teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


おがむ文字が口頭で、しか、解らない?ケルトは、どうして、越国なのか

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年12月 9日(土)12時29分58秒
編集済
  王国の始まりで、イギリス、イタリアは、世界に名を今に、伝えている。
ここで王とは何か、?
まだ、世界に知られていない、王とは?何なのか? ここからは、王について、学ぶ必要が、おがむ、文字と王国は、ほとんど、知られては、いない?
王とは、ケルト「古代中国の春秋時代に、ペルシャを経由してイギリスに、国ケルト人と、呼ばれた、民族誕生した、ここには「おがむ、文字」が越王勾践、のおがむ文字、が起こりとなっった。みなこれらは、神話の神の事で、今の天皇の意味とは、意味が、違います。

ケルトは、どうして、越国なのか、で、越国の祖は天神七代の「無予」であり、後に殷により滅ぼされたので、ここでは夏王朝の七代と、しておこう。この夏王朝の七代の無予、の時、天神つまり神の事である。この無予、の末裔が越王勾践であったので、判りやすい。
ペルシャを経由していた事は、河姆渡遺跡で、出土した王の杖が、ペルシャを経由していた事が解る。

「おがむ文字」http://siryositu.web.fc2.com/ogamumoji.html

三雲・井原遺跡から出土した弥生時代の硯の破片1

河姆渡遺跡のペルシャ石杖 2

福岡県朝倉郡筑前町三並のうそう窯の椀のおがむ文字3

神話と越人、ケルト人に、伝わっていた。
その神話の内容は、同じ形式になっている。

佐久間不干斎ならでは?イソップ物語作者 天草にて。
 
 

弥生の遺跡犬竹遺跡祭祀

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年11月23日(木)10時35分46秒
編集済
  上高場女万所在13-516
出土品 合子

福岡県筑前町上高場大字犬竹の発掘調査報告書

小郡市の歴史は古く、縄文期以降の三沢遺跡、花立山古墳など数多くの遺跡、古墳などが散在. し、日本書記には、実館として「筑紫小郡」の名が記されています。

弥生の遺跡犬竹遺跡は、大宰府の歴史資料館が調査した。
この遺跡の特徴は、石棺に葬られている。
ミニチュア土器の時代観は、おがむ祭祀(ヨーロッパのケルト人、越王勾践の時期始まる)夜須では、おがむ文字、が出土し、(越人)ケルト人立証される。

画像の2、3は、、(越人)ケルトのおがむ文字、確認。

おがむとは、天神崇拝した、紀元前六百年前から、紀元前二百年前の、越が越王衰退していた時に相似、これより漢の劉邦を助けた、福建省?山の地鉄駅平山に、三年前に、出土した治城の、「ビン越王無渚」の時期。
に、ヨーロッパの、(越人)ケルトのおがむ、は衰退した。
世界観「宇宙観」がヨーロッパの、(越人)ケルトのおがむ、が広まった事が、、、(越人)ケルトのおがむ文字、確認。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AC%E3%83%A0%E6%96%87%E5%AD%97

児島宮に口頭で、伝わった、神話が、日本の伝記が、掲示版の、記事と一致している。
解明、解読は、何故出来たのか?が判る。その答えは『記紀』と同じ、児島宮に口頭で、伝わった。

口頭で語り継がれている神話を 文章化したのが古事記 口頭で語り継がれ、(越人)ケルト人立証される。
古事記が口頭伝承を文字にしたもの。
稗田阿礼が28歳 ... 太安万侶が序を付ける事を提案。

稗田 阿礼 (ひえだ の あれ)
『古事記』の序文によれば、天武天皇に舎人として仕えており、28歳のとき、記憶力の良さを見込まれて『帝紀』』『旧辞』の誤り伝えられることを憂えた天武天皇は,舎人の阿礼にこれらを「誦習」させた。そのとき阿礼は 28歳,きわめて聡明であった。のち元明天皇の命により,阿礼の誦習するところの『帝紀』『旧辞』を太安麻呂 (おおのやすまろ) が撰録して成ったのが『古事記』だとある。

古事記の編者。奈良時代の文官で、父は壬申の乱で功績のあった多品治(おおのほんち)とされる。1979年1月、奈良市此瀬町の茶畑で墓が見つかり、埋葬されていた墓誌から平城京左京四条四坊に住み、官位は従四位下勲五等、命日は7月6日とわかった。

奈良時代の官人。名は安麻呂とも書く。『古事記』の編纂者。『続日本紀』は養老7(723)年7月7日条に死去を記すが,昭和54(1979)年に奈良市田原町で出土した墓誌には「左京四条四坊従四位下勲五等太朝臣安万侶,癸亥の年七月六日を以て卒す。養老七年十二月十五日乙巳」とある。没日が1日ずれるのは暦の相違によるらしい。12月15日は埋葬月日。父は壬申の乱(672)に功績のあった多品治。『新撰姓氏録』などによれば,太(多)氏の祖は神武天皇の皇子神八井耳命という。

《古事記》編纂に関与した稗田阿礼(ひえだのあれ)はアメノウズメの裔とある。阿礼の素姓を考えるのに参考になる。

ここに天皇詔りたまわく、「朕聞く、諸家のもてる帝紀および本辭、既に正實に違ひ、多く虚僞を加ふと、今の時にあたり、その失を改めずは、いまだ幾年を経ずして、その旨、滅びなむとす。これすなわち邦家の經緯、王化の鴻基なり。故、これ帝紀を撰録し、旧辞を討覈して、偽りを削り、実を定實めて、後の葉に流へむと欲ふ」とのりたまひき。時に舍人、有り。姓は稗田、名は阿禮。年はこれ廿八。人と爲り聰明にして、。目に度れば、口に誦み、耳に拂るれば心に勒す。即ち阿禮に勅語して、帝皇の日繼及び、先代の旧辞を誦に習はしめたまひき。然れども運移り世異りて。未だその事を行ひたまはざりき。

秦氏は、多氏で、
多氏の発生は日本古代におそらく弥生時代に遡る。
弥生時代といえば、夜須の名が発生地で、越人は、この地を、会稽の安邑にちなみ、夜須と名付けた。
安万侶は、“田原本”界隈は、 古代の有力氏族・多氏や鏡作氏の拠点であった。
神武天皇につき従ったのは、出雲と岡山に、足跡を残し、、“田原本”界隈に定着した。

日本古代に活躍した氏族。多は太,大,意富,飫富,於保などとも記す。《古事記》《日本書紀》によれば,神武天皇皇子神八井耳命(かむやいみみのみこと)を祖とする。

『新撰姓氏録』によれば秦の始皇帝の末裔で、応神14年(283年)百済から日本に帰化した弓月君(融通王)が祖とされるが、その氏族伝承は9世紀後半に盛んになったもの。


新羅系渡来氏族。聖徳太子に仕えた秦河勝は新羅仏教系統を信奉していた。

 

白馬三郎埴輪が夜須下高場田久保からも出土していた

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年11月 8日(水)17時34分6秒
編集済
  白馬三郎とは神の名であり、馬の乗り埴輪としても、弥生時代の川辺祭器として用いられている事を解明した。
白馬三郎とは白馬山から名付けて、ビン越王の前202年、無渚が、白馬三郎として、語り継がれている。

白馬で知られる、白馬寺は三角神獣鏡が作られた、場所の事なり。
三角神獣鏡も又神として、ビン越で用いられていた。
白馬三郎(ウガヤフキアエズ)も、川辺祭器として、使われていた事が、夜須中学校遺跡からも、出土していた、馬の乗り埴輪は、夜須下高場田久保からも出土していた。

弥生に文字が、使われていないと、しているのは頭の切り替えが、無くては、真の歴史は、出てこないでしょう。
現に日本初期は、中国、漢の武帝無くしては、語る事は出来ません? ここに邪馬台が、秘められて、いるからです。
文字が無いというのは、頭の切り替え無くしては、出来ないでしょう。

ここに写真の夜須の梶原遺跡出土の時代感である円面硯、の模様を見て? 即座に七世紀と、しているのは、大きな間違いなのです。筑前町文化財課で平成二十九年十一月、八日撮影の硯

只今、照会中 二之宮地内の新幹線線路南側を流れる久保川は、昭和37年、東海道新幹線建設工事の関連工事として線路南側に新たに排水路を掘削した、おり、遺物が出土し、御殿・二之宮地域に弥生時代から奈良・平安時代にかけての大規模な遺跡があることが判明しました。

今回紹介する資料は、浜松市在住の個人の収集家の方が、その当時、御殿・二之宮地内で採集した円面硯 もの https://www.city.iwata.shizuoka.jp/midokoro/bunkazai/tayori/0904.php



朝倉の古代は、紀元前五十年で、終わっていたのです、再度名が出るのは、敏達天皇の五世紀頃に中国の隋の使者が夜須を訪れて、いた頃、万葉時代が知れている。大伴旅人の歌に夜須の野が知れる。

これらの三点が(埴輪、三角縁鏡、硯根象形文字、硯)そろって、出土する夜須の遺跡は、いずれも紀元前百十一年前~五十年前である、岡山を除いて、時代のずれが、五世紀後半から、とは、開きがあるのです。

 

補助整備で、夜須の三地区から、紀元前111~50の川辺祭器埴輪が出土していた事が、児島宮歴史研究室調査で、判り、日本初

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年11月 1日(水)15時07分20秒
編集済
  補助整備で、夜須の三地区から、紀元前111~50の川辺祭器埴輪が出土していた事が、児島宮歴史研究室調査で、判り、
騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪が確認された。

騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪出土は、夜須中学校に在学していた著者、作業時の植木植栽の穴掘り時、出土埴輪である。
騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪出土地点夜須中学校丘から、曾根田川迄の距離は10メートル離れていて、計測に、下高場田久保と上高場犬竹の、堺を流れる長音寺川も、距離は10メートル離れていて、計測される。
この川は二千百十一年の




騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪出土は、夜須中学校丘から、東小田上丘、ナフコ地点に、集結していて、曾根田川の川辺祭祀(華夏人)が見えた。

騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪出土は、夜須中学校、校長、清武氏による、証言を基に、筑前町下高場田久保の、騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪出土、川辺祭祀(華夏人)が補助整備事業で、多数出土していたが、今は失われている。
又、下高場田久保と上高場犬竹丘の、堺を流れる長音寺川、周辺、からも、騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪出土、川辺祭祀(華夏人)の姿が、検出されている。(清武治実氏証言による)
治実氏によると、この地点は赤土であるが、騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪出土地は砂地であった事が、双方の一致が、川辺祭祀(華夏人)と結論出来た。
これらの、騎馬兵埴輪、家埴輪、兵埴輪は赤土が用いられていて、夜須小隈窯で、焼かれた事が判る。
筑前町下高場田屋で出土していた、布江と同時期である。


この研究は、 児島宮歴史研究室により、川辺祭祀(華夏人)の姿が、検出されている。







 

夜須の児島宮とは

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年10月 9日(月)17時57分23秒
編集済
  神様は夜須に、はじまる、つまり降臨地の事です。
宮崎鹿児島が天孫降臨地というのは、間違いなのです、ここでは天孫とは?どういう事かでしょう。
天皇とは、もしかり、解説は、間違いだらけのままです。

邪馬台国ですら、間違っています、
それらには原型が、説明されていないからです、原型とは?
日本ではありません?だとしたら?
ここにすべてが当てはまっては、いませんね。
朝倉が邪馬台国としておられるが、邪馬台国といえば卑弥呼とたいてい、されていますね、ここがそもそもの、間違いです。

ここからは、今までと違った観点から、見て見よう?
邪馬台国といえば卑弥呼は無関係です? 「やまたいこくは、卑弥呼ではなかった」と「児島宮」から、福岡の梓書院から、発行していますので、これらを読むと、いろんな面から考察しています。
それほど邪馬台国は、むずかしいので、ほとんどが間違っているのでしょう?
ここでは、まず、夜須の児島宮とは、の観点から、解説へと進みます。

夜須の児島宮とは、日本の天満宮?とは菅原道真公とは、意味が違い、
日本の天満宮は、大宰府だけでは、無かったのです。
よく間違いが、この辺に出ているようです。
寛延二年の遷座では神社の石碑の中央に、平山大明神と刻まれています、左手の石碑には南無天満大天神とあり、この右横の石碑には坂野明神と刻まれています、ここに、神の原型が、揃っていました。

君が代の歌の中で、君とは神の事でして、世は、さざれ石のとは、この石碑の事をいいます。
それから、さざれ石の巌となりて、ここで巌とは、たちはだかる、という意味です。
それから、こけの生すまあでー、とは、こけの生えるまあで、とある。
でそれはこの石碑に刻まれている文字に、日本の神の原型が、描かれているのです。
グウグルで、旧夜須町、改正後は筑前町、の神社が有り、天満宮と児島宮は同一で、近代遷座されたのが、祭主の系譜の児島宮が聳えています。

ここからは児島宮の神々とは、平山天皇の名、平山大明神と刻まれています。
又、篠隈天満宮には、鳥居に、寄付された方々の、名前が刻まれています。
篠隈天満宮の狛犬が、有り、岡部刑部(秋月藩士)が奉納されていたと刻まれていましたが、盗難にあい、この狛犬の写真の撮影者が、伝えていますが、天皇社の奉納であり、盗んだ者は大それた事と、なってしまったている、ようてす。
狛犬、岡部刑部(小田原北条家臣)奉納 タロウ ジロウ

降臨地が夜須というのは?平山天皇の名、平山大明神(越王丑、ウガヤ)と刻まれています。
この夜須にこそ、越王丑の系統に、繋がっていて、中国の越王勾践、その先は、夏王朝、と、記載されている。この夏王朝の都が会稽の(安邑)に因んで、始まっていました。
日本はこの因んで、出来ている事も解ります。
因んでいるのは?天神と日本でして、
天神とは、夏王朝天神七代の越国の初代でして、名を無予とあります。ウガヤの先祖越王が日本の紀元前の年代にも、なっている、天神との因みしか、天神天皇とは、なる事は、無かったのです。
ここで万葉集にも、神とのちなみが、ある事が判ります、天皇は神にしませば、が、因んでいるのは?天神と日本という。

明治以降の天皇や宮内庁は、神とは天神とも、天皇とは、無関係ですので、間違いのないように。
特に伊勢神宮や出雲神宮とは、神や天皇とは無関係になっています?
日本の神の本社は因がなければ、すべてが間違いです。

ここからは、天満宮と児島宮の因について、系統から、解説していこう。
天満宮とは、宇宙神の因の事でして、
天神とか神としているのは、夏王朝天神七代の越国の初代でして、名を無予に行きつきます。
万葉集にも、神との、ちなみが、日本のすべてに因んでいる事がこれで判りましたね。

ではでして、
天神とか神としているのは、夏王朝天神七代の越国の初代でして、名を無予との因と、最後のビン越王とは、すべて、日本とは、ちなんでいた、事が判ります。何故という方には、これで、判ると思います。

児島宮の絵馬に見る因とは、児島宮のちなみ、は、後白河上皇、の孫の後鳥羽上皇と妻の坊門局の子が、頼任親王(児島宮)に、ちなんで、名付けられました。
篠隈天満宮の絵馬が、(児島宮)に、ちなんで、名付けられました。
中心の絵馬に、天満宮、天神の、因を示す、後鳥羽上皇、承久の城南宮の、児島盛綱参行図が有り、その左には、児島高徳桜に、越王勾践ず、があり、いずれも因となっているようです。

日本の、すべての神社の神は、これら因が、なければ、正しい神社とは、言えないのです。
京都伏見稲荷も、妖狐の因が、あり、神としての、ちなみが、伺えます。

児島高徳姻の近衛中将助安が佐久間孫五郎とも有り、因は間違いありません?佐久間孫五郎姻、や伊達政宗公の因みの正当さが、佐久間不干斎と伊達政宗の文が伺えられます。







 

夜須に礼をつくすという意味、明治以前においては 博多の松囃子が 朝倉夜須村に残る 宮家に参詣していたとする 伝承もあ.る

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 9月 1日(金)19時07分58秒
編集済
  語尾に 「やす」という言葉を使いますがが 宮廷言葉からきたもので
「やす」は 「夜須」が語源だとの事
寂蓮
藤原時代の歌人、中務少輔、僧俊海の子、幼にして才名あり、叔父俊成養つて子とし中務少輔に任ぜられた、俊成の子定家生るゝに及んで避けて僧となり、名を寂蓮と改めた、丹青の技に秀で和歌を善くし世に称せらる、当時僧顕昭また和歌の道で自負する処があり、寂蓮とも交深かつた、顕昭は学識該博であつたが才思乏しく寂蓮は学識は顕昭に及ばなかつたが、和歌は顕昭の上にあつた、顕昭の曰く、和歌は芸に於て至難なものではない、寂蓮の如き学ぼずして猶ほ能くすと、寂蓮の曰く、天下にむつかしいもの和歌の外にはない、顕昭の博学に於てすら猶ほ能くし難いと、顕昭答へることが出来なかつた、建仁二年七月二十日歿す。  (大日本史)http://www.arc.ritsumei.ac.jp/opengadaiwiki/index.php/%E5%AF%82%E8%93%AE

世にこれを夜須礼やすらいという」とあります。 現在の練り行列は、先立・鉾・督殿(リーダー)・小鬼(少年二人)・大鬼(赤毛と黒毛のシャグマをかぶった各二人)・花傘・音頭取り・囃子方の総勢数十人が時代衣装をまとって練り、要所で踊り歌います。歌に「花や咲きたる、やすらえ、花やー」と囃子言葉が入り、やすらい祭の根底には田遊び・田楽がとどめられています。

中世の日本人は「やすらい花」(「安らい」、「夜須礼」とも書かれる)と称する祝い踊りに興じたが、これは現代でも多くの神社で祭礼としてつづいている。

「夜営」やえい
やすらい〔やすらひ〕【安=楽/夜須礼】の意味
やすらい祭にうたわれる歌。また、その囃子詞?(はやしことば)?。

沖縄の歌もやえいで歌われている。
夜営やえい栄えるという意味 うた 七五調 十九の春ラッパ節 歌合い 与論小唄 鹿児島・沖縄特集 - メロデーが変わるYouTube
https://www.youtube.com/watch?v=JzLW4Hah0NE#t=1318.7729607

やすらい‐はな〔やすらひ‐〕【安=楽花】の意味 華夏族によって、夜須は始まっていた。

夜須礼とは - 歴史民俗用語
夜須礼とは?歴史民俗用語。 「 やすらい祭り 」に同じ。 >>『三省堂 大辞林』の表記・記号についての解説を見る.

やすらい祭(やすらいまつり)は、京都市北区で行われる祭の一つである。特に、今宮神社で行われる大祭として知られる。 目次. [非表示]. 1 概要; 2 祭事の流れ; 3 脚注; 4 関連項目; 5 外部リンク. 概要[編集]. 「夜須礼(やすらい)」「鎮花祭」「やすらい花」とも

夜須礼 #鎮花祭 #やすらい花 #花傘 #無病息災 #上賀茂 #京都三大奇祭 #京都

『夜須に礼をつくす』という意味
明治以前においては 博多の松囃子が

朝倉夜須村に残る 宮家に参詣していたとする 伝承もある.
博多松囃子 に よく似ています
やすらい を 「夜須礼」と書くそうです
『夜須に礼をつくす』という意味なのでしょうか
http://hisamitsu.exblog.jp/25115105/

明治以前においては 博多の松囃子が
朝倉夜須村に残る 宮家に参詣していたとする 伝承もあるのです
( 文献として 残っているかどうか 調査中 )
明治以前においては 博多の松囃子が

朝倉夜須村に残る 宮家とは、天皇家の事で、その証拠が、隣りの柴野大徳寺、高東院(近代改名、高桐院)に、南北朝時代の、児島高徳末裔が眠る、意味という、高い東ので、太陽(天皇)で、高東院と、徳川家光の寛永系譜帳の佐久間氏系譜に載せているのが、高桐院ではなく、高東院とされています。
この佐久間不干斎の子孫某、甚九郎正成、と孫九郎と寛永系譜帳に、載せています。

高東院とは天皇宮家であり大徳寺の塔頭高東院(中心)と、昔は、そうなっていたそうです。


児島宮歴史研究室 はい、昭和の始め、福岡県朝倉郡夜須村篠隈の、天孫降臨地、に、博多どんたく隊、おなご衆が、隊の出発点になって、いました。
しゃもじを、踊りながら、鳴らして、いたのを、めずらしいので、その訳は、今まで、判りませんでしたが、ようやく、京都今宮神社のやすらいと、隣りの柴野大徳寺、高東院(近代改名、高桐院)が何故存在、していたのか、その謎が、京都の北に 《今宮神社》ページの説明で、一致したのが、福岡県朝倉郡夜須村(筑前町)篠隈の天孫降臨地、と相対していたので、古代の歴史が、関連している事が、これで判りました。

夏礼=夜須礼
夏礼とは
「礼」とは何

中国では古来から(音楽は夏王朝時代)

夏礼を継承して設礼を作った。

孔子はこう答えられました、
「絵を描くとき最後に胡粉(こふん)で仕上げをする様なものだ。」
「礼とは人間の仕上げの様なものですか?」と問うと、孔子は、
「これは私でも気づかなかった。これからはお前と詩経について語り合う事が出来そうだ。」
と答えられました。http://6302.teacup.com/kodaigiten/bbs/420

夏礼??夏王朝的大法-中国古代法制 - 古?文翻?
夏の儀式は、内容と形の両方から、神を中心にしています。 神の夏の奴隷君主は非常に畏敬の念であり、しばしば大事な儀式を開催し、それが国家であろうと個人的な生活であろうと、ウィザードによって神に「相談する」必要がある。 すべてが天国の名のとおりです。 王位は「運命」として知られる日までに与えられ、「議論する日」と呼ばれる軍事征服は、「日の罰則」として知られる犯罪を処罰する。 夏は典型的な神権法時代です。 https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-CN&u=http://yw.eywedu.com/wenhua/HTML/4702.html&prev=search


「やす」は 「夜須」が語源だとの事

大切な、やすらい、資料を、ありがとうございました。
これで福岡県も、古代の歴史が、よみがえる、でしょう。
不明の邪馬台国がようやく、日の出となったようです。

 

朝倉郡夜須木製工房、惣利遺跡から出土した、ビン越枕

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 8月18日(金)08時52分10秒
編集済
  出土した、ビン越枕

http://www.zwbk.org/MyLemmaShow.aspx?zh=zh-tw&lid=215107

閩越(びんえつ)は、現在の中国福建省に存在した

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%B3%E8%B6%8A

閩越王無諸が城村(現在の福建省武夷山市興田鎮)に築いた王城はこの地域最大の都市となった。
閩越王城遺址博物館坐落在武夷山市興田鎮城村。武夷山閩越王城遺址是中國長江以南保存http://www.hkcd.com/content_p/2013-12/04/content_1658.html
城村,漢城王址,五夫村(南平行3 武夷山市)
https://www.zixundingzhi.com/hanzhao/72129675e713dc03.html

書名 武夷山城村漢城遺址発掘報告 1980-1996
http://chugoku-shoten.com/mokuji/cmokuji/28624/28624.html

朝倉郡夜須木製工房、紀元前111~50年前に行われていた、惣利遺跡の木製加工は、ここから始っていた。
それは、農耕具の数の多さは、夜須の他には、見えない。
日本の文化は夜須から、始まったといえる。

朝倉郡夜須、知らずして、日本の始まりは見えてこない。
 

光武帝から漢の奴国王に下名されたという

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 8月12日(土)20時32分27秒
編集済
  夜須華夏の、九州の奴国から光武帝に、貢献に使いの大夫と、名乗ったとある。
そこで光武帝から漢の奴国王に下名されたという、それは天皇二代の時か。

江戸時代天明年間(天明4年2月23日(1784年4月12日)とする説がある)、水田の耕作中に甚兵衛という地元の百姓が偶然発見したとされる。発見者は秀治・喜平という百姓で、甚兵衛はそのことを那珂郡奉行に提出した人物という説もある。一巨石の下に三石周囲して匣(はこ)の形をした中に存したという。すなわち金印は単に土に埋もれていたのではなく、巨石の下に隠されていた。発見された金印は、郡奉行を介して福岡藩へと渡り、儒学者亀井南冥は『後漢書』に記述のある金印とはこれのことであると同定したという。

なお、糸島市の細石神社には、「漢委奴國王」の金印が宝物として伝わっていたが江戸時代に外部に流出したとの伝承(口伝)がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E5%A7%94%E5%A5%B4%E5%9B%BD%E7%8E%8B%E5%8D%B0

奴国(なこく、なのくに)とは、1世紀から3世紀前半にかけて、『後漢書』「東夷伝」や「魏志倭人伝」にあらわれる倭人の国である。大和時代の儺県(なのあがた)、現在の福岡市付近に存在したと推定される。 概要[編集]. 倭国が後漢と外交交渉をもったのは、以下の史料が示すように倭奴国王が後漢の光武帝に朝貢したのが始まりである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B4%E5%9B%BD

建武中元二年(57年)、倭奴国は貢物を奉じて朝賀した。使人は自ら大夫と称した。倭国の極南界なり。光武は印綬を賜った。また、安帝の永初元年(107年)に倭国王は帥升らに奴隷百六十人を献上させ、朝見を請い願った(後漢書東夷伝による)
 

平成二十九年

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 8月 9日(水)14時31分22秒
   古元尊(こがんそん)墓地 納骨堂、からのお知らせ

コガンソンは黒田長政公により、佐久間甚九郎正成(不干斎長男)が天皇祖ウガヤ、ふきあえず、末裔に習い、平山と改め、この地へ移って来ました。
これにより、夜須村の四区の隅を、頂き、四熊と、なりました。篠隈由来

平山代々の墓地として、こがんそんの名は、天皇形跡として、
(児島、佐久間、平山、皇孫)初代佐久間甚九郎正成が、古元尊(こがんそん)と、名付けた。

篠隈世帯数 名主平山、小作人,十八家の、四熊の宮地、墓地は、コガンソン、

平山家墓地の他、夜須の里公園前墓地、各家墓地が各所に点在していました。
現納骨堂は、(児島、佐久間、平山、皇孫)の墓所の墓石を、納骨堂下に埋葬し、平山十代、甚九郎文八、により、篠隈中から、納骨堂建立の加入者を、募集、
、昭和三十四年、、篠隈納骨堂建立に至り、五十八年経過に至りました、が、数十年を経過し、五十件から、三十件に、減り、篠隈の古住人は、移動し、平山代々の墓地として、こがんそんの名の、天皇形跡を、守る意味からも、八月吉日を、もって、新たな加入者は廃止しますので、御心おき下さい。

平成二十九年八月、六日

          墓地守人代表、平山十二代 平山甚九郎
 

税田酒蔵、泉屋の、古本帳が、夜須篠隈某姒の祖祖父に、託されていた事により、立証となった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 7月13日(木)19時17分25秒
編集済
  日の丸は夜須篠隈某姒の祖祖父が創案同夜須中津屋の田代紺屋で染め上げ、出来ていた事が判明した

  日の丸旗は夜須篠隈某姒の祖祖父が創案同夜須中津屋の田代紺屋で染め上げられ、出来ていた、税田酒蔵、泉屋の、古本帳が、夜須篠隈某姒の祖祖父に、託されていた事により、立証となった。

これまで、祖祖父と税田酒蔵、泉屋の、関係は、税田酒蔵、泉屋の、古本帳があるだけで、いずれも、お付き合い、で、しかなかった。
税田氏のお話しでは、和本は税田酒蔵内に、寺子屋が、あったので、この和本は算術本である事が判った。

泉屋の今は、建物だけが当時を、しのばせているが、元、税田酒蔵の、知人の誘いで、元、酒蔵の後、コーヒ喫茶を営んで、おられる、ご主人と、会話に話がはずんでいる、間、元の二階に、案内されていて、真ん前の空き地、の話になり、税田氏は、この地は、田代紺屋か、昔にあって、、
田代紺屋「こうやさん」の名で、地元では知られていたという、お話しで、その屋号から、こうやが判明した。
その時、はっと、記憶の中に、日の丸国旗を染めたという、紺屋が、山家には、いくら探しても、古くからの住民は、なしのつぶて、であったので、
現実は、祖父の蔵の中から、出てきていた、元税田酒蔵泉屋の、墨書きを、思い出した。
ここに、元、税田酒蔵泉屋の不明だった、田代紺屋の接点、存在が、つながった。

夜須篠隈某姒の祖について、述べる、慶長二年、に、京柴野より、今の松延に移った、佐久間不干斎の男の次男は、助九郎長興といい、黒田長政公の養子となり、秋月藩の祖となっていた。
家臣の多くは武田家臣や小田原北条の臣下、や赤松家臣の、宮本無二齊(武蔵の父)などの名がある。
そして家老は、田代家老に、なり、岩佐又兵衛の妹二人が、田代家老に、預けられている。

夜須篠隈某姒に関わる、鎧に、ちりばめられていた、模様が、物語っていた。
つながり無くしては、日の丸は、孝明天皇の基には届かない、で、あろう。
孝明天皇は夜須篠隈某姒の繋がりがあり、孝明天皇は鷹司関白家養子に、居られた御方で、夜須篠隈某姒の祖、児島宮頼任親王の息が、東寺長者道乗で高野山も、大僧正を兼ねて、おられました。

東寺長者道乗は藤原関白良実の息に、ゐられていた。
これにより、夜須篠隈某姒の日の丸が田代紺屋で染められ、届けられたと、なっていた。

又日の丸の由来は、孝明天皇が日章旗に、されたのであるが、嘘の由来も出回っている。
現在の国旗は、明治3年(1870年)明治政府が太政官布告で『国旗日の丸』と制定したのが現在の日の丸とか、捏造が出ている。筑前茜染保存会〒820-0711 飯塚市山口242-1
飯塚市筑穂庁舎   筑前茜染保存会〒820-0711 飯塚市山口242-1. TEL 0948-72-0080

近年日の丸が太陽として、日本の神八尾の代名詞として、発言しているのは、児島宮考古学研究室 の外は誰もいないのに、幕末に日の丸が太陽として、日本の神として、いるのは、一人もいない。

これが出来ていたのは、児島宮於いて、他には、おりません。
日の丸が太陽として、日本の神としているのは、筑紫夜須の、姒児島宮だけである。

写真 酒蔵の後、コーヒ喫茶の屋根裏の棟札 提供税田氏

写真  算術の本 寺子屋用 税田泉屋 平山児島宮

税田酒蔵、泉屋には、三条実美・東久世通禧・三条西季知・壬生基修・四条隆謌の五卿がが、訪れていたという。税田氏のお話し

官位を剥奪され、都を追われた尊皇攘夷派公家の三条実美は、時に二七歳、権中納言従三位でした。
西郷隆盛、坂本龍馬、高杉晋作、伊藤博文ら勤皇派の志士たちが去来して、謀議を重ねる。
龍馬、この時、二九歳です。
五卿の大宰府滞在は、おおよそ三ヶ年でした。

慶応元年(1865年)http://ryomado.in.coocan.jp/Nakashin/NSchrono/nashi_chrono01-02.html

四日 泉屋にて内田仲之助らに会う
六日 多田壮蔵の訪問をうけ泉屋にて面談
九日 泉屋にて諸藩の人々と面談、別れにさいし筑薩肥後酒を酌む

多田壮蔵筑紫衛らと面談 六日 馬を内田仲之助に貸し徒歩にて帰る 同日 多田壮蔵の訪問をうけ泉屋にて面談 七日 多田壮蔵池田某らより御馳走をうける 同日 三条実美に拝謁し、多田壮蔵と博多へむかう 八日 馬術場を拝見し、剣術修行に励んだ。


 

フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けたもの

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 6月17日(土)15時04分59秒
編集済
  清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)とあり、清水寺と佐久間不寒(不干斎)との関係が見えていた。
清水寺にあったフクロウを彫った宝筐印塔の塔身は、千利休の手に渡って新たに水穴が掘られ、不審庵の手水鉢とされたことが明確になり ... フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けたものである。

佐久間不寒(不干斎)は、フクロウの手水鉢を知っていた、家光から任されていた清水寺修理。

寛永6年(1629)、9月10日の大火災によって建物のほとんどが全焼したものの、徳川家光の寄進によって、わずか数年のうちに再建された清水寺。

寛永期の再建に修理を重ねてきたもので、すでに400年近い長い時間、

佐久間不寒(不干斎)は茶に、列した少庵は見知りであった。
このフクロウの手水鉢と相関している、中国古代の世界観・政治思想の一。人間の行為や政事(人事)と自然現象(天事)との間には密接な関係があるとする説。あらゆる事象に天と人との相関関係を説き、特に漢代において支配的な政治思想として機能した。

自然現象 (天) との間に対応関係があり,人間の行為の善悪が自然界の異変 (吉祥や災異) を呼起す,という思想。フクロウの手水鉢 http://8244.teacup.com/fusyu/bbs
一定の形式がある
日本人の伝統精神を語るとき、日本人の形式(様式)と共通する。
日本人は「気づくだけ」でもっと幸せになる
語源を知るフクロウの手水鉢
形・性質などが写したようによく似ていること。

http://6245.teacup.com/kojimakousi/bbs  フクロウの手水鉢を知る事ができる。
日本の先祖はここから、受け継いでいた。
発生起源を異にするが,同じ機能をもつために似た形態をもつようになった場合の相互の関係。http://6245.teacup.com/kojimakousi/bbs

「開山堂」(田村堂)

堂内には坂上田村麻呂とその妻の像が祀られています。
児島宮にも坂野明神が祀られています。相似

フクロウの手水鉢は佐久間不寒(不干斎)相関を表していた事。
そういえば、岡山の熊野神宮も、天皇と相関を表していた。
いろいろ解明された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E9%87%8E%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E5%80%89%E6%95%B7%E5%B8%82%E6%9E%97)




 

華夏人のフクロウ、古代メソポタミアの「目の女神」女神の組み合わせ九

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 5月30日(火)12時26分1秒
編集済
  華夏人のフクロウ、古代メソポタミアの「目の女神」女神に捧げられた鳥であった。

フクロウは海の三女神と言われた。夜須古事記 宗像 宇佐にみれる。
太女神は概念的には三相一体
三相一体(女神だけから成る場合、男神だけの場合、両者の混合の場合を問わず)の原型であった。三つの面を持つ太女神を崇拝した
女神は、子ども-花嫁-寡婦として崇拝された。
三相一体の女神は天、地、冥界をそれぞれ処女、母、老婆(またはヘルHel、または冥界の女王)として支配した。
女性の三相一体は結婚と関連がある。九州の九

三相にして一体なりという概念を生みだした。古代メソポタミアの「目」

農耕民族は、ウバイド人と呼ばれ、その後、千年以上もそこに住み着き、泥でレンガをつくって街や神殿をつくり、その後のメソポタミア文明の基礎をつくることになった民族。


千少庵(せんのしょうあん、せんしょうあん、天文15年(1546年) - 慶長19年9月7日(1614年10月10日))は茶人。千利休の養子にして女婿。千宗旦の父。
母宗恩が利休の後妻に入ったため、利休の養子となった。義兄の道安とは同い年にあたる。先天的に片足に障害を持っており、相続関係の資料から千家内での立場が弱かった事実も確認されている。妻は利休の娘お亀(おちょうとも)で、二人の間には嗣子宗旦が生まれている。

清水寺にあったフクロウを彫った宝筐印塔の塔身は、千利休の手に渡って新たに水穴が掘られ、不審庵の手水鉢とされたことが明確になり ... フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けたものである。
佐久間信盛は、織田信長に30年余を仕え、宿老と呼ばれました。http://www.vill.totsukawa.lg.jp/www/contents/1109231086703/

ここにフクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)とあり、清水寺と佐久間不寒(不干斎)との関係が見えていた。
児島宮には坂野明神があり〈坂野上田村麻呂と清水寺との関係)が見える。桓武天皇

坂上田村麻呂の娘の春子は、桓武天皇の妃として葛井親王を産み、その血筋は清和源氏とその分流へ受け継がれていった。
平安時代、811年、5月23日、坂上田村麻呂は粟田の別業(東山区粟田口)で亡くなる。5月27日、第52代・嵯峨天皇は、栗栖野山城国宇治郡栗栖野村(馬背坂)に3町の地を与え墓地とした ... 娘・春子は桓武天皇の後宮に入り、葛井親王を産んだ。
その血筋は清和源氏とその分流へ受け継がれていった。
そのため源頼光や牛若丸の祖先の一人となる。

佐久間不干斎も源頼光血筋、柴田勝政の後、勝重の 妻の娘であった。児島宮の女妻血筋である。

柴田勝重生没年:1579-1632父:越前勝山城主 柴田勝政三左衛門、権六郎1600 関ヶ原の戦い妻:(父:日根野吉時)妻:(父:織田左衛門佐長政)1612-1682 勝興妻:(父:信濃長沼藩初代藩主 佐久間勝之)会田行重三浦信勝(義父:三浦正勝)

女:瀧澤氏-1671 勝平1623-1693 勝昌娘(佐久間甚九郎某妻)娘(奥山治右衛門重次妻)娘(飯高七兵衛貞勝妻)



柴田勝重正室:( ... 女:瀧澤氏: -1671 勝平: 1623-1693 勝昌: 娘(佐久間甚九郎某妻): 娘(奥山治右衛門重次妻): 娘(飯高七兵衛貞勝妻).


通称は甚九郎、国司を自称し、剃髪後は不干斎と号した。は、千利休の手に渡って新たに水穴が掘られ、不審庵の手水鉢とされたことが明確になり ... フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けたものである。

佐久間不干斎は織田信長の臣。信盛の子。 浪人の後高野山いて、後に秀吉に大坂城でつかえ ました。

天王寺には佐久間父子・・・・・・・』〈甫庵信長記〉 不干斎。元織田信長家臣で信盛の子。通称甚九郎、諱は信栄とも。天正六年には信長のために茶会を催す

千家名物, 上田宗五所持, 不干斎, 共筒茶杓, 了音了意極.



 
 

「フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けたものである

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 5月28日(日)18時06分7秒
編集済
  「フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けた、とここに、
佐久間不干斎と清水寺の関係が、ある事が判る記実が見える。

清水寺の伝承とは、知られていない日本の一場面が、清水寺のフクロウの手水鉢に見えている。佐久間不寒(不干斎)には八千年の歴史が秘められて、いる。それがフクロウで、又天王を、表している。
フクロウは鷹のように猛禽動物とされている。

猛禽動物は神の守護とも伝わっている。夜の番人でも、あるという。
佐久間不寒(不干斎)には天皇が潜んでいた。
佐久間父子にも、共に鳳凰が、潜んでいた。

昔、神様に使える動物は『神使』(しんし)と呼ばれ、神様の気持ちを代行していたといわれています。
フクロウは夜の秘密を語ってくれる鳥であった
フクロウは、古代メソポタミアの「目の女神」のギリシア版である女神アテーナーに捧げられた鳥だと言った

フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けたものである。

多聞院日記』三〕 9月25日 佐久間信盛(「夢斎定盛」)・佐久間信栄(「不干斎定栄」)、紀伊国高野山金剛峰寺小坂坊に対して

佐久間 信栄(さくま のぶひで)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。佐久間信盛の長男。剃髪後は不干斎と号した。諱は正勝(まさかつ)とも伝えられるが、信頼できる史料は信栄としている。

坂上田村麻呂を檀那(施主となる信者)として建立された清水寺の由来。

寛永6年(1629)、9月10日の大火災によって建物のほとんどが全焼したものの、徳川家光の寄進によって、わずか数年のうちに再建された清水寺。
再建年. 1632年(寛永9年/江戸時代初頭)

清水寺の境内にて今現在見ることのできるお堂など、1629年(寛永6年)に再建された建屋ということとなります。






 

佐久間不干斎からの伝聞

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 5月 3日(水)20時51分10秒
編集済
  佐久間不干斎は織田信長の臣。信盛の子。母は道真末裔本家の前田種利女。

今井宗久を招いて正勝(不干斎)が茶会を催している
佐久間不干斎からの伝聞

「名物一つあれば茶の湯はできる」

茶道は今とは、違う?
茶の古典とは「みいだす」、こと。
めきき、一つあれば茶の湯はできる。

書画骨董も同じ。
秘蔵申すと咄有之。
「扨々見事」
吉も悪も能存候間
名ヲ人生と付ケシナリ。人生七十古来マレナリト云。

茶道は故一器一回を宗とす。
お香も、故一器一回を宗とす。
松屋久重編の「茶道四祖伝書」では佐久間不干斎からの伝聞として「織部は初めは茶の湯が大嫌いであったが、中川清秀にそそのかされて上々の数寄者になった」と記されている。

ここに、佐久間父子によって、茶道は開かれていた。

名物がなければ、茶道は、できなかったとある。

茶人と呼ばれる人には自分なりの主張を持った、一本筋が通った人が多い。

「一つの試み」

やはり道具が、数寄の基本。

今の茶道は、数寄(茶の湯)では無い。

ここみ、として、
モノを粗末にしない。可能性にいどむ。
今忘れている大切な要素、道で、学問ではありません。

なので、佐久間不干斎は、祭、や甚句や相撲、歌舞伎出雲のお国、お伽話し、が排出しています。
なんかもう現存しないモノについては、真偽はさておきとりあえず一覧。
侘て面白とて。

故に文明を周知していないと、何も出来ないとある。

「フクロウの手水鉢」は、清水寺修理のとき、佐久間不寒(不干斎)に、少庵が頼んで貰い受けたものである。

茶会の亭主または客と し、 客一亭主とい. う関係を辺とするネッ .... (不干斎)8 会、 松井友閑 フ会と圧倒的に武家. が多い。

不干斎と号して大和国十津川に隠遁していたが天正9年(1581)の信盛の死後に許され、信長の嫡子・信忠に付された。 のち織田信雄に仕え、天正12年(1584)の小牧・長久手の合戦で羽柴秀吉方の滝川一益と戦った。 信雄の没落後は秀吉に仕えて御咄衆 ...

江戸前期の武将。信盛の子。初名は信栄。のち正勝、通称は甚九郎、号に松泉庵・宗岩・不干斎。茶を千利休に学び、茶会を開いて堺衆らと交歓した。

茶会を開いて堺衆らと交歓した。



 

「佐久間肩衝」佐久間甚九郎不干斎

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 4月 6日(木)19時19分27秒
編集済
  『松屋日記』に「種村肩衝近江の種村殿所持候故也」とあります。のち佐久間不干斎を経て木下宮内少輔に入り、木下肩衝といわれました。さらに堺の町人のもとに移りましたが、狩野探幽か大金を出して購入。

種村肩衝茶入 大名物 種村刑部少輔、佐久間不干斎、狩野探幽、松平不昧伝来

『天王寺屋会記』にある兵部の茶会は、
天正8年(1580年)1月14日夜に信長の安土城下で行われているようです。
これは、津田宗及や、信長の家臣・佐久間甚九郎(不干斎)を招いた会だとか。

佐久間不干斎-その人はかつての織田家重臣佐久間盛信の嫡子甚九郎信栄その人である。

佐久間甚九郎 御茶上申し、終日の会なり。 同三日に帰洛の翌(つぎ)の夜話に、信長公曰いけるは、 甚九郎数寄

信雄が改易されると茶人として豊臣秀吉に召抱えられ、大坂の陣後は徳川秀忠に御咄衆として武蔵国児玉郡、横見郡に3,000石を与えられた。

文禄二年(一五九三)正月一九日のこと。

(略)

朝鮮の役のために肥前名護屋城に在陣していた佐久間不干斎が仮仕立ての床無し四畳を建て、博多の豪商神屋宗堪一人を招いて、(略)懐石が出されたあと、不干斎の後炭点前を拝見する。

種々の道具を記したあと宗堪は

一スミトリ ヘウタン ツイ朱ノ香合

ホリモノアリ、スミノ上ニツキテ

と書いた。http://d.hatena.ne.jp/plusminusx3/20150118/1421548828

「茶道四祖伝書」では佐久間不干斎からの伝聞として「織部は初めは茶の湯が大嫌いであったが、中川清秀にそそのかされて上々の数寄者になった」と記されている。

不干斎(佐久間正勝)は、信長から父親と共に追放される程の茶の湯好きだったそうです。

佐久間不干斎ハビアンと熱田神宮の千秋家吉田兼倶のひ孫、清原枝範女イトの関係が出ている。 1606年 ... 武蔵も光悦と妙秀尼に接する事により茶の湯の心のやさしさと厳しさの中にも奥行の深さを知り心がなごみました。

利休流の台子の茶の湯の作法を秀吉に(佐久間不干斎)明(分ニ不干を我等に同道つかまつるべきの由、御読ニ候。
4日朝織田有楽斎・佐久間不干斎、芝山監物、住吉屋宗無。

佐久間不干斎が一休宗純の筆による軸を監物に贈与しました。

名器の茶入れ「雲山肩衝」(うんざんかたつき)金森重頼は、京極丹後守高広に金三千で譲り、そのお金で米を買い、農民たちを救済したと郷土館発行の「金森史」と云う本には書かれております。この茶入、高さ三寸、胴径二寸六分、口径一寸五分、底径一寸六分で、相当大振りでした。「この茶入は、もと足利義政所持の、いわゆる東山名物でしたがのち豊臣秀吉にわたり、さらに
佐久間不干斎(ふかんさい)を経て堺の茶人、某の手に入りました。

紹鷗が花入の耳を打ちかこうとした話 ある日のこと。 宗能の茶会に、紹鷗、利休、佐久間不干斎、宗也が招かれた。

ハビアンは天草コレジオで日本語教師を務め、同学院出版『平家物語』の編者として序文を書き、巻末に「不干斎巴鼻庵」と記した。

 

ハビアン 事、佐久間甚九郎不干斎

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 4月 4日(火)16時03分19秒
編集済
  ハビアンこと、 佐久間甚九郎不干斎といい、父は佐久間信盛、母は前田種利の女という。

夜須の児島宮の甚九郎正成の父がハビアンこと、 佐久間甚九郎不干斎である。
佐久間甚九郎不干斎の遠祖は、坂本龍馬の愛知の西、広瀬城と、東広瀬城を創建した、児島高徳である。
児島高徳は、岡山の日蓮宗の寺社を各地に、創建した事でも、知られ、る。それは、高徳の母里の児島範長(児島姓開祖は、藤原関白の娘に養子となった、後鳥羽上皇の臣下、佐々木、盛綱が、藤原、児島盛宗の、児島姓となり、岡山と関係があった事が、知られる。宇都宮氏の初代当主、藤原宇都宮宗円、藤原宗綱(八田)ー児島盛宗ー佐々木、児島盛綱

宗円(そうえん)はこの藤原兼家の次男,藤原道兼(みちかね)の孫,藤原兼房(かねふさ)の次男と言われています。 ... 宗円はこの後,日光山輪王寺(にっこうさんりんのうじ)の住職(じゅうしょく)や宇都宮の寺社寺院(じしゃじいん)をとりしきった。
藤原宗円は、一条天皇の摂政、藤原兼家の次男と言われています。日光山輪王寺の座主や宇都宮の神社寺院をとりしきり、その勢力は下野国だけでなく常陸国まで及んだと言います。しかし歴史的な記述に乏しく、その存在を疑問視する研究者もいるようです。



又、児島高徳、は、後鳥羽上皇の子、頼任親王(児島宮)の宗家をついでいて、東寺長者道乗の後を継いだ、頼宴僧正の、子として生まれた。
名古屋の熱田神社神官、熱田大宮司、千秋持季との遠戚は、児島高徳胤、室町時代、佐久間孫五郎助安事(近衛中将助安の事)で地元では京都から、やってきた公家、で知られる。名古屋教育委員会
http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/734

〈天莫空勾践,時非無范蠡〉児島高徳  岡山県神社庁
元弘のむかし、第96代後醍醐天皇が時の執権北条高時のために隠岐に流される途中、この館にお泊まりになった。 ... ていた桜の幹を削り、「天莫空勾践時非無范蠡(天勾践を空しうするなかれ、時に范蠡なきにしもあらず)」と10字の詩を書いて立ち去った。

ハビアン 子, 孫九郎、甚九郎、織田貞置正室、 佐久間信勝室、安見元勝室、ほか4女養子:信実、信勝、信重. 佐久間 信栄(さくま のぶひで)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。佐久間信盛の長男。剃髪後は不干斎と号した。諱は正勝(まさかつ) ... 同じく不干斎を称した不干斎ハビアンとは関係ない。 『寛政重修諸家譜』では正勝

ハビアン不干斎(佐久間信盛長男甚九郎正勝1565愛知豊田末森生まれ)信長、秀吉、家康、秀忠、家光に仕えた。 織田信雄の息定置室に佐久間甚九郎信栄(ハビアン)のが嫁している。

天草版平家物語を著したハビアンはその後、「妙貞問答」という教理書を執筆します。
口之津会議に最年少で参加したり、説教師・論客として、イエズス会からも将来を嘱望されていたことがわかります。

慶長11年(1606)徳川幕府おかかえの儒学者・林羅山は不干斎ふかんさいハビアンとともに地球の絵を見ながら話したとき、ついに地球が球体であることを認めようとしなかった。
修道女の駆け落ちを経て、棄教。 弾圧者としての道を歩む事となる。

『天草本平家物語』http://www2s.biglobe.ne.jp/~Taiju/am_heike.htm#1_01

ハビアンと清原マリアは、天草に渡り、豊臣秀吉の肥前名護屋城の茶会の(不干斎)席にも、見えている。 .... 編者ハビアンは慧春、巴鼻庵、不干、恵俊、恵春、梅庵、Fucan Fabianとも称され、文章がロ語体で検校が二人問答体となっております。

正勝、通称は甚九郎、号に松泉庵・宗岩・不干斎。茶を利休に学び、茶会を開いて堺衆らと交歓した。

瀧澤氏女 1623-1693 勝昌妻


柴田勝重の女 生没 ...http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/469

柴田勝重 生没年:1579-1632 父:越前勝山城主 柴田勝政
妻:(父:佐久間大膳亮勝之)


女:瀧澤氏
1623-1693 勝昌
娘(佐久間甚九郎某妻)
娘(奥山治右衛門重次妻)
娘(飯高七兵衛貞勝妻)

1623-1693 佐久間勝昌 娘(佐久間甚九郎某妻)

名古屋市昭和区御器所にある佐久間氏の氏神であった御器所八幡宮(当時は御器所八所大明神)に二枚の古い棟札が残っています。その内の一枚は、嘉吉元年(1441)奉造立檀那佐久間美作守の銘があります。もう一枚は、永禄七年(1564)奉修理佐久間美作守家勝同右衛門尉信盛の銘があります。

これらの棟札は名古屋市重要文化財に指定され、熱田神宮宝物館に保管されています。
佐久間氏の菩提寺が名古屋市営地下鉄・鶴舞線の荒畑駅前にあります。その龍興寺(りょうこうじ)にはやはり佐久間氏所縁の物が残っております。

それは文安三年(1446)に書かれた佐久間助安を民部丞にとの足利幕府への吹挙状(すいこじょう)ですが、吹挙者はその花押より熱田大宮司であった千秋持季だと言われています。
http://ameblo.jp/9zaemonn/entry-10681734196.html

掛軸は、1623-1693 勝昌娘(佐久間甚九郎某妻)
娘(奥山治右衛門重次妻)
娘(飯高七兵衛貞勝妻)
佐久間 勝政 (さくま かつまさ) 1556~1583 三左衛門。佐久間盛次の子で、佐久間盛政の弟。兄と共に柴田勝家に従い、 加賀の一向一揆平定に功あり ..

柴田 勝政(しばた かつまさ、弘治3年(1557年) - 天正11年(1583年)4月21日?)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。佐久間盛次の三男(または次男)。母は柴田勝家の姉(または妹)。

柴田勝政女(堀田武助妻)

柴田勝家が同じ養子の柴田勝政を優遇して自分を冷遇することと、従兄にあたる佐久間盛政と仲が悪い
柴田勝重(しばた-かつしげ)は、越前の勝山城主・柴田勝政の子として1579年に生まれた。
母は諏訪の高島城主として38000石にもなった日根野高吉の妹。(美濃・本田城主である日根野弘就の娘). 父・柴田勝政は犬山城主・佐久間盛次(佐久間信盛は従兄弟) ...

柴田勝政 (1556~1583*)佐久間勝政・三左衛門・勝成・(勝安)・実政。柴田勝家の一門衆。父は佐久間盛次。母は柴田勝家の妹。佐久間盛政の弟。勝家の養子。日根野高吉の娘婿。弟に勝之。1580年3月「加賀侵攻」に先陣を務める。

柴田勝重
生没年:1579-1632
父:越前勝山城主 柴田勝政
三左衛門、権六郎
1600 関ヶ原の戦い
妻:(父:日根野吉時)
妻:(父:織田左衛門佐長政)
1612-1682
勝興妻:(父:信濃長沼藩初代藩主 佐久間勝之)
会田行重
三浦信勝(義父:三浦正勝)

女:瀧澤氏
-1671 勝平
1623-1693 勝昌
娘(佐久間甚九郎某妻)
娘(奥山治右衛門重次妻)
娘(飯高七兵衛貞勝妻)

佐久間盛通の娘が信晴の室に入る。
これにより、盛重とは従兄弟となる。
關鍵點在於佐久間信晴到底是盛重的子女還是兄弟?

書中出現的三個佐久間
: : 信盛:被放逐的那一個
: : 大學:掛在完根城那一個
: : 盛政:跟著柴田的那一個



  ┌信晴─信盛─信榮─信實
盛通┤     ┌盛政
  │     ├安政
  └盛重─盛次┼勝政
        └勝之


柴田勝昌の娘(母は滝沢女)佐久間甚九郎信栄の室となる。
滝沢祖は、清和源氏源満仲ー頼光

おのりゅう【小野流】








?仏? 東密二流の一。平安初期の聖宝を祖とし,仁海が広めた。流派名は,仁海が京都の小野に曼荼羅(まんだら)寺を建立したことによる。次第に六流に分派し,さらに二六流に分化した。 → 広沢流




「 小野派一刀流 」に同じ。
「沢」のつく名字の由来 - 民俗学の広場
藤原北家_秀郷流、小野姓横山党などにみられる。 # 四国を除いて ... 相模の古沢氏は相模国愛甲郡古沢(神奈川県)をルーツとし藤原北家_秀郷流。 ... 長野県の滝沢家: 信濃国安曇郡滝沢(長野県池田町)をルーツとし、清和源氏の源頼政の子孫といわれる。

清和源氏武田氏流滝沢 (由利)氏 清和源氏打越氏 小笠原氏流仁賀保氏 小笠原氏流矢島 ... 金 氏 安倍倉橋麻呂後裔小松黒沢氏 安倍氏流鬼柳氏 武蔵七党小野流

宮沢、柳沢、滝沢などは、武田源氏流のようだ。 ... 筆者の友人にも武田系の鎌倉氏という武田流もいます。


 

邪馬台国がわかるには、武帝の漢三軍の時期の日本の繋がり

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 3月25日(土)12時59分25秒
  楽浪郡といえば、紀元前百十一年前の、ビン越が、大海の島?、九州島である。
九州島とは、九つに分けて、治めた、ビン越王、名を丑といい,スサノオでも、「記紀」に記している。
天武の時代に描かれて書物しか、何も知るすべてが、無かったのか?
児島宮歴研会しか解らない、日本の歴史は、是しかない?
それは天皇、の父とは?勿論、神武の父で、しかない。
ビン越王、名を丑といい,、日本の始まりである。
ビン越王、名を丑を検索して見よう。

すると書かれているのが、ビン越王、名を丑が、漢の武帝により、福建省の城村に、攻め込んで、そこから、移動させた、が、忽然と、その地から十万人が、居なくなったと、記録している。
中国の歴史に、日本の、タイコクが、読み取れる。

児島宮歴研会の解説
九州島とは?又の名を筑紫島とも、描かれてある、今の福岡県の、筑紫の事である。
このちくしに、筑紫とも、福建省の城村では、竹枝とか扶桑とかで、呼ばれている。「福建省の鳥語」である。

これだけでは、意味が、分からないで、あろうから、読み解くには、福建省の城村の言語について、解説する。
「福建省の鳥語」

ビン越をネット検索して見る。これがわからなくては、日本の事ビン越は、何もわかりません。
なので、
ビン越王、名を丑から、調べて見ると、先祖について、ネットに詳しく書いて、いるので、読んで見る。

解かったら、
ビン越王の先祖は、中国祖の夏王朝という。
次に、夏王朝のことを?天神といい、天神七代のむよ、無予が、越国を、開いた、始めた。
日本とのつながりは、この、天神七代の、むよが、日本の紀元前の、始まりとなっています。
日本では他に誰も知らないでしょう。
児島宮が日本の平山天皇の、つながりに、なっているからです。

ここからは、邪馬台と児島宮の関係について、その前に、天神七代の後胤、武夷丑王が、ウガヤの別名となっている。武夷丑王の先祖が、中国春秋時代の、越国と呉国の越王勾践と夫差王の、争いを、
児島宮先祖の児島高徳が「太平記」の中に取り上げているので、見てみよう。

まだ他に、『記紀』よりも、していた事を児島宮歴研会によって、解明しました。「記紀」前に、武夷丑王が、ウガヤについて記録、が、見つかりましたので、
日本の歴史の真実がここに、記録されていました。
飛鳥時代の記録によると、
敏達天皇は勿論平山とあり、舒明も平山祖とあります。
隋の陽明帝に、聖徳太子が小野の妹子に、書簡を託し、遣唐使とした記録があります。
隋の陽明帝は日本に使いを派遣し、福岡県筑紫夜須に、入り、この地は、華夏人の国台、と記録しています。
華夏人とは? 中国祖の夏王朝也。
ここが筑紫の、始まりとしていた。

飛鳥時代よりも前に、夜須に、巡回した、卑弥呼事神功皇后が、宮殿は何処にあるのか?と尋ねたのが、華夏人の領地と、なっていたから、
神功皇后が領地を巡回していた時に、山家の付近で、馬に乘って、突然の突風で、かぶっていた笠が、飛んでしまったから、この地を三笠と名付けたとある、二百年頃であった。
弟は武内宿祢、が神功皇后の世話をしていた。
中国では、武夷丑王の「福建省の鳥語」がある。
夜須三輪には神功皇后ゆかりの地で知られる。
オオナムチとは周の、信仰で、玉依姫の燕国内に、楚人が始皇帝から、害を逃れて燕国内に移り、さらに漢の武帝時から難を避け、末裔が、夜須に移っていたのに始まる。和人の甕棺埋葬が知られる。

神功皇后(じんぐうこうごう、成務天皇40年 - 神功皇后69年4月17日)は、仲哀天皇の皇后。『日本書紀』では気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)・『古事記』では息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)

本最古の史書、記紀(古事記と日本書紀)には著名なヒロインが登場する。皇子を身ごもりながら兵を率いて外征した神功(じんぐう)皇后(日本書紀によると170~269年)。

 

黄河文明期の中国に現れている甕棺墓

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 3月20日(月)19時21分35秒
編集済
  紀元前1000年ごろから南インド全体に存在し、タミル・ナードゥ州南端付近のアーディチャナルールには、何万もの甕棺があります。http://blog.livedoor.jp/hideki4612/archives/1059998993.html
インド共和国の東部にある州の一つ。同国の最南部の東側に位置し、主にタミル語が話されている地域を含む州である


河北省で110以上の甕棺墓見つかる―中国. 河北省の郛堤城遺跡付近で、今年5月に初めて甕棺が埋葬された甕棺墓が見つかった。
河北省黄カ市の郛堤城遺跡付近で初めて甕棺墓が見つかり、数カ月の発掘作業で計113基の甕棺墓が発掘された。http://japanese.china.org.cn/travel/txt/2016-10/11/content_39464386.htm


峯遺跡十号甕棺出土品(みねいせきじゅうごうかめかんしゅつどひん)
 

夜須、焼の峠古墳、七板、峰遺跡、三輪栗田から出土した土器が一致して、丹塗り祭祀土器から、四世紀、説が、もっと古く、紀元前百年遡る

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 3月20日(月)17時15分33秒
編集済
  夜須、焼の峠古墳、七板、峰遺跡、三輪栗田から出土した土器が一致して、丹塗り祭祀土器から、四世紀、説が、もっと古く、紀元前百年、遡ると、児島宮歴史研究室が、発表。

考古学教授の知識不足が、この丹塗り祭祀土器の置かれている、埋葬祭祀に、同期の二つの、埋葬に見える、前方後円墳と甕棺埋葬の、丹塗り祭祀土器の一致にある。
夜須三輪地方には、共に、越族と周族が、住んでいたのが、この二つの、前方後円墳と甕棺埋葬の、丹塗り祭祀土器の一致にある。

知識のない、考古学協会では、日本人は朝鮮族の渡来とした誤った、考古学協会により、捻じ曲げられた、説による、有りもしない、時代観の知識不足が、錯覚であろう。

児島宮歴史研究室が、この二つの、前方後円墳と甕棺埋葬の、丹塗り祭祀土器の一致とは、それらの土器の、祭祀土器の、埋葬土器の、一致を見出した事、による。
時代は錯誤しては、いなかった? これ等は、同時期でありなから、二つの民族の違いによる前方後円墳と甕棺埋葬の、丹塗り祭祀土器であった。
越族と周族では、前方後円墳と周族の慣習丹塗り祭祀土器が、同時期、行われていた事を、見つけた。

越族の慣習には、上、中、下に、埋葬が違い、上から、前方後円墳、石棺、木棺、土壙墓が見えた。

殷、の周族は、甕棺墓に埋葬が見えている。

これらの埋葬には、山の傾斜面にのぼり窯の土器がロクロ台で成形している、一致、によると見出した。


参考に甕棺はインドアッサラ平原に始まる画像
南インドにおいても、紀元前数世紀頃の甕棺墓の跡が発見されている。




 

福建省?山平山天皇の越王の子孫にあたる、児島宮です

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 3月 6日(月)17時51分39秒
  「小郡歴史資料館の灰色硬質土器は、太一之 夏后祭器」

小郡歴史資料館の灰色硬質土器は、太一之 夏后祭器
夏王朝の東夷族文化だった。
これで朝鮮は日本と関係無い事が、照明された。

http://6729.teacup.com/siyujin/bbs

http://6302.teacup.com/kodaigiten/bbs
小郡歴史資料館の甕棺が岡山市網浜町岡山市歴史資料館
に、一致した時期で展示されていた。神武年代が、紀元前五十年前と、判明した。

「 夜須の惣利遺跡の琴も、太一之 夏后祭器と確認できた」


小郡歴史資料館と一致する時代岡山市網浜町岡山市歴史資料館
http://6302.teacup.com/kodaigiten/bbs

灰色硬質土器文字が太一之 夏后祭器用だった。
北部九州が、近畿よりも、五十年古い事が判明した。
日本で最初は、やはり、太一之 夏后祭器であった。

この写真は夏后祭器文字の春秋時代と一致していた。


「灰色硬質土器文字が太一之 夏后祭器だったと発表」

文字が太一之 夏后祭器は中国と北部九州しか、出土していない。
太一とは伊勢でも、知られている。
ただ不可解だったのも事実。

主之以太一の事です

主とは夏后末裔児島宮です。祖先はウガヤとあり、祀られています。夏后末裔夜須でなければ、ならない。

中国夏后と一致している。
形なき本根をもって精緻なるものとし、形ある物をもって粗雑なるものとする。富の充実を不足とし、じっとしていながら独り神明と共にある。

古代中国、特に漢代に崇拝された。3 「太一星」に同じ。
福建省?山平山天皇の越王の子孫にあたる、児島宮です。





 

土器は朝倉夜須土器式とする、が百間川二、三キロ周辺に窯跡か

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 2月23日(木)07時53分56秒
編集済
  百間川周辺に窯跡か?

窯跡には、すりばち状の、大池が存在していて、見逃している?
百間川周辺の二キロ以内であろう。
窯跡には、小高い山が池と共立している。
周辺には土器のカケラが、必ず、散乱している。

夜須と岡山とは、離れていて、岡山に運んだとは、思えない。
夜須と岡山から出土している土器は、相似している、これが、時期の一致となっている。

夜須の城山遺跡調査の甑 一

夜須の遺跡調査の灰色硬質土器 二

夜須鳥巣窯の器台は、祭祀始めのもの。

岡山市-埋蔵文化財センターの収蔵品http://www.city.okayama.jp/kyouiku/bunkazai/bunkazai_s00116.html


名称 壺形土器(つぼがたどき)
出土遺跡 南方遺跡(みなみかたいせき) 岡山市北区国体町(こくたいちょう)
時期 弥生時代前期 http://www.city.okayama.jp/kyouiku/bunkazai/bunkazai_s00040.html
夜須土器式と相似

南方遺跡では、多数の多様な木製品が出土しました。その中には、矢尻や刀剣など武器をイメージして作られたものがいくつか存在します。
http://www.city.okayama.jp/kyouiku/bunkazai/bunkazai_s00063.html

吉野口遺跡は
名称 土師質土器小皿(かわらけ)
出土遺跡 吉野口遺跡(よしのぐちいせき) 岡山市北区吉備津(きびつ)
時期 平安時代末
 吉野口遺跡は、備中一宮である吉備津神社の北約400mの位置にある遺跡です。
夜須城林遺跡の、かわらけと、同じで、使用されている。http://www.city.okayama.jp/kyouiku/bunkazai/bunkazai_s00068.html

夜須上林遺跡の、かわらけ  酒杯の画像はこちらクリック http://kodainolekisikan.web.fc2.com/mokuji.html










 

夜須から移動したのは紀元前五十年前で、最初に軍備を整えたのは岡山地方の後楽園一帯の、河川の川辺祭祀が見える

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 1月18日(水)12時59分5秒
編集済
  夜須から移動したのは紀元前五十年前で、
最初に軍備を整えたのは岡山地方の後楽園一帯の、河川に見える遺跡に、川辺祭祀の後が見える。
河川の川辺祭祀は、朝鮮ではなく、福建省から移動してきた、華夏人の生活の照合で確認できた。
http://nihonnolakisi.1616bbs.com/bbs/
照合出来たのは、夜須と岡山とさらに、
奈良田原と奈良県立橿原考古学研究所附属博物館蔵の土器の一致が見られる。形式は華夏人の川辺土器である。


百間川遺跡から土器が、調査により、出ていた。
これらの土器が市の文化財保存資料館で、児島宮歴研会が、朝倉地方の土器と、一致した、特に、磐余彦の天地の祭礼時、琴が使われていたことで、高島に上陸の後、農耕の後が、百間川遺跡周辺に集合している。

これらの土器は朝倉夜須土器式とする、が百間川周辺に窯跡が存在しているのは、間違いない。
百間川遺跡は、北部九州か夜須から、運んだとは、考えられず、これだけ、大量の土器は、夜須から同伴した、公認で、これまでの、
五世紀後半の大阪吹田陶邑の工人、一次元ではない、五世紀先んじる、夜須の二次元工人が、作成した、土器である。

日本琴(やまとごと)とも言い、また、尾の部分が鵄の尾に似ているので、鵄尾琴(とびのおごと)ともいい、東琴(あずまごと)、六絃琴、「むつのお」とも言われ、祭祀に用いられるので神琴、天詔琴、書司(ふんのつかさ)、御多奈良之(おんたならし、おうたならし?)とも言われていたそうです。

古越の肥沃な土地における音楽・舞踊文化の最も早い実証と見られる。古越舞踊に関する今までの最も早い文字による記録は、「祭防風氏舞」である。

木製琴 昨日確認 神武時代か?  高島に五年滞在中

『隋書』(魏徴、貞観一〇年・六三六)倭国伝は、「楽に五絃の琴、笛有り」という。そして、倭国の聖地沖ノ島からは、遺棄されたような状態にあった五絃の琴の雛型が二面出土している。

古代日本には、祭祀に当って異なった音楽を用いる異なった祭祀圏=「禹祭祀」圏が、存在。
岡山市立歴史資料館には、夜須、遺跡同時期と同じ土器と灰色硬質磁器を、児島宮歴研会が確認した。

琴に瑟(おおごと)に竽(おおきなしょうのふえ)に笙(ちいさなしょうのふえ)、韶(しょう。舜の音楽)に夏(か。禹の音楽)、護(かく。殷の湯王の音楽)に武(ぶ。周の武王の音楽)、酌(しゃく)に桓(かん。いずれも『詩経』周頌にある歌謡)・?(さく)に象(しょう。いずれも周の文王の音楽)は、君子の心動いたところを喜びと楽しみの表現として表した文飾なのである。いっぽう齊衰(しさい。喪服)に苴杖(しょじょう。枯死した竹で作った杖)、廬(ろ。喪中に住むあばら家)に住んで粥をすすり、席薪(せきしん。喪主が敷いて寝るむしろ)して枕塊(しんかい。喪中に寝るときの土枕)することは、君子の心動いたところを哀しみと悲痛の表現として表した文飾なのである。軍隊には軍制が行き届き、刑罰法度は軽重が規定され、罪には相応の罰が必ず与えられることは、君子の心動いたところを嫌悪の表現として表した文飾なのである。それゆえ祭においては、卜筮(ぼくぜい。うらない)を行って吉日を定め、物忌みをして、よく清掃し、几(つくえ)と筵(むしろ)を揃え、いけにえの供物を納め、祝(しゅく。かんぬし)に式の次第を告げることを、あたかも祭を本当に受け取る者がいるがごとくに行うのである。供物をそれぞれに取ってこれを捧げることを、あたかもこれらを本当に味わう者がいるがごとくに行うのである。利(り。祭祀で飲食を輔佐する役の人)が爵(しゃく。さかずき)を挙げずに、祭の主人が尊(そん。酒を入れる祭器)を進めることを、あたかもこれを本当に飲む者がいるがごとくに行うのである。祭礼においては賓客が退出して主人がこれを拝礼して送り出したり、喪礼においては戻って衣服を変えて位置について哭泣(こくきゅう)したりするのは(注3)、あたかも本当に去ってしまった者がいるがごとくに行うのである。なんと哀切ではないか、なんと恭敬ではないか。死んだ者に生きている者のように仕え、亡くなった者に存在している者のように仕えるのである。たとい形も影もなくてもそこにあたかもあるかのごとくになぞらえ、その上で文飾を行うのである。参照

http://inoues.net/club/karakokagi_new1.html  、「唐古・鍵遺跡資料室」

写真は、福岡県朝倉郡夜須の惣利遺跡の農具の紀元前百年前~五十年前の木製工房跡から出土、倉庫の扉等、日本の原初となっている。

このほか、ヒルハタ遺跡は鉄器工房 小隈窯工房も、日本の原初となっている。

夜須、岡山、奈良は弥生、三大、一致が見られる。学者は、何も知らない?



 

朝倉郡夜須の松延に、弥生初期の、平山城事、筑紫城

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2016年12月 5日(月)08時28分3秒
編集済
  筑紫城は、聞いた事があろうか?それは五世紀より前にも、大友家持が福岡県朝倉郡夜須の原で、歌詠みした、事で、筑紫が知られる。
大友家持が詠んだ、安の原とは、祝詞の中にも、読まれているように、筑紫の、ひむかの、たちばな、の小戸の大木原にて、で、
宮崎や鹿児島が、天孫降臨地では、ありません。

この歌で解るように、筑紫?今の福岡県朝倉郡夜須の事を、古代では、夜須の原と、していたのです。古代史はここから始まっている、という事です。

耶麻台の地は、万葉集でも、たくさん、読まれています、これが天孫降臨地なのです。
神亀四年(727)冬頃、大宰帥に任ぜられた父に随い、筑紫に下向する。当時大宰府には山上憶良・沙弥満誓ら文人が集い、筑紫歌壇を形成した。天平二年(730)末、父の大納言任命に伴い帰京したが、旅人は翌年七月死去した。
大宰府政庁に下官していた、元々この大宰府夜須の原の、天皇領地、として、奏言郡大領と、斎衛年、記録されていて、
菅原道真の祖、前田臣市成が、奏言郡大領に居て、大宰府政庁に収獲した米を、献納していたことが、木簡の出土で、実在が知られる。

ここやすは、天皇家の土地でもあったと、記録されています。後、他は佐賀とあり。古代では、肥前、櫛田宮が、平安時代にも、宮廷から、本居氏が派遣された書簡記録が、残っています。小野党に見られる。

〈作者〉 大伴家持 ( おほとものやかもち ) ... 葦原 ( あしはら ) の 瑞穂 ( みづほ ) の国を 天降 ( あまくだ ) り 知らしめしける 皇祖 ( すめろき ) の 神の 命 ( みこと ) の 御代

葦原(あしはら)の 瑞穂(みづほ)の国を 天下り 領(し)らしめしける 天皇(すめろき)の 神の命(みこと)の 御代(みよ)重ね 天(あま)の日嗣(ひつぎ)と 領(し)らし来る 君の御代(みよ)御代 敷きませる 四方(よも)の国には 山川を 広みと厚みと 奉(たてまつ)る。


葦原(あしはら)の 瑞穂(みづほ)の国とは、筑紫の夜須の事で、後の地まで、天皇御領地、として、奏言郡大領と、斎衛年、記録されていて、いるのが証拠となっている。
今に、伝える児島宮に伝わる十六葉菊紋章は、天皇標である。
日本の国旗日の丸は、児島宮甚九郎儀平から、黒田長溥公に手渡せられ孝明天皇に、差し出されて、始まっている。
孝明天皇と、児島宮は、藤原関白家良実家に、遠戚になっている。
児島宮は、藤原関白家良実家に、類している。

又黒田長政公は、児島宮に幾度も、お参りになり、尾形絵師の尾長鳥の軸等、が伝わっている。
児島宮の甚九郎長成の弟は、長政公の子として、助九郎長興が秋月藩祖となっている。

長嗣系


佐久間信栄(正勝)の次男・長興(助九郎)の子孫を称するが、『寛政重修諸家譜』には信栄の子として長興なる人物は記録されていない[9]。http://kodaisijiten.web.fc2.com/36.html

我(わ)ご大君(おほきみ)、高(たか)照(て)らす、日の皇子(みこ)、
「安の野」は今の福岡県朝倉郡夜須町のあたりで、大伴旅人はよくここで丹比県守と酒を酌み交わしたのでしょう。
友の民部卿への就任と都への帰還を心から喜びながらも、ひとり大宰府に残される旅人の寂しさが歌から伝わってきます。

大宰師大伴卿の大弐丹比県守卿(だいにたぢひのあがたもりのまへつきみ)の民部卿(みんぶきやう)に遷任(せんにん)するに贈れる歌一首

君がため醸(か)みし待酒安(まちざけやす)の野に独(ひと)りや飲まむ友無(ともな)しにして

http://blowinthewind.net/manyo/manyo-yasu.htm

亀石が、天孫降臨地である、地は大木となって、大木遺跡が知られる。甕棺に、古代の様子が見える。







 

无余 是越国的始祖

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2016年11月19日(土)14時53分5秒
編集済
  无余=無は余ります

朝倉郡夜須の松延に、弥生初期の()平山城 と筑紫城
http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/531

无夷,是属水神之名。夏族先祖風氏族”和“蛇氏族古越族人民居住之地越人姒姓其始祖是夏代少康的庶子叫无余 后武夷。武夷巫夷民族是属水神之名。茶名也有所以武夷茶古有称鳥余古代帝王自命的化身自命真天子所用物品万乘之尊

淮河 (わいが/ホワイホー) 支流の 河 (しが) 上流部にある市。

淮河, わいが (ホワイホー). 中国の東部、黄河と長江の間を流れる川。 網の目のように広がる多くの支流からなる。 主流は長さ845kmで、河南省と湖北省の省境にある桐柏(とうはく)(トンパイ)山脈に源を発し、河南省南部、安徽省(あんきしょう)

无夷. 《穆天子?》

无夷

企???

?放分?:中国上古人物|中国神?人物|人物|虚?人物
无夷?道教中的神明,是虚构的人物。姓?名朗,字公明,与?馗是老?,?南山人氏。
http://www.baike.com/wiki/%E6%97%A0%E5%A4%B7
道教に神々 は架空のキャラクターであります。 長いあだ名をつけられた趙、功明、忠逵は仲間、タイガービーチまで山のネイティブです。



邪馬台の国講座児島宮歴研会リンク http://6729.teacup.com/siyujin/bbs


日本人は中国福建省中華越人等が渡来した  http://8244.teacup.com/fusyu/bbs
 

「禹祭」とは、越國之稱始此

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年10月30日(日)11時41分15秒
編集済
  无余 ??是越国的始祖。?代?煜《吴越春秋》卷六:“禹以下六世而得帝少康。少康恐禹祭之?祀,乃封其庶子于越,号曰无余。”
于越 晋代?循《会稽土地?》:“少康封其少子,号曰‘于越’。越国之称始于此。”
大禹 亦称夏禹,我国古代夏后氏部落的?袖,夏朝的建立者,以治平洪水?后人??。《史??夏本?》:禹?巡“至于会稽而崩”,葬会稽山。

勾践 春秋末年越国国君。他被吴国打?后,“十年生聚,十年教?”,?薪?胆,????,?于??了吴国。

大禹的第四代?少康于公元前1913年重建大禹?,恐禹祭之?祀,于是封他的庶子无余?会?王,奉守?祀,国号于越

越國是古代越族人所建立的國家


浙江省紹興市申告の大禹祭りが国務院の承認に最初の国家級無形文化遺産
大禹こう続ける王启始め、祭会稽の大禹陵は定例、夏王啓は初の祭禹祀典は、中華民族の国家祭りの雛形。紀元前210年、秦の始皇帝「上会稽、祭りの大禹」。

「禘礼」(古代最高礼祭)形式、儀式に分かれてじゅうさん議事日程で、それぞれが起立して雅静、鳴銃、献貢ぎ物を、線香を立てる、鐘をつく、奏楽、献酒、乾杯、奉読弔文、お辞儀をして、キャロル、種グロスター祭、礼成など。全体の議題コンパクト規範、式典に1時間近く。式後、お祭り要員の大禹陵へ陵墓に参拝する儀式が行われ。公祭式参加者分神主、主に参祭、参祭。公祭式に招かれるのは、党と国家の指導者は、中央委員会の指導者、兄弟と国直轄市の指導、海外の同胞、香港・マカオの同胞、台灣同胞、大きい禹末裔代表及び社会各界の代表4000人が参加し、数は過去最高。
公祭式は環境と雰囲気を重視し、統一性、協調性と慎重さ性。式が始まるのを前に、吹き付けるバンドや龍舞、獅子舞隊、儀仗隊などの演技を受付、熱烈な雰囲気をきわだたせる。また、祭りはスタッフが統一装着黄色さ巾や節徽州を示し、その荘重性ときちんと性。

鬼神之道とは如何なるものや. 於天皆助奉禹祭 越君之後,復夏王之祭。 大禹永眠会稽後、すなわち始めた守禹陵、奉禹祀の活動千年にわたって、以後、承は伝わるが絶えない。

越王無余... : 禹以下六世而得帝少康。少康恐禹祭之?祀,乃封其庶子於越,號曰無余。


 

東海を踏む諺 常世の国

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年10月14日(金)18時37分4秒
編集済
  「東海を踏む」いわれを聞く。

立ち上がるという手順を踏むこと。

「少康,其少子號曰於越,越國之稱始此。」越?記
云:「無餘都,會稽山南故越城是也。」


勾践卒,子王鼫与立。王鼫与卒,子王不寿立。王不寿卒,子王翁立。王翁卒,子王翳立。王翳卒,子王之侯立。王之侯卒,子王无彊立。

王无彊?,越??北伐?,西伐楚,与中国争彊。当楚威王之?,越北伐?,?威王使人?越王曰:“越不伐楚,大不王,小不伯。?越之所?不伐楚者,?不得晋也。?、魏固不攻楚。?之攻楚,覆其?,?其将,?叶、阳翟危;魏亦覆其?,?其将,??、上蔡不安。故二晋之事越也,不至於覆??将,?汗之力不效。所重於得晋者何也?”越王曰:“所求於晋者,不至?刃接兵,而况于攻城?邑乎?原魏以聚大梁之下,原?之?兵南阳莒地,以聚常、郯之境,?方城之外不南,淮、泗之?不?,商、於、析、?、宗胡之地,夏路以左,不足以?秦,江南、泗上不足以待越矣。??、秦、?、魏得志於楚也,是二晋不?分地,不耕而?之。不此之?,而?刃於河山之?以??秦用,所待者如此其失?,柰何其以此王也!”?使者曰:“幸也越之不亡也!吾不?其用智之如目,?豪毛而不?其睫也。今王知晋之失?,而不自知越之?,是目?也。王所待於晋者,非有?汗之力也,又非可与合??和也,将待之以分楚众也。今楚众已分,何待於晋?”越王曰:“柰何?”曰:“楚三大夫?九?,北?曲沃、於中,以至无假之?者三千七百里,景翠之?北聚?、?、南阳,分有大此者乎?且王之所求者,斗晋楚也;晋楚不斗,越兵不起,是知二五而不知十也。此?不攻楚,臣以是知越大不王,小不伯。??、?、?沙,楚之粟也;竟?陵,楚之材也。越?兵通无假之?,此四邑者不上?事於郢矣。臣?之,?王不王,其敝可以伯。然而不伯者,王道失也。故原大王之?攻楚也。”

於是越遂??而伐楚。楚威王?兵而伐之,大?越,?王无彊,尽取故吴地至浙江,北破?於徐州。而越以此散,?族子争立,或?王,或?君,?於江南海上,服朝於楚。

後七世,至?君?,佐?侯平秦。?高帝?以??越王,以奉越後。?越,?君,皆其後也。

東海とは,後の意
常世の国へ、目指せと、東海を踏む諺。

常世の国(とこよのくに)は、古代日本で信仰された、海の彼方にあるとされる異世界である。 一種の理想郷として観想され、永久不変や不老不死、若返りなどと結び付けられた、日本神話の他界観をあらわす代表的な概念で、古事記、日本書紀、万葉集、風土記などの記述にその顕れがある。

常世の国の用語解説 - 古代人の考えていた常住不変の国で,海のかなたにあると考えられていた。『日本書紀』雄略紀 22年には蓬莱山を「とこよのくに」と読ませている。

遠隔の地にあると信じていた国。 「たぢまもりを-に遣はして/古事記 中訓」 ② 不老不死の仙境。中国伝来の神仙思想と結びついてできた観念とされる。

売国奴は生まれ変わっても売国奴になる。

浦島太郎が行った竜宮城も万葉集では常世と記される。

常世はイシュタルとイナンナに、始まる、メソポタミアの発祥。
記紀の伝承では、垂仁天皇がタヂマモリを常世の国に派遣してこれを探すように命じたが、海の彼方の常世の国との往来に十年の歳月が経過し、入手して帰国した時には天皇は崩御されていた。徐福説と同一。

ともかくもひさしぶりに再会した女性に「あなたは常世の国に住んでいたようですね。昔見たときより若返ってらっしゃいます」と、その再会を喜んでいます。
それにしても女性に対して「若返って見える」とは三依もなかなかにお世辞のうまい男ですよね。万葉集辞典です。
常世の国」なんて神秘的なんだろう…海も美しいし真宙くんにもこの世のものとは思えないような神秘性をいつも感じる…素敵な表現だな… 「常世の国」と言うと「不老不死」を連想する始皇帝。「禹祭」絶やすな。

憲法は死を表す。常世の国」と言うと「不老不死」
政治は死を表す。「禹祭」を絶やすな。

「禹祭」とは、越國之稱始此。「禹祭」は常世の国への道案内

神道とは、なにか。「禹祭」 伊勢ではなかった神道の道。曰於越 曰於児島宮 「禹祭」地









 

(天神)とは八尾と、今から二千百年前の、福建省、武夷の越王丑の名である

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年10月 8日(土)16時12分59秒
編集済
  (天神)とは夏王朝の天神七代の越国の祖、越王無予の事である。
日本の皇紀は起源何年というのはこの、越王無予から数えて2600年となっている。
日本の歴史は何年ですか?

皇紀によりますと、2667年にあたります。
2016+110が、2116年が日本の始まりである。
少し前までは、神社や、公園などに「皇紀2600年の記念碑」がありました。
この数だと、越王勾践になるが?越王無予はそれよりも、遡ります。
そうしますと、490年ウガヤ王よりも古く、

越王勾践の祖は越王無予である。
上古時代 - 三皇[編集]
1.伏羲氏 天皇 太昊(紀元前3350年? - 紀元前3040年?) 女媧

2.神農氏 地皇 炎帝(紀元前3040年? - 紀元前2510年?)
3.軒轅氏 泰皇(人皇) 黄帝(紀元前2510年? - 紀元前2448年?)

五帝[編集]
1.軒轅氏 黄帝
2.金天氏 少昊 姫玄囂(紀元前2448年? - 紀元前2364年?)
3.高陽氏 帝顓頊 姫顓頊(紀元前2364年? - 紀元前2286年?)
4.高辛氏 帝嚳 姫俊(紀元前2286年? - 紀元前2216年?)
5.青陽氏 帝摯 姫摯(紀元前2216年? - 紀元前2213年?)
6.陶唐氏 帝堯 伊祁放? (紀元前2213年? - 紀元前2115年?)
7.有虞氏 帝舜 姚重華(紀元前2112年? - 紀元前2073年?)

夏[編集]
1.夏后氏 帝禹 姒禹(紀元前2070年 - 紀元前2061年) 益

2.帝啓
3.帝太康
4.帝中康
5.帝相
6.帝少康
7.帝予
8.帝槐
9.帝芒
10.帝泄
11.帝不降
12.帝扃
13.帝廑
14.帝孔甲
15.帝皐
16.帝発
17.帝桀

天神七代とは越王無予である。
天神の始まりは夏后氏 帝禹 姒禹

中文名越霸王勾践
外文名yuebawanggoujian
? 名菼? 国    籍中国民    族?夏族(?族)
出生地方城
出生日期公元前520年 逝世日期公元前465年
?  ??事?争
??院校春秋?国高等?事学院
信仰鬼祖教 主要成就?薪?胆
?吴称霸 代表作品?薪?胆

越    王无彊(勾践六世)



夏帝 姒少康  少康之子?封号无余君

0 夏帝 姒少康
1  越侯 姒? 封号无余君  日本の祖
2  越侯 ?(字丕祧)
3  越侯 宗元
4  越侯 ?圣
5  越侯 毅正
6  越侯 娄
7  越侯 俶
8  越侯 枋
9  越侯 菪
10 越侯 潜
11 越侯 ?
12 越侯 皓
13 越侯 僮
14 越侯 ?淳
15 越侯 仲庚
16 越侯 太辛
17 越侯 咸享
18 越侯 寀
19 越侯 浤
20 越侯 天表
21 越子 ?
22 越子加佑
23 越子 子升
24 越子 ?
25 越子 汝稷
26 越子 洽
27 越子 杞
28 越子 少?
29 越子 ?
30 越子 逸
31 越子 ?
32 越子 必高
33 越侯 无壬 前621年-前591年
36 越侯 无? 前591年-前565年
37 越侯 夫? 前565年-前538年
38 越王 允常称王 前538年?前497年
39 越王勾践 勾践 前496年 - 前464年
40 越王鹿郢 鹿郢 前463年?前458年
41 越王不寿 不寿 前457年?前448年
42 越王朱勾 朱勾 前447年?前411年
43 越王翳 翳 前410年?前375年
44 越王?咎 ?咎 前375年
45 越王?枝 ?枝 前374年?前373年
46 越王无余 之侯 前372年?前361年
47 越王无? 无? 前360年?前343年
48 越王无疆 无疆 前342年-前333年

?越王 玉前333年??
?越王无? 无? 前232年?前214年
?越王獏 獏 前192年?前176年
?越王 前176年?前163年
?越王甲 甲 前163年?前155年
?越王郢 郢 前155年?前135年


?瓯王欧安朱前232年
?海王 欧? 前232年
?海王 欧昭襄 前192年?前185年年
?海王欧建前192年?前183年
?海王??(字建)欧??前183年?前153年
?海王省欧省前153年?前144年
?海王??(字夷?)欧?前144年?前138年
繇王丑  丑 前135年?前120年


「東海を踏む」いわれを聞く。
水稲耕作を蓬莱の地へ伝播し、「瑞穂の郷」を拓く。
 

種利の娘は、佐久間信盛にとついで、佐久間正勝と狩野孝信妻、を生んでいる

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年10月 1日(土)09時14分55秒
編集済
  英雄・児島高徳により築かれたと伝わります。 児島高徳って ... 佐久間信盛は金谷城を攻め、城主・中条常隆は戦わずして城を明け渡しています。 その後、佐久間信盛は高橋荘内にある鈴木氏の寺部城も攻略しました。

種利の娘は、佐久間信盛にとついで、佐久間正勝と狩野孝信妻、を生んでいる。

作楽神社
児島高徳祖先
タジマモリ(田道間守)が児島公の祖であることは有名だが、このタジマモリは新羅の王子アメノヒボコの四代めにあたる。
一説によれば、新羅の王はスサノオノミコト(須佐之男命)の子孫といわれるから、スサノオノミコトをもって児島公のご先祖と申してもよいかもしれない。
児島高徳関係
智勝院主川島氏がもっている古系図
①初代 神武天皇の即位がBC661年1月1日とある。宋書では?瀲第四子號神(じん)武(む)天皇、自筑紫宮入居大和州橿原宮(6)、即位元年甲寅(7)、當周僖王時也。

前田氏の系
【菅原】古人─清公─是善─道真で系図は出来ているが、是善の養子として、前田道真は、はじまるから、後胤の、梅紋は、前田姓を名乗った。
「前田氏の祖は前田臣」で、福岡県朝倉郡夜須【古代では、筑前国奏言郡大領、を治めていた、

斎藤とは斎宮頭の藤原氏より採った組織名の斎藤
済(わたり)の神は海洋民の守護神であり、神武東征以前の渡来人の奉祭神である。
(藤原利仁後裔)【斎藤】頼基──基康──基重──基成──基高──基永──玄基─忠親─忠章─忠光─仲光─仲利─【前田】種利─女

本家兄玄基【前田】種利──種定──長種
分家弟【前田】利成─利昌───利家

(藤原利仁後裔)【斎藤】頼基──基康──基重──基成──基高──基永──玄基ー【前田】季基─利世─利見─利恒─利茂─基茂─基光─玄似─

忠親─忠章─忠光─仲光─仲利─【前田】種利─女
【種利母系は前田氏】玄基─尚基─基康─利男─利倫─女子が母となった。

種利の娘は、佐久間信盛にとついで、佐久間正勝と狩野孝信妻、を生んでいる。
http://hikoshima.com/bbs/heike/101241.html [73]

新笠と光仁天皇と結婚

73宮道は色々あるが、ヤマトタケル子孫とするのと物部守屋子孫に濃い系と藤原が目につく。これはサダでみると皆同じ系になる。
ヤマトタケル系・・佐多 物部系・・佐田・中原・天照国照彦天火明櫛玉饒速日命 藤原・・佐田は大中臣

後に、佐久間信盛子甚九郎正勝不干斎との接点?
美濃の南朝方土岐氏と明智氏の姻戚は、佐久間信盛祖の居城、西広瀬城
美濃の南朝方・土岐氏といい、美濃の臨済宗・大徳寺派、妙心寺派とは、親密な関係があった。
今も続いている佐久間信盛胤児島宮家の墓は、大徳寺高東院と縁戚の妙心寺、智勝院である。
高徳に至る系
佐々木盛綱男加地信実─時秀─東郷胤時─甥子児島高徳
佐々木盛綱流佐々木加地一族 信実には、系図上で九人の男子がいたことが確認される。冷泉宮を備後国豊岡荘児島の地に流すとこの警固を命じられている。
佐々木盛綱の子加地信実ー 武田ー逸見冠者清光ー逸見重氏盛綱女婿三宅定心ー玄孫家長ー紀家弘女婿児島範長ー女頼宴室ー児島高徳

後鳥羽上皇─冷泉宮頼仁親王(児島宮)室佐々木信実室母北条時政女─東寺長者道乗──頼宴室児島範長女母紀家弘女─高徳

佐々木盛綱の子加地信実女ー道乗ー頼宴ー児島高徳

伊予の守護、河野通信の長男通俊が鎌倉初期(十二世紀初期)土地の名前をとり得能を氏とした

得能四郎太夫通俊の子深厳也 家勝子紀家弘後継タリー深厳

越智姓)【河野】通信──【得能】通俊──深厳

備後氏(紀臣族 兼清ー兼信ー琳光(備後三郎、
祠官)
飽浦胤泰東郷胤時子加地時秀孫信実曾孫十郎左衛門. 信胤胤泰子三郎左衛門佐々木薩摩
延元頃. 信清美作. 行胤胤泰子左衛門 ... 基泰東郷胤時子七郎. 新発田長綱飽浦行胤子.
長経. 経綱. 治綱. 長綱. 能敦源次郎. 綱貞

【加地】盛綱─信実─時秀─【東郷】胤時─【飽浦】【東郷氏】
【加地】盛綱信実─【佐々】氏綱─景綱景綱【佐々氏】─宗綱
【加地】盛綱信実─【佐々】氏綱─経綱─宗経─氏宗【佐々氏】

紀家弘室の父東郷胤時ワ云エリ、家弘婿ワ、児島範長デ、範長ワ、今木
範俊ノ子ナリトテ、大平記ニ児島し河野は一族ニテ、児島祖六代孫ヲ今木備後高長トアリ

児島盛綱後継ぐ婿逸見冠者清光子重氏(号ス定心)子李房(相模国三浦郡和田邑ニ住み和田号ス)此レ母は和田義盛女也故、
児島盛綱ー信実ー時秀ー東郷胤時ー女紀家弘室ー女児島範長ー女頼宴室ー児島高徳トゾ

児島範長と紀家弘と母 ... 東郷胤時甥 子児島高徳 紀家弘の女は足利尊氏の男に嫁し、三代将軍足利足利義満となる。
三代将軍足利足利義満となる。
高徳とはいとこにあたる。
紀家弘 後光厳天皇の第二皇子。母は、広橋兼綱の娘、藤原仲子。仲子の姉妹の紀良子は足利義満の母で、後円融天皇と義満は母系

紀家弘は岩清水八幡宮家
岩清水八幡宮は姫野さんの祖父母と探した大分大在の墓で、高岡姫野の地が出た。
又 佐田も岩清水八幡宮に関与する。

この紀家弘こそ、善法寺通清その人である。
義満と後円融天皇は従兄弟
仲子は権大納言広橋兼綱の猶子となり、内裏に出仕して三位局、中納言典侍、梅町殿などとよばれ、北朝の後光厳天皇の寵愛をうけ、後円融天皇を生み奉り准三后

【崇賢門院 すうけんもんいん】 建武三~応永三十四(1339-1427)

従一位贈左大臣広橋兼綱の娘。実父は石清水八幡宮別当善法寺通清という。
北朝・後円融天皇の生母・崇賢門院の御名は紀仲子、御父は石清水別当・紀(善法寺)通清。仲子は権大納言広橋兼綱の猶子となり、内裏に出仕して三位局、中納言典侍、梅町殿などとよばれ、北朝の後光厳天皇の寵愛をうけ、後円融天皇を生み奉り准三后となり、のち国母として弘和三年(一三八三)四月二十五日、女院号・崇賢門院を宣下された。『尊卑分脈』の広橋家の系図に、権大納言広橋兼綱の娘として「准三宮・叙二・異本従三位・国母・崇賢門院仲子」の記載があります。応永三十四年(一四二七)五月二十日崩御、御歳八十九才。

武家家伝佐田氏を検索すると 画面に 「筑後佐田・新 田氏系図」の言葉が出る。
新田 朝氏(にった ともうじ)は、新田氏本宗家の7代当主。新田基氏の長男で、新田義貞・脇屋義助の父。

脇屋 義助(わきや よしすけ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期の武将。新田朝氏の次男で、新田義貞の弟

脇屋義助の子・義治の妻が皃島高徳の女子。

皃島高徳 と 新田 と 佐田 と 徳川家康 の関係

義助(脇屋)室高徳女子徳子ー脇屋義治(政義女子脇屋義治室)

義明(妻は佐田義久(脇屋義治の末子)の娘) 義隆.

家時(新田源太郎)ー満義ー政義女子脇屋義治室

(源)新田義重ー義季(得川四郎)ー頼氏(世良田)ー教氏ー家時ー満義ー政義ー親季ー…松平清康━広忠ー徳川家康

日本書紀は 天皇家を越王丑王、ウガヤ王朝の子孫として天皇家の正統を主張した。
スサノオは「牛頭天皇」ともいい、牛に関係している。


東広瀬城/愛知県豊田市 http://ameblo.jp/napo-jou/entry-12141708152.html
1342年、児島高徳により築かれたと伝わります。
戦国時代に広瀬城に居たのは、別流の三宅光貞や三宅高清でした。
きは他の三宅一族と一緒で、松平氏と争っていました。
1533年、佐久間全孝が広瀬に攻め込みました。
佐久間全孝が居城としたのは西広瀬城で、その北には広瀬古城という。
守山崩れで松平家が崩壊すると、三河は今川義元が取り込みました。
さすがの三宅氏も今川義元には従いました。

1549年、佐久間全孝が暗殺されました。

同じ年にあった松平広忠暗殺は、佐久間全孝の刺客によるとする説があります。
そのせいでしょうか、その報復として佐久間全孝に刺客が送られ、暗殺されました。
この頃は三宅氏も松平氏も同じ今川家臣だったので、協力したものと思われます。
以後、東広瀬城の三宅氏を中心とした今川軍が、西広瀬城を攻め続けました。
そして、1554年に三宅氏が西広瀬城を奪還しました。

1558年、今川軍に攻められました。

松平元康は1561年に東条城の吉良氏と戦い、降伏させました。
同じ頃に高橋荘を攻めていたのは、織田信長家臣の佐久間信盛でした。
佐久間信盛は金谷城を攻め、城主・中条常隆は戦わずして城を明け渡しています。
その後、佐久間信盛は高橋荘内にある鈴木氏の寺部城も攻略しました。


 

狩野孝信室は、佐久間信盛女? がなければ、日本文化は、始まっては、いなかった 、日本とは何か、邪馬台解説

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 9月 3日(土)15時16分58秒
編集済
  床の間様式は、探幽母の宮家の、児島宮家、佐久間信盛父子によって桃山文化の開花した時期と、云えよう>

これは誰も知らなかった日本文化の開花でも、あった。
ここに貝合わせの、ように、日本とは、すべてが、一致文化、扶桑の国が、なければ、日本とは、ならないだろう。
現代は日本文化が、西洋に、取り入れられた、となっている、これが解らずに、先祖に対し、近代化は恥ずべき、事態では、ないだほろうか?
現代人は、神の恩恵がなくなったから、文化恩恵の、日本消滅さえ、解らないのだろう。
戻そう日本の文化は、日本の象徴でもあった、事を忘れてはならない。
日本を知らずに、日本人は無い。

ここに貝合わせの、ように、日本とは、すべてが、一致文化、扶桑の国が、なければ、日本とは、ならないだろう。
憲法政治と日本人とは、別である。政治は戦国戦争時代で日本とは、別である。
日本を大切にしない、国会は、価値が無い。

何にも知らない現代人は、日本の意味も知らない?
邪馬台も日本の意味も知らない?

憲法は何も一致して、いません?何故憲法なのか、解らない現代?
遺跡調査は、破壊になるだけ、それは、元に戻らないから?
耶麻台の意味知らずに、日本は語れない?
宮崎鹿児島でもない、天孫降臨。
天皇は、日本では無い、それは天皇が一致していないと、言うこと。

天皇は日本でないというのは?

狩野孝信室は、佐久間信盛女? がなければ、日本文化は、無くなっている。
書き換えられた、すべての論文は、不正解である。
邪馬台国すら、書き換えられた、すべての論文は、不正解である。

佐久間信盛?児島高徳の末裔。
養秀院殿狐寶を得給ふ事狩野孝信 元亀二(1571)年11月25日~元和四(1618)年8月30日 佐久間信盛女子養秀院を娶る。 ☆養秀院巻十 養秀院殿狐寶を得給ふ事 「雪窓夜話抄巻下」 因伯叢書 上野忠親の雪窓夜話抄 鳥取県絵師狩野孝信。
狩野孝信に嫁いだ宗序ムの女娘がいたとされる。
宗序ムとあるのは、佐久間信盛の宗の誤りである。
探幽の母は養秀院と言ふ。


「天海と「三宅輪宝」信長始末記」

門番の首を持っていたところ、北側から入ってきた三宅弥平次殿と伝令将校の二人がやってきて、「首は討ち捨てろ。」と言われましたので、堂の下に投げ入れました。
本堂の表から中に入ったところ、広間には誰もいなくて、蚊帳が吊ってあるだけでした。
寺の台所の方を探索したところ、白い着物を着た女を一人、捕らえましたが、侍は誰もいませんでした。
捕らえた女は「上様は白い着物を着ておられます。」と言ったのですが、その時は、その女が言った「上様」が「信長殿」とは分かりませんでした。この女は斉藤内蔵助殿のもとに連れて行きました。
旗本衆の二、三人が肩衣に袴の裾をたくし上げた姿で堂の奥に入って行き、そこで首を一つ取りました。
一人の男が、奥の間から、麻の単衣(寝間着)を着て、帯もしないで、刀を抜いて出てきたので、私は蚊帳の陰に入り、その者が通り過ぎるのを待って、背後から切って首を取りました。

佐々清蔵子息らは成政に預け ...

養秀院(狩野孝信室)佐久間信盛女嫁ぎ先実母不明。絵師狩野永徳の次男、狩野孝信(1571-1618)に嫁ぐ。狩野孝信は慶長十三年兄光信の死後、狩野派の中心として活躍した。現存する絵に「後陽成天皇像」、「賢聖障子」の一部などがある 。

佐久間信盛ゆかりの地 【御器所西城】http://www.asahi-net.or.jp/~qb2t-nkns/nisihirose.htm
佐久間 信盛(さくま のぶもり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。織田氏の家臣。佐久間氏の当主。通称は出羽介、右衛門尉。子に信栄・信実。従兄弟に佐久間盛次(佐久間盛政・佐久間安政・柴田勝政・佐久間勝之の父)がいる。

李房(相模国三浦郡和田邑ニ住み和田号ス)此レ母は和田義盛女。 鎌倉では ... 佐久間信盛は尾張国愛知郡御器所(「ごきそ」に名を残すが、佐久間は姻戚で、児島氏も先の女系である。

佐久間 信栄(さくま のぶひで)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。佐久間信盛の長男。剃髪後は不干斎と号した。諱は正勝(まさかつ)とも伝えられるが、信頼できる史料は信栄としている。

佐久間信盛は三河、西広瀬城 児島高徳築城
西広瀬城
案内板によれば、「城主、天文年間以降、尾張織田信長の臣佐久間氏一族が居城した。」とあります。「愛知の山城ベスト50」では、「佐久間全孝、あるいは佐久間信盛兄の佐久間信直と伝えられる。佐久間全孝は、徳川家康の父松平広忠の暗殺を仕組んだ人物、広忠は、全孝が送り込んだ岩松弥八によって絶命した」とありました。

東広瀬城
案内板によれば、「1344年児島高徳が築城したといわれ、1560年(永禄3年)徳川家康に攻められ落城した。」とあります。
ベスト50では、「三宅氏の居城であった。児島高徳の築城とされるが、高徳を祖とする三宅氏が後に唱えたものと考えられる。永禄元年(1558年)に初陣の徳川家康に攻撃され、同6年(1563年)再び家康の攻撃を受けた。」とありました。
東広瀬城は明智秀満の祖父の城 天海の里

西広瀬城は、天文年間に織田氏が家臣佐久間氏に命じ、矢作川を挟んで対岸にある三宅氏の居城東広瀬城と対抗する ... 金谷城には佐久間信盛がそのまま居城し、1568年(永禄11年)には子息余語久三郎正勝(佐久間正勝不干斎})将として入城。
広瀬城(豊田市東広瀬町).

三宅高貞 (*)東広瀬・右衛門大夫。東広瀬城主。1533年阿部、鈴木、中条家と連合し松平清康と抗争。1554年佐久間家から西広瀬城を奪取。一門の三宅帯刀・高清を城主とする。
元・尾張守護の中条氏守護代の三宅氏。 尾張知多・三河に所領 .... 1533年佐久間全孝 西三河西広瀬城を奪取。
西三河で今川家の尖兵の将として清康は、
享禄2年(1529)一色家の東三河守護代の牧野家を討伐、今川派の家臣団を引き込み牧野家を分裂させ、本家の独立推進派の今橋城主・牧野伝蔵との合戦を制する。
南朝軍の児島氏の子孫で広瀬城主・三宅氏の動きを牽制する為、桜井松平氏と三宅氏は豊かな鉱山資源を背景に労働に見合った富貴を求めていた。
氏豊は、重臣として引き立てた佐久間重行(入道全孝)と、桜井松平と因縁のある松平清康に攻略を命じる。
天文2年(1533)桜井松平信定派の西三河広瀬城主・三宅佐久間信盛右衛門尉と、寺部城主・鈴木日向守を、松平清康は「今川家に対する不忠者」と名指しして攻撃する。
三宅を救わんと後詰の信定派連合の尾張品野軍8000余騎が迫るが入道全孝と、清康は是を撃退する。
三宅氏は南朝児島氏の子孫だが、西三河に土着し国境を接する美濃の土岐家と婚姻を重ね、土岐一族を後ろ盾とする侮れない勢力を持つ豪族だった。
当時、佐久間氏の惣領にあったのは、佐久間重行と呼ばれる傑物である。
佐久間九郎左衛門・重行、入道して「全孝」は那古屋城の主・今川氏豊よりも、23歳となった家老の織田弾正忠・信秀に武将として一目を置いていた。入道全孝の予想通り、信秀の器が証明されはじめていた。入道全孝は、都の貴族までもが信秀の資金を頼りにしていた。
天文2年(1533)美濃の土岐家の庶流で、可児郡土田村、尾張の萱津の豪商、土田政久の娘(土田御前)を室に迎えた。
翌年、その娘との間に、信秀の三男が生まれた。
信秀はこの男子を「吉法師」と名付けた。
林家は南北朝期に南朝方に忠節を尽くした河野一門の末裔で、元々は四国伊予の国人である。
河野氏の末裔が美濃に土着していた。戦国時代に「西美濃三人衆」と呼ばれた有力な三家のうちの稲葉家と同門であるのが尾張の林家である。林家は尾張の西春ばかりでなく、美濃にも所領があり
美濃の林家は斎藤道三の「槍奉行」を務める。
信秀の父・信定の代に、林佐渡守・通村の娘が信定の室となった。林新五郎・通勝(のち佐渡守・秀貞)に「秀」の一字を与えた。天文3年(1534)に誕生した息子・吉法師(のちに信長)の守役には、「武」に関しては林 秀貞兄弟を、「文」に関しては、信頼する側近のうち、平手政秀を付けて、その成長を見守る事とした。於大は清康の正室だった「於富」の娘でもあり大河内家に連なる血を持つ娘だった。信秀の意向による政略婚である。広忠16歳、於大14歳の若夫婦であった。
http://p.booklog.jp/book/33567/page/508459

7歳の吉法師
下方左近・貞清は、織田の一門衆で、名誉ある赤母衣を背負う武辺者である。
佐々隼人正・成吉(政次)、佐々孫介・成経兄弟は、春日井郡の比良城を拠点とする豪族の出身である。天文12年(1543)3月、熱田社家の千秋氏、加藤氏、その他尾張の歴々の前で相撲が奉納された。信秀の万松寺の葬儀には、末盛譜代家老の筆頭として勘十郎(信行)に伴し、続いて、佐久間入道全孝の一族の生き残り佐久間大学・盛重、その弟、佐久間次右衛門(のち久右衛門・盛次)、長谷川、山田が従った。勝家の妹婿に盛重の弟・佐久間盛次があり、その息子に猛将・佐久間盛政が誕生する。実家に送り返された「於大」は、兄・水野信元の命で、信秀派の武将・久松俊勝と再婚する事となる。水野忠政が討たれ、元・清康夫人「於富」は32歳となっていたがまだまだ美しさは衰えず、「於富」を捕らえた河口宗吉により側室とされていた。この抗争の中で河口宗吉は今川方に降伏、離別された「於富」は富永氏を頼り、その美貌ゆえに一族の星野備中守・秋国の側室となるが、彼も織田家との戦陣に没する。広忠の室「於大」の母、大河内家の血をひく「於富」の、人質としての価値を今川家は重要視していたのだった。
信長16歳、「帰蝶」は15歳だった。母は美濃恵那郡明智城主の明智駿河守・光継の娘で、十兵衛・光秀の父・明智光綱の妹である。帰蝶と明智光秀は従兄弟同士の間柄だった。
三宅康秀 (?~?) 「明智系図」に名がある。明智光隆の子。光秀の弟。彦三郎、三宅弥平次、左馬助。三宅長閑の婿養子となり、三宅弥平次に名を改める。
嫡男・光綱は光継に先立って亡くなっており、嫡孫・明智光秀の養育を三男・明智光安に命じた。
秀満は母方である三河の三宅姓を名乗っていると永井氏は書いているから、それならば児島高徳の子孫ということを意味する。明智左馬助とはもちろん明智秀満、三宅弥平次のこと。明智秀満は児島高徳の子孫。西、東広瀬は後鳥羽嫡孫、児島高徳の城であった。

土岐氏の支流明智氏に生まれ、父は明智光綱といわれる。


「上沢家長(中条(出羽守)家長)女と東寺長者道乗妻」

「佐久間系譜」
佐久間家は、三浦義明の三男である義春の四男・家村が安房国狭隈郷(現千葉県鋸南町下 佐久間~上佐久間)で称したのが始まり。
その養子である朝盛(和田義盛の孫)は鎌倉幕府に仕えていたが、和田義盛の乱に敗れ、越後国奥山荘(現新潟県胎内市)に逃れた。その子家盛が承久の乱の功績により上総国夷隅郡(千葉県勝浦市、御宿町)と尾張国愛知郡御器所(「ごきそ」現名古屋市昭和区御器所)を恩賞として賜りそこに子孫が定住した。
御器所の三河高橋庄にある猿投神社は、

山崎御器所の支配権を得た佐久間信盛 .佐久間信盛の伊勢神宮への返礼の書状は有名 です。

児島宮では女系のようだ。
佐久間家村ー佐久間朝盛和田朝盛ー二条為明ー宗朝多功宗朝ー本草甚九郎満盛ー孫五郎助安ー朝次弥平次ー信晴ー信盛ー正勝不干斎

嘉吉年間(1441~1444)、佐久間氏中興の祖と言われる佐久間美作守家勝
御器所八所大明神修理棟札に、 佐久間美作守家勝・佐久間右衛門尉信盛の名が見える。
三貫」と佐久間氏の先祖が見える。
朝盛は三浦義明の一族で和田常盛の子であるが、佐久間家村の嫡嗣子となった人であると伝わる。

文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。『龍興寺文書』
小川乾坤院(知多郡東浦町)蔵の「血脈集」文明十一年(1479)条に「誠栄 サクマ平右衛門 尾州御貴所(御器所)」とみえる。

佐久間正勝長久手の戦いの時に蟹江城を守っていたが、家老の祖父前田種利の、裏切りと滝川一益に留守中に城を奪われるという失態を演じてしまう。

史料. 『中条家文書』; 『越後文書宝翰集 三浦和田氏文書』; 『上杉家御 年譜』. 『奥山庄城館遺跡』
 

八尾王繇王丑?越国国王。繇君丑是无?的?子。建元六年(前135年)」 夏后ビン越

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 8月17日(水)19時18分23秒
  八尾よろずの神々と祝詞にある。
八尾とは
(天神)とは八尾と、今から二千百年前の、福建省、武夷の越王丑の名である。
八尾王繇王丑?越国国王。繇君丑是无?的?子。建元六年(前135年)」 夏后ビン越

八尾とは平山也、武夷の白馬三郎 武夷の白馬三郎
王八尾、 福建省の国の王。ビン越の国の 君主
福建省は、東と八尾に分割しました 135年前 - ビン越征服 110年前

『記紀』の中に、武夷鳥命とルーツを記している。

福建省越城の始まりは?元前202年、係ビン越無諸与えられては漢の高祖劉邦後造営の座王城。ビン越立国後、大興製錬業、普及の鉄器具、生産を発展させ、社会の生産力を高め、経済実力の急速な成長を促進ビン越。当時の鉄の農具がすき、鍬、?、くわなど;鉄ツールが斧、ハンマー、鑿、ソー、環、環曲刀、曲形鉄条など;兵器が矛、刀、剣、ナイフ、鏃などはかなり広く普及し、生産と生活の各方面で、この説明ビン越の国はすでに非常に先進技術を持つ冶?。ビン越国も比較的発達した建築業、紡績業、造船業、陶業や交通業。また、ビン越国の軍事力もかなり強力。
ビン越国
前後の沿革:無諸先祖係越勾践の末裔、紀元前334年楚敗越後、越の余部退から福建省や浙江南部……。.参照越歴代君主世襲リスト
侯无壬ほど
越侯無訳
越侯夫譚
越允よく
越勾践
越鹿郢まで
越は寿
越朱勾
越翳
越諸咎
越間違って枝
越の侯
越無専門の紀元前334年楚滅越後、南に移転し、ビン越時期
越無強い
越王玉
越尊

越親
自秦漢の弱体化をビン越ために、ビン越分割瓯越とビン越など、潮州係漕ぎ南越管轄に参加し、秦王朝ビン越部分で台なしに設置された?中郡と相関文章。
ビン越無諸遷都:東冶(福建)
?瓯王?遷都:?瓯(温州)ビン越無諸、漢正式に認めて王?瓯王?
ビン越王甲?瓯王???瓯王望
ビン越王郢まで
ビン越王丑

劉邦 (紀元前 202 年)、復元されたビン越王、東中国冶金 (今福州) の首都の 5 年間。 資本 dongou (浙江省)、東シナ海王を揺るがします。

中国,前漢代前期に越王句践(こうせん)の子孫と称した越族が,閩江(びんこう)流域に閩越国,甌江(おうこう)流域に東越(東甌)国をたてた。秦末,君長の騶無諸(すうむしよ)と騶揺はそれぞれの部族を率いて漢王朝の成立をたすけ,騶無諸は前202年閩越王
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-CN&u=https://zh.wikipedia.org/wiki/%25E4%25B8%2591_(%25E7%25B9%2587%25E7%258E%258B)&prev=search
 

中国福建省屏山の地鉄工事の時、平山駅から、ビン越王の治城が、発見天皇が平山だった事が、平山県による

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 7月19日(火)16時30分28秒
編集済
  天皇が平山だった事が、平山県にあった。
その由来とは、
児島宮歴研会による調査報告 ... [460] 天皇は何故平山なのかが、福州屏山の平山県に始まっていた Name:児島宮考古学研究室 Date:2015/12/28(月) 19:26 ... 中国の天皇の初見は、紀元前二百年前の、浙江省ビン越王の無渚、の治城にも、平山県とあり、ここから、の平山だった事が判明した。 ウガヤ尊も平山だった事が判明した。

明治に改竄したのは、ガサネタ、理由はなかった。
明治7年に、旧薩摩藩の学者たちが突然、何の根拠も無く「吾平山とは鹿児島県鹿屋市(旧 肝属郡吾平町)である!」と主張したのは、
薩摩藩主が今の天皇を作り足していた事が見えた。
日向三陵その指定が天皇の御裁可であったにしろ、何もない処を皇孫等の陵墓としたのでは一般の、あるいは地元の理解が得られるわけでは なかろう。日本中の大笑いの基になるだろう。

神武天皇の父とされるウガヤフキアエズの陵は明治七年の明治天皇の裁下により、大隅の国肝属郡姶良郷上名村 .... 神武帝は、初め吾平津媛(あいらつひめ)を妃として手研耳命(たぎしみみのみこと)を生んだ。 ... ウ尊の陵墓は、現在、鹿児島県肝属(きもつき)郡姶良村大字上名字吾平山に「ヒコナギサタケウガヤフキアエズノミコト日向吾平山上陵」として在るのがそれだというが、くわわせ者だった事が見えた。
日本中の大笑いの基になるだろう。

福建省概要 ローマ字表記 Fujian 略称 ? Min 省都 福州 Fuzhou 位置 中国東南海辺、東部は台湾海峡を間にして台湾に臨んでいる。 ... 春秋時代は越の支配下にあり、戦国時代には楚の国の領土であった。
漢の時代には楊州会稽郡が置かれるが?山平山に、劉邦を助けたにより、越王無渚が治城をたてた、その時天皇の雲巻き模様が、使われていた事を、児島宮考古学研究室  が解明した。

http://www.weblio.jp/content/%E7%A6%8F%E5%BB%BA%E7%9C%81
石家荘市。河北の省名は、黄河の北にあることに由来する。河北省の旧称冀州から、略称は冀。
戦国時代なると中国は「戦国七雄」により分割された群雄割拠の時代を迎え、河北省は北部に燕、南に趙、中部には中山国が立てられた。
《平山県》(へいざん)河北省石家庄市平山県に位置するごく普通の山村。

前221年、秦朝が中国を統一すると郡県制が施行され、全国を36郡に分割した。河北省には上谷郡、漁陽郡、右北平郡、広陽郡、邯鄲郡、巨鹿郡、代郡、恒山郡の8郡が設置された。前漢が成立すると全国は13刺史部に分割され、河北省は北部は幽州刺史部、中南部は冀州刺史部に属し、張家口北部は北方民族である匈奴、烏桓の活動地域とされた。

石家荘市からは北へ15キロ。河北省を中心に古代から近現代まで幅広く歴史文物と美術作品が収蔵されているが、その中でも平山県の中山王墓と満城県の前漢中山靖王劉勝墓からの出土品が素晴らしい。

新楽市には「伏羲台」が残り、伝説上の「伏羲氏」の故地である。戦国時代には中山国が形成され、平山県には中山国の「都城遺跡(都城?址)」が残り、「中山王墓」からは珍奇な文物が出土している。


 

又、重要な、日本の、てんのお、と神社の証拠が見つかった、岡山の吉備津宮の神官賀陽、、の出身、福岡黒田家の貝原益軒の書軸の、箱

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 6月21日(火)17時15分42秒
編集済
  又、重要な、日本のてんのお、と神社の証拠が見つかった、備中国吉備津宮の神官賀陽、、の出身、福岡黒田家の貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた模様が、奈良田原の神武宮殿と一致していた事を児島宮歴研会が見つけた。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~s_minaga/ato_kibitu.htm

http://www.okayama-kanko.jp/okayama/oka-rekishi100/021/021.html


これで雲巻き模様は、平山てんのお、の、標識であった事が、判明し、日本の歴史の錯誤が、改められよう。
ウガヤに始まる、日本の神と天皇、神武の出生地の不明だった、起こりに衝撃が走った。
北部九州は、日本の起こりになっていた事は、日本の歴史に、大きな発見となった。


日本の神と天皇と神社は平山てんのお、の、標識であった事が、判明した。
次々に発見を続ける児島宮歴研会は、日本の考古学協会や、宮内庁並びに、全国教育委員会文化財に、日本の歴史の錯誤が、改められよう。
日本とは、が、始めから、やり直しが、求められよう、証拠も無かった、まちがっていた?日本の考古学協会や、宮内庁並びに、全国教育委員会文化財に、日本の歴史の錯誤が、改められよう。

今回は、岡山の吉備宮の神官賀陽、、の出身、福岡黒田家の貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた模様が、奈良田原の神武宮殿のと一致、雲巻き模様は、平山てんのお、の、標識であった、ここに、岡山の吉備宮は「平山てんのお」によって、吉備宮は、始まっていた事は確実となった。

http://www.harimaya.com/o_kamon1/syake/south/s_kibitu.html

桃太郎神話や日本の神話にも、「平山てんのお」によって、始まっていた、事が相似していた。
日本の神々は、この、「平山てんのお」以外には、なかったであう。

さて、この雲巻き模様は、平山てんのお、の、標識とあるのは、
貝原益軒の書軸を知らなければ、解く事はできません。貝原益軒の書軸の内容が、日本人にとっては、日本らしさに、なっているからです。
http://www2.ezbbs.net/22/kojima/
この句は、菜根譚(天地有万古)である。

天地有万古、此身不再得。
人生只百年、此日最易過。
幸生其間者、不可不知有生之楽、
亦不可不懐虚生之憂。

天地は永遠のものであるが、この身を再び得ることはない。
人生はせいぜい百年で、月日はどんどん過ぎてゆく。
幸いに、この世に生まれた者は、生きている楽しみを知り、
無駄に過ごすことの無いように心得ていなければならない。

菜根譚(さいこんたん)の一句、天地は万古の箱書きの標示に、貝原益軒出身の備中国吉備津宮を創建したのは、なんと、平山天皇?だった、平山天皇?の発祥地は、二年前に、児島宮考古学研究室が解明した。
天地は万古の箱書きの標示雲巻き模様が、菜根譚(さいこんたん)を解明する事が出来た。
天地は万古の箱書きの標示雲巻き模様が、http://news.changlenet.com/story/76000/ 貝原益軒出身の備中国吉備津宮と一致していた事が判った。
貝原益軒出身の備中国吉備津宮は知るべき人だけが知り得た項目であった。箱書きの標示雲巻き模様の事。

大きな手掛かりになった時。
2012年11月8-11日に工事が開始中国福建省屏山平山のビン越の治城が、発見され、そのビン越の治城の軒丸瓦当て、が最古とされていて、日本に伝達された経過が解明に至った、のは児島宮おいて外には出来なかったのは言うまでもない。
菜根譚の作者であるが、日本では、ありません、それは箱書きの標示雲巻き模様に、あるように、この標示雲巻き模様は、http://news.changlenet.com/story/76000/ に行き着きます。



ここに、岡山の国生みは、朝鮮半島には、関係していなかった事は確実となった。

http://www2.ezbbs.net/22/yasumati/

三十年程前に、日本の天皇について、ウガヤ尊、や神武天皇、舒明天皇は、「かばね」が平山姓と、していたのが、中国福建省屏山の地鉄工事の時、平山駅から、ビン越王の治城が、発見されてから、いち早く、児島宮歴研会によって、解明された。
それは、児島宮の先祖は、華夏の越王の後裔のウガヤ尊、や神武天皇、舒明天皇や後鳥羽上皇の直系により、河姆渡遺跡の発見、に、つながって、いるのは、此れ無くしては、今解明は不可能となって、いたであろう。

http://www.315ok.com/leftview_mod.php?id=409604

 

天孫降臨と筑紫の夜須とは?ここに越王勾践の裔の、てんのお、が一致が見られる

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 5月 8日(日)19時52分40秒
  須恵器(すえき)=朝鮮半島から伝来の大嘘
須恵器(すえき)というのは、昭和になり、つけられた呼び名で確証はされていない。
これが日本の歴史を誤らせた原因となっています。
須恵器と称しては、いけなかった?
このままでは立証するには困難になるからです

児島宮考古学研究室から提唱するのは?
土器か磁器かという事から、分けて始めなければ、ならないでしょう。
この土器の事が須恵器(すえき)と、呼ばれるだろうかです?
日本ではこれらに属した呼び名があり、陶器と、呼んでいますね。
この土器の事が須恵器(すえき)陶器とと、呼ばれるだろうかです?
そこからか間違いに、なっているのです。
陶器は軟質である為、低温で、焼成していますね?
京焼は、須恵器(すえき)=朝鮮半島から伝来していたと、考えてしまっては、いませんか?
其処が違っています?
これが古代の古墳の中に、見つかっていましたか?
そんな事はあり得ない!
此処からは、
須恵器の本当の呼び名について、
児島宮考古学研究室では、名前について?瓦質磁器が、古代中国の福建省の江南地方から、筑紫夜須へ、移ってきたのが、灰色硬質磁器であった、ここでは須恵器なんて、朝鮮半島では、なかった、と言えるのが児島宮考古学研究室於いて外には、いないでしょう。
灰色硬質磁器の原形が、この瓦質磁器に因んでいたのです。瓦質磁器なくしては、灰色硬質磁器は存在していなかったでしょう。
まだ瓦質磁器なくしては、灰色硬質磁器には確証となるとが、あるが、まだ先の事です。
瓦質磁器開始が、五世紀ではありません、
児島宮考古学研究室の調査では、
古代中国の春明戦国時代に、越人の墳丘墓の中から、見つかって、いた事を確証しています。
これか、日本の墳丘墓や古墳に、埋葬が行われるようになっていました。
これか須恵器?の、いいえ、違う、
瓦質磁器の確証なのです。
須恵器(すえき)=朝鮮半島から伝来説の意味とは、違うのが、これだ!!
灰色硬質磁器の原形が、この瓦質磁器に因んでいたのです
瓦質磁器とは、
朝鮮南部での瓦質土器の出現は紀元前1世紀、関連していた、時期は後漢の漢の武帝が、福建省武夷宮を、攻めて、其処の国の住民十万人が、居なくなったと、記録していた。
それから、後の隋の時代に、日本は小野妹子や万葉集の時期に隋の使役が筑紫の夜須に来て、この土地は、華夏人の土地と記録したのが、確証出来る。
後の隋の時代に、紀元前より瓦質磁器が、古代中国の福建省の江南地方から、筑紫夜須へ、移ってきた事が明らかになった。
これなくしては日本の歴史は語れない。
日本の開始は、てんのお、と、平山とウガヤに見えた
瓦質磁器だけではなく、てんのお、と、平山とウガヤに見えた吾輩。
http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/545

日本の歴史は朝鮮では無い。
朝鮮では無く、筑紫の東の大木であった。祝詞は確証していた。
神詰まりますと、立証している。
天皇と平山は同音也。
その立証が、福建省屏山の平山県に、呉越の戦いで呉の王を下して覇者となった、越王勾践の裔が、劉邦を助けて、この平山県に治城を無渚が建てた、
その後、この治城に、てんのお、とする瓦質磁器が発見され、児島宮考古学研究室が、日本の天皇との一致を、解明した。
平山県と無渚は、てんのう、である事を確証した。
又てんのう、は日本でも神に有らせられると昔より言い伝えが、あるのが解明した。
それだけではなく漢字は日本と一致している。
今の北朝鮮と韓国には、漢字は使われてはいない。

ここにも北朝鮮と韓国は日本の歴史と食い違っている。
ウガヤは何故平山大神とされたのか、立証していた天皇と夜須
天皇と夜須には越王勾践の裔でなければ、てんのおでは、なかった?
ウガヤは何故平山大神とされたのか、?天孫と同音?
天孫降臨と筑紫の夜須とは?
ここに越王勾践の裔の、てんのお、が一致が見られる。
また平山と天皇の同音?は北朝鮮と韓国ではない。
今の天皇はテンノオ、ではなかった。
名前だけの天皇は存在していません
天皇は権力者の事ではありません。
てんのう、は日本でも神に有らせられると昔より言い伝えが、あるのが解明した。
今の天皇は名前だけの事でしか、ななかった?なので天皇ではなかった。
天皇は朝鮮半島から伝来の大嘘

天皇は朝鮮半島には記録されていない?
日本だけの、てんのうは、八尾也。
八尾とは平山也、武夷の白馬三郎

武夷の白馬三郎とは?白馬寺と中国初の寺と三角縁神獣鏡。夜須のヒルハタ遺跡で鏡の鋳型が出土していた。
天孫降臨地では鏡の鋳型は夜須しか出土していない。
白馬尊王,又稱白馬三郎,為中國福建的?土神祇,尤以福州人最為崇信。白馬尊王,為三位神祇之名,即「異神同名」
前135年),閩越國?史上的一位國王,無諸之子,騶氏。無諸死後,郢與其餘子孫爭鬥並奪下王位。
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A2_(%E9%96%A9%E8%B6%8A%E5%9C%8B%E7%8E%8B)
八尾王として列聖されました。
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-TW&u=https://zh.wikipedia.org/wiki/%25E9%2583%25A2_(%25E9%2596%25A9%25E8%25B6%258A%25E5%259C%258B%25E7%258E%258B)&prev=search
閩越の国都は武夷山脈のなかにあった) 北への ... 王の三男であった彼のことを、いつともなく閩越の民は「白馬三郎」と呼びならわした。 ... 白馬三郎」は神格化され、百越の末裔たちの守護神となる。
全名騶無諸,第七世閩越王
為越王勾踐的後代[a],於戰國末期至西漢初期在位,使一度亡國的閩越再度中興?壯,並成為漢朝立國之初第一位百越族的異姓諸侯王。由於無諸是福建?史上第一位有文獻記載的君主統治者,並且是帶領閩越族登上?史舞台的卓越人物,因此被後世的福建族群頌揚並尊奉為開閩始祖[2]。
先後以臣屬於秦、漢二朝來換取閩越國的延續與發展。有鑒於中原文化與科技的興盛,無諸積極引進華夏文化,並與閩越族原本在地的百越文化做融合,發展出獨特且輝煌一時的閩越文化。在科技方面也引入中原先進的冶鐵技術,使閩越國在農業生?、百姓生活與軍事武裝上都有進一?的發展。
無諸生於戰國?期的武夷山一帶,是閩越王室成員,後來繼位統治閩越國。公元前221年,秦始皇消滅六國統一中原。次年,展開入侵百越的軍事行動,閩越國亦在此次征服行動中遭到消滅。然而,閩越距離中原太過遙遠以致難以實質統治,因此秦始皇僅將無諸廢為君長,並降閩越國為閩中郡,由無諸繼續統治。
公元前209年,陳勝、?廣於大澤??竿起義後,原六國的貴族再度武裝反抗秦朝,無諸與另一位君長騶搖率領閩越人跟從鄱陽令?芮北上幫助中原諸侯消滅秦朝。秦朝滅亡後,楚王項羽並沒有冊封無諸和搖為王,因此無諸與搖皆未臣屬於項羽。後來,無諸、搖率領閩越人輔佐漢王劉邦打敗項羽。公元前202年,登上皇位的劉邦重新冊立無諸為閩越王,統治閩越故土,都城設在東冶,並開始在武夷山城村建造當時越地最雄偉的閩越王城。
公元前192年,無諸逝世,閩越國陷入?亂,無諸諸子為了王位進行長期的爭奪。關於無諸墓葬,有一?是在福州城隍山西面的小山丘,俗呼王墓山。另一?,無諸墓在南台(今台江區)嘉崇里(即大廟山)閩越祖廟後。

?閩越王 騶郢
?東越王 騶餘善


?越繇王 騶(すう)丑
?白馬王 騶三郎
a.^ 史記?東越列傳:「閩越王無諸及越東海王搖者,其先皆越王勾踐之後也,姓騶氏。」
b.^ 《《史記?東越列傳》》:「閩越王無諸及越東海王搖者,其先皆越王勾踐之後也,姓騶氏。秦已併天下,皆廢為君長,以其地為閩中郡。及諸侯畔秦,無諸、搖率越歸鄱陽令?芮,所謂鄱君者也,從諸侯滅秦。當是之時,項籍主命,弗王,以故不附楚。漢擊項籍,無諸、
http://nihonnolakisi.1616bbs.com/bbs/thread_1.html
史記/卷114
閩越王無諸及越東海王搖者,其先皆越王句踐之後也,姓騶氏。秦已并天下,皆廢為君長,以其地為閩中郡。及諸侯畔秦,無諸、搖率越歸鄱陽令?芮,所謂鄱君者也,從諸侯滅秦。當是之時,項籍主命,弗王,以故不附楚。漢擊項籍,無諸、搖率越人佐漢。漢五年,復立無諸為閩越王,王閩中故地,都東冶。孝惠三年,舉高帝時越功,曰閩君搖功多,其民便附,乃立搖為東海王,都東甌,世俗號為東甌王。

後數世,至孝景三年,?王濞反,欲從閩越,閩越未肯行,獨東甌從?。及?破,東甌受漢購,殺?王丹徒,以故皆得不誅,歸國。

?王子子駒亡走閩越,怨東甌殺其父,常勸閩越擊東甌。至建元三年,閩越發兵圍東甌。東甌食盡,困,且降,乃使人告急天子。天子問太尉田蚡,蚡對曰:「越人相攻擊,固其常,又數反覆,不足以煩中國往救也。自秦時棄弗屬。」於是中大夫莊助詰蚡曰:「特患力弗能救,德弗能覆;誠能,何故棄之?且秦舉咸陽而棄之,何乃越也!今小國以窮困來告急天子,天子弗振,彼當安所告愬?又何以子萬國乎?」上曰:「太尉未足與計。吾初即位,不欲出虎符發兵郡國。」乃遣莊助以節發兵會稽。會稽太守欲距不為發兵,助乃斬一司馬,諭意指,遂發兵浮海救東甌。未至,閩越引兵而去。東甌請舉國徙中國,乃悉舉眾來,處江淮之閒。

至建元六年,閩越擊南越。南越守天子約,不敢擅發兵擊而以聞。上遣大行王恢出豫章,大農韓安國出會稽,皆為將軍。兵未踰嶺,閩越王郢發兵距險。其弟餘善乃與相、宗族謀曰:「王以擅發兵擊南越,不請,故天子兵來誅。今漢兵眾彊,今即幸勝之,后來益多,終滅國而止。今殺王以謝天子。天子聽,罷兵,固一國完;不聽,乃力戰;不勝,即亡入海。」皆曰「善」。即鏦殺王,使使奉其頭致大行。大行曰:「所為來者誅王。今王頭至,謝罪,不戰而耘,利莫大焉。」乃以便宜案兵告大農軍,而使使奉王頭馳報天子。詔罷兩將兵,曰:「郢等首惡,獨無諸孫繇君丑不與謀焉。」乃使郎中將立丑為越繇王,奉閩越先祭祀。

餘善已殺郢,威行於國,國民多屬,竊自立為王。繇王不能矯其眾持正。天子聞之,為餘善不足復興師,曰:「餘善數與郢謀亂,而後首誅郢,師得不勞。」因立餘善為東越王,與繇王并處。

至元鼎五年,南越反,東越王餘善上書,請以卒八千人從樓船將軍擊呂嘉等。兵至?揚,以海風波為解,不行,持兩端,陰使南越。及漢破番禺,不至。是時樓船將軍楊仆使使上書,願便引兵擊東越。上曰士卒勞倦,不許,罷兵,令諸校屯豫章梅領待命。

元鼎六年秋,餘善聞樓船請誅之,漢兵臨境,且往,乃遂反,發兵距漢道。號將軍騶力等為「?漢將軍」,入白沙、武林、梅嶺,殺漢三校尉。是時漢使大農張成、故山州侯齒將屯,弗敢擊,卻就便處,皆坐畏懦誅。

餘善刻「武帝」璽自立,詐其民,為妄言。天子遣橫海將軍韓?出句章,浮海從東方往;樓船將軍楊仆出武林;中尉王?舒出梅嶺;越侯為戈船、下瀨將軍,出若邪、白沙。元封元年冬,咸入東越。東越素發兵距險,使徇北將軍守武林,敗樓船軍數校尉,殺長吏。樓船將軍率錢唐轅終古斬徇北將軍,為御兒侯。自兵未往。

故越衍侯?陽前在漢,漢使歸諭餘善,餘善弗聽。及橫海將軍先至,越衍侯?陽以其邑七百人反,攻越軍於漢陽。從建成侯敖,與其率,從繇王居股謀曰:「餘善首惡,劫守吾屬。今漢兵至,眾彊,計殺餘善,自歸諸將,儻幸得?。」乃遂?殺餘善,以其眾降橫海將軍,故封繇王居股為東成侯,萬?;封建成侯敖為開陵侯;封越衍侯?陽為北石侯;封橫海將軍?為案道侯;封橫海校尉福為繚嫈侯。福者,成陽共王子,故為海常侯,坐法失侯。舊從軍無功,以宗室故侯。諸將皆無成功,莫封。東越將多軍,漢兵至,棄其軍降,封為無錫侯。

於是天子曰東越狹多阻,閩越悍,數反覆,詔軍吏皆將其民徙處江淮閒。東越地遂?。

太史公曰:越雖蠻夷,其先豈嘗有大功德於民哉,何其久也!?數代常為君王,句踐一稱伯。然餘善至大逆,滅國遷眾,其先苗裔繇王居股等猶尚封為萬?侯,由此知越世世為公侯矣。蓋禹之餘烈也。

騶揺(すうよう)とは - コトバンク



https://kotobank.jp/word/騶揺-1346033


世界大百科事典 第2版 - 騶揺の用語解説 - 中国,前漢代前期に越王句践(こうせん)の子孫と称した越族が,閩江(びんこう)流域に閩越国,甌江(おうこう)流域 ... 秦末,君長の騶無諸(すうむしよ)と騶揺はそれぞれの部族を率いて漢王朝の成立をたすけ,騶無諸.

姓は「騶(シゥ、スウ)」氏。「閩、東越は蛇種で、故に、文字は虫. に従う。閩の音は旻(びん、ミン)である。」という注が入れられており、これは、蛇トーテムという意味です。 ミンというのは巳(ミ=ハミ、ヘミ。ヘビ)と考えて問題ないでしょう。 春秋戦国時代の越から
 

写真は慶州市 舎羅里古墳群)画像元この画像の墓と、調査中の夜須小隈の積石墓が、相似する

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 4月14日(木)16時57分47秒
編集済
  写真は慶州市 舎羅里古墳群)画像元この画像の墓と、
写真は慶州市 舎羅里古墳群) 画像出典は「2002年7月28日~8月3日第4回友史会海外遺跡の旅「韓国中南部の古代。(写真は慶州市 舎羅里古墳群)
画像出典は「2002年7月28日~8月3日
第4回友史会海外遺跡の旅「韓国中南部の古代文化に触れる旅」 案内 河上館長」

慶州平野。
日本の弥生時代、現在の慶州市に斯蘆国(サロ・シロ)があり、6つの村があった。
そこに赫居世(ヒョッコセ)たちが北の方から動乱を逃れて鉄器を持ってやって来た。
紀元前57年のことだ。 http://lunabura.exblog.jp/17931953/
農耕社会の中に優れた鉄器を持って来たことから、ウガヤ王の長男、赫居世がその支配者になったが、彼はその時13歳。
その称号は居西干・次次雄(コソガン・チャチャウン)と言った。
紀元前37年。赫居世(ヒョッコセ)は慶州平野に京城を築き、金城と名付けた。
彼の重臣に瓢公(ひょうこう)がいた。彼は倭人だった。その役職名は大輔。
この時代に倭人が侵攻して来たが、赫居世の説得に応じて倭軍は撤退した。
(赫居世も倭人と言う説があった。)


調査中の夜須小隈の積石墓が、相似する。




 

華夏人の、かぶせる祭祀とは

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 4月14日(木)16時09分39秒
編集済
  華夏人の、かぶせる祭祀って聞いた事がないと、いうのは知らないだけで、日本人なら、誰でも、経験しているのです。
かぶせる=(合わせる)ことです。

元旦に、神へおそなえする、おかがみ餅も、由来は、華夏人の特徴です。

考古学者は、須恵器は朝鮮半島から始まったと、まとも、とは言えない。問題が、なかったと、認めない?
かぶせる(合わせる)言葉には、一月一日、三月三日、七月七日、九月九は重陽の節句がある、それは華夏人の、かぶせる祭祀、川辺族の祭祀だったという事を児島宮歴研会は発表する。

今年一月より発掘調査が継続して、調査中、鳥巣窯、小隈窯の年代が、弥生時代前期(2100年前頃)である事が、判りました。
考古学協会の須恵器は朝鮮半島から始まって大阪陶邑から北部九州へ伝わった説は、小隈窯の年代が五世紀後半説は検証出来ず、前原の硯石も紀元前百年前と、今年発表改正されていた。日本の何も、かもが、まとも、でなくなった、まともではない。
まともに検証できな くなってしまった。これは、まとも、とは言えない。問題が、なかったと、認めない?
考古学協会の須恵器は朝鮮半島から始まって、たてまえばかりしていては、まともに検証できな くなってしまった。たてまえば、どうにもできない。まともの基準 あるべき姿を教えなきゃ。はやく、考古学協会は、まともにならなきゃ。

小隈窯の年代が弥生時代前期(2100年前頃)華夏人の、かぶせる祭祀。

写真は慶州市 舎羅里古墳群)画像元この画像の墓と、調査中の夜須小隈の積石墓が、相似する。

ペルシャ石製(イラン)管玉は日本最古の弥生時代前期(2100年前頃)である事が、判りました。
ペルシャ石製(イラン)管玉は河姆渡遺跡から出土、続いていたという事が解明できた。夜須以外から管玉は出土しておらず、この管玉(小隈窯石積墳)が、ガラス製へと、なっていた事も判った。いずれの遺跡出土の管玉には中国福建省の鉛が混入していたと、あげている。

http://

 

小隈窯の上の石墳墓の中から華夏人の、かぶせる祭祀が、華夏式と解明された

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 4月13日(水)15時49分54秒
編集済
  華夏人の、かぶせる祭祀が、華夏式と解明した。

祖先崇拝祭祀も、かぶせる、合せ、甕棺が北部九州に、多いのは、華夏人の、かぶせる祭祀だった。

それだけではなかった?前方後円墳も、合せ、かぶせる祭祀、、前方は天の象を表し、後円は地球の長方形、象を、形どっていた事を児島宮歴研会は解明した。

甕棺は遠賀川式ではなかった、華夏人の、かぶせる祭祀だった。

ウガヤ丑王の、前地は?福建省武夷、城村宮で、漢の武帝軍から、落ちて、北部九州、筑紫の夜須に、都とした。城村宮発掘により、下水管にも、陶器合せ管が、当時のまま発見され、華夏人の、かぶせる祭祀が生活と密着している事も解明した。

ここで、華夏人のかぶせる、には、イナンナ、女媧、いざなみ、と相似している。
華夏人のかぶせる、には、日本では、紫宸殿前にも、橘と桜
959(天徳3)年 紫宸殿の前庭に「右近の橘」が植えられる、
http://blog.goo.ne.jp/yousan02/e/fb25a97acd0b538a91fdca3ce6fc6482

紫宸殿の前庭には959(天徳3)年の今日(12月7日)、天皇のいる位置から見て西側に「橘(たちばま)」が植えられ、東側の桜と対になった。華夏人のかぶせる
筑前町篠隈の対になった、てんのう、が象を、形どっていた。平山を表している。

須恵器は朝鮮半島五世紀後半からと見方したのは、無意味で、須恵器ではなく、華夏人のかぶせる、象の形で、古代で、取り扱っていたと解明した。

須恵器に、こだわりすぎて、時代も始まりも、解明する事が出来なかったのは、無意味だった。





 

小隈窯の調査で、工房の丘上の石墳墓の中から、銅に金箔された、耳輪が、出土

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 4月12日(火)21時42分25秒
編集済
  この画像は、ペルシャ石製(イラン)管玉で、ガラス製や翡翠、緑石製、管玉の原形となっていた。
ペルシャ石製(イラン)は河姆渡遺跡で、出土が最古。゜

3図は銅に金箔耳輪

金箔耳輪は最古の原形であろう。それは王の都(筑紫の大木原)だからである。近畿では無い。備前や丹波、奈良は、夜須の後時期である。

ここで熊野神社について、熊野神社は奈良が最古であるが、平安末期に北条家に、後鳥羽上皇は、てんのう、を、宮廷から降りられ、てんのうは空白となり、代変わりとなり、熊野は、てんのう、が、空になり、備前児島の尊滝院に移られた、高徳時、熊野大社は移され、ここから全国に、広まっていった。
同時に、尊滝院は、英彦山にも、影響していた。
天皇と祭祀は、これが原形となっていた。

かぶせる、としたのは、祭祀にも、活かされて、いたのには、驚いた。間違いないと直観出来た。華夏人の神祭祀には、天の川辺祭祀と、祖先崇拝祭祀が、ここにも、かぶせるが、行われてる事が、判った。
 

小隈窯の上の石墳墓の中から、空色に輝く、ペルシャ石製(イラン)、管玉と勾玉が出土、管玉の原形となっていた

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 4月12日(火)20時34分30秒
編集済
  小隈窯の調査で、工房の丘上の石墳墓の中から、空色に輝く、ペルシャ石製(イラン)、管玉と勾玉が出土、管玉の形が、祭祀に装着させる為のガラス製管玉の形の原形となっている事が、今日の撮影時、確認した。
同時に、この墓に葬られた、須恵器椀の蓋が被せてあったと、平島学芸員の説明で、筆者は、小隈窯の、陶工が、華夏人達で、ある事が、被せで?華夏人である事を確認した。

かぶせる、としたのは、祭祀にも、活かされて、いたのには、驚いた。間違いないと直観出来た。華夏人の神祭祀には、天の川辺祭祀と、祖先崇拝祭祀が、ここにも、かぶせるが、行われてる事が、判った

ここに、空色(天)に輝く、ペルシャ石製(イラン)の祭祀に装着させる為のガラス製管玉が埋葬者に備えられていたのが、解明出来た。

小隈窯の調査で、空色に輝く(かぶせる)、ペルシャ石製(イラン)、管玉と勾玉が出土、管玉の形が、祭祀に装着させる為のガラス製管玉の形の原形となっている事が、今日の撮影時、確認した。

この空色に輝く、ペルシャ石製(イラン)、の祭祀の始まりは、メソポタミアが世界初であった。ガラスの製造や鉄器の製造は、この筑紫夜須の遺跡でも、出土していた。裁縫の鋏はメソポタミアが世界初であった。

ガラスの製造は、八並遺跡周辺に出土していた事で、日本最初にあたる。又篠隈のヒルハタ鉄器工房で、鉄器が鋳造されていたのも夜須の、文化が、近畿へと、移って、いるのである。
奈良田原は、神武の宮殿があって、屋根の雲巻き象は、夜須の篠隈平山、大木原の象形と一致する。

中国の夏王朝(河姆渡遺跡)、華夏は、夜須、と重なりあっていた。篠隈の大木原象とも、夏王朝、ビン越、治城の象とも、かぶせる、、重なりあっていたのが、小隈窯でも須恵器の、かぶせるが、見えていた。

小隈窯焼成で、象の布江が、象がメソポタミアの、かぶせる、であった。
小隈窯の上の石墳墓の中から、出土していたのは、
銅に金箔された、耳輪が、出土していた。

 

小隈窯の調査で、工房の丘上の石墳墓の中からガラス製の、管玉が出土、これで鳥巣窯、小隈窯の年代が、弥生時代中期(2100年前頃)である事が、判ります

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 4月 7日(木)18時54分3秒
編集済
  小隈窯の調査で、工房の丘上の石墳墓の中からガラス製の、管玉が出土しています。これで鳥巣窯、小隈窯の年代が、弥生時代中期(2100年前頃)である事が、判ります。

これらは、いずれも、中国福建省に、ガラスの生産地になっています。

吉野ヶ里遺跡と同時期の三並遺跡、小隈窯石墳墓からも、ガラス製の、管玉が出土。
福岡県朝倉郡夜須地方(隋国の使者が筑紫、夜須地方は華夏人としている。
木棺墓は福建省、江南に、はじまっています。夜須地方では鬼神山の墳丘墓から木棺墓が出土しているので、重なり合って、弥生時代を先んじた、初期(2100年前頃)だと、判ります。


北部九州のガラス製の、管玉出土により、近畿丹波弥生時代を先んじた、初期(2100年前頃)だと、判ります。
それはウガヤ王冠が吹田区の墳丘墓から、出土しているからです。

参考
弥生時代の先進国、丹波弥生時代中期(2030年前頃)日吉ヶ丘遺跡貼石墓の中央にあった木棺趾から朱と管玉が677個以上発見されました。

ガラスの生産と福岡県朝倉郡夜須篠隈のヒルハタ鉄器工房、惣利木製工房の時期と見えると、児島宮歴研会は、十八年前と発表が、重なって、います。

今年一月より発掘調査が継続して、調査中、鳥巣窯、小隈窯の年代が、弥生時代前期(2100年前頃)である事が、判りました。
今年の三月、小隈窯、灰原横から、灰色硬質土器(須恵器、陶器)のミニチュア高坏が出土し、華夏人の川辺龍の祭祀が、筑紫夜須地方で、行われていた事が確認出来ました。弥生時代前期(2100年前頃)時期の大きな決めてとなりました。
それに、須恵器五世紀後半は、もろくも、崩れ去り、ここからは日本は福建省、江南に、はじまっていた事が重なって、確実となりました。

日本人は華夏人と周国の呉の太伯の子孫と、書かれていたのが、重なり合っている事が良く判るでしょう。

前原の遺跡の硯の年代も、弥生時代前期(2100年前頃)である事が前原教育委員会が、改め、遡る事が、、判りました。
ここに児島宮歴研会は、弥生年代の、中心になる概念に、なりました。河姆渡遺跡の発見は児島宮歴研会が二十年以前にインターネットや、梓書院から発行の、「豊葦原国から邪馬台国夜須へ」の中に、書いていました。ご覧いただけると、須恵器も詳しく述べています、他にも、ウガヤ王冠も写真を載せています。

次々と後で、新たな調査により、出て来る、須恵器と同時の、弥生時代前期(2100年前頃)は、重なり合っている事が良く判るでしょう。



 

朝倉窯は漢式登り窯で焼成され、筑紫都で神祭祀が行われていたのは、既成の事実

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 4月 3日(日)16時40分35秒
編集済
  小隈窯は、灰色硬質土器と赤土硬質土器は、漢式登り窯で、燃焼焼成されていたが、日本考古学協会及び教育委員会文化財課は、朝鮮半島から五世紀後半に、大阪に、やってきた?陶工が、九州に伝えたとしているが、
北部九州には、神宮皇后が、夜須には先んじる、都があったと、しており、
夜須の都?宮殿があり、用具?漢式登り窯で燃焼されていたのは、夜須全体から同時期の、漢式登り窯で燃焼されていた、灰色硬質土器と赤土硬質土器が、惣利遺跡の木製土器扉の年代と、符号している。

夜須全体から同時期の、漢式登り窯で焼成していた、都は筑紫と、しているのは既成の事実で、五世紀後半ではないのである。

都は筑紫宮殿で、王によって、行われていた。

夜須の朝倉窯が朝鮮式登り窯というのは、符合しないと、児島宮歴研会は、いい、それは、赤土の用土の配合に、大阪吹田の須恵器陶土と、夜須、三並の鳥巣窯と小隈窯の赤土の用土配合には、違いが、出ていると言う。

「筑紫の、ひむかの、橘のおと、の大木原に神づまります」と、と祝詞にもあるのは、近畿には、存在すらない、地名なのである。
この祝詞の意味も、日本考古学協会及び教育委員会文化財課は無視して、
小隈窯は、灰色硬質土器と赤土硬質土器は、、日本考古学協会及び教育委員会文化財課は、朝鮮半島から五世紀後半に、大阪に、やってきた?陶工が、九州に伝えたとしているが、誤認しているのである。

歪んだ日本考古学協会及び教育委員会文化財課は日本の歴史さえも、無視している。

小隈窯調査中 二月より四月

窯、横から三月灰色ミニチュア高坏が出土した。これは川辺龍祭祀の用具である。

何故、福岡県や国は、筑前町の小隈窯調査に関知しないで、ゐられるのか?現段階で?

こんなに貴重な、国宝クラスの灰色ミニチュア高坏が出土なのに?

小隈窯横の墓からは、ペルシャ石、の首飾り、と須恵器が調査で出土していた。平島氏は、墓が、小隈窯とは無関係とするか、児島宮歴研会は、古美術家でもあり、ペルシャ石、の首飾り、と須恵器は、同時期の墳墓と見ていると、した。

 

日本の古代は夜須に有り、どういう意味か説明?

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 3月 9日(水)19時20分24秒
編集済
  夜須という名は、どうして出来たのか?児島宮歴研会が、長年、遺跡の発掘に、調査中の、出土品で現地に出向いて、この眼で確認した、積み重ねの結果、夜須全域の遺跡は、灰色硬質土器(須恵器と、登り窯)で燃焼された、灰色硬質土器と赤土硬質土器は、漢式登り窯で、燃焼された土器で、五世紀後半になり、大阪吹田の陶邑から、の陶工が、この朝倉夜須地方に、やって来たと、する朝鮮半島の、焼物師から始まった説に、疑問を以っていました。

何故なら、地名の夜須は、どうなっていたのか?です。
「記紀」にも夜須という、言葉が、書かれているが、はにやすひこ、はにやす姫とは、なんなのか、を、小石原の皿山の高取八仙氏に、どうして、神棚に、祀ってあるのは、どうしてと、質問した事から、八仙氏と奥方は、土の神様とお答え頂き、それが後に、八尾よろずという言葉と連結している事が、解明できたのです。
人間に男と女が連結して、土の形象となっている事が、解明できたのです。
もののはじまりの事に、これで、言葉と連結している事が、解明できたのです。

神棚の神々のように、唯一では、出来ては、いないという事が判りました。
木々のオスメスのように、です。

ここに答が、出て、

ここで地名の夜須とは、どういう事かになります?
考えても中々出てはきませんでした、が、ものの基本を思い出し、言葉にも、夜須の始まりがあり、後の夜須に、つながっているという事になります。

こうしていくと、どうしても、朝鮮半島の、焼物師から始まった説に、疑問を以っていました。もっぱら、名誉教授の先生方の、朝鮮半島の、焼物師から始まった説には連結は、なりませんでした。

そこで、児島宮の元祖は、ウガヤでその先は、越王勾践その先は、越王祖の無予、その先は夏王朝が始まりとなっているのに、どうして、考古学は朝鮮半島の、焼物師から始まった説に、なるとするのか、連結にならないのは、成り立たないでしかありません。
ひとつの答えは日本は紀元前二千六百年というのが、どのようなものか?その答えは越王祖の無予と越王丑王がウガヤという名と判りました。それは漢人とか華夏に、他にもも答が、五世紀の敏達天皇の時、古代中国の隋時代、陽帝の使者が、北部九州へやって来た時、夜須に立ち寄り、この地夜須は、漢人とか華夏の土地だと、記録していたのです。

これで、夜須は朝鮮半島の、影響は、無いとなっています。夜須は五世紀の敏達天皇の時、古代中国の隋時代しかないという事です。
この夜須との関わりは、夜須で作った大伴家持歌、も記録されていた。夜須の野に

皆さんが、古代を調べる方法は、現実に向い合っては、いないで、教育委員会文化財課に、傾倒し過ぎて、いるのでしょう。教科書は正しいと言えるのですか、という事です。

ここで物事の成り立ちは、夜須は朝鮮半島の、影響は、無いという事てす、始まりは、やはり、日本は紀元前二千六百年というのが、どのようなものか?その答えは越王祖の無予と越王丑王がウガヤという名と判りました。これが日本の始まりという事です。

ではもう外には、説明はないのか?いいえ、
夜須で登り窯の鳥巣窯の梨の木遺跡のミニチュア土器河辺の祭祀と小隈窯のミニチュア土器埴輪が幾内地方の河辺の祭祀に、連結していたという事。
これが小隈窯

勿論夜須遺跡のミニチュア土器河辺の祭祀の始まりで、山陰、四国、岡山、奈良へと、河辺の祭祀に、連結ダブルしていたという事。

河辺の祭祀ダブル、(融合) 竹笹を、両岸に立て、注連縄を張り、藁の中に、飯を、つつみ、下げる







 

日本の古代は夜須に有り、どういう意味か説明?日本人を知るには、どのようにして、始まったか、ですね?

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 3月 5日(土)15時39分9秒
編集済
  日本の古代は夜須に有り、どういう意味か説明?
そもそも夜須とは、何のことなのかについて?

日本はいつ、始まったのか、説明。

そこで夜須の起こりは起源二千六百年という、言葉は、何なのか?
まず、これについて、説明。
日本人を知るには、どのようにして、始まったか、ですね?


起源二千六百年という、言葉は、実は、てんのう、という名に、始まっていた。
日本という名よりも、昔々迄、遡る。
朝鮮半島には、天皇という名は記録にも出ていない、そこで、てんのうとは何か、そこには、安九、竹シ、扶桑、越人歌、鳥巣、という言葉の中に、日本そのものが、入っています。

インターネットで、これらの文字を書き込み検索すれば、YouTube、で探す方法があります。
出てくるのは?漢の?・・・・・・・・日本は中国の前漢、後漢にあたる。結して朝鮮半島ではありません。
これが日本の昔々迄、遡る。

須恵器はいや硬質土器は、漢人、の越人、を元祖として夏王朝に行き着きます。
ここで越人の国を、開花させたのが、初代の日本の元祖という訳です。
そうです、紀元前はこの人から、数えて、何年と、いうこと。そから児島宮に、なっています、天皇は。

そこで、今年のはじめに、児島宮歴研会か、調査研究の結果、てんのうの、インターネット検索していたところ、児島宮祖でもある、越王の、福建省ひらやま県、?山、の平山地鉄駅の、工事中、遂に出てきたのが、日本にもっとも関係が深い、そこには、軒丸瓦が出土したのは、
百越祖となった、治城の時期、漢の劉邦という人物を、助けて、治城を築造した、無渚という人は、なんと日本の元祖となった、ウガヤフキアエズ(越王丑)で、ここ夜須の墳丘墓に形跡を残しております。その名を天皇系図、てんのう、では、平山御陵となっています。
これが日本の天皇のはじまりとなっている。










 

脚本された考古学に、歴博もゆれ動いている

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 2月 6日(土)17時36分40秒
編集済
  脚本された考古学に、歴博もゆれ動いている、朝ドラや昼ドラはもうすっかり飽きられている、視聴率が最低なのは、これが原因であろう。
古代史の真相は、なかった事になっている。

古代史の真相等、一つもないのか?それは、釣り合わない事で、時代の服装等、しぐさも、近年風になっている。
考古学始め、何も知識がないので、
すべてが、縄文時代、弥生、古墳も、明治以降に、脚本されたものであった。
須恵器なるものは、近年脚本された時代年代も、すべて、誰かの?脚本された時代であった。

これ考古学に習い、国会すら、憲法すら、すべて脚本されたもので、合っているのは、脚色、考古学の解釈と同じものとなっていた。
日本は朝鮮半島から渡って、始まったとなっているのも、誰かの脚色によるものである。脚色には面白みが全然見受けられない。
日本の近代象徴天皇昭和氏と何ら変わりはなく、役者と同じように脚色された、ものでしかなかった。
実在の、天皇氏ではありもしない。

国民は、韓流ドラマのように、酔いしれていた事は、日本にとり、見習い制度は、なく、試験と免許の果てに、左官、大工、の本職は、なくなり、脚本された、専門職も西洋式となり、国民には、してもらう、つても、見当たらない。
これが今の国会制度は、ただの、脚本されたもので、少子化高齢が、多くになったのは、教育委員会文化財課と、同じ脚色されたもの、でしかない。




 

天皇は何故平山を、名乗っていたのかが、雲巻瓦当は、天皇専用とあり、福州屏山平山治城在、地名平山に、ことが起こりがあったと解明

 投稿者:児島宮考古学研究室が発表  投稿日:2016年 1月11日(月)09時11分46秒
編集済
  児島宮考古学研究室が発表

雲巻瓦当が奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲巻瓦当と福州屏山平山治城在、地名平山の雲巻瓦当と一致したと、児島宮考古学研究室が発表、これにより、考古学は古代日本史を書き換える事になるだろう。

日本人は五世紀後半に、朝鮮半島から渡来したという、これまでの教科書は、文部省教育委員会文化財課、並びに千葉の歴博、の見解は、もろくも、くずれた。、間違っていた。

ここで、てんのうに、ついて、述べなくてはなるまい。
てんのうとは、帝でも王でも無く、古代中国に始まった夏王朝に、よる、天円地方、イラクメソポタミアの天円とした、神祭祀、発出、の呼び名から、始まっている。日本も中国も、未開であり、そのつながりを提示、日本の皆様に提供しているのは、児島宮考古学研究室だけである。
地名ひらやま(へいざん)も神の神域、ここから、始まっている。これは「礼記」の源本となっている。

天空の意味や日本語訳。ピンインtiānkōng名詞 空,天 読み方・発音も分かる中国語辞書。

(球形に大地を覆う)天空

日本語訳乾,天の原,天空,高天が原,大虚,太虚,天,空,天上,宙,渾天,上天,スカイ,高天原

天空の概念の説明

日本語での説明 天の原[アマノハラ]
「ふりさけ見る」や「富士」にかかる枕ことば
中国語での説明 天空
与"抬??望","富士"相?的枕?



天空の下で中国

天空中国語

中国的天空


中国でyumとは平山


 

福州屏山平山治城の雲瓦当が奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が一致したと、児島宮考古学研究室が発表

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2015年12月27日(日)16時43分3秒
編集済
  福建省福州屏山平山治城の、巻雲の雲瓦当が王室専用の出土軒瓦という。
ここに、福州屏山平山治城の雲瓦当が奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が一致したと、児島宮考古学研究室が発表。
これにより神武の祖先は福建省福州屏山平山治城の無渚、で、児島宮考古学研究室が、インターネットで、夏后七代の祖は越王無予、その末裔が、ビン越王の無渚となっている。このビン越王の無渚が、平山を名乗ったのであろう。今は、ビン越無渚から、地名から起きていた事が判りました。


写真の上は福州屏山平山治城の無渚の巻雲の雲瓦当が王室専用とある。
写真の中はウガヤ牛王の武夷山城村出土雲瓦当王室専用
写真下は田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当王室専用

巻雲の雲瓦当は中国福州屏山平山治城では天皇専用とある。これで、奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が神武天皇の宮殿である事が判る。
これまで神武天皇の存在すら、判明していなかったのに、解明できた。
ここで国民の皆さんは、ウガヤ尊の、墳墓が天皇系図に平山御陵とされているのを、思い起こしていただこう。神武の祖は平山に在していた。敏達天皇も祖は平山としていたから、平山としていた。舒明天皇も、平山祖となっている。


天皇は何故平山を、名乗っていたのか?が、雲瓦当は、天皇専用とあり、福州屏山平山治城在、地名平山に、起こりがあったことが解明し、判明したと児島宮考古学研究室。

考古学に携わられている方々、全国教育委員会、文部省の方々には、お気の毒ですが、これから日本の歴史を伝達するには、勇気ある態度で向かわれますよう、祈ります。
 

日本韓国古代歴史の学術書は、ほとんど偽作である事が、あばかれた

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2015年12月14日(月)19時46分45秒
編集済
  日本韓国古代歴史のの学術書は、ほとんど偽作だった。
明治天皇は、日本の天皇の血脈では、無い事は、インターネットでも、公表されてきていた。
ここから古代は、内容をそのまま盗作して、つなぎ合わせて、如何にも、本物の天皇血脈であるかのように、振舞っていた。

国民は疑う事が出来なかったのだろうか?
日本人に、とりこんなに、屈辱的な、事が、日本全体に広まって、いるのは、日本人の根拠さえ失わるだろう。日本人なんてなんという、卑劣にも盗作、し、捏造していたばかりか、日本社会生活全体に影響し、教育界で続いてきた不正常な慣行が、国民の生活に支障が、多すぎて、国全体が腐れて、乱れている。

今、破綻が進んでいて、歳末というのに、デパートはバラバラの、状態、政治経済は、資金難になり税を値上げする事ばかりしか、資金難に対処しないで、古代史も、なおそうとは、しないところが、同じである。

嘘だった、日本の起こり? 文化庁や宮内庁、神社本庁にも、卑劣にも盗作、し、捏造していた事で伊勢神宮、は日本の天皇の血脈では、無いのに、あるかのようにしている事は、国民を裏切っている事になる。
それが、警察までも国民を裏切り、欺いていたのは、国民と対等では無かった事である。

人、国民全体を、だます、事は、悪い事になるが、何もしないところが、多過ぎて、不正を見過ごして、いるのは、国民を警察が、だましている事になっている。
相変わらずパトーカのサイレンを、けたたく鳴らしているのは、国民を脅かしているに過ぎない。憲法は国民の安全を守る為にあるが、国民に目先、ターゲットにしているだけの警察である。

このようになったのは?
こころが、日本人に、無くなっていたという事の証であろう。
インチキでも、自分に関係がなければ、構わない、いいとする?これが、こころを、ゆがませる事につながっている。
良いほうに、つながればいいのだが、悪いほうが多すぎるから、間違うのである。

日本韓国古代歴史の学術書は、ほとんど偽作だった、それが、今の日本の結果?老後が危ないだけではなく、人間のつながりが、無くなって居るのは、少子化高齢社会ではなく、すべてが消えている?
消えているのは人間としての、生活の後が、葬祭は、身内の繋がりがなくなり、他人では、生きた価値さえも、なくなってしまいます。川や海に、葬るしかないが、多くなったのは現実で、生きた価値さえも、失っている。

現実は政治や憲法が、増えて、多すぎて、挙句の果ては、人間の生きる価値を、無くしているに過ぎない。
子供が家を継がない?それは憲法が強すぎて、税金が多くかかり、それだけではない、空家になるのは、身内のつながりが、なくなり、少子化高齢社会は結果なのだ。手のつけようがないのは、生きる、よりも憲法が、強すぎるからである。

古代歴史を憲法が、変えたといっても、過言ではないだろう。
現代と過去は、同一でなければ、終わってしまう。

ここに上げた繋がりが、神武天皇が存在していた事が、中国浙江省の福州屏山の治城の2013/12~2014年
の調査で、遺物が照合して合致した事で、日本の神武天皇の宮殿が近畿に存在した事が、12/13日児島宮歴研会が発表した。









 

後鳥羽上皇が配下の将に与えた物が、歴史上の錦旗の初見とされる

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月 4日(金)11時15分0秒
編集済
  フリー百科事典『ウィキペディア』では錦の御旗の図を載せ、次のように説明しています。
" 錦の御旗(にしきのみはた)とは、朝廷の軍(官軍)の旗印。略称錦旗(きんき)、別名菊章旗。赤地の錦に、金色の日像・銀色の月像を刺繍したり、描いたりした旗。朝敵討伐の証として、天皇から官軍の大将に下賜する慣習がある。承久の乱(1221年(承久3年))に際し、後鳥羽上皇が配下の将に与えた物が、歴史上の錦旗の初見とされる。

承久の乱(1221年(承久3年))に際し、後鳥羽上皇が配下の将に与えた物が、歴史上の錦旗の初見とされる。
日月旗
原文に「かたじけなく鳳輦(ほうれん)を先立てて御旗をあげられ」とある「御旗」

今までは不確かであった制作年代について、「寛永期」であることがほぼ確定できたことです。

日の丸国旗は夜須篠隈の児島宮から、福岡黒田家藩主、長溥公が、あづかり、孝明天皇に届けられ、日の丸となった。


徳川家茂、孝明天皇は、ともに毒殺か


鹿島昇は柳井(やない)市を訪れ、田布施町麻郷(おごう)朝鮮人部落に大室近祐(おおむろ ちかすけ)氏を訪問した。鹿島は、『裏切られた三人の天皇――明治維新の謎』『明治維新の生賛――誰が孝明天皇を殺したか』(松重 正、宮崎 鉄雄 との共著)で、伊藤博文と岩倉具視(ともみ)が孝明天皇と幼い睦仁(むつひと)天皇を謀殺。


明治天皇は祖父の兄・田布施町麻郷(おごう)朝鮮人部落、大室寅之祐です」と、はっきりと語った。

第二次長州征伐直後の慶応二年(一ハ六六)七月二〇日、第一四代将軍・徳川家茂(いえおち)がわずか二〇歳で急死し、その五ヶ月後の一二月二五日に、今度は孝明天皇が三六歳で急逝した。
「父が語ったところでは、伊藤博文が堀河邸の中二階の厠(かわや)に忍び込み、手洗いに立った孝明天皇を床下から刀で刺したそうです。そして、そのあと邸前の小川の水で血刀と血みどろの腕をていねいに洗って去ったということでした」。

さらに、宮崎氏の話では、伊藤博文が忍び込むに際しては、あらかじめ岩倉具視が厠の番人を買収しておいたという。

明治天皇の孫という人々は何人か存在しているかと思う。 子供のように率直な気持ちで それ以上のなんらの他意もなく その家系とは 朝鮮部落田布施の大室家の子孫なのですかとうかがいたい。 それとも孝明天皇の子息の家系なのですかとうかがいたい。

この家系だけうやむやにされるというのは 日本の歴史にとって大きな問題であり 偽右翼 偽神道系宗教のありかたにも関わってくる。 そして日本がこのなぞの扉をあけようとする勇気がなければ 真の国のよみがえりはあり得ない。
http://mazeranmisogi.jugem.jp/?eid=238





 

現に今でも、太陽の国ひいずる処の天子、(夏后)の決着は、附いておりませんね?

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月 4日(金)09時23分32秒
編集済
  日の丸が、出来た、のは、孝明天皇に、よって、始まったのであって、いくら幕府とて、日本となのる事は、出来ない、できなかった。
日の丸が徳川家康幕府の建造船であっても、日の丸が太陽標と、言いだしたのは、児島宮の桃山期~江戸期の祖である、佐久間甚九郎不干齊によって、林と、の論争で、出たのが、太陽の日本感である。これ以前には、日本が太陽の国と、言いだした人物は、いなにかった。
林と、の宇宙観論争でも、地球は横に平たいと、表現している。 ここにも日本の標が太陽、日の丸とは、発言しては、いません。
それは、佐久間甚九郎不干齊が家康の伽衆で、あり、甥子狩野探幽を、紹介したなど、新田、世加田家と深い縁があった。
と、いうのは?日本感について、日の丸が太陽の標と、説明してから、旗を日本と、したのであろう。


今でさえ、?邪馬台国論争さえ解明されては、おらず、あてはずれの、日本は朝鮮半島から、始まったと、日本の名に、ふさわしくも、無いですね?

日本の称号は、飛鳥の敏達期頃で、日のいずる国で、中国でも、通用しては、いず、かえって、隋の暘明王を、怒らせたくらい、認められてはおりませんでした。何故なら、天子、(夏后姒)の決着が、つかなければ、中国さえ、認めないでしょう?

現に今でも、太陽の国ひいずる処の天子の決着は、附いておりませんね?
これは、いくら徳川家康とて、日の丸が日本の称号、と、使用するには?、(夏后)の決着がつかなければ、日の国太陽の国とは、いえないのでしょう。

日の国太陽の国と世界に、知れる、わたるには?天子、(夏后姒)の決着が、つかなければ、中国さえ、認めないでしょう?
?

日本が太陽の国と、するには、中国に今も認めさせるには?(夏后)の決着がつかなければ、日の国太陽の国とは、いえないのでしょう。

この事を、知らないで、日の丸が、日本の国と、表示するのは、恥なければ、なりません?

何故?かというと?、(夏后姒)の決着は天子に、ゆだねるとある、由来し、太陽(日の丸)東方、にある。
柴野大徳寺の佐久間甚九郎不干齊の、墓所は、寛永系譜帳や寛政系譜帳にも、高東院と、記載されています。

高東院は児島高徳により、始まり、名づけられたのであり、
高東とは、太陽の出る東という、塔頭の中心に、あてて、います。
この塔頭でさえも、日の丸の由来のように、柴野大徳寺全体が、塔頭の中心に、あてて、います。今じゃあー日の丸の由来と同じになっていますが、
それぞれの先祖は、同じでは、ないようですが?

日の丸の由来はそう簡単な、ものでは、なかったのです。
菊は日の丸と同じで、日の丸は?、(夏后姒)に、ゆだねられる。

ここてだ使用権について、十六葉菊紋は、?、(夏后姒)だけに、ゆだねられる。






http://

 

日の丸は夜須篠隈某姒の祖祖父が創案同夜須中津屋の田代紺屋で染め上げ、出来ていた事が判明した

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月 3日(木)19時22分35秒
  日の丸旗は夜須篠隈某姒の祖祖父が創案同夜須中津屋の田代紺屋で染め上げられ、出来ていた、斉田酒蔵、泉屋の、古本帳が、夜須篠隈某姒の祖祖父に、託されていた事により、立証となった。

これまで、祖祖父と斉田酒蔵、泉屋の、関係は、斉田酒蔵、泉屋の、古本帳があるだけで、いずれも、おつきあいたけ、で、しかなかった。

泉屋の今は、建物だけが当時を、しのばせているが、元斉田酒蔵の、知人の誘いで、元酒蔵の後、コーヒ喫茶を営んで、おられる、ご主人と、会話に話がはずんでいる、間、元の二階に、案内されていて、真ん前の空き地、の話になり、斉田氏は、この地は、田代紺屋か、昔にあって、、
田代紺屋「こうやさん」の名で、地元では知られていたという。
その時、はっと、記憶の中に、日の丸国旗を染めたという、紺屋が、山家にはいくら探しても、古くからの住民は、なしのつぶて、であったので、
現実は、祖父の蔵の中から、出てきていた、元斉田酒蔵泉屋の、墨書きを、思い出した。
ここに、元、斉田酒蔵泉屋の不明だった、田代紺屋の接点、存在が、つながった。

夜須篠隈某姒の祖について、述べる、慶長二年、に、京柴野より、今の松延に移った、佐久間不干斎の男の次男は、助九郎長興といい、黒田長政公の養子となり、秋月藩の祖となっていた。
家臣の多くは武田家臣や小田原北条の臣下、や赤松家臣の、宮本無二齊(武蔵の父)などの名がある。
そして家老は、田代家老に、なり、岩佐又兵衛の妹二人が、田代家老に、預けられている。

夜須篠隈某姒に関わる、鎧に、ちりばめられていた、模様が、物語っていた。
つながりなくしては、日の丸は、孝明天皇の基には届かない、で、あろう。
孝明天皇は夜須篠隈某姒の繋がりがあり、孝明天皇は鷹司関白家養子に居られた御方で、夜須篠隈某姒の祖、児島宮頼任親王の息が、東寺長者道乗で高野山も、大僧正を兼ねて、おられました。

東寺長者道乗は藤原関白良実の息に、ゐられていた。
これにより、夜須篠隈某姒の日の丸が田代紺屋で染められ、届けられたとなっていた。

又日の丸の由来は、孝明天皇が日章旗に、されたのであるが、嘘の由来も出回っている。
現在の国旗は、明治3年(1870年)明治政府が太政官布告で『国旗日の丸』と制定したのが現在の日の丸とか、捏造が出ている。筑前茜染保存会〒820-0711 飯塚市山口242-1
飯塚市筑穂庁舎   筑前茜染保存会〒820-0711 飯塚市山口242-1. TEL 0948-72-0080

近年日の丸が太陽として、日本の神として、発言しているのは、児島宮考古学研究室 の外は誰もいないのに、幕末に日の丸が太陽として、日本の神として、いるのは、一人もいない。

これが出来ていたのは、児島宮於いて、他には、おりません。
日の丸が太陽として、日本の神としているのは、筑紫夜須の、姒児島宮だけである。




 

日の丸は夜須篠隈某姒の祖祖父が創案同夜須中津屋の田代紺屋で染め上げ、出来ていた事が判明した

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月 2日(水)18時59分56秒
編集済
  日の丸旗は夜須篠隈某姒の祖祖父が創案同夜須中津屋の田代紺屋で染め上げられ、出来ていた、斉田酒蔵、泉屋の、古本帳が、夜須篠隈某姒の祖祖父に、託されていた事により、立証となった。

これまで、祖祖父と斉田酒蔵、泉屋の、関係は、斉田酒蔵、泉屋の、古本帳があるだけで、いずれも、おつきあいたけ、で、しかなかった。

泉屋の今は、建物だけが当時を、しのばせているが、元斉田酒蔵の、知人の誘いで、元酒蔵の後、コーヒ喫茶を営んで、おられる、ご主人と、会話に話がはずんでいる、間、元の二階に、案内されていて、真ん前の空き地、の話になり、斉田氏は、この地は、田代紺屋か、昔にあって、、
田代紺屋「こうやさん」の名で、地元では知られていたという。
その時、はっと、記憶の中に、日の丸国旗を染めたという、紺屋が、山家にはいくら探しても、古くからの住民は、なしのつぶて、であったので、
現実は、祖父の蔵の中から、出てきていた、元斉田酒蔵泉屋の、墨書きを、思い出した。
ここに、元、斉田酒蔵泉屋の不明だった、田代紺屋の接点、存在が、つながった。

夜須篠隈某姒の祖について、述べる、慶長二年、に、京柴野より、今の松延に移った、佐久間不干斎の男の次男は、助九郎長興といい、黒田長政公の養子となり、秋月藩の祖となっていた。
家臣の多くは武田家臣や小田原北条の臣下、や赤松家臣の、宮本無二齊(武蔵の父)などの名がある。
そして家老は、田代家老に、なり、岩佐又兵衛の妹二人が、田代家老に、預けられている。

夜須篠隈某姒に関わる、鎧に、ちりばめられていた、模様が、物語っていた。
つながりなくしては、日の丸は、孝明天皇の基には届かない、で、あろう。
孝明天皇は夜須篠隈某姒の繋がりがあり、孝明天皇は鷹司関白家養子に居られた御方で、夜須篠隈某姒の祖、児島宮頼任親王の息が、東寺長者道乗で高野山も、大僧正を兼ねて、おられました。

東寺長者道乗は藤原関白良実の息に、ゐられていた。
これにより、夜須篠隈某姒の日の丸が田代紺屋で染められ、届けられたとなっていた。









 

レンタル掲示板
/12