teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


もう師走

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2017年12月 2日(土)15時32分26秒
返信・引用 編集済
  無事で元気に過ごせることが最大の幸であると、久原さんのお言葉を聴いて、歳月の経つ早さを嘆く我が心を反省しました。
昨夜、澄み切った夜空に浮かぶ月も実に見事。

昨日、小春日和に誘われて、豊田市郷土博物館へ。
美しく剪定された庭と「ぼくらの1967」展をしばし堪能。

今日昼過ぎ、はしだのりひこ氏の訃報。まだ72歳。
我々世代の心に残る多くの名曲を届けてくれたフォーク歌手。残念でなりません。

晴れた晩秋の空へ旅立たれました。
 
 

早くも師走

 投稿者:久原清美  投稿日:2017年12月 2日(土)11時27分14秒
返信・引用
  昨日カレンダーを12月に替えました。もう今年最後の月です。今年も超特急で過ぎていきました。元気に過ごせたことに感謝したいと思います。今月の満月は12月4日です。  

東海のツリー・二景

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2017年11月27日(月)20時40分43秒
返信・引用 編集済
  昨日、聴きたい講演会があり、JR岐阜駅へ。
13時受付開始なので、その前に軽い昼食をとろうと、利用客が多い駅構内を避けて外に出たまでは良かったのですが・・・
金華橋通りと忠節橋通りに挟まれた商店街を歩いてみたら、殆どの店舗にシャッター。
そこからすぐ東側の私鉄(名鉄)岐阜駅に向かう長良橋通り沿いに飲食店が幾つかあったのに気付いたのは帰宅後(笑)
快速で20分の名古屋駅に若者が集中するとはいえ、県の中枢都市駅前に相応しくないシャッター街の風景でした。店舗にとっては死活問題のはず。
対照的な建設中の高層ビル群に違和感を覚えつつ、やっと見つけた珈琲店で急ぎ昼食をとり、会場に向かいました。

帰宅の途についた時はもう夕刻。
岐阜駅前のLE電飾に覆われたヒマラヤスギと、名古屋駅前のクリスマスツリーを仰ぎました。
高さ12m。土台のハートマークと羽の照明は、若いアベッ・・・いやカップル用。
両サイド、あるいは中央に立つことを想定した撮影ポイントのようです。
大勢の早足で行き交う人々の表情に、日曜夜をゆっくり楽しむ豊かさはあったのだろうか。

正木君、母校の貴重な情報、ありがとうございます。
ベトナム修学旅行とは、私たちの時代には考えられませんね。
定時制の同級生と同じ机で、ノート紙に記したメモのやり取りを数回していた当時の思い出があります。
多感な時代から50年も経つと歴史の範疇に入ってしまい、ますます遠くなっていくような寂寥感は如何ともし難い。

豊田市郷土資料館特別展「ぼくらの1967」
今週中に訪れたいと思っています。

明日は全国的に、小春日和の好天予報です。
 

ふるさとの秋

 投稿者:正木春彦  投稿日:2017年11月21日(火)15時46分25秒
返信・引用 編集済
  10日間,実家の用で佐賀に帰省してきました。
うち,17日金曜日の午後は、明善高を訪問し,理数科2年生の課題研究(物理,化学,生物教室に分かれて5,6限に自由研究)と生物部の活動に参加してきました。時間の経つのが早くてまともな貢献はできませんでしたが、ナメクジの研究は拘ってみる意味がありそうでした。
前日に定期試験が終わり,明後日にはベトナムへの修学旅行,高校も忙しい。中国との関係がよい時代は修学旅行先は中国だったそうです。スキー合宿を兼ねる修学旅行の中継宿泊先を訪問するよう要請された年もありましたが,行き先が中国となったのはそのあとかな?

明善の大改築工事はまだ終わっていませんが,生徒達はもう新校舎で生活しています。6限が終わると全員で掃除をするところなど私たちの時代と同じですが,首都圏の高校よりは掃除が丁寧なのかもしれません。明善では現在も定時制が盛んで,日暮れ頃からその活動が始まります。職員室も二つあります。ただ,働きながらの定時制という性格は減ったようですが。

市民会館と旧菊竹金文堂の建物は壊されて姿がなくなっていましたが,近くのセブンイレブン,友人の関係するところかなと思いつつ寄ってみました。

江戸川と違って,筑後川の土手道はまだススキの穂がいっぱい。ラーメンと筑後/肥前の秋の空気を楽しんできました。昨年まではこの季節に来る機会はなかったのだけど。
 

鳥取駅前三景

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2017年11月18日(土)14時58分18秒
返信・引用 編集済
  先週9日から昨日まで、鳥取帰省。
鳥取駅前広場には、数々のモニュメントが設置されていました。

砂紋を表現した壁は実は公衆トイレ。
「砂のルネッサンス2017」と題したイベントで、多くの砂像が展示されていました。
屋外なので、雨天のたびに補修しているのでしょうが、大型の2基はテント内に設置されていました。

その一角に、鳥取市出身の漫画家・谷口ジロー氏の紹介パネルあり。
水木しげる氏、青山剛昌氏(名探偵コナン作者)は鳥取県出身の漫画家として知られていますが、谷口氏を私が知ったのはつい最近。
国内より海外の評価が高いらしい。

鳥取市は戦中、空襲の被害は免れたものの、大地震(昭和18年)、大火(昭和27年)の大災害に見舞われています。
結婚写真は、私の親の時代に共通したスタイルのようです。
谷口氏は、残念ながら、今年2月に69歳で亡くなられました。

今、角界の不祥事で巡業先の鳥取が報道に出るのは大変残念です。

久原さん。じょっかーず10周年、おめでとうございます。
交友が長く続いておられることを、東海から羨ましく思いながら、応援しています。

今日の名古屋は雨で、寒くなりました。
 

楽しかった

 投稿者:久原清美  投稿日:2017年11月13日(月)08時25分59秒
返信・引用 編集済
  天気に恵まれ、テニス三昧の楽しい合宿でした。牛島君。いつもお世話ありがとうございます。じょっかーずが長く続いているのも、あなたと原田君のおかげです。賞品のサツマイモもたいそうおいしかったです。  

じょっかーずの合宿

 投稿者:久原清美  投稿日:2017年11月 9日(木)11時17分2秒
返信・引用
  11月11日、12日で原鶴にて合宿です。この会が10年以上続くとは発起人の私も予想だにしていませんでした。あと10年後20年後もみんなで合宿に行けたら良いなあ。  

今日から11月

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2017年11月 1日(水)22時38分50秒
返信・引用 編集済
  久原さん、満月情報、ありがとうございます。
昨夕、近くの散歩道から見上げた月が美しく、持参のコンパクトデジカメで撮影しましたが、直接見た景色の雰囲気をなかなか伝えられません。

今回の同窓会に初めて参加された方々も含め、皆さん、旧交を温められたことでしょう。

紅葉を愛でる季節となりました。
愛知県で紅葉一番人気の「香嵐渓(こうらんけい)」は、毎年、観光客が多いのですが、車の渋滞が常にあり、なかなか行けません。
いつも、近所の公園散策で済ませています(笑)

今日から11月ですね。
 

満月

 投稿者:久原清美  投稿日:2017年10月31日(火)19時08分14秒
返信・引用
  明日から11月。今年も後二か月になりました。今月の満月は11月4日です。  

同窓会

 投稿者:久原清美  投稿日:2017年10月31日(火)15時03分18秒
返信・引用
  およそ140人が集まりました。私は卒業後初めて会う女性二人とお話しようと決めていきました。二人とも良い年の取り方をされていて、とても美しかったです。

原田君をはじめ、お世話頂いた方々に感謝しています。
 

同窓会のご盛況を祈ります。

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2017年10月29日(日)16時32分58秒
返信・引用 編集済
  今日、いよいよ同窓会開催ですね。今は、盛り上がっている最中でしょう♪
原田しぇんしぇいはじめ、発起人の方々と準備にご尽力頂いた皆さんに感謝!

古賀くん、大同窓会ご参加、お疲れ様でした。
関東~久留米間をマイカーで往復2.200kmも運転されたんですね、敬服の至りです。
当方、遠距離運転は体力なく怖くて、もう何年も運転していません、というか、最近、家族が長距離運転を許さないけど(笑)

長岡君の訃報は、残念でなりません。
卒業後、お会いする機会はとうとうありませんでしたが、SNSで近況をやり取り出来たことに感謝しています。
本当にお世話になりました。改めてご冥福をお祈りいたします。

今、名古屋は風雨が強くなりました。
元々雨量の多い三重県が心配です。どうか、皆さんはじめ市民の方々に被害がありませんように。
 

大同窓会に出席しました。(少し古い)

 投稿者:古賀尚之  投稿日:2017年10月26日(木)14時38分39秒
返信・引用
   皆さんお久しぶりです。久しぶりににログハウスを見ました。
 先日、久留米まで自家用車で1,100キロを往復してきました。
 久留米キッコーで刺身醤油を購入し、東峰村の小石原焼窯元に向かったものの渋滞で引き返し、先日亡くなった長岡洋くんのお兄さんと、日田にある実家の墓参をし(洋くんのお墓は奈良にあるそうです)、久留米荘のうどんを食べて、富松うなぎ店でせいろ蒸しを食べて、いろいろ忙しかったです。
 

名古屋と伊豆はまだ緑葉

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2017年10月19日(木)01時46分38秒
返信・引用
  ここ最近の天候不順には泣かされますね。
今週初め、身内6名で伊豆の熱海に一泊旅行に行きました。家族旅行に類する旅は4年ぶり。
名古屋駅新幹線乗り場で、いつも帰省に利用する下りホームに行きかけましたが(笑)
平日にも関わらず、熱海駅ビルの飲食店、土産店は大勢の観光客。
よく見れば、我々世代が一番多い(苦笑)
混雑にも関わらず、土産店店員さんの応対は常に穏やかな印象あり。
企業教育が行き届いているのでしょうが、今まで接した静岡県出身者が概ね穏やかな性格の人が多かったせいか、県民性を感じるのは考え過ぎか。
あいにくの雨でしたが、宿の温泉は実に心地よいものでした。

翌日も雨が降り続いたため、観光は「來宮(きのみや)神社」と「MAO美術館」に絞り、訪れました。
神社では、樹齢2,000年を越える神木が祀られる一方、現代的なオープンテラスの珈琲店もあり、若い世代にも対応しているようです。
境内をふと見ると、紅葉の落ち葉をハート形に掃き揃えられており、驚きました。
その完成度から、参拝者でなく神職の方の手によるのでしょう、なかなか粋な心遣いであります。

MAO美術館。その壮大な規模と美しさに圧倒されました。
急峻な坂の上に建設されており、かなりの労力を費やしたであろうと推測。
ロビーからの風景は、一幅の日本画。紅葉はまだでしたが、四季折々の景観を楽しむことのできる設計が何とも素晴らしい。
かの有名な尾形光琳作の「紅白梅図屏風」を観るのが第一目的でしたが、どこにも展示されておらず、スタッフさんに聞くと「国宝ですので、梅の季節(2月頃)のみの展示になります」と丁重なる回答。
重要な文化財を常設することは難しいのでしょう、そのことを知らない浅学を恥じました。

久原さん、久留米はもう紅葉ですか、いいですね。
仲間と一緒に楽しまれることが何よりであります♪

投票日に台風の予報とは・・・
雨にも負けず、風にも負けず、国政を担当する人物を選ぶ権利を行使したいものです。

今日午前の名古屋は、実に清々しい天気でした。
 

いつの間にか秋深まる

 投稿者:久原清美  投稿日:2017年10月18日(水)13時30分19秒
返信・引用
  雨続きでしたが、今日久しぶりに曇りで、近くのコートへ出かけました。駐車場へのアプローチに植えてある欅の並木が見事に紅葉していました。ここは桜もたくさんあって、毎年テニスの後に花見をしています。いつもテニスコートで四季の移ろいを感じるのもどうかなあとは思いながら。  

中秋の名月

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2017年10月 5日(木)10時48分48秒
返信・引用
  今週、鳥取に帰省しましたが、あいにくの雨。
しかし、昨日は晴れ上がり、秋空が拡がりました。
訪れた農作物直売店(廉価で品揃えが豊富)から見る実家(亡父と私の生家)の方向に、稲刈りを終えつつある風景が新鮮でした。
同日夜、帰名した時は長距離移動で疲労困憊でしたが、見上げれば、うろこ雲に包まれた中秋の名月を拝することが出来ました。
明日が満月ですね。

久原さん、じょっかーず発足10周年、おめでとうございます♪
ますますの交流を期待しています(^^)p
 

もう10月

 投稿者:久原清美  投稿日:2017年 9月30日(土)22時05分26秒
返信・引用
  あっという間に9月が終わり、明日から10月です。そして明日はじょっかーずの10周年記念大会の日です。17人がエントリーしているそうです。ケガしないように楽しくプレイしましょう。

今月の満月は10月6日です。
 

南吉の世界を訪れる

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2017年 9月27日(水)11時06分14秒
返信・引用 編集済
  昨日、半田市を流れる矢勝川堤を訪れました。
今日から天候が下り坂と聞いたためですが、晴れていたものの、結構蒸し暑かったですね。

3年前、新美南吉記念館と、この時期、300万本もの彼岸花が開花するこの河川敷を知って以来、毎年楽しみにしています。
淡い黄色の彼岸花は初めて見ました。
JR半田駅ホームに展示の南吉の紹介パネルは、全てを撮影したかったのですが、ホームの幅が狭く、後ろに下がると線路上に落ちる可能性があったため、一部ですみません(笑)

河川敷の見事な彼岸花群の歴史は意外に浅く、1990年から。
田畑の畔などにひっそりと咲き、自然に群生しない種を、(幼少期、南吉と遊んだ経験のある)小栗大造氏が、南吉の世界を具現すべく、たった一人で始められましたようです。
その後、多くの市民の賛同と協力を得て、現在に至っていますが、その維持管理は大変な作業でしょう。

小栗氏の動機は、もう一つ。戦争中、中国やビルマ戦線で戦死あるいは兵站不足で餓死した戦友への鎮魂の想い。
戦争の悲劇は、その時点の殺傷のみならず、家族を失い、自身の生きる糧を失った幾多の人々が、誰一人記憶に留められず、世を去っていく現実です。
しかし、少なくとも、小栗氏の戦友は、温かい目で彼岸花を愛でておられるのではと感じさせる美しい風景でした。

万葉の世界に関する正木君の論に敬服しています。
当時の京都は日本行政の中枢であり、現在の首都「東京」は「東の京都」の略であることに、以前、親日家の外国人観光客のテレビインタビューを聞いて、なるほどと思った浅学の自分を恥じた次第。
京都には、東西各地方への交通網起点が、当時からあったようですね。
この時代背景を知りたくなりました。車や鉄道が無い時代、おそらく徒歩でしか移動手段がなかったのでは。

天皇陛下ご夫妻の高麗神社私的ご訪問は一部の新聞報道でなされたようで、今月のことですね。
陛下の静かな勇気と表現された言葉は、まさにその通りと感じました。

在原行平も、結構、恋多き人物のようで、なかなか人間味があっていいですね。
能の世界が、この心理の機微までも表現しているとは。

昨日の歩数計表示は、電車利用であちこち歩いたので19,856歩(15.2km相当)・・・足が痛い(笑)
今日の名古屋は、まだ夏の空気が名残惜しそうに残っています。
 

お彼岸2

 投稿者:正木春彦  投稿日:2017年 9月24日(日)00時53分51秒
返信・引用 編集済
  私も今日,親戚の伯父夫妻の墓参に行ってきました。自分ちの九州のお墓は遠くてなかなか行きませんが。
帰りの道路脇に珍しくススキの一群を見かけ,近くに駐車スペースも見えたので,買い物をしたあと戻って,常備の携帯スコップで土ごと掬ってきて,坪庭の隅に植えました。昨年川原から採ってきて植えた方はほとんど根付かず穂の出ない茎が2本伸びただけだったので。10年ほど前に気がつき始めてからも,ススキの群落は毎年減り続けています。

いつも彼岸花は不思議とお彼岸に咲く,と思っていましたが,今年はどこも少し早まったように思いました。天皇夫妻が私的に訪問した高麗(こま)神社の近くの巾着田は彼岸花でも有名で,奥まった土地柄のせいか今が満開の様子がテレビでもうかがえました。高麗郷は高麗の末裔が移り住んだと勝手に思い込んでいましたが,もっと古い高句麗だったそうですね。天皇の静かな勇気に感動します。私の母の郷里も唐原(とうばる)というので,半島からの帰化人だったかと想像しています。今とは国の感覚がそうとう違いますね。

夕方わんちゃんと散歩に出たら,20日の水曜日には数を減しながらまだ飛び回っていた燕が,一雨越した今日には,完全にいなくなっていました。金木犀も香るようになりました。これから秋が深まります。

言われてみれば,在原行平が国司として実際に因幡に下ったというのは律令制のまだ残る平安時代初期だったのですね。紀貫之の土佐日記より前ですね。昔,能「松風」は失敗してコケながら大鼓を打ったことがありましたが,確かに,立ち別れいなばの山の峰におふるまつとし聞かば今帰りこむ,という歌がモチーフになっているのに,須磨の松風,村雨だけに意識が行って,二人が行平の国司の現地妻になったということには気づいていませんでした。須磨を通って行ったということは,当時の因幡は京から丹後を経由しての赴任ではなかったのでしょうかね。
 

お彼岸

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2017年 9月23日(土)22時48分12秒
返信・引用 編集済
  今週、鳥取に帰省し、亡父の墓に花を供えてきましたが、連休の混雑を敬遠し、昨日夜、帰名しました。
今日は中日。
ドラゴンズは残念な成績ですが、ホークスはリーグ優勝。おめでとうございます。
(あ、すみません・・・それではなかった)

レンタカーで郷里近くを移動中、見つけたのが「万葉の歌碑」
田園地帯の、車がすれ違い出来ないほど幅員の狭い道沿いにありました。
歌人として知られる佐佐木信綱氏の石碑は、隣りに設置されている大伴家持の歌を愛でる短歌のようで、正月の積雪時に訪れればまた趣があろうかと。

そのすぐ近くには、稲刈りを終えた風景をバックに平安時代の因幡国司・在原行平の歌碑説明文。
(その歌を刻んだ石碑もありますが、掲載枚数が限られているので載せておりません。ご容赦を)
この地域では、9月と10月にそれぞれ稲刈りをする品種があると聞きました。

日本語の源流、特に漢字は中国を発祥とし、朝鮮半島を経て伝わったと理解していますが、大陸文化の醸成と伝来ルート、その文化を理解し大衆に広める知性が揃って、今の日本文化の基礎を創り上げてきているのでしょう。
昨今の世情の軋轢は、その意味で残念でならず、もっと歴史についての学びをし直し、短歌を愛でる余裕のある世界をと考える今日この頃です。

テレビのバラエティ番組で、タレントの俳句を論評する夏井いつき氏の人気を機に、俳句、短歌の世界の奥深さを、多くの人は知りました。
助詞の使い方如何で、読む側の想像する風景が大きく異なるんですね。
高校在学中、文芸部で活躍された久原さんたちの感性と筆力に、改めて敬意を表します。

鳥取ではミンミンゼミとコオロギの鳴き声が同時に聞こえ、正木君ご指摘の燕と蝙蝠との興味深い棲み分けは、昆虫の世界では生じてないのかなと、素人の私は感じました。
夕暮れ時にも関わらず、蚊柱とは遭遇しませんでしたが、それにしても、紹介された蚊柱の高さには驚きましたね。
赤とんぼの群舞は、幼い頃、よく見ましたが、これほど大きい蚊柱は、見たことがありません。

片道5時間強の往復で、今日は一日ダウン。スマホの歩数計表示はゼロでした(笑)
 

燕と蝙蝠

 投稿者:正木春彦  投稿日:2017年 9月12日(火)22時06分31秒
返信・引用
  昨夕は、日が落ちてから多数の燕が飛び交い,1分くらいしたらもう見えなくなっていた。そしてまもなく蝙蝠が多数飛び始めた。あまりの素早い交代,しかし混じり合う場面を見たことがない。きれいなニッチの交代は何らかのシグナルを交わしているのかもしれない。燕も,あと1週間もすればいなくなるのだろう。  

虹と蚊柱

 投稿者:正木春彦  投稿日:2017年 9月12日(火)21時55分0秒
返信・引用 編集済
  雨が上がった夕刻、犬と江戸川の堤防に出たところ、見事な半円弧の虹。そして出会ったこともない一面の蚊柱。伝わるかどうかわからないが、外側の虹の左に(拡大するとわかるが)蚊柱が立っている。草の斜面から無数に立ち昇る煙のような蚊柱。雲に向かって墨を引いたように立ち昇る蚊柱。
2本の虹のスペクトルは並びの方向が内外対称だった。
 

多くなった自然災害

 投稿者:今井洋一郎  投稿日:2017年 9月 8日(金)23時14分20秒
返信・引用 編集済
  昨夜、久留米の1時間雨量が70mm越えのニュースを見て驚きました。
7月の北部九州豪雨から、まだ復旧中の朝倉も気がかりです。
先ほどは、秋田県大仙市で震度5強の地震発生。ここでも豪雨被害があったばかりで、心配でなりません。
どうか、皆さん、(お互いに)気をつけましょう。

今日午後、徒歩圏内の公園を散歩。
15時の時点で、気温31.2℃、湿度39%。
真夏日で、日差しは相変わらず厳しかったものの、吹く風に秋を感じました。

いよいよ来月は、同窓会が続きますね。
29日の原田君たちが企画してくれた同期会は、ご案内早々に楽しみにしていましたが、私事が入り、日程はずれたものの、タイトになってしまうため、断念しました。
160人越えの出席と聞き、原田君、高島君、牛嶋君はじめ、準備の労をとってくれる方々に、皆、感謝していることと拝察します。

久原さん、満月は曇りで拝することが出来ず、残念でなりません。次の満月で元気をもらうまで頑張ります♪
正木君、東海では、かろうじてツクツクボウシの鳴き声が聞こえました。
大同窓会では、古賀君たちと共に、ぜひ旧交を温めてください。

散歩で立ち寄る予定だった本屋が、いつの間にか100円ショップに変わっていました。
近くの本屋が閉店したのは、もう2軒目です。
 

大同窓会

 投稿者:正木春彦  投稿日:2017年 9月 4日(月)23時51分48秒
返信・引用
  予定を見てみたら10月の末はちょっとヘビーな会議があるので,29日に興味はありますが残念ながら無理ですね。
今年は幹事年の昔以外では初めて大同窓会の方に出てみようと思います。でも15人しかいないのは寂しいですね。
佐賀から行きますが,高島君,よろしくお願いします。チケットは当日でよいのかな?

もう秋ですね。東京は,ツクツクボウシが鳴く暇もなくコオロギの季節になってしまいました。
 

明善大運動会

 投稿者:牛嶋一貴  投稿日:2017年 9月 2日(土)12時01分7秒
返信・引用
  古賀くん、10月20日前後の晴れた日が稲刈り予定日なので、
ずっと久留米に居て、我が家の稲刈りを手伝ってください(笑)。

今月の9日(土)は、明善高校の大運動会があります。
「いざやゆけー!!」
時間のある人は覗いてみてください。
卒業生ですから、追い返されることはないと思います。たぶん。





 

今日で8月も終わり

 投稿者:久原清美  投稿日:2017年 8月31日(木)09時02分40秒
返信・引用
  朝夕は少し涼しくなりましたね。昨晩は月がとてもきれいでした。空気が澄んできたのでしょう。今度の満月は9月6日です。

尚ちゃん。もうテニスはしてないんですか?
 

尚ちゃんへ

 投稿者:高島龍雄  投稿日:2017年 8月28日(月)13時17分45秒
返信・引用
  お元気のようですね。

何なら、我が家に泊まってもらってもいいですよ(^^)v。

部屋はいくらでも空いていますので、尚ちゃんの10人や20人は泊まれます(^_-)-☆。

 

お久しぶりです。

 投稿者:古賀尚之  投稿日:2017年 8月25日(金)10時51分10秒
返信・引用
   久しぶりにしゃべり場を見ました。
 10月29日は160名も集まるんですね。
 僕も参加したいのですが、大同窓会に出席して(チケット購入済です)29日は微妙な日程です。
 牛嶋くん、はずっと久留米にいてその間に稲刈りの手伝いをしろと言っていますが(笑)、ちょっと辛いかなと思っています。もし、ずっといられるなら、21日の明星中学の同窓会にも出席できますが…。
 …ずっと善導寺の弟の家にやっかいになるかな。
 

Re: 前期高齢者仲間入り同期同窓会のご案内

 投稿者:高島龍雄  投稿日:2017年 8月24日(木)18時47分47秒
返信・引用
  > No.5273[元記事へ]

> 皆様、ご無沙汰をしています。
>
> 盆を過ぎまして、朝晩が幾分か過ごしやすくなってきたと思いましたら、また夏の暑さが戻ってきました。
>
> お元気にお過ごしですか。
>
> まだまだ、熱中症には十分にご注意くださいね。
>
> 4月頃から計画をしていました同期同窓会の行事予定が本決まりになりましたので、お知らせいたします。
>
> 世話人の方たちが手分けして全員に連絡をしていましたが、連絡が行っていない友達もいるかもしれませんので、親しい友達にはそれぞれで確認していただけるとありがたいと思います。
>
> 日時:平成29年10月29日(日曜日)午後3時開会
>
> 場所:創世(いつもんとこ)
>
> 参加費:5000円
>
> です。
>
> 今のところ、160名ほどの参加が見込まれています。
>
> これが最後の同期同窓会だと脅す友達もいましたが、皆さん、奮ってご参加ください。
>
>
>
>
>
>
>
 

明善大同窓会のご案内

 投稿者:高島龍雄  投稿日:2017年 8月24日(木)15時38分15秒
返信・引用
  これは、毎年行われています『明善大同窓会』のご案内です。

日時は平成29年10月7日土曜日です。

同期同窓会と同じ月の開催ではありますが、友達と何度も顔を合わせる事ができるのは素敵な事です。

一応、1テーブル15人ほどを予定していますので、参加希望の方は早めに連絡してくださいますと、テーブルの確保がしやすくなります。

よろしくお願いいたします。
 

前期高齢者仲間入り同期同窓会のご案内

 投稿者:高島龍雄  投稿日:2017年 8月24日(木)15時30分45秒
返信・引用
  皆様、ご無沙汰をしています。

盆を過ぎまして、朝晩が幾分か過ごしやすくなってきたと思いましたら、また夏の暑さが戻ってきました。

お元気にお過ごしですか。

まだまだ、熱中症には十分にご注意くださいね。

4月頃から計画をしていました同期同窓会の行事予定が本決まりになりましたので、お知らせいたします。

世話人の方たちが手分けして全員に連絡をしていましたが、連絡が行っていない友達もいるかもしれませんので、親しい友達にはそれぞれで確認していただけるとありがたいと思います。

日時:平成29年10月29日(日曜日)

場所:創世(いつもんとこ)

参加費:5000円

です。

今のところ、160名ほどの参加が見込まれています。

これが最後の同期同窓会だと脅す友達もいましたが、皆さん、奮ってご参加ください。






 

レンタル掲示板
/72