にそそのかされて上々の数寄者になった」と記されている。

ここに、佐久間父子によって、茶道は開かれていた。

名物がなければ、茶道は、できなかったとある。

茶人と呼ばれる人には自分なりの主張を持った、一本筋が通った人が多い。

「一つの試み」

やはり道具が、数寄の基本。

今の茶道は、数寄(茶の湯)では無い。

ここみ、として、
モノを粗末にしない。可能性にいどむ。
今忘れている大切な要素、道で、学問ではありません。

なので、佐久間不干斎は、祭、や甚句や相撲、歌舞伎出雲のお国、お伽話し、が排出しています。
なんかもう現存しないモノについては、真偽はさておきとりあえず一覧。
侘て面白とて。

故に文明を周知していないと、何も出来ないとある。

「フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けたものである。

茶会の亭主または客と し、 客一亭主とい. う関係を辺とするネッ .... (不干斎)8 会、 松井友閑 フ会と圧倒的に武家. が多い。

不干斎と号して大和国十津川に隠遁していたが天正9年(1581)の信盛の死後に許され、信長の嫡子・信忠に付された。 のち織田信雄に仕え、天正12年(1584)の小牧・長久手の合戦で羽柴秀吉方の滝川一益と戦った。 信雄の没落後は秀吉に仕えて御咄衆 ...

江戸前期の武将。信盛の子。初名は信栄。のち正勝、通称は甚九郎、号に松泉庵・宗岩・不干斎。茶を千利休に学び、茶会を開いて堺衆らと交歓した。

茶会を開いて堺衆らと交歓した。



 

「佐久間肩衝」佐久間甚九郎不干斎

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 4月 6日(木)19時19分27秒
編集済
  『松屋日記』に「種村肩衝近江の種村殿所持候故也」とあります。のち佐久間不干斎を経て木下宮内少輔に入り、木下肩衝といわれました。さらに堺の町人のもとに移りましたが、狩野探幽か大金を出して購入。

種村肩衝茶入 大名物 種村刑部少輔、佐久間不干斎、狩野探幽、松平不昧伝来

『天王寺屋会記』にある兵部の茶会は、
天正8年(1580年)1月14日夜に信長の安土城下で行われているようです。
これは、津田宗及や、信長の家臣・佐久間甚九郎(不干斎)を招いた会だとか。

佐久間不干斎-その人はかつての織田家重臣佐久間盛信の嫡子甚九郎信栄その人である。

佐久間甚九郎 御茶上申し、終日の会なり。 同三日に帰洛の翌(つぎ)の夜話に、信長公曰いけるは、 甚九郎数寄

信雄が改易されると茶人として豊臣秀吉に召抱えられ、大坂の陣後は徳川秀忠に御咄衆として武蔵国児玉郡、横見郡に3,000石を与えられた。

文禄二年(一五九三)正月一九日のこと。

(略)

朝鮮の役のために肥前名護屋城に在陣していた佐久間不干斎が仮仕立ての床無し四畳を建て、博多の豪商神屋宗堪一人を招いて、(略)懐石が出されたあと、不干斎の後炭点前を拝見する。

種々の道具を記したあと宗堪は

一スミトリ ヘウタン ツイ朱ノ香合

ホリモノアリ、スミノ上ニツキテ

と書いた。http://d.hatena.ne.jp/plusminusx3/20150118/1421548828

「茶道四祖伝書」では佐久間不干斎からの伝聞として「織部は初めは茶の湯が大嫌いであったが、中川清秀にそそのかされて上々の数寄者になった」と記されている。

不干斎(佐久間正勝)は、信長から父親と共に追放される程の茶の湯好きだったそうです。

佐久間不干斎ハビアンと熱田神宮の千秋家吉田兼倶のひ孫、清原枝範女イトの関係が出ている。 1606年 ... 武蔵も光悦と妙秀尼に接する事により茶の湯の心のやさしさと厳しさの中にも奥行の深さを知り心がなごみました。

利休流の台子の茶の湯の作法を秀吉に(佐久間不干斎)明(分ニ不干を我等に同道つかまつるべきの由、御読ニ候。
4日朝織田有楽斎・佐久間不干斎、芝山監物、住吉屋宗無。

佐久間不干斎が一休宗純の筆による軸を監物に贈与しました。

名器の茶入れ「雲山肩衝」(うんざんかたつき)金森重頼は、京極丹後守高広に金三千で譲り、そのお金で米を買い、農民たちを救済したと郷土館発行の「金森史」と云う本には書かれております。この茶入、高さ三寸、胴径二寸六分、口径一寸五分、底径一寸六分で、相当大振りでした。「この茶入は、もと足利義政所持の、いわゆる東山名物でしたがのち豊臣秀吉にわたり、さらに
佐久間不干斎(ふかんさい)を経て堺の茶人、某の手に入りました。

紹鷗が花入の耳を打ちかこうとした話 ある日のこと。 宗能の茶会に、紹鷗、利休、佐久間不干斎、宗也が招かれた。

ハビアンは天草コレジオで日本語教師を務め、同学院出版『平家物語』の編者として序文を書き、巻末に「不干斎巴鼻庵」と記した。

 

ハビアン 事、佐久間甚九郎不干斎

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 4月 4日(火)16時03分19秒
編集済
  ハビアンこと、 佐久間甚九郎不干斎といい、父は佐久間信盛、母は前田種利の女という。

夜須の児島宮の甚九郎正成の父がハビアンこと、 佐久間甚九郎不干斎である。
佐久間甚九郎不干斎の遠祖は、坂本龍馬の愛知の西、広瀬城と、東広瀬城を創建した、児島高徳である。
児島高徳は、岡山の日蓮宗の寺社を各地に、創建した事でも、知られ、る。それは、高徳の母里の児島範長(児島姓開祖は、藤原関白の娘に養子となった、後鳥羽上皇の臣下、佐々木、盛綱が、藤原、児島盛宗の、児島姓となり、岡山と関係があった事が、知られる。宇都宮氏の初代当主、藤原宇都宮宗円、藤原宗綱(八田)ー児島盛宗ー佐々木、児島盛綱

宗円(そうえん)はこの藤原兼家の次男,藤原道兼(みちかね)の孫,藤原兼房(かねふさ)の次男と言われています。 ... 宗円はこの後,日光山輪王寺(にっこうさんりんのうじ)の住職(じゅうしょく)や宇都宮の寺社寺院(じしゃじいん)をとりしきった。
藤原宗円は、一条天皇の摂政、藤原兼家の次男と言われています。日光山輪王寺の座主や宇都宮の神社寺院をとりしきり、その勢力は下野国だけでなく常陸国まで及んだと言います。しかし歴史的な記述に乏しく、その存在を疑問視する研究者もいるようです。



又、児島高徳、は、後鳥羽上皇の子、頼任親王(児島宮)の宗家をついでいて、東寺長者道乗の後を継いだ、頼宴僧正の、子として生まれた。
名古屋の熱田神社神官、熱田大宮司、千秋持季との遠戚は、児島高徳胤、室町時代、佐久間孫五郎助安事(近衛中将助安の事)で地元では京都から、やってきた公家、で知られる。名古屋教育委員会
http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/734

〈天莫空勾践,時非無范蠡〉児島高徳  岡山県神社庁
元弘のむかし、第96代後醍醐天皇が時の執権北条高時のために隠岐に流される途中、この館にお泊まりになった。 ... ていた桜の幹を削り、「天莫空勾践時非無范蠡(天勾践を空しうするなかれ、時に范蠡なきにしもあらず)」と10字の詩を書いて立ち去った。

ハビアン 子, 孫九郎、甚九郎、織田貞置正室、 佐久間信勝室、安見元勝室、ほか4女養子:信実、信勝、信重. 佐久間 信栄(さくま のぶひで)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。佐久間信盛の長男。剃髪後は不干斎と号した。諱は正勝(まさかつ) ... 同じく不干斎を称した不干斎ハビアンとは関係ない。 『寛政重修諸家譜』では正勝

ハビアン不干斎(佐久間信盛長男甚九郎正勝1565愛知豊田末森生まれ)信長、秀吉、家康、秀忠、家光に仕えた。 織田信雄の息定置室に佐久間甚九郎信栄(ハビアン)のが嫁している。

天草版平家物語を著したハビアンはその後、「妙貞問答」という教理書を執筆します。
口之津会議に最年少で参加したり、説教師・論客として、イエズス会からも将来を嘱望されていたことがわかります。

慶長11年(1606)徳川幕府おかかえの儒学者・林羅山は不干斎ふかんさいハビアンとともに地球の絵を見ながら話したとき、ついに地球が球体であることを認めようとしなかった。
修道女の駆け落ちを経て、棄教。 弾圧者としての道を歩む事となる。

『天草本平家物語』http://www2s.biglobe.ne.jp/~Taiju/am_heike.htm#1_01

ハビアンと清原マリアは、天草に渡り、豊臣秀吉の肥前名護屋城の茶会の(不干斎)席にも、見えている。 .... 編者ハビアンは慧春、巴鼻庵、不干、恵俊、恵春、梅庵、Fucan Fabianとも称され、文章がロ語体で検校が二人問答体となっております。

正勝、通称は甚九郎、号に松泉庵・宗岩・不干斎。茶を利休に学び、茶会を開いて堺衆らと交歓した。

瀧澤氏女 1623-1693 勝昌妻


柴田勝重の女 生没 ...http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/469

柴田勝重 生没年:1579-1632 父:越前勝山城主 柴田勝政
妻:(父:佐久間大膳亮勝之)


女:瀧澤氏
1623-1693 勝昌
娘(佐久間甚九郎某妻)
娘(奥山治右衛門重次妻)
娘(飯高七兵衛貞勝妻)

1623-1693 佐久間勝昌 娘(佐久間甚九郎某妻)

名古屋市昭和区御器所にある佐久間氏の氏神であった御器所八幡宮(当時は御器所八所大明神)に二枚の古い棟札が残っています。その内の一枚は、嘉吉元年(1441)奉造立檀那佐久間美作守の銘があります。もう一枚は、永禄七年(1564)奉修理佐久間美作守家勝同右衛門尉信盛の銘があります。

これらの棟札は名古屋市重要文化財に指定され、熱田神宮宝物館に保管されています。
佐久間氏の菩提寺が名古屋市営地下鉄・鶴舞線の荒畑駅前にあります。その龍興寺(りょうこうじ)にはやはり佐久間氏所縁の物が残っております。

それは文安三年(1446)に書かれた佐久間助安を民部丞にとの足利幕府への吹挙状(すいこじょう)ですが、吹挙者はその花押より熱田大宮司であった千秋持季だと言われています。
http://ameblo.jp/9zaemonn/entry-10681734196.html

掛軸は、1623-1693 勝昌娘(佐久間甚九郎某妻)
娘(奥山治右衛門重次妻)
娘(飯高七兵衛貞勝妻)
佐久間 勝政 (さくま かつまさ) 1556~1583 三左衛門。佐久間盛次の子で、佐久間盛政の弟。兄と共に柴田勝家に従い、 加賀の一向一揆平定に功あり ..

柴田 勝政(しばた かつまさ、弘治3年(1557年) - 天正11年(1583年)4月21日?)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。佐久間盛次の三男(または次男)。母は柴田勝家の姉(または妹)。

柴田勝政女(堀田武助妻)

柴田勝家が同じ養子の柴田勝政を優遇して自分を冷遇することと、従兄にあたる佐久間盛政と仲が悪い
柴田勝重(しばた-かつしげ)は、越前の勝山城主・柴田勝政の子として1579年に生まれた。
母は諏訪の高島城主として38000石にもなった日根野高吉の妹。(美濃・本田城主である日根野弘就の娘). 父・柴田勝政は犬山城主・佐久間盛次(佐久間信盛は従兄弟) ...

柴田勝政 (1556~1583*)佐久間勝政・三左衛門・勝成・(勝安)・実政。柴田勝家の一門衆。父は佐久間盛次。母は柴田勝家の妹。佐久間盛政の弟。勝家の養子。日根野高吉の娘婿。弟に勝之。1580年3月「加賀侵攻」に先陣を務める。

柴田勝重
生没年:1579-1632
父:越前勝山城主 柴田勝政
三左衛門、権六郎
1600 関ヶ原の戦い
妻:(父:日根野吉時)
妻:(父:織田左衛門佐長政)
1612-1682
勝興妻:(父:信濃長沼藩初代藩主 佐久間勝之)
会田行重
三浦信勝(義父:三浦正勝)

女:瀧澤氏
-1671 勝平
1623-1693 勝昌
娘(佐久間甚九郎某妻)
娘(奥山治右衛門重次妻)
娘(飯高七兵衛貞勝妻)

佐久間盛通の娘が信晴の室に入る。
これにより、盛重とは従兄弟となる。
關鍵點在於佐久間信晴到底是盛重的子女還是兄弟?

書中出現的三個佐久間
: : 信盛:被放逐的那一個
: : 大學:掛在完根城那一個
: : 盛政:跟著柴田的那一個



  ┌信晴─信盛─信榮─信實
盛通┤     ┌盛政
  │     ├安政
  └盛重─盛次┼勝政
        └勝之


柴田勝昌の娘(母は滝沢女)佐久間甚九郎信栄の室となる。
滝沢祖は、清和源氏源満仲ー頼光

おのりゅう【小野流】








?仏? 東密二流の一。平安初期の聖宝を祖とし,仁海が広めた。流派名は,仁海が京都の小野に曼荼羅(まんだら)寺を建立したことによる。次第に六流に分派し,さらに二六流に分化した。 → 広沢流




「 小野派一刀流 」に同じ。
「沢」のつく名字の由来 - 民俗学の広場
藤原北家_秀郷流、小野姓横山党などにみられる。 # 四国を除いて ... 相模の古沢氏は相模国愛甲郡古沢(神奈川県)をルーツとし藤原北家_秀郷流。 ... 長野県の滝沢家: 信濃国安曇郡滝沢(長野県池田町)をルーツとし、清和源氏の源頼政の子孫といわれる。

清和源氏武田氏流滝沢 (由利)氏 清和源氏打越氏 小笠原氏流仁賀保氏 小笠原氏流矢島 ... 金 氏 安倍倉橋麻呂後裔小松黒沢氏 安倍氏流鬼柳氏 武蔵七党小野流

宮沢、柳沢、滝沢などは、武田源氏流のようだ。 ... 筆者の友人にも武田系の鎌倉氏という武田流もいます。


 

邪馬台国がわかるには、武帝の漢三軍の時期の日本の繋がり

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 3月25日(土)12時59分25秒
  楽浪郡といえば、紀元前百十一年前の、ビン越が、大海の島?、九州島である。
九州島とは、九つに分けて、治めた、ビン越王、名を丑といい,スサノオでも、「記紀」に記している。
天武の時代に描かれて書物しか、何も知るすべてが、無かったのか?
児島宮歴研会しか解らない、日本の歴史は、是しかない?
それは天皇、の父とは?勿論、神武の父で、しかない。
ビン越王、名を丑といい,、日本の始まりである。
ビン越王、名を丑を検索して見よう。

すると書かれているのが、ビン越王、名を丑が、漢の武帝により、福建省の城村に、攻め込んで、そこから、移動させた、が、忽然と、その地から十万人が、居なくなったと、記録している。
中国の歴史に、日本の、タイコクが、読み取れる。

児島宮歴研会の解説
九州島とは?又の名を筑紫島とも、描かれてある、今の福岡県の、筑紫の事である。
このちくしに、筑紫とも、福建省の城村では、竹枝とか扶桑とかで、呼ばれている。「福建省の鳥語」である。

これだけでは、意味が、分からないで、あろうから、読み解くには、福建省の城村の言語について、解説する。
「福建省の鳥語」

ビン越をネット検索して見る。これがわからなくては、日本の事ビン越は、何もわかりません。
なので、
ビン越王、名を丑から、調べて見ると、先祖について、ネットに詳しく書いて、いるので、読んで見る。

解かったら、
ビン越王の先祖は、中国祖の夏王朝という。
次に、夏王朝のことを?天神といい、天神七代のむよ、無予が、越国を、開いた、始めた。
日本とのつながりは、この、天神七代の、むよが、日本の紀元前の、始まりとなっています。
日本では他に誰も知らないでしょう。
児島宮が日本の平山天皇の、つながりに、なっているからです。

ここからは、邪馬台と児島宮の関係について、その前に、天神七代の後胤、武夷丑王が、ウガヤの別名となっている。武夷丑王の先祖が、中国春秋時代の、越国と呉国の越王勾践と夫差王の、争いを、
児島宮先祖の児島高徳が「太平記」の中に取り上げているので、見てみよう。

まだ他に、『記紀』よりも、していた事を児島宮歴研会によって、解明しました。「記紀」前に、武夷丑王が、ウガヤについて記録、が、見つかりましたので、
日本の歴史の真実がここに、記録されていました。
飛鳥時代の記録によると、
敏達天皇は勿論平山とあり、舒明も平山祖とあります。
隋の陽明帝に、聖徳太子が小野の妹子に、書簡を託し、遣唐使とした記録があります。
隋の陽明帝は日本に使いを派遣し、福岡県筑紫夜須に、入り、この地は、華夏人の国台、と記録しています。
華夏人とは? 中国祖の夏王朝也。
ここが筑紫の、始まりとしていた。

飛鳥時代よりも前に、夜須に、巡回した、卑弥呼事神功皇后が、宮殿は何処にあるのか?と尋ねたのが、華夏人の領地と、なっていたから、
神功皇后が領地を巡回していた時に、山家の付近で、馬に乘って、突然の突風で、かぶっていた笠が、飛んでしまったから、この地を三笠と名付けたとある、二百年頃であった。
弟は武内宿祢、が神功皇后の世話をしていた。
中国では、武夷丑王の「福建省の鳥語」がある。
夜須三輪には神功皇后ゆかりの地で知られる。
オオナムチとは周の、信仰で、玉依姫の燕国内に、楚人が始皇帝から、害を逃れて燕国内に移り、さらに漢の武帝時から難を避け、末裔が、夜須に移っていたのに始まる。和人の甕棺埋葬が知られる。

神功皇后(じんぐうこうごう、成務天皇40年 - 神功皇后69年4月17日)は、仲哀天皇の皇后。『日本書紀』では気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)・『古事記』では息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)

本最古の史書、記紀(古事記と日本書紀)には著名なヒロインが登場する。皇子を身ごもりながら兵を率いて外征した神功(じんぐう)皇后(日本書紀によると170~269年)。

 

黄河文明期の中国に現れている甕棺墓

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 3月20日(月)19時21分35秒
編集済
  紀元前1000年ごろから南インド全体に存在し、タミル・ナードゥ州南端付近のアーディチャナルールには、何万もの甕棺があります。http://blog.livedoor.jp/hideki4612/archives/1059998993.html
インド共和国の東部にある州の一つ。同国の最南部の東側に位置し、主にタミル語が話されている地域を含む州である


河北省で110以上の甕棺墓見つかる―中国. 河北省の郛堤城遺跡付近で、今年5月に初めて甕棺が埋葬された甕棺墓が見つかった。
河北省黄カ市の郛堤城遺跡付近で初めて甕棺墓が見つかり、数カ月の発掘作業で計113基の甕棺墓が発掘された。http://japanese.china.org.cn/travel/txt/2016-10/11/content_39464386.htm


峯遺跡十号甕棺出土品(みねいせきじゅうごうかめかんしゅつどひん)
 

夜須、焼の峠古墳、七板、峰遺跡、三輪栗田から出土した土器が一致して、丹塗り祭祀土器から、四世紀、説が、もっと古く、紀元前百年遡る

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 3月20日(月)17時15分33秒
編集済
  夜須、焼の峠古墳、七板、峰遺跡、三輪栗田から出土した土器が一致して、丹塗り祭祀土器から、四世紀、説が、もっと古く、紀元前百年、遡ると、児島宮歴史研究室が、発表。

考古学教授の知識不足が、この丹塗り祭祀土器の置かれている、埋葬祭祀に、同期の二つの、埋葬に見える、前方後円墳と甕棺埋葬の、丹塗り祭祀土器の一致にある。
夜須三輪地方には、共に、越族と周族が、住んでいたのが、この二つの、前方後円墳と甕棺埋葬の、丹塗り祭祀土器の一致にある。

知識のない、考古学協会では、日本人は朝鮮族の渡来とした誤った、考古学協会により、捻じ曲げられた、説による、有りもしない、時代観の知識不足が、錯覚であろう。

児島宮歴史研究室が、この二つの、前方後円墳と甕棺埋葬の、丹塗り祭祀土器の一致とは、それらの土器の、祭祀土器の、埋葬土器の、一致を見出した事、による。
時代は錯誤しては、いなかった? これ等は、同時期でありなから、二つの民族の違いによる前方後円墳と甕棺埋葬の、丹塗り祭祀土器であった。
越族と周族では、前方後円墳と周族の慣習丹塗り祭祀土器が、同時期、行われていた事を、見つけた。

越族の慣習には、上、中、下に、埋葬が違い、上から、前方後円墳、石棺、木棺、土壙墓が見えた。

殷、の周族は、甕棺墓に埋葬が見えている。

これらの埋葬には、山の傾斜面にのぼり窯の土器がロクロ台で成形している、一致、によると見出した。


参考に甕棺はインドアッサラ平原に始まる画像
南インドにおいても、紀元前数世紀頃の甕棺墓の跡が発見されている。




 

福建省?山平山天皇の越王の子孫にあたる、児島宮です

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 3月 6日(月)17時51分39秒
  「小郡歴史資料館の灰色硬質土器は、太一之 夏后祭器」

小郡歴史資料館の灰色硬質土器は、太一之 夏后祭器
夏王朝の東夷族文化だった。
これで朝鮮は日本と関係無い事が、照明された。

http://6729.teacup.com/siyujin/bbs

http://6302.teacup.com/kodaigiten/bbs
小郡歴史資料館の甕棺が岡山市網浜町岡山市歴史資料館
に、一致した時期で展示されていた。神武年代が、紀元前五十年前と、判明した。

「 夜須の惣利遺跡の琴も、太一之 夏后祭器と確認できた」


小郡歴史資料館と一致する時代岡山市網浜町岡山市歴史資料館
http://6302.teacup.com/kodaigiten/bbs

灰色硬質土器文字が太一之 夏后祭器用だった。
北部九州が、近畿よりも、五十年古い事が判明した。
日本で最初は、やはり、太一之 夏后祭器であった。

この写真は夏后祭器文字の春秋時代と一致していた。


「灰色硬質土器文字が太一之 夏后祭器だったと発表」

文字が太一之 夏后祭器は中国と北部九州しか、出土していない。
太一とは伊勢でも、知られている。
ただ不可解だったのも事実。

主之以太一の事です

主とは夏后末裔児島宮です。祖先はウガヤとあり、祀られています。夏后末裔夜須でなければ、ならない。

中国夏后と一致している。
形なき本根をもって精緻なるものとし、形ある物をもって粗雑なるものとする。富の充実を不足とし、じっとしていながら独り神明と共にある。

古代中国、特に漢代に崇拝された。3 「太一星」に同じ。
福建省?山平山天皇の越王の子孫にあたる、児島宮です。





 

土器は朝倉夜須土器式とする、が百間川二、三キロ周辺に窯跡か

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 2月23日(木)07時53分56秒
編集済
  百間川周辺に窯跡か?

窯跡には、すりばち状の、大池が存在していて、見逃している?
百間川周辺の二キロ以内であろう。
窯跡には、小高い山が池と共立している。
周辺には土器のカケラが、必ず、散乱している。

夜須と岡山とは、離れていて、岡山に運んだとは、思えない。
夜須と岡山から出土している土器は、相似している、これが、時期の一致となっている。

夜須の城山遺跡調査の甑 一

夜須の遺跡調査の灰色硬質土器 二

夜須鳥巣窯の器台は、祭祀始めのもの。

岡山市-埋蔵文化財センターの収蔵品http://www.city.okayama.jp/kyouiku/bunkazai/bunkazai_s00116.html


名称 壺形土器(つぼがたどき)
出土遺跡 南方遺跡(みなみかたいせき) 岡山市北区国体町(こくたいちょう)
時期 弥生時代前期 http://www.city.okayama.jp/kyouiku/bunkazai/bunkazai_s00040.html
夜須土器式と相似

南方遺跡では、多数の多様な木製品が出土しました。その中には、矢尻や刀剣など武器をイメージして作られたものがいくつか存在します。
http://www.city.okayama.jp/kyouiku/bunkazai/bunkazai_s00063.html

吉野口遺跡は
名称 土師質土器小皿(かわらけ)
出土遺跡 吉野口遺跡(よしのぐちいせき) 岡山市北区吉備津(きびつ)
時期 平安時代末
 吉野口遺跡は、備中一宮である吉備津神社の北約400mの位置にある遺跡です。
夜須城林遺跡の、かわらけと、同じで、使用されている。http://www.city.okayama.jp/kyouiku/bunkazai/bunkazai_s00068.html

夜須上林遺跡の、かわらけ  酒杯の画像はこちらクリック http://kodainolekisikan.web.fc2.com/mokuji.html










 

夜須から移動したのは紀元前五十年前で、最初に軍備を整えたのは岡山地方の後楽園一帯の、河川の川辺祭祀が見える

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 1月18日(水)12時59分5秒
編集済
  夜須から移動したのは紀元前五十年前で、
最初に軍備を整えたのは岡山地方の後楽園一帯の、河川に見える遺跡に、川辺祭祀の後が見える。
河川の川辺祭祀は、朝鮮ではなく、福建省から移動してきた、華夏人の生活の照合で確認できた。
http://nihonnolakisi.1616bbs.com/bbs/
照合出来たのは、夜須と岡山とさらに、
奈良田原と奈良県立橿原考古学研究所附属博物館蔵の土器の一致が見られる。形式は華夏人の川辺土器である。


百間川遺跡から土器が、調査により、出ていた。
これらの土器が市の文化財保存資料館で、児島宮歴研会が、朝倉地方の土器と、一致した、特に、磐余彦の天地の祭礼時、琴が使われていたことで、高島に上陸の後、農耕の後が、百間川遺跡周辺に集合している。

これらの土器は朝倉夜須土器式とする、が百間川周辺に窯跡が存在しているのは、間違いない。
百間川遺跡は、北部九州か夜須から、運んだとは、考えられず、これだけ、大量の土器は、夜須から同伴した、公認で、これまでの、
五世紀後半の大阪吹田陶邑の工人、一次元ではない、五世紀先んじる、夜須の二次元工人が、作成した、土器である。

日本琴(やまとごと)とも言い、また、尾の部分が鵄の尾に似ているので、鵄尾琴(とびのおごと)ともいい、東琴(あずまごと)、六絃琴、「むつのお」とも言われ、祭祀に用いられるので神琴、天詔琴、書司(ふんのつかさ)、御多奈良之(おんたならし、おうたならし?)とも言われていたそうです。

古越の肥沃な土地における音楽・舞踊文化の最も早い実証と見られる。古越舞踊に関する今までの最も早い文字による記録は、「祭防風氏舞」である。

木製琴 昨日確認 神武時代か?  高島に五年滞在中

『隋書』(魏徴、貞観一〇年・六三六)倭国伝は、「楽に五絃の琴、笛有り」という。そして、倭国の聖地沖ノ島からは、遺棄されたような状態にあった五絃の琴の雛型が二面出土している。

古代日本には、祭祀に当って異なった音楽を用いる異なった祭祀圏=「禹祭祀」圏が、存在。
岡山市立歴史資料館には、夜須、遺跡同時期と同じ土器と灰色硬質磁器を、児島宮歴研会が確認した。

琴に瑟(おおごと)に竽(おおきなしょうのふえ)に笙(ちいさなしょうのふえ)、韶(しょう。舜の音楽)に夏(か。禹の音楽)、護(かく。殷の湯王の音楽)に武(ぶ。周の武王の音楽)、酌(しゃく)に桓(かん。いずれも『詩経』周頌にある歌謡)・?(さく)に象(しょう。いずれも周の文王の音楽)は、君子の心動いたところを喜びと楽しみの表現として表した文飾なのである。いっぽう齊衰(しさい。喪服)に苴杖(しょじょう。枯死した竹で作った杖)、廬(ろ。喪中に住むあばら家)に住んで粥をすすり、席薪(せきしん。喪主が敷いて寝るむしろ)して枕塊(しんかい。喪中に寝るときの土枕)することは、君子の心動いたところを哀しみと悲痛の表現として表した文飾なのである。軍隊には軍制が行き届き、刑罰法度は軽重が規定され、罪には相応の罰が必ず与えられることは、君子の心動いたところを嫌悪の表現として表した文飾なのである。それゆえ祭においては、卜筮(ぼくぜい。うらない)を行って吉日を定め、物忌みをして、よく清掃し、几(つくえ)と筵(むしろ)を揃え、いけにえの供物を納め、祝(しゅく。かんぬし)に式の次第を告げることを、あたかも祭を本当に受け取る者がいるがごとくに行うのである。供物をそれぞれに取ってこれを捧げることを、あたかもこれらを本当に味わう者がいるがごとくに行うのである。利(り。祭祀で飲食を輔佐する役の人)が爵(しゃく。さかずき)を挙げずに、祭の主人が尊(そん。酒を入れる祭器)を進めることを、あたかもこれを本当に飲む者がいるがごとくに行うのである。祭礼においては賓客が退出して主人がこれを拝礼して送り出したり、喪礼においては戻って衣服を変えて位置について哭泣(こくきゅう)したりするのは(注3)、あたかも本当に去ってしまった者がいるがごとくに行うのである。なんと哀切ではないか、なんと恭敬ではないか。死んだ者に生きている者のように仕え、亡くなった者に存在している者のように仕えるのである。たとい形も影もなくてもそこにあたかもあるかのごとくになぞらえ、その上で文飾を行うのである。参照

http://inoues.net/club/karakokagi_new1.html  、「唐古・鍵遺跡資料室」

写真は、福岡県朝倉郡夜須の惣利遺跡の農具の紀元前百年前~五十年前の木製工房跡から出土、倉庫の扉等、日本の原初となっている。

このほか、ヒルハタ遺跡は鉄器工房 小隈窯工房も、日本の原初となっている。

夜須、岡山、奈良は弥生、三大、一致が見られる。学者は、何も知らない?



 

レンタル掲示板
/12