投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


 投稿者:清美  投稿日:2017年10月 1日(日)22時35分18秒
  動画?  

写真&動画の送信

 投稿者:秋ちゃん  投稿日:2017年10月 1日(日)16時26分35秒
  皆様、大変長らくお待たせ致しました。

さむちゃんの月下美人に励まされ、たった今、「祥子さん歓迎会」開催状況を送信致しました。

今回は、厳選し自信をもってお送り致します。

ただ、阿久根までの距離が長いため、チョット画像に乱れが生じるかも です。

さぁ 御覧総ラエ

清美ちゃん ヨロシク です。
 

月下美人の花が咲きました

 投稿者:さむちゃん  投稿日:2017年 9月30日(土)21時34分53秒
  一晩限りの花ですが、それだけに

きれいで、甘い強い匂いがして

あでやかです

卯辰会の女性陣みたいです

 

素晴らしいねぇ~

 投稿者:秋ちゃん  投稿日:2017年 9月28日(木)15時24分5秒
   ンニャー 「祥子さん歓迎会」 楽しかったねぇ~。

 祥子ヤさむちゃんも言うとおり、正昭の奥さんや娘さん、そして忠昭にも大変な御世話になったんですねぇ~  嬉しいねぇ~


 さて、ワタクシ、一つ、気になってオルことが御座います。

  当日の写真です。

 今回は、スコブル美しく、かつ、マトモニ撮れたのであります。(自信を持って世に出せます)

 早く、一刻も早く・・・ 皆様にお届けせねば、気持ちは焦るばかり。

 しかし、昨日、清美からも「メールを送信デケンゾ」ち指摘されたのですが、今度は、自宅パソコンが故障です。

 私の投稿(ご自分の美しい笑顔部分だけの)写真をお待ちの皆様、どうか、今しばらくの御猶予を賜りますよう、

 平に・ヒラニ~
 

関東卯辰会に革命騒動

 投稿者:さむちゃん  投稿日:2017年 9月27日(水)18時10分26秒
編集済
  日曜日の「善吉」での祥子ちゃん歓迎会は
いつも静かでおごそかな集まりが歌や踊りで
盛り上がり、まさに「革命」(と誰かが言っていた)
が起きたようににぎやかだった。
しかし一人だけ酒も飲まずに心配顔でじっと踊りを見ている人がいた
それもそのはず、店を壊されるんじゃないかと踊りが動くたびに
柱に走っていって倒れないようにカバーしていたのである。
その動きが他の人にわからないように、踊りに見せかけていたから
大したものだ。
その動きが、店を守っている動きと判っていたのはいたのかな。
楽しい時間は経つのが早くて4時間があっという間だった。
最後、宴会が落ち着くと、安心して留飲を下げていた。
何事もなくてよかった。

話は変わるが、今回の歓迎会で一番活躍したのは

正昭ちゃんの奥さんと忠昭だった。
奥さんは、祥子ちゃんをバス停まで送っていったが、高速の事故でバスが飛行機の時間に間に合わないと見るや、別ルートで、羽田まで送ろうとしたものの、結局は間に合わなかったが、その勇気と冷静さは大したもので、ご苦労様でした。
忠昭は、気を利かして、羽田空港まで見送りに行っていたのは正解だった。
最後まで祥子ちゃんの面倒を見てくれて、忠昭の活躍がなかったら「関東はなにょしとっとか」
と、祥子ちゃんにがらるっとこいじゃった。
それにしても祥子ちゃん無事帰宅できてよかったね。
これに懲りずにまた来てくださいね。
 

祥子100%以上感謝

 投稿者:祥子  投稿日:2017年 9月26日(火)20時06分6秒
  親戚結婚式の為、23日横浜へ、素敵な式を終えて翌日、宿泊先まで、定さん運転で、くめこさん、通昭さんが、ご丁寧に、迎えに来てくださいました。
私を見送る、姉、妹までも、感激、感謝でした 。
いざ、善吉へ、私のわがままで、2週間前伊香保旅行した
仲間がまた集まってくれました。((涙)不思議!
ここが、関東卯辰会の原点かと感激、しかし初めて来た感じしない、。いつも、見ているからか!

定さんの仲間への、黙祷から始まり、、、笑いの連続。正文さんのカラオケは?一声でカラオケ、突入。
歌や踊りの大宴会。(時の経つのもわすれます。
ここで私の歌の残念さが、まさに、全国区になりました?

いよいよ、お別れの時、素晴らし別れをして、正昭の奥さまと、娘さんに空港行きのバス丁まで送っていちくことに。
そこからも、素晴らしハプニング。バス丁到着、
途中事故とか?でなんか難しい事に、パニック、
そのまま、二人になんと羽田まで送ってもらうことに、(今考えたら厚かましくて、恥ずかしい。御言葉に、甘えてしまいました。)
途中なんと、忠昭さんから、驚かせようと思って空港な、見送り来てるとの、電話がいり、びっくり。

総勢12人で帰る予定で、チケットは妹が持ついました。忠昭さんは、私の妹がわかったらしく、声をかけて、チケット預かってくれました。そのまま、飛行キ飛んでいきました。( ;∀;)
奥さま娘さんに、申し訳なくて、ごめんなさいでした。
忠昭さんと、会ってびっくり、なんと8人でした!
長男、次男かぞく、みんな、( ≧∀≦)ノ
私は、空港の近くのビジネスホテルでも泊まるつもりだったんですが、泊まったねは、加須(埼玉)でした。

人のなさけ、人情に感激させられた、濃い恋1日でした。



善吉の話に戻って、定さん、くめこさん、穂積さん秋雄さん、通昭さん、野口君、西谷くん、美代子さん幸子さん、関東の和を、目の辺りにして感動、
感謝、感激、雨嵐、この上ない幸せでした。
これに、懲りなでまた行きたいです。
もうよかど~と言ったのはだいじゃっかわかっど?

100%以上感謝、ありがとうございました。

今回は、私ごとの投稿ですみません、誤字脱字は、呉々もカンで読んでくいやい、~な。
 

秋だねー!彼岸花が咲いている。

 投稿者:俊一  投稿日:2017年 9月25日(月)09時25分2秒
  さむちゃん 名(迷)執筆ありがとう(笑)
小説家の道が開けそうだね。
時間を追ってよく覚えているもんだ、記憶力抜群だにゃー。

清美は草刈りに行ってもちゃんと彼岸花を撮っているなあ。
良い季節だー。
関東より1週間ほど開花が遅い感じでしたよ。

昨日まで阿久根に帰っていて関東では祥子に会えんて思たで、
いなかで会ってきたが。
祥子・清美ありがとうさん、「ちこ」で、まこて長~い時間
楽しか話が出来ました。感謝感謝。

今回は台風で飛行機が欠航になり急きょ日程変更したため
ちょっとゆっくりできず、清美と写真撮りにも行けんかったのは
残念じゃった。
年末・正月には出水の鶴を撮りに行こうな。

善吉での祥子上京の記事を楽しみに待っています。
 

彼岸花

 投稿者:清美  投稿日:2017年 9月24日(日)21時00分32秒
  芝刈り 帰り路  

明日台風じゃっど

 投稿者:さむちゃん  投稿日:2017年 9月16日(土)14時21分17秒
  危ないときゃはよ逃げよ

家にはつっぱい棒をかませとけよ

特に阿久根んしは気を付けてね
 

第四弾 2日目 榛名湖、帰りのバス

 投稿者:さむちゃん  投稿日:2017年 9月15日(金)12時32分28秒
編集済
  朝目が覚めるときれいな朝日が出ていました。
朝食もバイキングでしたが、それぞれ和食、洋食など
夕食であれほど食べたのに山盛りで大いに食べました。 温泉卵を3つも食べた人もいましたね
食事が一段落したところで、バスの出発までどうしようかということになり
いろんな意見が出ましたが、榛名山を見に行こうということになりました。
米男ちゃんはここから神戸に向かうとのことで、午前9時にみんなで見送りました。
 ※その後、米男ちゃんも神戸経由で無事に熊本の奥さんのもとに帰り着いたとのメールがあり
  安心しました。米男ちゃん参加ありがとう
榛名湖までは穂積会長のBMWとバスに分かれて登りました。
榛名湖に着いてもきれいな所でしたが、ま、こんな所か というぐらいで特段何もすることもなく湖を眺めていましたが、「折角だからロープウェイで榛名山に登ろうよ」という者あり
5名の勇者が登山に挑戦しました。
残りは、湖畔でフェスティバルをやっており、昔の美人がフラフラしながらフラダンスを踊っていたり、3流のでんぷん歌手がうまくもない歌を歌っているのを眺めながら時間をつぶしました。標高1200メートルくらいあるので結構涼しく風は爽やかでした。
登山組は、ロープウェイで高所恐怖症が出て、外のきれいな景色が見れなかったようですよ。
ロープウェイを降りてからさらに100段くらいの階段があり、その上に榛名山神社があり、参拝した後、登山道を歩いて降りようかということも考えたそうですが、昨日伊香保の階段を上がったり、高所恐怖症だったりで、ロープウェイで降りてきたみたいです。その際、「頂上からは富士山が見えたことにしよう」という打ち合わせがあったと聞きましたが、雲が多くてあまり遠くは見えなかったものの、いい眺めだったことは間違いない事実のようです。
さて、皆がそろったところで昼食にしようということになり、蕎麦屋さんで手打ちそばや手打ちうどんを食べ、そろそろ帰ろうかというときに、「トイレ」という者あり。
それが入ったままなかなか出てこない。バス組は出発した後、ようやく出てきて「お待たせ」、
お待たせじゃないよ、みんなの迷惑を考えろ。(m(__)m)
穂積会長の自動車組だったからよかったものの、バス組だったら、置いてきぼりになるところだったよ。
そんなこんなでどうにかホテルに帰り着き、穂積会長は一足お先にBMWで帰宅の途に、残り11人は約1時間待ちで帰りのバスに乗り込むことができました。
バスの中は、行きと変わりなく大声でしゃべり、笑い、これが60を過ぎて1泊旅行してきた団体かと思わせるような元気さでした。
その中で、一番元気な秋ちゃんは、「次はいつやろかい」と次を心配していましたが、「まだ終わってないのに早すぎるよ、最後までこの旅行を楽しめ」と促しているご婦人もいました。
そして午後7時、池袋に到着し、楽しかった思い出をいっぱい詰め込んで、またの再会を祈りながらそれぞれ家路につきました。
帰宅後はいつもどおり帰宅報告がメールで入り、みんなの無事帰宅を確認して今回の旅行は終わりました。
 4回にわたって役目を果たしたつもりですが、まだまだ書き足りないことがいっぱいあると思います。そこはだんだん認知が始まったと許していただき、わいどんとに話題を提供していただければとお願いして旅日記を終わります。
 あいただれた、指が腫れてこいからリハビリに行かにゃいかん
 

/175