teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:158/549 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

武夷山城村漢城遺址宮殿基址

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2010年 2月25日(木)18時41分27秒
  通報 編集済
  コガンソンと鷹嘴岩

武夷山城村漢城遺址宮殿基址
http://www.wuyiguide.com/big5/Landscape/Wuyishan/ChengCun.htm
武夷山
http://www.wuyiguide.com/big5/Guide/Info/170.htm
架壑船棺や
「烏金兎毫」という磁器窯の遺跡があります。

鷹嘴岩
天車架から西へ約100m行って、雄鷹の姿に似た巨岩がある。鷹嘴岩は渾然として一体をなす巉岩であり、丸坊主のような岩の頂上、べきものであるという渾然として一体をなす、裸になった岩の頂き、東端は前に突き出ていて、尖って曲がっている所は鷹の口に見えます。



☆鷹嘴岩では祭祀跡が見られる、同時期漢の武帝から、倭国へ海を渡った東越王は、夜須の、篠隈のコガンソンと、言う所に、祭祀を行って居たことが、鷹嘴岩=コガンソンで、見えた。

地名コガンソンには、佐久間正勝の長男正成以降の墓石が、近年改葬納骨堂になるまで、宮家の、墓葬地であったのも、関連した重複の風習が見える。
現在は、安の里公園になっているが、
安の里公園を整地した業者が、発掘した土器には、越式土器が見られた。
武夷山城村の登り窯は「烏金兎毫」、夜須の鳥巣窯と、同じであった。

日本の茶もここから、きていた。児島宮歴研会
茶は越皇帝が始めたとある。
深紅の長衣を神茶の上にはおり、茶の木を「大紅袍」と名付けたそうです。

城が長方形を呈し、南北の長さが860メートル、東西の幅が550メートル、総面積が48万平方メートルです。
発掘されてみると、城内に仏閣、楼閣、兵舎・住宅、製鉄所、製陶とお墓などの遺跡が多数あります。建築物は南向きで、左右が対称になっており、配置が厳格で、当時の平原地区の都市の配置とはっきり異なり、江南独特の「幹欄式建築」です。古い城の排水システムは自然な山坂、谷間を利用してつくり、雨水と汚水を分流させ、その配置が合理的かつ自然で、奇特だと思わせます。
http://jap.visitxm.com/Html/zbmy/140630221.htm
漢武帝が閩越を平定して、倭国入りしたものと見る。

http://www.cctxm.cn/travel/travel-look.aspx?id=321

東越王と児島宮は重複しているが、
明治以降の天皇は無関係であり、
日本古来の天皇とは無関係であるので、祖は神武天皇とか、偽証しているのは許せません。
大覚寺にも、明治天皇(在日朝鮮人、大室虎吉)で、位牌の撤去をするように、京都府庁文教課と、宮内庁に、命じた、現代の大正天皇の実父、大隈重信も、在日朝鮮人である。
無論宮内庁も在日朝鮮人で、児島宮とは無関係で、ある。

明治天皇も平成明仁天皇も、在日朝鮮人で、東越王とは無関係である。

児島高徳を架空としたのは?明治天皇からである。
そして、東郷平八郎から、明治天皇は児島高徳を架空としながら、
「従三位」にしたのは、
実在したら、東越王とは無関係であると、判明するからである。

現に史実の東越王の関係を記載しているのも、児島宮だけである。

日本の全国の寺社も、東越王には無関係となっているので、神は、正しく行われて、いない。日本の全国の神社と、神は無関係になっている。
現代の中国の、首相も現皇室と、関係しているので、中国には神の史実は、無くなっている。
今あるのは、児島宮だけである。

そして日本の憲法政治は、もう終息している、自民党はつぶれ、民主党も在日朝鮮人で、日本とは、無関係である。
今までは、かいらい政権であった事が、判明した。

東越王と児島宮は重複している。
このままいけば、日本の史実は、なくなるであろう。
まずは、国民が、知ることが、大切である。

「従三位」は醐醍醐天皇の時期も、児島高徳は、皇太子の身分であった。
「従三位」とは親王である。

従三位(じゅさんみ)は、位階及び神階における位のひとつ。
律令制下では任参議及び従三位以上の者を公卿といった。贈位の場合、贈従三位とされた。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%93%E4%B8%89%E4%BD%8D

従三位に相当する官職としては、大宰帥、弾正尹、中納言、左右の近衛大将などがあるが、実際には太宰帥は親王が任官する例が多く、近衛大将は左大臣及び右大臣が兼官する場合が慣例化し、三位にある者は左右の近衛中将となる場合が多かった。故に三位でありながら中将の任にある者を三位中将と称する。

児島宮の児島高徳末裔も近衛中将助安がいる。宮家とされ、宮の現宮内庁にあたる。

親王身分である。次期天皇の身分にあたる。

資格者は皇 親・五世王の子、諸臣三位以上の子と孫、五位以上の子である 。
日本における「位階」制度は律令制に基づく政治行政制度と共に中国から継受し、独自の発展を遂げた。

位階は603年(推古天皇11年)に冠位十二階の制度を定め、官人に対して冠を与えたのが初めとされる。この「冠位」制度はその後数度の変遷を経て、701年(大宝元年)の大宝令および718年(養老2年)の養老令により「位階」制度として整備された(→冠位・位階制度の変遷を参照)。律令制における位階は親王が4階(品位、ほんい)、諸王が15階、諸臣が30階あって明治維新まで変わらなかった。位階は功労に応じて昇進があり、位階に対応した官職に就くことを原則とした(官位相当制)。また原則として軍功に授けられた勲位(一等から十二等)とも連動し、あわせて位階勲等と称した。
贈位の場合、贈従三位とされた。


が、終息している。
1871年9月24日(明治4年8月10日)に出された明治4年太政官布告第400号により従来の官位相当制は廃止された。

明治時代の初期には新たに近代的な在日朝鮮人式太政官制が敷かれたが、西洋の憲法で、古来の方式とは、無関係である。「似せているだけに過ぎない」
在日朝鮮人だから、すべて、嘘である。
 
 
》記事一覧表示

新着順:158/549 《前のページ | 次のページ》
/549