teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


朝の散歩

 投稿者:yuzuki  投稿日:2009年 7月13日(月)20時45分29秒
  今日のいつもの朝の散歩で3年振りに「ねじ花」を見つけ喜んでしまいました。場所はいつもの護国神社裏の神通川河川敷公園です。
晴れてれば大抵散歩に出かけ、何かないかと辺りをキョロキョロ眺め回してますが、3年も見つけることが出来なかったので、この場所ではもう絶滅してしまったのかと思ってました。
たしかに、広大な河川敷で見逃すことは珍しいことではないでしょうが、決して見逃すまいと目を皿のようにしていましたので、喜びもひとしおです。
 
 

黒部市にトキ飛来

 投稿者:tetsu  投稿日:2009年 6月16日(火)00時09分42秒
  ご無沙汰しております。その後もご多忙な毎日をお過ごしのことと拝察しております。
早速ですが、久しぶりに黒部のニュースを時事通信で見付けましたので投稿させていただきます。なお、黒部市のHPにプレス発表文が掲載されたいました。

雌のトキに特別住民票を交付=「トキメキ」と命名も-富山・黒部市
6月15日21時3分配信 時事通信

 富山県黒部市は15日、新潟から飛来した雌のトキに「トキメキ」と命名し、特別住民票を交付した。
 雌のトキは昨年9月、佐渡トキ保護センターから放鳥されたもので、同市に飛来してから15日でちょうど1カ月。名前はトキがねぐらにしている同市石田の小学生から募集。その中から「新潟から幸せを運んで来て、黒部の地でときめいている感じがよく出ている」と「トキメキ」を選んだ。
 特別住民票の住所欄には「黒部市トキの里」、生年月日は保護センターに問い合わせ、2005年6月9日と記載した。
 

yassan様

 投稿者:ゆきひろメール  投稿日:2009年 3月30日(月)18時49分23秒
  おひさし振りです お仕事忙しいのでしょうか 松原君も忙しい(趣味の世界)らしく 28日の会の総会で今年始めて会いました
そうですね よんちゃん婦人です 息子さんが蛭谷和紙の後継者です 人形では右に出るものがいないくらいの実力者です かっては紙粘土の先生だったと誰かが言ってました 陶芸も奥が深く それだけに はまっています なかなか上達しないのが良いのでしょうかね でも 土を触っていると落ち着くのが良いですね ロクロを廻していると無心になれます 貴兄も素晴らしい写真の数々が有るのではないのでしょうか 是非拝見したいものです
 

素敵な生き方ですね

 投稿者:yassan  投稿日:2009年 3月29日(日)20時10分52秒
  いつもながら素晴らしい生き方をしておられる様子がうかがえて感心しております。蔵の鍵、そういえばそんな鍵があったなとなつかしく思い出しました。子どもの頃あの鍵を開けるのに苦労したものです。
陶芸作品、うまいものですね。短期間にそんなに上達されるものだと驚いています。絵付けの絵などうまいものですね。昔から絵は上手でしたかね。
川原さんはよんちゃんの奥さんですよね。蛭谷の和紙はご子息の漉いたものでしょう。みなさんいろいろ多才でうらやましいですね。
 

tetsu様

 投稿者:ゆきひろメール  投稿日:2009年 3月21日(土)18時41分31秒
  小生の駄作に身に余るほどの評価を戴き 穴があったら入りたいくらいです 我が会のほかの方方の作品を実際ご覧になれば 私などは 赤子の手慰みくらいですよ 練習を重ねているのですが なかなか上達しません 今日も土をこねてきましたが 思うようには行かない毎日です こんな駄作を残されても 後に残る者には迷惑するのでは無いでしょうか 「送られる」前に人生の始末をしていければ理想ですね・・・現実はとても無理でしょうね  

今後の作陶に期待しております

 投稿者:tetsu  投稿日:2009年 3月21日(土)18時04分59秒
  老い二人 うい孫思う 雛飾り(一楽)
春待ち遠しい寒いある日に 遠く離れて暮らす初孫の顔を思い浮かべながら雛飾りをしている爺婆の近況がよく伝わってくる一句ですネo(^-^)o
ご無沙汰しております。
作陶会への出展作に感服しました。m(_ _)m
白鳥の箸置 いいですネ。梟の行灯 これもいいですネ。切欠模様の生鉢には力強さを感じます。この鉢にはどんな花がいけられるのかと想像しております。多分、野に咲く草花などが似合うのかな??? 亀の香炉には大兄の絵心と手先の器用さを感じました。
年々増えて行く作品の数々は、大兄の生きて来られた足跡であり、おくりびとに無形な形で心に残ると共に有形な形で作品の数々が引き渡されて行きます。おくられる者にとっては、心に残るだけではいずれ忘れ去られるので、命は引き継げたものの矢張り寂しい気分になりますよネ。さて、小生にはどんな有形物が残せられるのか???(>_<)
今後とも作陶にお励み下さるよう期待しております。
 

本田様

 投稿者:ゆきひろメール  投稿日:2009年 1月25日(日)21時10分25秒
  大宮暮らしにも慣れましたか そのうちアチコチ探訪記でも聞かせてください
全国でナンバー9の神社ではそれはゆっくりと願い事など聞いてもらえるような時間は無いでしょうね そんな有名神社には三が日が過ぎてからゆっくりと行けばいいらしいですよ
正月中は神様は願い事を受け付けてくれるとの事です もう一度お出かけになられては如何でしょうか まだ間にあいますよ
 

本年もよろしく

 投稿者:本田  投稿日:2009年 1月24日(土)22時02分22秒
   年明け早々からのHPの更新、その心意気、大いに勇気づけられます。本年も、各々の目標に向かい頑張りたいものであり、よろしくお願いします。
 さて、今回のHP、閑人閑話には初詣の記事がありました。入善神社に出掛けられたとのことです。こちら、昔は故郷の実家の向かいにある木の根のお宮(時々は寝床での夢の中)でしたが、ここ数年は近くの大宮氷川神社に出掛けております。ただし、本年も人出に圧倒され、願い事はそれこそ多々あるにもかかわらず、ただ単に神殿の前を素通りしてきただけという初詣でした。ちなみに、この氷川神社、武蔵野国一の宮と言われ、正月三が日の人出が全国でベストテンに入る神社です(本年はナンバー9)。
 

tetsu様

 投稿者:ゆきひろメール  投稿日:2009年 1月19日(月)18時04分41秒
  出初式 私は今年初めて見学に出かけましたがどこも同じ悩みでしょうが若い人が少ないですね 裸放水も年年体に応えるのでは と心配になります 弟さんが分団長ですか 団員をまとめるのにご苦労されるでしょうね まあ~人望があって押されて仕方なく引き受けられたのでしょうがね 初窯開きには残念ながら小生の作品は無かったのです 寒いのでついつい腰が引けます(まだまだ熱が入ってませんので) 17日から作陶を開始しました 水の冷たさが応えました・・・こんな事ではダメですが 真実です・・・それでは又今年もボチボチ入善の話題を発信させていただきますので 懲りずにおつきあい下さい  

今年も期待しています

 投稿者:tetsu  投稿日:2009年 1月18日(日)20時41分13秒
  2009Vol1の発信、改めて新年おめでとうございます。
 入善消防署の「出初式」での裸放水からは入善消防団員の心意気が伝わってきました。小生の弟は、今年から分団長をやることになったそうですが、昔「入善の消防団には負ける」と言っていたのを思い出します。団結が固いからこそ出来る業ですね。出初式のあとの打ち上げもまたワイワイと楽しかったことでしょうナ・・・
 「初窯開き」からは、趣味の同好の面々から歓声が聞こえてきました。大兄の作品はどれですかネ?いずれの作品もレベルが高く出来上ったようですネ。万歳
 「初詣」からは、「賽銭の額はそのまま 願い増え~幸博」、うまく本心をご披露されており安堵しました。実は小生も同じことをやってきました。
 今年も期待してウオッチしております。
 

レンタル掲示板
/10