teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


第27回行政政策学類比較文化講座セミナーのお知らせ

 投稿者:村上雄一  投稿日:2014年 7月 2日(水)16時11分30秒
  第27回行政政策学類比較文化講座セミナー

異文化理解講座(スコットランド文化):

グラスゴーの「飛ばなかった鳥、育たなかった木、鳴らなかった鐘、泳がなかった魚」を探して


ゲストスピーカー:  戸田有信 & 中鉢富美子

ジャーナリストの戸田さんと中鉢さんは英国スコットランドのグラスゴー在住25年。ともにJapan Desk Scotlandのプロデューサー。戸田氏は元週刊サンケイ編集部記者。中鉢氏は元週刊サンケイ編集部専属記者。現在フリージャーナリストとして報道番組、ドキュメンタリー映画を数多く制作。

日 時: 2014 年 7 月 10 日(木)  13:00~14:30

場 所: 福島大学*行政政策学類棟*大会議室(2F)

? 行政政策学類?比較文化講座では「グローカル(グローバル+ローカル)時代」における、地域住民の生活や文化のあり方について、知見を広め一緒に考えるための課外授業を、公開セミナーとして開催しております。? 講演は日本語で行われます。入場は無料です。質疑応答の時間を大切にしたセミナー形式ですので、皆さまどうぞご参加ください。

? この講演会は「行政政策学類英語特修プログラム」の「国際交流研修」に対応しています

主催: 福島大学行政政策学類 比較文化講座    Japan Desk Scotland

問合せ先: 後藤史子(a078@ipc.fukushima-u.ac.jp, 024-548-8309)
 
 

福島大学行政社会学会学術講演会(比較文化講座) 「日本の多文化共生   - 権力を持つものと周辺に置かれた弱者との

 投稿者:村上雄一  投稿日:2013年10月 8日(火)15時57分26秒
  福島大学行政社会学会学術講演会(比較文化講座)

「日本の多文化共生-権力を持つものと周辺に置かれた弱者との関係性-外国籍住民の視点から」

日時:10月11日(金)13:00~14:30

会場:福島大学AV教室(M棟3階)

講師:      李 洙任(リー  スーイム)
          龍谷大学経営学部教授。教育学博士。
           研究テーマ:日本社会の外国人の人権、日本社会の外国人の経済活動など
          著書:『グローバル時代の日本社会と国籍』(明石書店)他

ディスカッサント:中川 慎二(なかがわしんじ)
           関西学院大学経済学部教授
                     研究テーマ:異文化間コミュニケーション、言語教育研究

主催:福島大学行政社会学会

問い合わせ先:福島大学行政政策学類比較文化講座 田村 奈保子
       024-548-8306/a090@ipc.fukushima-u.ac.jp
 

<第23回比較文化講座セミナー 講演会 「私見スコットランド」>

 投稿者:村上雄一  投稿日:2013年 6月28日(金)16時01分38秒
  <第23回比較文化講座セミナー 講演会 「私見スコットランド」>

比較文化講座では下記のように2013年度比較文化講座セミナーを開催いたします。

今回は、スコットランド在住のジャーナリストお2人による日本人の見たスコットランド、がテーマです。異文化交流や外国文化に関心のある方なら、どなたでも参加できます。

日時:7月3日(水) 13:30~15:30

場所:行政政策学類棟2階 大会議室

講演者:戸田有信、中鉢富美子

概要:戸田さん、中鉢さんの2人のジャーナリストはスコットランド在住24年。
グラスゴー大学で研究と交流事業に携わりながらボランティアで日本文化を紹介
しています。そこから見えてきたスコットランドについて、自作の映画と写真を
使って講演します。外国人、異文化を受け入れることとは?

問い合わせ先:Tel 024-548-8309 a078@ipc.fukushima-u.ac.jp (後藤研究室)
 

比較文化講座セミナーのお知らせ

 投稿者:村上雄一  投稿日:2012年 6月28日(木)16時30分57秒
  BBC(イギリス放送協会)・スコットランドからジャーナリスト兼ギタリスト来福!

自作記録映画上映と楽器演奏によって問う…

“故郷(HOME)”って何?~スコットランドで、福島で、


セント・キルダ・テープス in 東北 ―旅は道連れ、世は情け―


7月4日 (水) 13:30~16:00

福島大学「後援募金記念棟・会議室」(理工棟金谷川駅側、 総合教育研究センター並び)

入場無料   日本語通訳あり

スコットランド近海に浮かぶ島、セント・キルダ島。この「英国で一番寂しい島」には、1930年の全島避難まで人が住んでいました。

「セント・キルダ・テープス」は、避難民の一人、ノーマン・ギルス(当時5歳)を語り部に、この大西洋の孤島からグラスゴー、ニューヨーク、カナダ、そして島の再訪へと続く感傷的で考えさせる旅へと、見る人を誘います。

スコットランド映画アーカイブ所蔵の記録映画と、最近の映像を使い、音楽を加え、「セント・キルダ・テープス」は、HOME(故郷、わが家)とは何かを、ノーマンの語りとデイビッド・アリソンの音楽を通して、探ります。

デイビッド・アリソン :  ギター奏者。演奏中の音をループし映像的な音空間を作り出す。ウクレレ、シタール、トルコのサズ、アラブのウードも弾く。BBCの『ニューズナイト・スコットランド』のメイン・リポーターでもある。

問合せ:Tel:024-548-8273   Mail: nanba@sss.fukushima-u.ac.jp (難波研究室)

主催:Japan Desk Scotland / 福島大学共生システム理工学類難波謙二研究室/ 行政政策学類比較文化講座/ Lucid Dreamers / FOLK&ROCK研究会

後援:全日空

本企画は、比較文化講座セミナー及び英語特修プログラムに対応しています。


7月5日(木)16:20-18:00 ワークショップ AV教室

デイビッド・アリソン氏が記録映画の作り方について映像を交えて語ります。どなたでも参加できます。参加無料。
 

第20回 福島大学 行政政策学類 比較文化講座セミナー 開催のお知らせ

 投稿者:村上雄一  投稿日:2010年 1月20日(水)17時17分15秒
編集済
  第20回 福島大学 行政政策学類 比較文化講座セミナー

講演:福島県の国際化の現状

ゲストスピーカー: 何敏さん(福島県国際交流協会多言語コーディネーター)

プロフィール:中国上海市出身。上海科学技術大学で物理学を専攻。住友電気工業株式会社上海事務所勤務を経て、1998年来日。来日後、福島県の国際交流事業の通訳、福島地方裁判所の法廷通訳を多数経験。福島地方裁判所および仙台高等裁判所主催法廷通訳研修会講師を務める。2002年より(財)福島県国際交流協会に勤務、相談窓口を含めた多言語行政サービス提供事業を担当。

現在は、ふくしまUD推進会議委員3期目、福島県男女共同参画審議会委員、福島県国際施策基本計画策定懇談会委員を務めている。

第二言語としての英語教育の研究活動に取り組み、英検1級、TOEIC990点3回連続取得。通訳案内士国家資格(英語、中国語)をもつ。

講演: 1月21日(木) 14:40~16:10

場所: 福島大学*経済経営学類棟2F*大会議室

*行政政策学類✵比較文化講座では「グローカル(グローバル+ローカル)時代」における、地域住民の生活や文化のあり方について、知見を広め一緒に考えるための課外講演を、公開セミナーとして開催します。

*この講演は「行政政策学類英語特修プログラム」の「国際交流研修」に対応しています。

主  催: 福島大学行政政策学類 比較文化講座
問合せ先: 真歩仁しょうん(mahoney@ads.fukushima-u.ac.jp)
                   (TEL&FAX: 024-548-5168)
 

第19回 福島大学 行政政策学類 比較文化講座セミナー

 投稿者:村上雄一  投稿日:2009年12月 9日(水)08時08分52秒
編集済
  第19回 福島大学 行政政策学類 比較文化講座セミナー

福島大学での思い出

ゲストスピーカー: 楊 楠  さん(中国・河北大学)
         習 開鵬 さん(中国・河北大学)

○ 2009年4月から交換留学生として派遣され、現在福島大学で勉強中のお二人に、留学中の体験や感想などについてお話をしていただきます。

日 時: 2009年12月17日(木) 13:00 ~14:30

場 所: 福島大学*M-23教室

○ 行政政策学類✵比較文化講座では「グローカル(グローバル+ローカル)時代」における、地域住民の生活や文化のあり方について、知見を広め一緒に考えるための課外授業を、公開セミナーとして開催しております。

○ 講演は日本語で行われます。入場は無料です。質疑応答の時間を大切にしたセミナー形式ですので、皆さまどうぞご参加ください。

○ この講演会は「行政政策学類英語特修プログラム」の「国際交流研修」に対応しています。

主  催: 福島大学行政政策学類 比較文化講座
問合せ先: 金 敬雄(kdjinyin@ads.fukushima-u.ac.jp)
(TEL&FAX: 024-548-5167)
 

比較文化講座

 投稿者:村上雄一  投稿日:2009年12月 4日(金)14時02分49秒
  「学術研究支援助成」(国際共同研究)& 第18回 福島大学✵行政政策学類✵比較文化講座セミナー

①懇談会:福島大学とUQの教育・研究交流のこれから

②公開授業:Introduction to Japanese/English Interpreting

ゲストスピーカー: 橋本 佳代子 先生

 ♛ 橋本佳代子先生のプロフィール:オーストラリア・クイーンズランド大学(UQ)人文学部言語・比較文化学科日本語プログラム・コーディネーター。上智大学英米文学部修士号、ラ・トローブ大学教育学博士号。1997年ロイヤル・メルボルン工科大学「言語を通じてのアジア理解」グループ主任を経て、モナッシュ大学、オーストラリア国防軍ランゲージ・スクールを歴任。2004年より現職。研究分野は、言語教育行政および批判言説分析。今回は、懇談会と公開授業という2本立てです。

懇談会: 2009年12月10日(木) 16:20~17:50

     福島大学*行政政策学類棟2F*大会議室

公開授業:2009年12月11日(金)10:20~11:50

     福島大学*行政政策学類棟3F*視聴覚室

♛ 行政政策学類✵比較文化講座では「グローカル(グローバル+ローカル)時代」における、地域住民の生活や文化のあり方について、知見を広め一緒に考えるための課外授業を、公開セミナーとして開催します。

♛ 懇談会は日本語で行われます。質疑応答の時間を大切にしたセミナー形式ですので、皆さまどうぞご参加ください。入場は無料です。

♛ 公開授業は、主に英語で行われます。スペースの都合上、先着30名までとさせていただきます。以下の問い合わせ先まで、事前にお申し込みください。

♛ この懇談会および公開授業は「行政政策学類英語特修プログラム」の「国際交流研修」に対応しています。

主  催: 福島大学行政政策学類 比較文化講座
問合せ先: 村上 雄一(murakami@ads.fukushima-u.ac.jp)
                  (TEL&FAX: 024-548-8298)
 

第17回 福島大学 行政政策学類 比較文化講座セミナー 開催のお知らせ

 投稿者:村上雄一  投稿日:2008年12月 9日(火)12時20分16秒
  第17回 福島大学 行政政策学類 比較文化講座セミナー

福島大学での思い出

ゲストスピーカー: NEELS, GENEVIEVE SACHI さん(豪州・クィーンズランド大学)
         李 瑞 さん(中国・河北大学)
         劉 瓊 さん(中国・河北大学)

○ 2008年4月から交換留学生として派遣され、現在福島大学で勉強中のみなさんに、留学中の体験や感想などについてお話をしていただきます。

日 時: 2008年12月18日(木) 13:00 ~14:30

場 所: 福島大学*行政政策学類棟*大会議室(2F)

○ 行政政策学類✵比較文化講座では「グローカル(グローバル+ローカル)時代」における、地域住民の生活や文化のあり方について、知見を広め一緒に考えるための課外授業を、公開セミナーとして開催しております。

○ 講演は日本語で行われます。入場は無料です。質疑応答の時間を大切にしたセミナー形式ですので、皆さまどうぞご参加ください。

○ この講演会は「行政政策学類英語特修プログラム」の「国際交流研修」に対応しています。

主  催: 福島大学行政政策学類 比較文化講座
問合せ先: 金 敬雄(kdjinyin@ads.fukushima-u.ac.jp)
(TEL&FAX: 024-548-5167)
 

第16回 福島大学 行政政策学類 比較文化講座セミナー

 投稿者:村上雄一  投稿日:2008年 6月10日(火)14時26分44秒
編集済
  第16回 福島大学 行政政策学類 比較文化講座セミナー

“Notable Australians”

ゲストスピーカー:Professor David Carter

♛ David Carter先生のプロフィール:

オーストラリア・クイーンズランド大学人文学部英語・メディア・美術史学科教授。現在、客員教授として東京大学アメリカ太平洋地域研究センターに在籍中。専門はオーストラリア文学及び文化研究。今回は、オーストラリアの文化や歴史を交えながら、オーストラリア紙幣に登場する人々を紹介していただく予定です。

日 時: 2008年6月18日(水) 8:40~10:10

場 所: 福島大学*S講義棟3F*S38教室

○行政政策学類・比較文化講座では「グローカル(グローバル+ローカル)時代」における、地域住民の生活や文化のあり方について、知見を広め一緒に考えるための課外授業を、公開セミナーとして開催します。

○講演は英語で行われます。入場は無料です。質疑応答の時間を大切にしたセミナー形式ですので、皆さまどうぞご参加ください。

○この講演会は「行政政策学類英語特修プログラム」の「国際交流研修」に対応しています。

○学外から参加を希望なさる方は、会場の都合により、事前に下記問い合わせ先までお申し込みくださりますようお願いいたします。

主  催: 福島大学行政政策学類 比較文化講座
問合せ先: 村上 雄一(murakami@ads.fukushima-u.ac.jp)
                  (TEL&FAX: 024-548-8298)
 

外国人研修生・労働者の権利と地域の発展について考えるシンポジウム

 投稿者:村上雄一  投稿日:2007年10月11日(木)09時25分49秒
  福島大学行政社会学部創設20周年記念事業
外国人研修生・労働者の権利と地域の発展について考えるシンポジウム

グローバリズムと労働法制から見た外国人研修生問題
~外国人労働者の権利を地域でどう守るのか、現状と展望~

日時 2007年10月27日(土)13:00開場 13:20開会 ~16:40

場所 コラッセふくしまビル4階401会議室(JR福島駅西口徒歩1分)

講演者

1.桑原靖夫氏(労働経済学・労使関係論、独協大学前学長、同大学名誉教授)
2.香川孝三氏(国際労働法・大阪女学院大学教授、神戸大学名誉教授・在ベトナム日本大使館元公使)

現在、東北地方が直面する外国人研修生制度や外国人労働者にかかわる問題は、マスコミでもさまざまに取り上げられ、今年2月には福島県・田村市で、3月には青森県・三沢や茨城など東北・北関東で外国人労働者への給与未払いなどの人権侵害が発生しています。東北各地の在住外国人の権利をどう守り、ことばと文化の壁を越えて、どのように豊かな共生の道を築くことができるのか。今求められるのは、なぜこのような外国人労働者にかかわる問題が生じるのか、その根本にあるグローバリズムと規制緩和などの構造的分析と現状にかみ合った現実的な解決の方策であるように思われます。福島大学行政社会学部創設20周年記念シンポジウムは、人権救済の法的側面も含め、お二人の専門家の講演を通してこのような問題について考え、真の国際理解・国際交流と人権擁護のあり方について考える東北地方では、はじめての企画です。国際交流、国際支援に携わる皆さまのご参加をお待ちしています。

■定員120名(申し込みが必要です。先着順、定員になり次第締切ります)

申し込みは、FAXにて下記問い合わせ先まで人数・氏名・連絡先をお知らせください。

お問い合わせ先 福島大学行政政策学類総務係

TEL 024-548-8253 FAX 024-548-5174
 

レンタル掲示板
/3